« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

湯長谷藩陣屋跡

12月30日(日)

お正月休みは8連休。今冬は青春18きっぷを使わずに、7日間(12/30~1/5)普通列車乗り放題の「北海道&東日本パス」(10850円)を使用。年末寒波の影響があまりなさそうないわき湯本へ行く。
2014年に映画化された『超高速!参勤交代』の舞台となった「湯長谷藩(ゆながやはん)」陣屋跡を見に行こう。映画の主人公は、四代藩主内藤政醇(まさあつ)がモデルとなった。映画の中の登場人物は、藩主など実在しているが、史実とは違うストーリーになっている。
 
上野(8:02)→水戸→湯本(11:32)
湯長谷藩陣屋跡まで徒歩3キロくらい。
お腹がすいてきて、よさそうな店がないかと思ってると、
「昭和元年創業 鳥静の若鳥から揚」という看板を見つけた。
 
Cimg9972
鳥静
ランチタイムのみ営業で、31日・元日は休み。ちょうど営業しててよかった。
 
Cimg9971
ランチメニュー
 
Cimg9967
から揚げ定食 750円
 
Cimg9968
大きめのから揚げが5個。
揚げたて、衣はカリカリ、中はジューシー。
マヨを3個に、レモンを2個にかけた。
 
Cimg9974
木工所の塀、城下町って感じがする。この辺に武家屋敷があったらしい。
坂道が急で休み休みのぼる。
 
Cimg9975
湯長谷陣屋
 『湯長谷陣屋は湯長谷藩初代藩主の遠山政亮(まさすけ)が、延宝四年(1676)の御国入りの際に下湯長谷村に陣屋と家臣屋敷五町四方を築くことを許されて建設を始め、翌延宝五年に完成している。陣屋は戦国期の舘跡に築かれ、七五間に八〇間の単郭式の敷地を高さ四・五尺の土塁と幅二間の堀に囲まれていた。現在は磐崎中学校となっているが、周囲に当時の堀跡が残っている。
 江戸時代の陣屋の様子は天保九年(1838)の「天保九年八月御巡見様御案内覚帳」によると「此段陣屋構二六七千坪程も御座候由承候、家中居処之儀ハ陣屋廻りに御座候、陣屋下町家数三拾軒余ニ御座候」(現代語訳:陣屋構えは六・七〇〇〇坪程もあると承っています。家臣の住宅は陣屋の廻りにあります。陣屋の下には町屋が三〇軒余りあります)とあり、陣屋周辺には家臣屋敷や町人屋敷、陣屋周縁には藩主の菩提寺である龍勝寺も置かれ、小規模ながら城下町としての体裁をとっていた。また、天保一四年(1834)には藩校の致道館も開かれている。
 陣屋が置かれた下湯長谷村は藤原川と湯本川の間に位置し、石高は三一五石。さきの天保九年の「覚書」には、「此段年々四月中陣屋下町ニ而せり市相立申候」(現代語訳:毎年四月に陣屋下の町にて馬の競り市が開かれています)とあり、毎年四月に馬のせり市が開かれていることがわかる。』
 
Cimg9978
湯長谷藩時代と現代
オレンジ・・・陣屋跡内庭・建物
水色・・・堀
黄緑・・・馬乗馬場
黄色・・・武家屋敷
ピンク・・・城下町周辺
紫・・・龍勝寺境域
 
Cimg9979
湯長谷藩御陣屋配置図
(太平桜酒造所有御陣屋絵図を元に作成)
 
Cimg9980
 
Cimg0007
堀と土塁
 
Cimg9995
堀の中へ入り、霜柱をバリバリ踏んで歩く。
 
Cimg9996
途中まで行って引き返す。日があたる所はぬかるんでいた。
 
Cimg9981
神社のような建物があった。
 
Cimg9993
熊野神社と狛犬(昭和9年)
由緒によると、旧領主内藤家の産土神として荘厳なる社殿を有していた。古記棟札等維新の際焼失、内藤家落城および衰廃し、創立年代わからない。明治九年社殿造営。
 
Cimg9999
湯長谷藩陣屋跡は、磐崎中学校校庭と竹やぶになっている。
強風で寒い、雪が舞っている。
 
Cimg0001
湯長谷藩館址
磐崎中学校校庭に石碑がある。中学校の建物がある辺りは武家屋敷だった。
 
Cimg0005
湯長谷藩館跡
「湯長谷藩は、寛文十年十二月(1670)に磐城平藩主、内藤忠興が三男の遠山主殿頭政亮に磐崎、菊田二郡の新懇田一万石を分け与えたのに始まる、初め仮居所を湯本村熊ノ台に置いたので、湯本藩と呼ばれた、延宝四年十二月(1676)この地に館と周囲に家臣の屋敷が完成、湯本村から移転して湯長谷藩が成立した。天和二年(1682)に二千石、天和四年に三千石が加増され都合一万五千石を領した。
 
湯長谷藩は、立藩以来明治四年の廃藩置県まで一九九年間、転封がなく一貫して内藤氏が統治したが、歴代藩主の半数以上が養子でその治世の短いことが特徴としてあげられる。」
 
Cimg0010
 
Cimg0017
熊野神社参道を下りて、龍勝寺に向かう。
 
Cimg0015
龍勝寺
内藤家の菩提寺。映画「超高速!参勤交代」の主人公、湯長谷藩四代藩主、内藤政醇公は、御国入りした際に亡くなったため、ここに葬られたといわれている。
 
カワチ薬品でトイレをお借りしたので、なにか買おう。限定のこづゆポテチが2つだけ残っていた。他に、東京では見かけなさそうな菓子類を買った。
 
Cimg0023
いわき湯本 温泉スタンド
専用の給湯メダル購入して利用する。給湯メダルは常磐支所経済土木課財産区係で販売している(平日のみ)120円で200リットル、300円で1000リットル。
 
湯本(16:16)→勝田→新橋(20:08)

| | コメント (2)

2018年12月29日 (土)

塩川・芦ノ牧温泉駅

12月23日(日)

Cimg9854 12/16撮影
新宿2丁目と3丁目の間のクスノキ3本が伐採されていた。この辺は通学路だったし、青春18使用・始発の山手線で福島県に行くとき通った。来年から明治通りバイパスの工事が始まる。
関係ないことだけど、新宿2丁目のスーパーが12月31日で閉店する。イトーヨーカドー食品館新宿富久店(松平容保邸跡地)の影響が大きそうだ。
 
週末パス 
埼京線快速 新宿(7:42)→大宮(8:16)
新幹線 大宮(8:34)→郡山(9:32) 自由席2590円
 
Cimg9937 磐梯山
磐越西線 郡山(9:38)→会津若松(10:56)
磐越西線 会津若松(11:02)→塩川(11:11)
 
芦ノ牧温泉駅に行って、来年のカレンダーを買いに行くのが主な目的。久しぶりに塩川(喜多方市)の鳥モツが食べたくなった。駅で「塩川鳥モツうまい店ガイド」を手に入れた。
 
Cimg9942
丸市食堂
 
Cimg9941
鳥モツ定食 700円
(食後にコーヒーを頂いた)
 
Cimg9940
塩川の鳥モツは、「鶏皮」です。
 
散歩ついでにコープに寄った。惣菜コーナーで鳥モツ(鶏皮の煮込み)が30パックくらい並んでた。喜多方たまりせんべい等を買った。
 
Cimg9943
宿場町を感じさせる古い建物
 
Cimg9944
719系あかべぇは11月30日で定期運用が終了したらしい。
今年の定期運用が終了しただけで、春に戻ってくるといいんだけど。
あかべぇの列車は会津鉄道だけだな。
塩川(12:45)→会津若松(13:01)
 
Cimg9947
会津若松(12:51)→芦ノ牧温泉(13:12)
 
