« いわき市海竜の里センター | トップページ | 西会津 大山祇神社(1) »

2018年6月25日 (月)

あぶくま洞

6月23日(土)

6年ぶりにあぶくま洞(田村市滝根町)へ行った。
週末パス8730円
新幹線 東京(6:04)→郡山(7:24)自由席3680円
磐越東線 郡山(8:00)→神俣(8:45)
前回は神俣(かんまた)駅からタクシーで行った。今回もタクシーに乗るつもりだったが、停まってなかった。電話で呼ぶのも面倒なので、あぶくま洞まで歩いた。距離は3キロちょっと。1キロ余りは平坦だった。
 
Cimg8672
閉店した土産店の前に石像などがある。鳥居の奥、巨大でリアルな棒と賽銭箱がある。ご利益は子孫繁栄だろう。
 
Cimg8595
あぶくま洞への道沿い約1キロにわたり、あじさいが植えられている。上り坂できついけど、あじさいを見て励みになった。
 
Cimg8597
切羽の高さ 140m
セメント材料の石灰石採掘現場跡地
 
Cimg8604
あぶくま洞ラベンダー園
約5万株のラベンダーが咲き誇る。1束100円、摘み取り1カップ400円。
 
Cimg8602
ミツバチがたくさんいた。
 
Cimg8655
ふくしまファンクラブカード提示で1200円→1000円に。
入洞券発売所の隣、1階土産店、2階お食事処レストハウス釜山。その隣、軽食コーナー。
土産店の前に無料のコインロッカーがある。100円入れて、帰りにコインが戻るタイプ。リュックを預ければよかった。プラス200円の探検コースは狭くてリュックを持って歩いた。
 
Cimg8639
簡単なアンケートを書いて、マンホールカードをもらった。
 
Cimg8652
実物のマンホールは「入水鍾乳洞」近くにある。
隣の菅谷駅から2キロくらいかな。
行くとしたら着替えの必要がないAコースにするつもり。
B・Cコースは着替えと灯りが必要。
 
Cimg8653
あぶくま洞案内図
一般コースは600m(所要時間約40分)
探検コースは120mプラスで所要時間約10分
洞内は階段が「約300段」ある。
 
Cimg8605
プラス200円の探検コースに挑戦した。
かがんでやっと通れるくらい狭い。体脂肪率40%でもなんとか通れた。
 
Cimg8613
地底の精霊
 
Cimg8615
石化の樹林
この奥には未公開の約2500mの洞穴が続いている。
 
Cimg8619
せせらぎの間
 
Cimg8622
洞内最大のホール「滝根御殿」
高さ29m。地下水によって石灰岩が溶かされ空洞になった後、はるかな時が創りあげたさまざまな鍾乳石が見どころ。
1センチ大きくなるのに70~100年かかるといわれている。
主な種類は、天井から下がった「つらら石」や「鍾乳管」、床にタケノコのようにできた「石筍」、天井から床までつながった「石柱」など。
 
Cimg8628
階段の上から
ライトアップされているとはいえ、暗いのでよく映らない。ぜひ、行って見てほしい。
温度は約15℃前後。夏は涼しく、冬は暖かく感じられる。湿度は90%を超える。
 
Cimg8632
洞内第2のホール「竜宮殿」 高さ約13m
 
Cimg8635
樹氷 クリスマスツリー
 
Cimg8638
月の世界
舞台演出用の調光システムを導入。ライティングで夜明けから夕暮れまでの移り変わりを約2分間で表現する。
 
Cimg8640
レストハウス釜山
じゅうねん味噌焼き定食 1000円
 
軽食コーナーでラベンダーソフト(350円)を食べた。
 
Cimg8650
阿武隈神社 
岩の上は、展望台になっていて、阿武隈高原を一望できる。
 
Cimg8645
巨大な岩に観世音菩薩が祀られている。
 
Cimg8658
あぶくま洞
 
Cimg8643
星の村天文台  天地人橋
 
Cimg8668
駐車場入口付近
 
Cimg8649
星の村天文台、あじさい、ラベンダー
 
Cimg8646
星の村天文台 プラネタリウム400円
 
磐越東線 神俣(14:03)→郡山(14:48)
 
Cimg8676
磐越西線 郡山(15:45)→会津若松(16:50)
719系フルーティア+H12+H15 H15に乗った。
会津若松ワシントンホテルに泊まった。
719号室、好きな数字でラッキー。
日帰り温泉 富士の湯に行った。

|

« いわき市海竜の里センター | トップページ | 西会津 大山祇神社(1) »

福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわき市海竜の里センター | トップページ | 西会津 大山祇神社(1) »