« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月23日 (土)

神指城跡

3月21日(木・祝)
新宿(4:43)→池袋→赤羽→宇都宮→黒磯→新白河→郡山→会津若松(10:56)
神指城跡へ行こう。路線バスは12時10分発なので1時間以上ある。歩く方が早そうだ。
Cimg1300
工事店にあった蛇口のオブジェ。遊び心があって、こういうの好きだな。
Cimg1301
中野竹子奮戦の地
セブンイレブンで昼食を買い、以前行ったことのある高瀬の大木に行こうとしたら、道路工事中で立入禁止。迂回して、先に神指城跡を見よう。田んぼの中に、いかにも土塁という感じの丘がある。二ノ丸土塁の四隅のひとつだろう。
Cimg1305
完成間近の若松西バイパス。23日から延伸開通したそうだ。
Cimg1309
神指城跡(こうざしじょうあと)
 【神指城は、慶長三年(1598)越後から会津へ百二十万石で
移封された上杉景勝が、執政の直江兼続に命じ築かせた
日本有数の規模をもつ平城です。
 『会津旧事雑考』によると、当初は、会津盆地中央とする予定
でしたが、平坦で川との落差のない神指ヶ原に定め、慶長五年
(1600)三月十八日から築城を開始しました。兼続の総指揮に
より、神指の十三ヶ村を強制的に移住させ、城は北東の鬼門に位置
する「高瀬のケヤキ」と北極星を基点に縄張り(設計)しました。
領内から十二万人を動員し、東山町慶山から石を運び本丸に石垣を
築き、町割まで計画しました。しかし家康の上杉討伐令により、六月
十日で工事は中止しました。本丸は石垣と堀や三方の門、二ノ丸は
四方の土塁と堀が完成しましたが、天守閣には着工できませんでした。
 面積は、若松城(鶴ヶ城)の二倍約五十五ヘクタールもあり、
毛利輝元の広島城に似た「回」字形をした城郭でした。中央の京・
大坂、西の広島、東の会津というように、政治経済の中心拠点にしよ
うと川や運河を利用して築こうとしました。慶長六年(1601)に
上杉氏は、米沢三十万石へ移封となり、城は破城され、更に寛永十六年
(1639)領主加藤氏が、石垣を総て若松城(鶴ヶ城)に運び去り、
神指城は廃城となりました。】
Cimg1313
南東隅土塁跡
Cimg1322
新選組隊士が戦った地、如来堂は土塁の上にある。
Cimg1321
如来堂
 『慶応四年(1868)九月四日、山口次郎こと斎藤一ら新選組隊士が守備し
たここ如来堂が、新政府軍によって襲われ、隊士が全滅したとされる場所である。
 近藤勇亡き後、会津に入った土方歳三率いる新選組は母成峠防衛の任となる
が、西軍の攻撃の前に敗退した。庄内へ援軍を求めて会津を離れようとする土
方に対し、山口は会津藩主・松平容保への恩義から「今、落城せんとするのを
見て、志を捨て去る、誠義にあらず」と、会津に残留して徹底抗戦を主張した。
 会津を去った土方とは対照的に、山口は二十名(十数名とも言われている)
ばかりの隊士とともにこの地に宿陣していたが、西軍の襲撃を受けて全滅した
とされている。しかし数名の隊士が乱戦のなかを脱出し、生存していた。
 ここ会津で隊長として新選組を率いた山口においては会津藩が降伏開城した
後、藩士とともに斗南藩に移り、苦渋をともにしたのち、大正の世まで生き抜
いたのであった。』
Cimg1324
Cimg1327
神指城本丸跡
Cimg1329
神指城穴太積み石垣跡
「織田信長の安土城石垣を築いた穴太衆が考案し
江戸時代に技術が完成した、耐久力に優れた独特
の石垣。普通野面積みともいわれるが裏込め石を
大量に詰める為、正式には穴太積み石垣と云う。
今、皆さんが立っている足元の土を掘れば、沢山
の裏込め石が出て来ます。
此処の石垣は、約360年前に鶴ヶ城に運ばれ
難攻不落の名城の石垣に利用されました。」
Cimg1331
神指城完成予想図
Cimg1335
本丸跡の角
Cimg1337
天守閣予定地
Cimg1341
高瀬の大木がある土塁と磐梯山
Cimg1346
北西隅土塁跡
Cimg1347
高瀬の大木がある土塁跡
Cimg1349
本丸跡方面
Cimg1352
高瀬の大ケヤキ
Cimg1355
土塁の先に民家がある。土塁の上に建っているようだ。
Cimg1356
 『慶長五年、時の会津藩主上杉景勝が高瀬村に新城
の築営を行ったが完成しないまま現在に至る。
この巨石はここより南方三百米の本丸に慶山村
「現・東山町」の山中から運んだといわれる石垣の
基礎石で昭和五十八年にここに移し保存するものである。』
Cimg1357
涙橋の由来
「柳橋は会津と新潟を結ぶ越後街道の湯川にかかる橋で付近に
道しるべとして多くの柳が植えてあったので古くは楊柳橋と称された。
会津藩が上杉時代の慶長五年(西暦1600年)に上杉景勝が石田三成と
計り徳川家康を牽制し十二万人を動員、西へ半里程の如来堂に幻の
神指城を築造する際、要所である橋を長さ十七間幅三間余の欄干のある
堅牢な柳橋とした。柳橋の二百米程下流の薬師川原には藩政時代の
処刑場があり特に昔キリシタン弾圧により寛永十二年には会津キリシタン
の中心人物である横沢丹波と外人宣教師など六十余名が捕えられ一度に
処刑された所でキリシタン塚がある。
戊辰の役では娘子軍(女白虎隊)の隊長中野竹子が柳橋の激戦で敵弾に
倒れ殉死し碑もある。
この場所には休み小屋があって刑場にひかれる罪人は井戸の水で家族等と
水盃を交して別れを惜しんだところから通称涙橋と呼ばれ昭和初め
の木橋には涙橋とも記されてあった。」
Cimg1359
下流を歩きキリシタン塚を探したが見つからなかった。
Cimg1360
阿弥陀寺御三階
Cimg1362
東軍墓地前の燈籠
 「江戸時代、鶴ヶ城の南に徳川家康をまつる東照宮があった。
そこにあったと伝えられる石燈籠で、裏面には明和5年(1768)
との年紀が刻まれている。
 戊辰戦争のあと東照宮は破却されたが、燈籠だけはのちに
この場所へ移されることになったのである。」
Cimg1363
明和五年
Cimg1370
大町通り会津信金前駐車場で彼岸獅子を見た。
豊作と家内安全を祈り、春の訪れを喜び合う会津の伝統行事。
三体の獅子が笛と太鼓の音色にあわせ古式ゆかしい
舞を披露しながら市内を周る。
Cimg1380
Cimg1381
Cimg1382