Cimg9962
らぶ駅長とピーチ施設長の2019年カレンダー 1550円
らぶ駅長は駅長室ゲージ内、ピーチ施設長は棚の上で寝ていた。
 
Cimg9949
先代ばす駅長のお墓
 
Cimg9955
牛乳屋食堂
2回目の昼食というか、早めの夕食というべきか。さっぱりしたものを食べよう。
 
Cimg9951
会津地鶏塩レモンラーメン 850円
※1日10食限定のため、売り切れ次第終了となる。
 
Cimg9956
らぶ駅長、ぴーち施設長お目覚め。相変わらずキュートです。
らぶ駅長は、12月24日で就任3周年を迎えました。
 
Cimg9957
芦ノ牧温泉(14:10)→会津若松(14:35)
 
Cimg9958
ナンバー113のあかべぇバス、久しぶりに見たような気がする。初めて乗ったのは2011年だった。会津若松駅あかべぇ改札、郡山駅1番線あかべぇエスカレーターなど、当初からのお気に入りが無くなってしまったので、元気で走り続けてほしいと思う。719系あかべぇもどうなることか。
 
会津若松(15:05)→郡山→新白河→黒磯→宇都宮→上野(20:09)

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

大玉村

12月22日(土)

福島県59市町村のうち、57市町村に行った。まだ1回しか行ってない町村がいくつかあって、再び行ってみようと思った。大玉村は前回、2014年5月に行ったから4年半ぶりだ。
 
週末パス8730円・新幹線自由席3680円
新幹線 東京(6:40)→郡山(8:20)
東北本線 郡山(8:39)→本宮(8:52)
大玉村広域生活バス 本宮駅前(9:06)→寺久根(9:19)200円
(バスの運休日は日曜・祝日・年末年始)
 
Cimg9960
おおたま散策マップ、約3キロのコースを歩く。
 
Cimg9871
①あだたらふるさとホール(大玉村歴史民俗資料館)
入館料100円
 
Cimg9869
1845年(弘化2年)に建てられた旧家屋の一部を移築。農作業の道具などの展示を見た。
大玉村は、大山村と玉井村が合併してできた。「玉」の語源となった水晶玉や、十楽院鉄造観音菩薩立像なども見た。
 
Cimg9870
大玉村とペルーのマチュピチュ村が友好都市協定を締結した記事
大玉村出身の移民・野内与吉氏がマチュピチュ村の初代村長を務めた縁がきっかけとなった。
 
Cimg9872
馬場桜後継樹
樹齢1000年といわれる桜で、前回見たときは幹が1本しか残ってなかった。それが、今年3月の強風で倒れたという。馬場桜はどうなっているのか。
 
Cimg9876
②玉泉寺
曹洞宗の寺院。戊辰戦争の際、野戦病院の役割を果たしていた。会津軍、官軍の墓も残っていて、二本松少年隊最年少、久保兄弟の墓もあるそうだ。
 
Cimg9878
国分菓子店
 
Cimg9898
おおたまあんぱん(チーズ・おいも・マロン)各130円、ごまサブレ100円を買う。ごまサブレは小腹がすいたので、相応寺境内で食べた。
 
Cimg9879
③相応寺
平安時代のはじめ、徳一大師が開いたと伝えられる真言宗の寺院。安達太良山麓の眉岳にあったが、高山のため野火を防げず度々炎上し荒廃。1560年(永禄3年)に現在地へ移った。
相応寺のしだれ桜 推定樹齢350年、エドヒガン系のベニシダレ。樹高13.5メートル、幹回り2.6メートル。
 
Cimg9881
本堂の左に建つ薬師堂内に、村指定文化財の薬師如来三尊像と十二神将が安置されている。
 
Cimg9884
④玉の井
おばあさんが井戸の中になにやら光るものを見つけ、おじいさんと二人で井戸の水をくみ上げていると水はなくなり、井戸の中からきれいな水晶の玉が出てきた。
 
Cimg9886
玉の井から発見された水晶(あだたらふるさとホールに展示)
 
Cimg9888
⑤織井の清水
「源義家が奥州平定の際、義家の側女が産気づいたが、付近に水がないのを心配して矢の根で試掘したところ、清水がこんこんと湧き出た。その後、いかなる晴天続きでも水は涸れることがなかった。」(郷土誌)
推定樹齢400年の大ケヤキの下に清水がある。冬だからか水量は少なかった。
 
Cimg9890
⑥馬場桜
 
Cimg9737
2014年5月に来たときは幹1本残っていた。
 
Cimg9893
国指定天然記念物で樹齢1000年の馬場桜(エドヒガン)が強風で根元から倒れたと聞いて、もうだめかと思った。幹の一部を切り落とし、支柱で固定して元の場所に戻した。地元の方々の馬場桜を守る熱意と、桜の生命力を感じた。
 
Cimg9897
⑦玉井神社
秋の例大祭では太鼓台の曳き回しが盛大に行われる。
 
Cimg9901
鈴木食堂
おすすめは何ですかと、店主に聞いたら、初めてなら「中華そば」がいいんじゃないのって。暖簾にも書いてあるし、そりゃそうだな。
 
Cimg9900
中華そば 500円
麺は細めのストレート、チャーシューは鶏肉。
 
Cimg9902
安達太良山
山頂は雲に隠れている。
 
Cimg9903
大玉村役場
ペルー共和国・マチュピチュ村と友好都市協定を締結した村
(2015年10月26日締結)
 
Cimg9904
マチュピチュ村長寄贈
「マチュピチュ村と大玉村は友好都市」
 
Cimg9908
安達太良山といぐね(居久根)
居は家を意味し、久根は土地の境界。安達太良山から吹いてくる強い季節風や風雪を防ぐ防風・防雪林としての機能もある。大玉村には400余りの「いぐね」が点在している。
 
Cimg9909
お米工房 ままや
 
Cimg9910
ままだんご (ずんだ110円・みたらし100円・こしあん100円)
 
Cimg9914
SUPER CENTER PLANT-5 大玉店
巨大なスーパーマーケット、5000㎡の売り場面積だそうだ。スーパーマーケットとホームセンターが合体したような感じ。惣菜バイキング100gあたり100円。70種類以上あった。飴・キャラメルだけで16棚、端から端まで全部アメちゃん売り場だった。歩き疲れたので1周だけしたが、またゆっくり見てみたい。
 
Cimg9918
向山製作所 大玉ベース店
電子部品をつくっている会社らしいが、生キャラメルが有名。カフェとベーカリーも併設せれている。キャラメルポップコーン(塩キャラメル・キャラメル&アーモンド)を買った。
 
Cimg9919
あだたらの里直売所
南米原産の穀物「キヌア」クッキー、チーズ&アンデスの塩クッキーなどを買った。
マチュピチュ村との友好都市協定がきっかけで大玉村でもキヌアを栽培しているそうだ。NHK・はまなかあいづTodayで放送された映像を見た。
 
Cimg9920
お食事処 たまちゃん
手打ち十割蕎麦500円。村内には蕎麦打ち愛好家がたくさんいて、日替わりで打ち手がかわる。村長さんも蕎麦打ちをされるそうだ。この日は、営業時間を過ぎていたため、またの機会に。
 
東北本線 本宮(16:30)→鏡石(17:14)
 
Cimg9921
田んぼアートLEDイルミネーション~きらきらアート~
 
Cimg9925
鏡石図書館4階からの眺め うさぎとかめ
 
Cimg9928
LED装置「ペットボタル」約7000本と電飾、LED電球約3万個が光る。
 
鏡石(17:46)→新白河→黒磯→宇都宮→赤羽(21:06)

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

楢葉町・広野町

12月8日(土)

Cimg9770
ひたち3号 上野(7:00)→いわき(9:18)6930円(2500円指定席)
常磐線 いわき(9:22)→竜田(9:52)
 
ここなら笑店街という新しい商業施設ができたそうなので行ってみよう。国道6号の近くらしい。適当に歩けば国道に行けると思ってたが、道に迷って遠回りした。
 
Cimg9772
仮設のプレハブ店舗 ここなら商店街は、約700m南の新しい商業施設内に移転した。
 
Cimg9775
笑(えみ)ふるタウンならは内の商業施設、ここなら笑店街
ホームセンターコメリとブイチェーンネモト(スーパー)の間に飲食店(5店)・クリーニング店・理容院・ATMがある。
 
