« 2013年4月27日 | トップページ | 2013年4月29日 »

2013年5月 7日 (火)

2013年4月28日

2013年4月28日(日)

会津ぐるっとカード(会津エリアの列車やバスが2日間乗り放題2600円)を
前日に買って、利用開始日を28日からにしてもらった。

坂下行きのバスに乗ろうと郵便局前のバス停で待ってたら、
ちょうどバスが来たので乗ったら高田行きでした。
なので、行き先を伊佐須美神社に変更しました。

Cimg4307

伊佐須美神社 あやめ苑
まだ、あやめは1つも咲いてなかったが、桜は咲いていました。

「伊佐須美神社あやめ苑には、
会津美里町のオリジナル品種「高田錦」や、
珍しい形の「八重五三」など色鮮やかな
150種10万株のあやめが咲き誇ります。
6月15日~7月5日の間はあやめ祭りが
開催され、期間中の土日は野点茶会や
あやめ流し踊りなどが行われます。」
(花の王国ふくしま 八重たんフラワー
      スタンプラリー サイトより引用)

Cimg4310

あやめの葉・桜・鳥よけの風車

Cimg4313

Cimg4316

Cimg4323

ミズバショウ

白いのが花だと思っていたが、葉が変形したものだって。知らなかった。

Cimg4328

伊佐須美神社にお参りしました。

2008年に火事で本殿などが全焼した。
ここは、本殿があった場所だと思われる。

Cimg4330

天海大僧正(慈眼大師)お手植え桧

Cimg4336

鶏が朝から元気よく、コケコッコーと鳴いています。

Cimg4338

彼らは神様のお使いなのでしょう。
近寄らずに遠くから撮りました。

Cimg4345

「会津五桜」のひとつ、薄墨桜がある。

オオシマザクラ系サトザクラの一品種

花は八重に一重も交わり、
咲き始めは薄墨を含んだ白色から次第に
紅色を帯び、終わりには中心部が濃い紅色になるという。
白色ばかりだから、まだ咲き始めみたい。

Cimg4342

世の人の 心や深く染めぬらん
うすずみ桜 あかね色香に
(幕末の会津藩主、松平容保公の歌碑)

Cimg4356

Cimg4360

Cimg4369

神社近くの理髪店のウィンドー、
あいづじげんがサッカーやってる。

会津美里町イメージキャラクター「あいづじげん」
・2011年3月、合併5周年を迎える会津美里町の創生を
 イメージし、「卵」を図案化。
・黒いシルエットは、会津美里町のかたち(境界線)そのもの。
・会津美里町の生まれといわれる天海大僧正(慈眼大師)の
 慈眼(慈悲の心をもって世の中を見る目の意味)にあやかった。

Cimg5101

高田インフォメーションセンターで
あいづじげん起き上がり小法師を買いました。
背中に「さすけねえ じげん」の文字。
さすけねえは、差し支えない・大丈夫・心配ないといった意味で、
八重の桜にもよく出てきますね。
(大きさ比較のため、あかべぇマスコットも並べました)

同じ敷地内のお店に、スポンジケーキにクリームをサンドした
「ふわふわ」というケーキがあります。
店の前のベンチで食べてきました。

伊佐須美神社に参拝した後、「横町」バス停から乗って
若松駅前バスターミナルに着きました。

Cimg4372

ちょうど新宿行きの高速バスが停まってました。
それも、八重の桜ラッピングバスです。
もちろん、これに乗ったわけではありません。

乗ったのは、坂下方面行きの路線バスです。
坂下方面のバスに乗るというと、
中野竹子殉節碑(「黒川」下車、徒歩3分)、
神指城跡(「高瀬」下車、徒歩10分)などがありますけど、
以前から見たいものが他にありました。
(中野竹子殉節碑・神指城跡はこの後に行きました)

「高久下町」バス停で降りました。
横断歩道を渡るとすぐ公園がありますが、
目的はこの公園ではありません。
そのまま国道49号線をまっすぐ行きます。

Cimg4373

その名も、「赤ベコ公園」

柵まで赤ベコ模様です。

Cimg4376

インターロッキング(タイル)も赤ベコ、
でも、近くから見ると何だかわからない。

Cimg4392

まずは、手前にいる赤ベコから見ましょう。

Cimg4377

Cimg4378

水飲み場でした。

Cimg4395

巨大赤ベコ。一番見たかったのは、これ。

Cimg4379

Cimg4380

Cimg4381

Cimg4383

Cimg4386

靴を脱いで、ベンチの上に立って撮りました。
でも、あまり変わらない、
それだけ赤ベコがデカいっていうことです。

Cimg4382

ハシゴが付いていますが、私は中に入れそうにありません。
ハシゴをのぼって赤ベコの顔を撮ってくればよかったと思ってます。

Cimg4385

もう、おわかりですね。すべり台です。
すべり台の色は黄色。あるモノを連想させますね。
でも、他の方のホームページやらブログを見ると
以前はもっと暗めの黄色だった。

