« 会津坂下町(1) | トップページ | 葛尾村 »

2018年5月 6日 (日)

会津坂下町(2)

4月30日(月・祝)

Cimg8106
会津坂下町の亀ケ森・鎮守森古墳を見に行く。
亀ケ森古墳は東北で2番目の規模だそうだ。
見えにくいけど、磐梯山も写ってる。
東北最大は、宮城県名取市の雷神山古墳(約168m)
 
Cimg8108
鎮守森古墳(前方後方墳)
後方墳の上に神社がある。
道路沿いに説明板があった。
 
Cimg8110
 
Cimg8112
『史跡 亀ケ森・鎮守森古墳
○国史跡指定 昭和51年5月6日
○指定面積 31,110.29㎡
 
 亀ケ森古墳は、墳丘の全長が約127mで、東北第2の規模を誇る前方後円墳です。後円墳は三段築成で、葺石がみられます。出土した壺型埴輪や円筒埴輪から、4世紀後半の築造と考えられています。 
 鎮守森古墳は、墳丘の全長が約55mの前方後方墳です。墳丘とほぼ相似形の周堀があるのが確認されました。出土した二重口縁壺から、4世紀中頃の築造と考えられています。
 町では、古墳の恒久的保存と郷土学習の場としての史跡公園整備をめざして、史跡の公有化事業を進めています。
                  会津坂下町教育委員会』
 
Cimg8116
確かに亀ケ森古墳は大きい。鎮守森古墳の倍以上ありそうだ。
 
Cimg8115
前方墳 お墓がたくさんある
 
Cimg8114
後円墳
 
Cimg8128
 
Cimg8120
後円墳入口にあった説明板の図。
説明文は、鎮守森古墳とほとんど同じような内容だった。
 
Cimg8123
古墳の上に小さな山があった。
カラスより大きい鳥2羽が頭上を飛び回って、ギャーギャー鳴いてる。
 
Cimg8127
さっきのより詳しい説明板があった。
 
 『史跡 亀ケ森・鎮守森古墳
    国指定  昭和51年5月6日
    所在地  会津坂下町大字青津字男壇・舘の越・田中
 
   亀ケ森古墳
 東北第2の大型前方後円墳で、現況では全長127メートル、前方部長60メートル、後円部直径67メートル程の規模である。前方部は墓地となり、後円部には稲荷神社・観音堂が建てられ、中世は館として利用されたため築造当初の景観とはかなり異なるが、周囲に堀跡の水田を残している。平成4年の試掘調査によって段築・葺き石・埴輪などが認められ、4世紀末の年代が考えられる。
 
   鎮守森古墳
 亀ケ森古墳の南西50メートルの位置に亀ケ森古墳とほぼ同方向に並んで築造されている前方後方墳で、後方部には八幡神社が祭られている。全長56メートル、前方部長30メートル、後方部長26メートルを計り、周堀の有無は不明である。築造時期は未発掘のため詳らかでないが、亀ケ森古墳より若干下るものと考えられている。
 
 平成元年、古墳の西の男壇遺跡・中西遺跡・宮東遺跡が発掘調査され、男壇・宮東遺跡からは前方後円形・前方後方形・方形・円形などの周溝墓を発見、中西遺跡からは当時の集落跡が出土した。これらの遺跡から出土した土器は非常に北陸色の強いものであって、亀ケ森・鎮守森両古墳の系譜を考える上で重要な遺跡である。
                  会津坂下町教育委員会』
 
Cimg8125
青津観音堂
会津三十三観音 第三十二番札所
 
Cimg8138
食堂いしやま
 
Cimg8135
冷やしラーメン 640円
『昭和27年、
スルスルと食べれて身体の熱を下げる食べ物を。
と風邪を引いたお客さんから注文があり、
福地ミナさんが考えて生み出されたのが
「冷やしラーメン」
なんと季節は冬でした。』
 
15キロ歩いたんで、もうクタクタ。あー、生き返るという感じ。さっぱりした黄金色の冷たいスープに刻みタマネギ。うまかったー。
 
Cimg8140  
奇祭「大俵引き」の大俵
只見線 会津坂下(13:47)→会津若松(14:25)410円
 
Cimg8146
719系 H15+H12
陸前山王にいた仲間は天国に行ったらしい。
 
Cimg8149
戊辰150周年ヘッドマーク
会津鉄道 会津若松(15:08)→
 
Cimg8150
コンビニ ニューデイズで買った
会津のべこの乳アイス(バニラ)
カップに描かれている山は、
会津坂下町から見た磐梯山。
 
→会津田島(16:16)
 
Cimg8151
 
Cimg8152
ペイント車両 AT-551
 
ヨークベニマルで夕食を買った。
リバティ会津 指定席2110円
会津田島(17:48)→北千住(21:02)

|

« 会津坂下町(1) | トップページ | 葛尾村 »

会津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会津坂下町(1) | トップページ | 葛尾村 »