Cimg9781
豚壱
 
以前、広野駅から木戸駅まで歩いたことがあって、途中にこの店があったけど休みだった。ここなら笑店街に新店ができたと聞いて、真っ先に行こうと決めていた。
 
Cimg9777
特上重(1250円)
松(950円)<特上(1250円)<極上(2000円)
各メニュー同じ豚肉を使用、プラス100円でご飯大盛り
 
Cimg9778
豚肉が何枚あるか数えていたけど、途中でわからなくなった。10枚くらいあるかな?
 
Cimg9782
 
Cimg9800
楢葉町復興記念植樹 ウラジロモミ(マツ科モミ属)
 
Cimg9788
ベーカリーハウス アルジャーノン
塩パン、明太フランス、うぐいすあんぱんを買った。
 
Cimg9802
ブイチェーンネモト
ゆずゼリーなどを買った。パッケージにゆず太郎のイラストが描かれている。
 
Cimg9803
ホームセンターコメリ
かさばらないもので必要なものはあったかな。そうだ、電池を買っておこう。
 
Cimg9793
木戸川の鮭
「2011年3月の東日本大震災前、多い時には10万匹以上の鮭が遡上し、やな場漁がおこなわれていました。
震災後、一時は中断されていましたが、避難解除後の2015年秋にサケ漁、2016年春には稚魚の放流が再開されました。
遡上時期(10月上旬~12月上旬)には木戸川漁業協同組合でサケやイクラを販売しています。」
 
Cimg9796
まちを見守る“かかし”たち
『2015年9月5日。避難指示が解除されていち早く戻ってきたおかあさんたちは、「少しでもまちを賑やかに!」と等身大のかかしをつくり始めました。
現在も温泉や介護施設等で町を活気づける役割を担っているかかしたち。
一度は“0人”になったこの町も、今では約3,500人※が暮らしています。
一歩、一歩、復興への歩みを進めるならはの今と未来を見つめて。  ※平成30年8月現在』
 
Cimg9785
みんなの交流館 ならはCANvas
 
Cimg9783
  4つのコンセプト。
1 町内外、世代を超えて人が集い、出会い、交流する場
2 まちの目印、復興の象徴となる場
3 楢葉らしさ、情報、震災の記憶を発信する場
4 一人でも誰とでもゆっくりと過ごせる場
 
Cimg9805
笑ふるタウンならは
 
Cimg9806
竜田(14:12)→広野(14:21)200円
 
Cimg9808
未来のかけ橋(こ線人道橋)からの眺め
県道広野小高線ひろの防災緑地を見に行こう。
 
Cimg9810
未来のかけ橋
 
Cimg9812
ひろの防災緑地
 
Cimg9816  
ひろの防災緑地案内図
「緊急災害時はお近くの避難口より広野駅方面へ避難してください。」
 
Cimg9817
防災緑地とは
 
Cimg9820
避難口の距離を示す案内板、あずまや
松は高いもので腰ぐらいの高さまで生長している。
 
Cimg9819
避難口
 
Cimg9824
海と堤防
 
Cimg9827
高さ8.7mの堤防
砂浜に下りてみた。
 
Cimg9830
波消しブロックで波が小さくなった。
 
Cimg9832
 
Cimg9835
イオン広野店
 
Cimg9839
 
Cimg9838
みかんの丘
 
常磐線 広野(16:19)→いわき(16:43)410円
高速バス いわき駅前(17:00)→東京駅(20:30)3450円
 
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 
Cimg9848
東京国際フォーラムで開催された、
ふくしま大交流フェスタ2018に行ってきました。
 
Cimg9849
りんごと相馬のバター最中などを買い、
福島県のおいしいものをたくさん食べました。
 
Cimg9841
なみえ焼そば   オリジナル相馬ちゃんこ
只見名物味付マトンケバブ 会津地鶏からあげ

| | コメント (2)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »