2018年4月14日 (土)

富岡町 夜ノ森駅

4月8日(日)

Cimg7915
とみおか TOWN MAP 2018年発行版より
マップの②はさくらモールとみおか
④夜の森の桜、富岡二中周辺の300mのみ立ち入れる。
夜ノ森駅は帰還困難区域なので入れないが、跨線橋を渡れば裏側からホームや駅舎を見ることができる。
 
Cimg7907
跨線橋から 富岡駅方面
 
Cimg7877
 
Cimg7876
跨線橋から 夜ノ森駅方面
線路、枕木、バラスト交換済。架線はまだない。
 
Cimg7880
夜ノ森駅西側にも桜並木がある。
開業当時に植えられたのでしょうか。かなりの古木です。
6000本のツツジがあったが、除染のため根元を残して伐採された。
 
Cimg7882
過去の画像を見るとホーム上に雑草が生い茂っていたが、かなり除草されてすっきりしている。
 
Cimg7883
駅名標 次の駅は「大野」
 
Cimg7904
 
Cimg7887
駅舎とホーム待合室
 
Cimg7888
駅前の酒屋(上田屋)が見える。
 
Cimg7890
跨線橋
 
Cimg7892
 
Cimg7893
夜ノ森駅に向かう道路、帰還困難区域のため通行止め。
 
Cimg7900
もう少し北へ。
 
Cimg7898
県道36号線手前まで行く。
 
Cimg7897
注意 自動二輪車 原動機付自転車 軽車両 歩行者は通行できません
注意 この先県道36号 帰還困難区域 (高線量区間を含む)
 
Cimg7899
大野駅方面
 
Cimg7916
夜の森の桜並木を通って、富岡駅に戻る。
 
Cimg7931
富岡川
 
Cimg7934
東日本大震災慰霊碑
震災遺産 津波被災パトロールカー(双葉31号車)
               ベース車両 トヨタ・クラウン
 
Cimg7938
 「この車両は、平成15年に双葉警察署に配備されたパトカーです。以来富岡町や双葉郡内で住民や地域の安全を守る多くの業務に携わり、走行距離は29万2千kmを超えました。
 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生後、双葉警察署から増子洋一警視(当時41歳)と佐藤雄太警部補(当時24歳)がこのパトカーで富岡町仏浜地内に急行し、町民をはじめ沿岸部の住民の避難誘導を行いました。避難した住民の中には、駆け付けたこのパトカーと冷静に避難誘導をしていた2人の警官の姿を鮮明に覚えている人が多くいました。
 その後パトカーは2人の警察官とともに津波に遭い、車両は子安橋のたもと付近にて多量の土砂が流入した状態で発見され、増子警視は地震から約1ヶ月後に陸地から30km離れた沖合で発見されました。また、佐藤警部補は行方不明となったままです。
 震災以後、このパトカーを訪れ、手を合わせる人や献花する人々が増え、自然と祭壇が設けられ、2人の警察官にメッセージが寄せられるようになりました。
 このパトカーは、震災直後の初動対応として津波が近づく緊迫した時間の中、使命感と勇気を胸に多くの住民を守るために職務を全うした人達がいたこと、そして平穏な町をおそった地震や津波の威力のすさまじさを示すものであり、東日本大震災を象徴する歴史的な資料として貴重なものです。
 この震災遺産を通じて震災を後世に伝えるために町民とご家族、そして福島県警察、富岡町とふくしま震災遺産保全プロジェクトが共働してこの場所に設置しました。
                        平成27年3月」
 
Cimg7943
さくらモールとみおかで少し休憩した後、富岡駅に戻った。
 
Cimg7946
駅前のコンビニ さくらステーション KINONE
あんこたっぷりの和菓子「じゃんがら」をお土産にし、Café Amazon(カフェ・アメィゾン)のコーヒーを店内で飲む。タイ最大のコーヒーチェーンで、タイ国内でおよそ1500店舗を展開していて、世界初出店となる日本の第1号店は川内村にある。
 
Cimg7947
富岡駅待合室のパンフレット台
福島県立テクノアカデミー浜建築科2年7名製作
富岡町の町の木である桜をモチーフにした温かみのあるデザイン。
 
Cimg7951
 
Cimg7953
海上で風力発電の風車が回っている。
 
富岡(17:04)→いわき(17:46)
いわき(17:55)→勝田(19:27)
勝田(19:33)→日暮里(21:40)

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

富岡町 夜の森の桜並木

4月8日(日)

Cimg7841
特急ひたち 上野(8:00)→いわき(10:23)指定席2500円
 
Cimg7843
常磐線 いわき(10:27)→富岡(11:09)
 
Cimg7844
 
Cimg7846
県道広野小高線と国道6号を結ぶ道路
常磐線をまたぐ橋梁工事中
 
Cimg7849
さくらモールとみおかフードコートに3店舗あるが、日曜日で休みだった。ヨークベニマルでナポリタンと惣菜(小じゃがいも肉味噌炒め)を買った。秘密のケンミンSHOWでやってた味噌かんぷら。夜の森の桜並木付近で座って食べられるところあるかな?
 
Cimg7851
「4月13日オープン」 まさか、2011年じゃないかと思って、サントリー自販機を見る。特茶、クラフトBOSS、現在発売中の商品だから、今年(数日後)オープンに間違いない。今度、食べに行ってみよう。
 
ラーメン・定食・絶品餃子
まんまや ぼっけもん
 
Cimg7853
富岡町役場 復興の木 三春の滝桜
 
Cimg7855
 
Cimg7856
ふたば医療センター附属病院、前回来たときは工事中だった。4月23日開院だそうだ。
 
Cimg7857
だいぶ桜は散っているようだ。
 
Cimg7858
夜の森地区の桜並木2.2キロのうち、帰還困難区域を除く300メートルが歩行者天国となった。
 
Cimg7861
 
Cimg7916
 「夜の森の桜」の由来
 「夜の森の桜は、明治33年、半谷清寿氏が農村開拓の理想に燃え、荒れ野だったこの地を開拓・入植の記念にと300本の桜を植え、この一帯が桜の名所となる日を夢に見ました。これが桜並木の始まりです。
 この思いは次男の六郎や地域住民に受け継がれ、昔日の荒れ野は花のまちに生まれ変わりました。
 4月中旬の満開時には、夜の森公園横の桜通りや、富岡二中東側の桜並木が桜花爛漫の花のトンネルを現出し、夜間はライトアップされて、夜桜見物の人達を楽しませてくれます。」
 「2018年現在、夜の森公園・桜並木の一部は帰還困難区域になっています。」
 
Cimg7920
 
Cimg7911
 
Cimg7917
休憩所 自由にご使用下さい
椅子とテーブル、ウォーターサーバー、インスタントコーヒーもあった。ヨークベニマルで買った弁当を食べた。
一番ありがたかったのは、トイレ。夜ノ森駅(正面は行けないが、裏は行ける)も行くので、往復8キロは歩くから、水分を控えめにしてた。
 
Cimg7874
ギャラリー『空』
とみおかプラスブースで桜並木のフォトブック(1000円)を買った。
 
Cimg7875
夜の森の桜並木2014年
福島県双葉郡富岡町帰還困難区域に咲く春
 
Cimg7873
帰還困難区域の境界、歩道から先は入れない。
 
Cimg7872
「通行証確認中」
 
Cimg7912
「通行制限中
この先 帰還困難区域につき 通行止め」
 
Cimg7913
 
Cimg7868
 
Cimg7915
とみおか TOWN MAP 2018年発行版より
マップの②はさくらモールとみおか

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

三春滝桜、桑折桃源郷

4月7日(土)

土曜日に行きたい「村」があった。(食堂が日曜定休日なので) 福島県59市町村のうち57番目の訪問となるはずだった。天気予報が雨から曇りになったけど、傘をお持ちくださいと書いてある。前日の夜まで迷って、延期した。できれば晴れた日に行きたい。じゃ、明日はどこ行こう? 三春の滝桜が開花から3日で満開になったって。前回行ったのは2015年か。三春滝桜を見に行こう。
 
週末パス8730円
東北新幹線 東京(6:04)→郡山(7:24)自由席3680円
磐越東線 郡山(8:00)→三春(8:12)
 
Cimg7779
福島交通臨時バス停留所に並ぶ前に、フリー乗車券(1000円)を買う。滝桜まで片道520円、観桜料300円込みだからお得。町の中心部で途中下車してもいい。
 
臨時バス 三春駅前(8:30)→滝桜(8:47)
 
Cimg7781
滝桜場内まっぷ
ゆるい登り坂、徒歩7分
 
Cimg7782
その前に、売店で三春グルメンチ(300円)を食べた。外はカリカリ、中は肉汁がジュワー。地元特産のピーマンがたっぷり入ってる。帰るころには行列してたから、先に食べておいて正解だった。
 
Cimg7784
樹齢1000年以上(推定)
エドヒガン系ベニシダレザクラ
高さ13.5m、根回り11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0m
 
Cimg7786
 
Cimg7791
 
Cimg7799
三春ダム(さくら湖) 春田大橋
メンチカツ食べたから、腹ごなしにちょっと散歩した。
 
Cimg7795
広さ 東京ディズニーランドの約6倍(2.9k㎡)
高さ 郡山駅舎の約3倍(65m)
水の量 6コースの25mプールの約12万杯(4,280万㎥)
岸辺の長さ さくら湖の周長は約40km(猪苗代湖が約55km)
 
Cimg7801
 
Cimg7802
駐車場
 
Cimg7806
滝桜に戻った
 
Cimg7814
滝桜&菜の花
 
Cimg7809
おおはたや
 
Cimg7808
三春三角油揚げ(250円)
注文してから焼いてくれる。焦げ目の香ばしさと味噌でおいしさが増す。
 
Cimg7816
かんのや 家伝ゆべし桜あん 8個 950円
江戸末期の1860年、城下町三春において菅野文助が「菅野屋」を名乗り、ゆべしづくりが始まったそうだ。
 
三角油揚げ、家伝ゆべしは鶴が翼を広げたような形をしている。三春城は別名舞鶴城ともいう。かつて三春城下では、鶴の包丁(料理)をしないという決まりごとがあった。代わりに鶴の形を模した食が作られ、食べられたという。
 
臨時バス 滝桜(11:30)→三春駅前(11:47)
 
さて、次はどこに行こう。桜の次は桃を見たい。咲いているかわからないが桑折に行こう。
 
磐越東線 三春(11:58)→郡山(12:11)
東北本線 郡山(12:42)→福島(13:27)
東北本線 福島(13:45)→桑折(13:58)
 
Cimg7817
旧伊達郡役所 (桑折駅から徒歩15分)
こおり桃源郷まで、さらに徒歩10~15分
 
Cimg7826
よく咲いている木を探して撮った。多くの木は、まだ咲き始めみたい。見ごろは来週かな。
 
Cimg7827
少しだけ日が差した。
 
Cimg7832
 
Cimg7824
強風が吹いている割には、うまく撮れたかな。
 
Cimg7836
ハナモモ(国道4号沿い)
 
Cimg7838
桑折町キャラクター ホタピー
公共マスの蓋(マンホールより小さい)
 
Cimg7840
桑折駅と伊達駅の間、道路建設中
 
桑折→福島
16:09発が強風のため、20分以上遅れて到着した。福島駅の同じホームに郡山行きの電車が居たけど、寒すぎて新幹線で帰った。
 
新幹線 福島(17:01)→東京(18:36)自由席3680円

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

近藤勇の墓~鶴ヶ城~駅

4月1日(日)

「駅からハイキング 戊辰150周年 SAMURAI CITY AIZUを歩く」参加中
会津若松駅観光案内所→石部桜→飯盛山(さざえ堂)→天寧寺町土塁跡→白露庭跡→鶴ヶ城公園→会津若松駅 約12キロ
会津若松観光マップをもらったが、具体的なルートを示す地図はなかった。(作成中なのかもしれない)
いにしえ夢街道(飯盛山通り)をまっすぐ歩く。特にコースが決められてないし、時間がたっぷりある(17時10分発719系で帰る)から、寄り道をしよう。近藤勇の墓へ久しぶりに行ってみよう。いつだったか、雪解けの水が川のようになってて、断念したっけ。
 
Cimg7714
愛宕神社の不揃いな石段をのぼり、お参りした後、山道を少し歩く。
 
Cimg7715
 
Cimg7719
新撰組局長 近藤勇之墓
        新撰組副局長 土方歳三之碑
 
Cimg7723
天寧寺の坂を下ると、「松平家墓所まで○○○m⇒」みたいな看板があった。数百メートルだったら行ってみよう。でも、入口までの距離ってことだろうな。せっかくだから、さらに寄り道して容保公のお墓参りしよう。
 
Cimg7724
国史跡 会津藩主松平家墓所 院内御廟
 
Cimg7725
九代藩主 松平容保 忠誠(まさね)霊神
天保6年(1835)~明治26年(1893)
 
