« 国見町(2) | トップページ | 小日向 松平容保邸跡 »

2017年1月16日 (月)

安中・新島襄ヒストリート

1月9日(祝・月)

福島県の天気予報が雨だったので、群馬県安中市の新島襄ゆかりのスポットへ行ってきました。

青春18きっぷ
新宿(8:50)→高崎(10:47)
高崎(11:20)→安中(11:31)

Cimg3691

駅に観光パンフレットの設置はなかった。駅員に尋ねれば、街歩きマップをもらえるようだ。

以前、駅からハイキングでアプトの道(横川)を歩いたときにもらった、安中市観光ガイドブックを持ってきた。イラストの地図ではなく、縮尺が正確な地図なのでわかりやすい。

Cimg3692

安中駅

安中市の中心部まで約2キロ。

Cimg3699

旧碓氷郡役所

群馬県に残る唯一の郡役所。

安中まち歩きマップ
襄(新島襄)城(安中城址)ヒストリートをもらった。
(ヒストリートとは歴史と通りの造語)

Cimg3697

Cimg3696

新島襄・八重夫妻の展示

 『新島襄は現在の東京、江戸神田一ツ橋にある安中藩邸内にて生まれました。父は民治、母は登美です。この時正月の七五三縄(しめなわ)が飾られていたことと、5番目の子で(上の4人は姉で女ばかりであった)初めての男子であったので祖父弁治は「しめた!」と叫んだと言われています。このことより七五三太(しめた)との名がつけられました。アメリカでは保護者であるハーディー氏よりジョセフと名付けられました。むずかしい名前なので日本では襄としました。なお元服名は敬幹です。』

Cimg3731

新島襄ヒストリート

①安中教会
②旧安中藩郡奉行役宅
③旧安中藩武家長屋
④妙光院
⑤有田屋・便覧舎址
⑥龍昌寺
⑦新島襄旧宅

見学時間を含めたコース所要時間
往復(①~⑦→①)約2時間20分
片道(①→⑦)約1時間50分

Cimg3700

①安中教会

新島襄記念会堂(国登録有形文化財)
見学の場合は、3週間前までに予約が必要です。

新島襄召天30周年を記念して建てられた。大正8年(1919年)竣工。

Cimg3703

②旧安中藩郡奉行役宅

長屋門と曲り屋造りの珍しい武家屋敷。

Cimg3707

安中市カラーマンホール

Cimg3709

③旧安中藩武家長屋(屋根葺き替え中)

安中藩士の一般的な居宅である4軒長屋。

Cimg3710

④妙光院

新島襄の祖父弁治、弟雙六が眠る寺。

Cimg3711

⑤有田屋

新島襄夫妻が泊まった由緒ある醤油屋。

Cimg3713

ギャラリー有田屋

Cimg3715

新島襄・八重と有田屋

八重さんは安中に少なくとも4回訪れているそうだ。

Cimg3717

⑤便覧舎址

日本初の民間図書館「便覧舎」址。

新島襄より感化を受けた男16名、女14名の人々がキリスト教の洗礼を受け、安中教会設立の原動力となった。

Cimg3720

⑥龍昌寺

新島襄が帰国後初めて説教をした寺。参道に108の梵鐘が並んでいます。

Cimg3721

⑦新島襄旧宅

明治7年新島襄が帰国し、この家で家族と再会を果たしました。

Cimg3730

 『安中市指定史跡「新島襄旧宅」は、明治維新によって江戸から引き上げてきた新島襄の祖父弁治、父民治、母とみ、弟雙六らが明治2年(1869)から9年まで住んでいました。アメリカから帰国した襄は明治7年11月29日早朝、10年ぶりにこの家で両親と再会し、3週間ほど滞在しています。昭和37年(1962)に空き家になったのを機に保存運動が高まり、二軒長屋のうち新島家の住んでいた東半分を切り離して50mほど西の現在の地へ移築し、西半分は新築して展示室・管理人室とし、外観を元通りの二軒長屋として復元しました。
 新島襄は幕末から明治にかけて活躍した教育者・宗教家でした。襄は天保14年(1843)に安中藩の祐筆新島民治の長男として安中藩江戸上屋敷(現在の東京都千代田区神田錦町)で生まれ、幼少の頃から秀才の誉れ高く、13歳の時に安中藩主板倉勝明より蘭学修行を命じられています。学問的情熱から元治元年(1865)に国禁を犯し、函館出港から1年をかけてアメリカに渡り、10年間にわたって学問とキリスト教を修めました。帰国後は同志社英学校を設立して明治時代の教育に貢献し、また、キリスト教の伝道活動を行っていました。病を押して同志社大学設立のための募金活動に奔走し、ついに前橋で倒れ、明治23年に療養地の神奈川県大磯にて46歳で亡くなりました。』

Cimg3724

和室10畳 和室7.5畳

Cimg3725

上段の間

Cimg3728

展示室

Cimg3735

安中(15:21)→高崎(15:33)
高崎(15:55)→赤羽(17:32)

|

« 国見町(2) | トップページ | 小日向 松平容保邸跡 »

観光(福島以外)」カテゴリの記事

コメント

おいでなさいませ我が第二の故郷へ。
私もこの界隈は迷うことなく歩けます。
104は新島邸宅から徒歩10分ですよ。

投稿: ジャン | 2017年1月17日 (火) 20時12分

ジャン様の第二の故郷へ行ってきましたよ。
104は洋食屋さんですね。
有田屋でしょうゆドーナツ等と冨士屋菓子舗で遠足ポテト等を買いました。想像以上に美味しかったので、もっと買えばよかったと思いました。

投稿: あかべぇ | 2017年1月18日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国見町(2) | トップページ | 小日向 松平容保邸跡 »