Cimg4396

この角度で撮るか迷ったけど、撮りました。

Cimg4390

何か視線を感じると思ったら、チビ赤ベコ(ベンチ)でした。

Cimg4397

明太子にも見える。

Cimg4398

赤ウィンナーにも見える、でも赤ベコ。

赤ベコ公園の住所は
会津若松市神指町大字高久字北條163-12だと思われますが、
地図検索で番地まで入力しても、正確な場所は表示されません。
地図に名前が載らないくらい小さい公園なのです。

赤ベコ公園で一通り写真を撮り終えたら、
急に大粒の雨が降ってきた。
日傘(晴雨兼用)を差したが、強風で何度もめくれ上がる。
雨宿りする場所もなく、裾はびしょぬれ。
ちょうど若松方面のバスが来て乗ったら、雨はすぐ止んだ。

「黒川」バス停で降りた。徒歩3分のところに中野竹子殉節碑があるはず。
探したけど見つからない。先に神指(こうざし)城跡へ行くことにした。
神指城跡はバスで通ったときにわかった。
田んぼの一角に桜が咲いてるのが見えたから。

Cimg4400

「神指城跡」

 「神指城は、蒲生秀行が宇都宮に移封となった後、慶長3年(1598)に会
津の領主となった上杉景勝が、重臣の直江兼続に命じて築城させた
城です。
 慶長5年(1600)3月から工事が開始され、同年6月には一応形が整っ
たと言われています。縄張りは、本丸と二ノ丸から成る輪郭式の平
城で、それぞれ濠と土塁が取り囲む構造となっています。このよう
な形の縄張りを持つ城は、身近な所では山形県の米沢城が代表的で
す。
 面積は、本丸だけでも約56,000㎡、二ノ丸を含む全域では約500,000㎡もあ
り、若松城を遥かに凌ぐ規模の壮大な城でした。この土地は二ノ丸
土塁の北東隅にあたります。
 この地が城郭建設地として選ばれたのは、若松城が会津盆地の東
南隅に位置することから城や城下町の拡張が難しかったのに対し、
盆地の中心で平坦なため、築城地として適していたためと考えられ
ます。
 しかし、築城半ばであった神指城も、徳川家康による会津征伐の
情報を得るなどの情勢の変化により工事は中断されます。そして、
関が原の合戦後の慶長6年(1601)には上杉家は米沢30万石に転封とな
り、神指城は完成を見ないまま廃城となりました。
 このように築城時期と廃城時期が特定できる城郭として貴重な
存在となっています。」

「西に見える、大きな森が本丸跡です。
ここは二ノ丸土塁の大欅。
神指城本丸跡には、広い乗用車専用
の駐車場があります。バスはだめ。
また本丸一周の遊歩道や案内板も
揃っています。南十字路の先の入口
神指城跡の旗から入ってください。」

現地の説明板をそのまま引用しました。

Cimg4411

今度は本丸跡を一周してみたい。
如来堂(新撰組殉難の地)もありますし。

Cimg4409

Cimg4414

同じ桜を裏から撮った。

Cimg4420

二ノ丸の隅

Cimg4416

「高瀬の大木(ケヤキ)」

 「慶長年間に上杉景勝が築城した神指城跡の
東北隅の土塁上にある。
 築城前から既に大木であったことが知られ、
根元の周囲12.55メートル、
目通りの幹囲10.45メートル、
樹高24.64メートルある。
 大枝の折損が相次ぎ、幹部に亀裂が生じてきたが、
樹姿はなお堂々としてすぐれ、
ケヤキの巨樹として有数のものである。」

昭和56年11月、会津若松市教育委員会の説明板より引用。

Cimg4422

Cimg4423

Cimg4425

近くに公衆トイレないかと探した。
隣の寺の離れにトイレがあったが、ボットンだった。
戻ってコンビニのトイレを借り、お昼にパンなどを買った。

さっきは見つけられなかった中野竹子殉節の地を探す。
道路に案内標識があって、そこの角を曲がったらあった。

Cimg4435

「史跡 中野竹子奮戦の地」

 「明治戊辰(一八六八)の役で、西軍を迎え撃った
ところで、西側には旧越後街道が通っていた。
 八月二十三日には、中野竹子・優子の姉妹を中心
とした婦女子隊は坂下まで出陣したが、八月二十五
日には、婦人の従軍が許されたので、黒髪を断ち、
薙刀をかかえ、衝鋒隊に加わり、城下にせまる長州・
大垣藩の兵士とここで遭遇し、激しい戦いが展開さ
れた。

   竹子は辞世の

 武士の猛き心にくらぶれば
   数には入らぬ我が身ながらも

と詠んだ短冊を、薙刀に結びつけ奮戦したが、敵の
銃撃に会い、壮烈な戦死をとげた。時に二十二歳で
あった。
 墓は会津坂下町の法界寺にある。」

昭和57年11月、会津若松市教育委員会の説明板より引用

Cimg4436

Cimg4433

「黒川」バス停から会津若松行きに乗った。七日町駅を過ぎて、すぐ前にまちなか周遊バス「あかべぇ」が走っているのに気づく。私が乗っているバスは若松駅前バスターミナル13:15着の予定。あかべぇバスは会津若松駅毎時15分発と45分発で、目の前を走ってるのは毎時15分発のバスだ。あかべぇバスは少し遅れているようだ。定刻どおりにターミナルに着き、横断歩道はいつ青になるかわからないので地下道を通って、バス乗り場へ。よかった、あかべぇバスに間に合った。

Cimg4437

会津武家屋敷前、桜がまだ残っている。

「御薬園入口」下車、(御薬園まで徒歩3分)

Cimg4438

国指定名勝 会津松平氏庭園 御薬園
http://www.tsurugajo.com/oyakuen/

Img4431

リュウキンカ

Cimg4440

心字の池に浮かぶ楽寿亭    すももの花

Img4441

大河ドラマ八重の桜ロケ地

江戸会津藩上屋敷庭園という設定でした。

Cimg4443

秩父宮妃勢津子殿下 お手植え 赤松
(昭和41年9月12日)

勢津子殿下は松平容保公の孫にあたります。
御薬園には妃殿下ゆかりの「重陽閣」があり、
想い出の品とゆかりの品を展示しています。

Img4449

桜(散り始め)    御茶屋御殿   重陽閣

花の王国ふくしま 八重たんフラワースタンプラリーの
スタンプは受付(入場券販売)にありました。
全部で14のうち、10個目を押して、
完全制覇まで残りは4つ(県北1・県中1・県南2)

「御薬園入口」バス停であかべぇバスを待つ。
30分以上経ってからバスが来た。
連休だから遅れるのは当たり前だと思ってのんびり待ちました。

Cimg4445

ハンサムウーマン八重と会津博 大河ドラマ館

会津ぐるっとカードを見せると割引などの特典がある。
大河ドラマ館ではチケット購入時にミニ缶バッジをもらえる。
八重と会津博のロゴが入ったピンクの缶バッジでした。

Cimg4448

廊下橋を渡って鶴ヶ城へ

Cimg4449

桜はけっこう散っていた。

Cimg4458

前日は天守閣から夜景を見て、
翌日の昼も天守閣に上った。

連休中の人出が例年の約25%増という記事を見た。
ちょっとは貢献できたかな。

Cimg4460

磐梯山ってなんて美しいんでしょう。
富士山よりも好きかも。見る場所によって
見え方が違うところもいいですね。

Cimg4464

たくさんの方が来てくれてうれしいな。

Cimg4471

午前中だったらよく撮れそう

Cimg4478

東側の土手から

Cimg4493

来年の下見も兼ねている。
桜の撮影スポットは他にもあるだろう。

Cimg4495

震災で崩れた本丸東側石垣が修復完了してました。

Cimg4503

まちなか周遊バス「ハイカラさん」で会津若松駅へ。

白虎隊士像の前にベンチあったっけ?
記念撮影するのに良さそう。

α-1にチェックインしてから、鳥もつを食べに塩川へ。

Cimg4504

アタミ食堂 もつ定食

塩川の鳥もつは内臓ではなくて、鳥皮を甘辛く煮たもの。
ご飯がすすみます。ごちそうさまでした。

Cimg4506

旧塩川町のマンホール蓋

花菖蒲のデザイン。今度は昼に撮らないと。

|

« 2013年4月27日 | トップページ | 2013年4月29日 »

会津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年4月27日 | トップページ | 2013年4月29日 »