 「美濃高須藩主松平義建(よしたつ)の六男で、八代藩主容敬(かたたか)の養子となりました。
 京都守護職を勤め、京都の治安維持と公武合体の実現に努めました。会津戦争を指揮した後、謹慎を解かれ、日光東照宮の宮司などを勤めました。
 没後、新宿区の正受院に埋葬されましたが、大正6年(1917)にこの地に改葬されました。」
 
Cimg7731
会津武家屋敷 戊辰150年記念特別展「ザ・幕末!会津藩」
さすがに寄り道しすぎたので、また今度見に行こう。
 
Cimg7735
国指定史跡 若松城跡(天寧寺町土塁)
 「この土塁は、蒲生氏郷が会津に入部し、文禄元年(1592年)若松城の改築に着手した際に築造されたとされ、若松城の追手として最重要地点であった。
 また、外郭と内郭を区画した若松城の土塁の遺構で、市内に現存するものは、わずかであり貴重なものである。」
 
Cimg7738
白露庭跡
 「旧会津藩家老2,200石内藤介右衛門の屋敷跡であり
この庭園の年代、作者等は明らかでないが庭園様式
は、いわゆる江戸時代遠州流の流れを汲んだ
由緒ある名園にして、徳川末期頃内藤家老大いに
修補、林泉の美を加え風趣品格高い庭園である。」
 
Cimg7740
内藤介右衛門邸跡の向かいは、西郷頼母邸跡
 
Cimg7745
ふるさと納税(1万円以上)したので、鶴ヶ城天守閣入場無料。
でも、確定申告してないから単なる寄付。
 
収蔵品展『松平容保と京都守護職』
4月1日から5月7日まで
『幕府を倒そうとする浪士たちを取り締まるために、京都守護職として働き、天皇からも信頼された「官軍会津藩」を紹介します。』
 
Cimg7741
今回も磐梯山がよく見えた。
 
Cimg7748
廊下橋の架け替え工事が完了した。
 
Cimg7754
半世紀ぶりの架け替えで、幅5.5m、長さ19m余り。檜が使われた欄干に、会津産の朱色の漆が塗られた。
 
Cimg7757
国指定史跡 若松城跡(甲賀町口門跡)
 「この石垣は、郭外より若松城の郭内に入る門の石垣で、ここを界として内側を侍の屋敷とし、外側を町民の住居としていた。
 郭内と郭外の間には土塁が築かれ、外濠がめぐらされていた様子が今もしのばれる。
 当時、城下にはこのような門が16ヶ所あり、特に、この甲賀町口は大手門として他の郭門より厳重な構えをとったとされている。」
 
Cimg7760
神明通りのアーケードが完成したようだ。
 
Cimg7762
LED照明、採光窓
 
Cimg7766
リオンドール前、交差点などは一段高くなっている。
 
Cimg7771
4月15日午前11時から、神明通りを歩行者天国にして完成セレモニーが行われる予定。
 
Cimg7773
大町四つ角、札の辻付近のシャッター
ソースカツ丼に赤べこ乗ってる、ユニークなイラスト。起き上がり小法師も会津らしくていい。
 
Cimg7778
今回歩いたルート
久しぶりに3万歩超えた。38,121歩
 
Cimg7777
H15+H12+フルーティア (H15に乗った)
会津若松駅ライブカメラ本体は、撤去されていた。
会津若松(17:10)→郡山→新白河→黒磯→宇都宮→大宮→新宿(22:42)

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

石部桜、旧滝沢本陣、飯盛山

4月1日(日)

会津若松駅スタートの「駅からハイキング」って、毎回ほとんど同じようなコースだった。駅→西軍墓地→大町札の辻→旧会陽医院→市役所→西郷頼母邸跡→鶴ヶ城 だいたいこんな感じだった。戊辰150周年だからか、飯盛山もめぐるコースになって、歩行距離が約12キロもある。受付時間が9時から10時半なので、18きっぷだけでは間に合わない。途中、新幹線で課金ワープした。
山手線 新宿(5:20)→池袋(5:29)
埼京線 池袋(5:30)→大宮(6:06)
新幹線 大宮(6:46)→郡山(7:56)トクだ値15 5650円
 