磐越西線 会津若松(16:21)→郡山(17:34)
新幹線 郡山(18:05)→大宮(19:02)自由席5940円

| | コメント (2)

2019年3月11日 (月)

広野・Jヴィレッジ・久之浜

3月10日(日)

青春18きっぷ 四ツ谷→神田→上野
改札を出て、ひたち3号のきっぷを買った。
 
Cimg1214
ひたち3号(6170円) 上野(8:00)→
 
Cimg1218
車内販売でスゴイカタイアイスを買った。(350円)
車内販売の弁当・軽食・デザートなどが15日で終了らしい。
新幹線や特急が停車する駅のニューデイズに置いてもらいたい。
→いわき(10:23)
常磐線 いわき(10:27)→広野(10:51)
 
Cimg1223
ひろの防災緑地
以前と比べて大きく生長したか見に行ったが、3ヶ月しか経ってないからあまり変わらない。
 
Cimg1222
広野の海
 
Cimg1228
二ツ沼総合公園まで歩く。
二ツ沼直売所で広野産みかんマーマレード(500円)を買った。
Jヴィレッジでイベントやってて、二ツ沼総合公園駐車場から循環シャトルバスが出ている。長蛇の列で40分待ちだとか。歩いたほうが早そうだ。
 
Cimg1237
青い看板を曲がればJヴィレッジに行ける。
それにしてもずいぶん大きな崖だな。
史跡があるっぽい。行ってみよう。
 
Cimg1230
楢葉町指定文化財 岩沢磨崖仏
 
Cimg1232
「本仏は拝所に建てられている嘉永4年(1851)の灯篭には、「正(聖)観世音菩薩」と刻まれているが「十一面観世音菩薩」とも言われる。
このまわりには乳岩という岩があり、昔から安産子育ての観音さまとして信仰を集めた。
江戸時代の作といわれるがまた、弘法大師が崖に飛びつき、一夜にして彫り上げられたとの伝説も残されている。」
 
Cimg1238
Jヴィレッジへ続く道路
 
Cimg1239
Jヴィレッジ雨天練習場と練習場駐車場で
「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311」というイベントが行われた。
 
