« 塩川・芦ノ牧温泉駅 | トップページ | 伊佐須美神社・鶴ヶ城 »

2018年12月31日 (月)

湯長谷藩陣屋跡

12月30日(日)

お正月休みは8連休。今冬は青春18きっぷを使わずに、7日間(12/30~1/5)普通列車乗り放題の「北海道&東日本パス」(10850円)を使用。年末寒波の影響があまりなさそうないわき湯本へ行く。
2014年に映画化された『超高速!参勤交代』の舞台となった「湯長谷藩(ゆながやはん)」陣屋跡を見に行こう。映画の主人公は、四代藩主内藤政醇(まさあつ)がモデルとなった。映画の中の登場人物は、藩主など実在しているが、史実とは違うストーリーになっている。
 
上野(8:02)→水戸→湯本(11:32)
湯長谷藩陣屋跡まで徒歩3キロくらい。
お腹がすいてきて、よさそうな店がないかと思ってると、
「昭和元年創業 鳥静の若鳥から揚」という看板を見つけた。
 
Cimg9972
鳥静
ランチタイムのみ営業で、31日・元日は休み。ちょうど営業しててよかった。
 
Cimg9971
ランチメニュー
 
Cimg9967
から揚げ定食 750円
 
Cimg9968
大きめのから揚げが5個。
揚げたて、衣はカリカリ、中はジューシー。
マヨを3個に、レモンを2個にかけた。
 
Cimg9974
木工所の塀、城下町って感じがする。この辺に武家屋敷があったらしい。
坂道が急で休み休みのぼる。
 
Cimg9975
湯長谷陣屋
 『湯長谷陣屋は湯長谷藩初代藩主の遠山政亮(まさすけ)が、延宝四年(1676)の御国入りの際に下湯長谷村に陣屋と家臣屋敷五町四方を築くことを許されて建設を始め、翌延宝五年に完成している。陣屋は戦国期の舘跡に築かれ、七五間に八〇間の単郭式の敷地を高さ四・五尺の土塁と幅二間の堀に囲まれていた。現在は磐崎中学校となっているが、周囲に当時の堀跡が残っている。
 江戸時代の陣屋の様子は天保九年(1838)の「天保九年八月御巡見様御案内覚帳」によると「此段陣屋構二六七千坪程も御座候由承候、家中居処之儀ハ陣屋廻りに御座候、陣屋下町家数三拾軒余ニ御座候」(現代語訳:陣屋構えは六・七〇〇〇坪程もあると承っています。家臣の住宅は陣屋の廻りにあります。陣屋の下には町屋が三〇軒余りあります)とあり、陣屋周辺には家臣屋敷や町人屋敷、陣屋周縁には藩主の菩提寺である龍勝寺も置かれ、小規模ながら城下町としての体裁をとっていた。また、天保一四年(1834)には藩校の致道館も開かれている。
 陣屋が置かれた下湯長谷村は藤原川と湯本川の間に位置し、石高は三一五石。さきの天保九年の「覚書」には、「此段年々四月中陣屋下町ニ而せり市相立申候」(現代語訳:毎年四月に陣屋下の町にて馬の競り市が開かれています)とあり、毎年四月に馬のせり市が開かれていることがわかる。』
 
Cimg9978
湯長谷藩時代と現代
オレンジ・・・陣屋跡内庭・建物
水色・・・堀
黄緑・・・馬乗馬場
黄色・・・武家屋敷
ピンク・・・城下町周辺
紫・・・龍勝寺境域
 
Cimg9979
湯長谷藩御陣屋配置図
(太平桜酒造所有御陣屋絵図を元に作成)
 
Cimg9980
 
Cimg0007
堀と土塁
 
Cimg9995
堀の中へ入り、霜柱をバリバリ踏んで歩く。
 
Cimg9996
途中まで行って引き返す。日があたる所はぬかるんでいた。
 
Cimg9981
神社のような建物があった。
 
Cimg9993
熊野神社と狛犬(昭和9年)
由緒によると、旧領主内藤家の産土神として荘厳なる社殿を有していた。古記棟札等維新の際焼失、内藤家落城および衰廃し、創立年代わからない。明治九年社殿造営。
 
Cimg9999
湯長谷藩陣屋跡は、磐崎中学校校庭と竹やぶになっている。
強風で寒い、雪が舞っている。
 
Cimg0001
湯長谷藩館址
磐崎中学校校庭に石碑がある。中学校の建物がある辺りは武家屋敷だった。
 
Cimg0005
湯長谷藩館跡
「湯長谷藩は、寛文十年十二月(1670)に磐城平藩主、内藤忠興が三男の遠山主殿頭政亮に磐崎、菊田二郡の新懇田一万石を分け与えたのに始まる、初め仮居所を湯本村熊ノ台に置いたので、湯本藩と呼ばれた、延宝四年十二月(1676)この地に館と周囲に家臣の屋敷が完成、湯本村から移転して湯長谷藩が成立した。天和二年(1682)に二千石、天和四年に三千石が加増され都合一万五千石を領した。
 
湯長谷藩は、立藩以来明治四年の廃藩置県まで一九九年間、転封がなく一貫して内藤氏が統治したが、歴代藩主の半数以上が養子でその治世の短いことが特徴としてあげられる。」
 
Cimg0010
 
Cimg0017
熊野神社参道を下りて、龍勝寺に向かう。
 
Cimg0015
龍勝寺
内藤家の菩提寺。映画「超高速!参勤交代」の主人公、湯長谷藩四代藩主、内藤政醇公は、御国入りした際に亡くなったため、ここに葬られたといわれている。
 
カワチ薬品でトイレをお借りしたので、なにか買おう。限定のこづゆポテチが2つだけ残っていた。他に、東京では見かけなさそうな菓子類を買った。
 
Cimg0023
いわき湯本 温泉スタンド
専用の給湯メダル購入して利用する。給湯メダルは常磐支所経済土木課財産区係で販売している(平日のみ)120円で200リットル、300円で1000リットル。
 
湯本(16:16)→勝田→新橋(20:08)

|

« 塩川・芦ノ牧温泉駅 | トップページ | 伊佐須美神社・鶴ヶ城 »

福島」カテゴリの記事

コメント

超高速参勤交代の作者さん、上州は安中藩の「侍マラソン」文庫化されましたね。買っちゃった。
でもウチの群馬の子たち、誰も読んでないのです。

投稿: ジャン | 2018年12月31日 (月) 16時28分

安政遠足を舞台にした映画、サムライマラソンが2月に全国ロードショーされるそうですね。おもしろそう。「走る」という点が共通してますね。

投稿: あかべぇ | 2019年1月 1日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩川・芦ノ牧温泉駅 | トップページ | 伊佐須美神社・鶴ヶ城 »