Cimg7669
 
Cimg7670
郡山駅1番ホームエスカレーター壁面が新しくなった。
戊辰150周年だから仕方ない。
 
Cimg7671
あかべぇ、ひとつだけあってホッとした。
 
Cimg7674
 
Cimg7675
 
磐越西線 郡山(8:29)→会津若松(9:40)
去年のダイヤ改正でE721系が磐越西線を走るようになって、なるべく719系に乗るようにしていたが、駅ハイの受付時間の関係で郡山から会津若松まで初めて乗った。
 
Cimg7676
只見線ラッピング列車
只見川をイメージした青緑色、只見ユネスコエコパークの動植物のイラストが描かれている。
 
Cimg7677
戊辰150周年ということで、屏風のようなパネルが駅構内にあった。
 
駅からハイキング
「戊辰150周年 SAMURAI CITY AIZUを歩く」
「今年は、戊辰戦争が起こってからちょうど150年の節目にあたります。
幕末の歴史に触れながらSAMURAI CITYの街並みを感じ取ってください。」
 
会津若松駅観光案内所→石部桜→飯盛山(さざえ堂)→天寧寺町土塁跡→白露庭跡→鶴ヶ城公園→会津若松駅
 
駅ハイに載ってるコースをカラーコピーしたもの、会津若松観光マップ、缶バッジ(フルーティアふくしま)を受け取った。具体的なコースが載ってる地図はない。最初の目的地は石部桜。私は知ってるからいいけど、初めて来た人は迷うかも。
 
Cimg7679
ハイカラさんのバスが新しくなった。座席が12→18席、会津木綿を使用したシート、バリアフリー対応車両、赤べこデザインの降車ボタン、運賃箱に起き上がり小法師をデザインした。今回は歩いて会津をめぐるので実際に乗るのは、別の機会に。
まちなか周遊バスの1日乗車券が500円→600円に上がったそうだ。
 
Cimg7680
電信柱に観光スポットまでの距離を示す案内板があった。
 
Cimg7686
石部桜
 
Cimg7685
まだ咲いていない。ウェザーニュースの開花予想は4月9日。
 
Cimg7696
ちょっと寄り道して、旧滝沢本陣(300円)を見た。
参勤交代の休息所。松平容保公が白虎隊に出陣を命じた。
 
Cimg7694
 
Cimg7688
戊辰戦争弾痕 慶応4年8月23日
銃弾が柱を斜めに貫通している。
 
Cimg7691
刀傷
当時の砲弾のあとや刀傷が十数か所も残っている。
 
Cimg7697
戸ノ口堰洞穴
戊辰戦争時、戸ノ口原で敗れた白虎士中二番隊20名がくぐった。
 
Cimg7699
さざえ堂 400円
1796年建立。高さ16.5m、六角三層の堂。二重らせんのスロープに沿って西国三十三観音像が安置され、参拝者はこのお堂をお参りすることで三十三観音参りができるつくりになっている。現在は松平容敬が編纂した会津藩の道徳の教科書と言われる「皇朝二十四孝」の絵額が掲げられている。
 
Cimg7704
上りと下りが別の通路になっていて、人とすれ違わないようになっている。
 
Cimg7707
白虎隊士の墓
正面の墓は、飯盛山で自刃した士中白虎二番隊19名の墓です。右側に領内各地で戦死した31名(士中3名、寄合22名、足軽6名)の墓、左側に大人と一緒に戦い戦死した14~17歳の少年武士62名の慰霊碑がある。
 
Cimg7711
白虎隊自刃の地
「炎上する城下を前に、玉砕か帰城かを巡って、激論を戦わした。敵陣突入を提案する者もいれば、鶴ヶ城が簡単に落城するはずはないとして帰城を主張する者もいた。しかし、最終的に「誤って敵に捕らえられ屈辱を受けるような事があれば、主君に対して大変申訳なく、祖先に対しても申訳ない。この場は潔く自刃し、武士の本分を明らかにするべき」との決断にはじめて、全員が同意し、一同列座し南鶴ヶ城に向かって訣別の意を表し、全員が自刃した。後、一名が蘇生。その名は飯沼貞吉である。なお、鶴ヶ城開城はその一ヵ月後であった。」
 
Cimg7713
いにしえ夢街道(飯盛山通り)をまっすぐ歩き、「まったりcafe ユーフォリア」でマフィンを3つ買った。カカオ、アールグレイ、ブルーベリークリーム。

| | コメント (0)

«白河 関の森公園