Cimg1242
 
Cimg1260
12組のアーティストが音楽やマジックを披露。
 
Cimg1241
福島のモツ煮(500円)
 
Cimg1257
イワナ塩焼き(500円)
 
Cimg1254
Jヴィレッジ センターハウス
 
Cimg1245
 
Cimg1243
天然芝のグラウンド
 
Cimg1244
サッカー教室などが行われている。
 
Cimg1248
キックターゲット(的を打ちぬく)
 
Cimg1249
キックスピード(蹴ったボールのスピードを測定する)
 
Cimg1251
ドリブルスピード(ドリブルの速さを競う)
 
循環シャトルバスで二ツ沼総合公園駐車場へ。
広野駅まで歩く。
 
Cimg1266
国道6号線に桜が植えられている。ふくしま浜街道・桜プロジェクト。
2015年に来たときと比べて確実に大きく育っている。
 
広野(15:12)→久ノ浜(15:21)
 
Cimg1275
久之浜町コミュニティ商業施設 浜風きらら
 
Cimg1272
 
Cimg1274
現在の「浜風きらら」から秋葉神社を見る。
神社近くに新しい家が建つようだ。
 
Cimg1271
オーガニックコットンのランプシェード
 
Cimg1295
漁師汁(300円)
 
Cimg1284
 「平成23年3月11日、未曾有の東日本大震災が発生し、町は大きな被害を受け尊い人命まで奪い去りました。しかし、この神社は、回拝柱と鳥居が倒されただけですみました。奇跡の神社です。
 先人達は、街並みを焼き尽くす大火が続き、疾病で多くの人々がなくなる度に、そして、沿岸が高波で被害を受ける度により所を求め、神頼みをしてきました。そのため、この神社は鬼渡神社・秋葉神社、そして稲荷神社と多くの名前を持っています。
 私たちは、先代に支えられて生きています。どうぞ、これからも人のために価値ある人として他人を支え続け、強く生きて下さい。
  あなた様へ
                      拝礼
    平成28年3月月命日」
 
Cimg1292
久之浜防災緑地
 
 「防災緑地は、①津波から人や家を守る、②地域の交流の場、③緑豊かな環境や景観をつくるという3つの大きな役割をもっています。
 また、川や海の堤防と道路がいっしょになって津波から地域を守る「多重防御」という働きによって、防災力が総合的に向上したまちづくりを目指しています。」
 
 「久之浜防災緑地は、延長約1.3km、幅約50mで面積11.2haです。
 防災緑地の海側には潮風に強いクロマツ、住宅地側には久之浜地区に自生している代表的な樹種(クヌギ等の広葉樹)を植えた緑地帯となっております。」
 
Cimg1285
 
Cimg1290
東日本大震災から8年、
これからも福島の復興を見続けます。
 
久ノ浜(16:28)→勝田→日暮里→新宿(21:06)

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

白河小峰城・藤沼湖・長沼城址

3月2日(土)

東日本大震災で須賀川市の農業用ダム藤沼湖が決壊した。下流域で死者・行方不明者8人の惨事を引き起こした。ダムと市道も復旧完了したが、ダムを囲むおよそ3.5キロの市道の一部区間が通行止めになっていた。試験湛水で安全性が確認されたため、3月1日から通行止めが解除された。

青春18きっぷ利用
新宿(4:44)→池袋→赤羽→宇都宮→黒磯→新白河→白河(8:25)
バスの時間に余裕があるので、白河で途中下車した。
 
Cimg1127
白河小峰城の石垣修復工事がまもなく完了する。4月21日の白河小峰城さくらまつりで、市長による修復完了宣言を行う方向で調整している。(福島民友)
 
Cimg1132
 
Cimg1136
三重櫓へは右側の石段から登る。
 
Cimg1134
左側の石段は立入禁止になっている。以前はこちら側から三重櫓に登った。
 
Cimg1135
小峰城裏側の石垣も修復工事が完了して、足場はすべて取り払われていた。
 
白河(9:22)→須賀川(9:46)
福島交通路線バス
須賀川駅前(10:05)→長沼車庫(10:54)920円
長沼車庫バス停から藤沼湖まで1.9キロ。
 
Cimg1146
バス停から進行方向に進み右折。2本目の十字路を左折。
 
Cimg1147
あとは道なりに進むだけ。
 
Cimg1148
白衣の観音
近くに湧き水が出ていた。
 
Cimg1149
あともう少しで藤沼湖だ。坂道が急で息切れする。
 
Cimg1150
藤沼湖 副堤
 
Cimg1178
 ↑の道路(坂道)をのぼってきた。反時計回りに一周する。
 
Cimg1151
副堤から本堤方向
 
Cimg1152
本堤
 
2012年、『福島の「今、を撮ろう」バスツアー』で来たことがある。
復旧工事が始まる前の藤沼湖。
Cimg0701
 
Cimg0706
2012年10月21日撮影
 
Cimg1160
 
Cimg1159
 
Cimg1161
あんな状態だったのに、よくここまで復旧したものだ。
 
Cimg1172
藤沼温泉 やまゆり荘
周辺の市道に「長沼産十割そば 手打そば」の幟がたっている。
 
Cimg1164
鴨そば 1100円
地元のそばを石臼で毎日自家製粉している。
 
食後、温泉に入った(1回入浴350円、1日休憩1000円)
アルカリ性単純温泉、48.5℃。
 
藤沼温泉売店で長沼産そば等を買った。
 
Cimg1170
奇跡のあじさい
 
『2011年3月11日の東日本大震災により、藤沼湖の本堤が決壊しました。
藤沼湖は、農業用水として重要な役割を果たしていました。周囲には、温泉・コテージ等のレクレーション施設も充実しており、年間10万人の観光客が訪れていましたが、この震災で施設はすべて壊滅状態となり利用ができなくなりました。私たちは長沼のみんなで元気を取り戻さなければいけないと思いました。
 
そこで、水のない湖底を歩いてみようと思い、2013年4月29日に「藤沼湖の湖底を歩く会」を開催しました。
なんとそこには、たくさんのあじさいがありました。私たちは、どうしてこんなところにあじさいがあるのだろう?と驚きました。
 
湖底のあじさいはとても元気に育っていました。何十年もの間、湖の中で生きていたとしたら奇跡ですね。
私たちはそのあじさいを「奇跡のあじさい」と名付け、長沼を元気にするためのシンボルとして奇跡のあじさい畑を作りました。』
 
Cimg1165
 
Cimg1166
 
Cimg1174
パークゴルフ場
 
Cimg1177
バーベキュー場付近から
 
Cimg1180
日本庭園の近くから
 
Cimg1181
桜並木が続く
 
Cimg1183
副堤の端から
 
Cimg1186
本堤
水位が高くなりすぎたときに、ここから外へ流れ出る。
 
Cimg1188
余剰の水を放流する
 
Cimg1193
コテージ
藤沼湖自然公園管理センターでトイレを借りた。バーベキュー場付近などにもトイレはあったが、凍結防止で使えなかった。
 
Cimg1194
そろそろ戻ろう。行きの上りはきつかったが、帰りは下り坂なので楽ちん。
 
Cimg1200
旧長沼町 マンホール
 
Cimg1201
町の鳥 カッコウ
町の木 サクラ
町の花 ユリ
 
Cimg1202
史跡 長沼城址
 
Cimg1211
市指定史跡 長沼城址(千世城・牛臥城)
 
 「文応元年(一説に南北朝時代ともいう)長沼氏が、この地に築城したのが起源というが、明らかではない。
 その後戦国時代、ことに永禄三年(1560)頃上り、長沼をめぐる南奥の戦国大名伊達・二階堂・芦名氏の激突が続いた。 遂に永禄九年(1566)芦名領となり、芦名盛氏の家臣新国貞通の守城となった。以後、長沼城は、芦名氏の会津防衛および仙道攻略の拠点となった。
 天正十七年(1589)芦名氏滅亡後、新国氏も伊達氏に屈服。翌十八年奥羽仕置のため、白河口より入った豊臣秀吉が、八月七日長沼城に宿営している。このとき蒲生氏郷の家臣、蒲生郷安や蒲生主計が長沼城主となった。
 慶長三年(1598)上杉領となり、信州長沼城より島津忠直が移城し、同五年の関ヶ原の戦いには、長沼城が上杉軍の前線基地となっている。慶長六年再び蒲生領となり、蒲生郷治・玉井数馬介が城主として配備されたが、元和元年(1615)の一国一城令により、戦国の風雲に耐えた長沼城は、栄光の幕を閉じた。」
 
Cimg1205
狭い道を登る
 
Cimg1206
三の丸跡
 
Cimg1208
本丸跡にある神社
 
Cimg1210
土塁
 
Cimg1209
本丸跡の東屋から城下を眺める
 
福島交通路線バス
長沼車庫(16:02)→須賀川駅前(16:45)920円
須賀川(17:09)→新白河→黒磯→宇都宮→赤羽→新宿(21:23)

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »