« 会津かねやま雪まつり | トップページ | 広野・Jヴィレッジ・久之浜 »

2019年3月 3日 (日)

白河小峰城・藤沼湖・長沼城址

3月2日(土)

東日本大震災で須賀川市の農業用ダム藤沼湖が決壊した。下流域で死者・行方不明者8人の惨事を引き起こした。ダムと市道も復旧完了したが、ダムを囲むおよそ3.5キロの市道の一部区間が通行止めになっていた。試験湛水で安全性が確認されたため、3月1日から通行止めが解除された。

青春18きっぷ利用
新宿(4:44)→池袋→赤羽→宇都宮→黒磯→新白河→白河(8:25)
バスの時間に余裕があるので、白河で途中下車した。
 
Cimg1127
白河小峰城の石垣修復工事がまもなく完了する。4月21日の白河小峰城さくらまつりで、市長による修復完了宣言を行う方向で調整している。(福島民友)
 
Cimg1132
 
Cimg1136
三重櫓へは右側の石段から登る。
 
Cimg1134
左側の石段は立入禁止になっている。以前はこちら側から三重櫓に登った。
 
Cimg1135
小峰城裏側の石垣も修復工事が完了して、足場はすべて取り払われていた。
 
白河(9:22)→須賀川(9:46)
福島交通路線バス
須賀川駅前(10:05)→長沼車庫(10:54)920円
長沼車庫バス停から藤沼湖まで1.9キロ。
 
Cimg1146
バス停から進行方向に進み右折。2本目の十字路を左折。
 
Cimg1147
あとは道なりに進むだけ。
 
Cimg1148
白衣の観音
近くに湧き水が出ていた。
 
Cimg1149
あともう少しで藤沼湖だ。坂道が急で息切れする。
 
Cimg1150
藤沼湖 副堤
 
Cimg1178
 ↑の道路(坂道)をのぼってきた。反時計回りに一周する。
 
Cimg1151
副堤から本堤方向
 
Cimg1152
本堤
 
2012年、『福島の「今、を撮ろう」バスツアー』で来たことがある。
復旧工事が始まる前の藤沼湖。
Cimg0701
 
Cimg0706
2012年10月21日撮影
 
Cimg1160
 
Cimg1159
 
Cimg1161
あんな状態だったのに、よくここまで復旧したものだ。
 
Cimg1172
藤沼温泉 やまゆり荘
周辺の市道に「長沼産十割そば 手打そば」の幟がたっている。
 
Cimg1164
鴨そば 1100円
地元のそばを石臼で毎日自家製粉している。
 
食後、温泉に入った(1回入浴350円、1日休憩1000円)
アルカリ性単純温泉、48.5℃。
 
藤沼温泉売店で長沼産そば等を買った。
 
Cimg1170
奇跡のあじさい
 
『2011年3月11日の東日本大震災により、藤沼湖の本堤が決壊しました。
藤沼湖は、農業用水として重要な役割を果たしていました。周囲には、温泉・コテージ等のレクレーション施設も充実しており、年間10万人の観光客が訪れていましたが、この震災で施設はすべて壊滅状態となり利用ができなくなりました。私たちは長沼のみんなで元気を取り戻さなければいけないと思いました。
 
そこで、水のない湖底を歩いてみようと思い、2013年4月29日に「藤沼湖の湖底を歩く会」を開催しました。
なんとそこには、たくさんのあじさいがありました。私たちは、どうしてこんなところにあじさいがあるのだろう?と驚きました。
 
湖底のあじさいはとても元気に育っていました。何十年もの間、湖の中で生きていたとしたら奇跡ですね。
私たちはそのあじさいを「奇跡のあじさい」と名付け、長沼を元気にするためのシンボルとして奇跡のあじさい畑を作りました。』
 
Cimg1165
 
Cimg1166
 
Cimg1174
パークゴルフ場
 
Cimg1177
バーベキュー場付近から
 
Cimg1180
日本庭園の近くから
 
Cimg1181
桜並木が続く
 
Cimg1183
副堤の端から
 
Cimg1186
本堤
水位が高くなりすぎたときに、ここから外へ流れ出る。
 
Cimg1188
余剰の水を放流する
 
Cimg1193
コテージ
藤沼湖自然公園管理センターでトイレを借りた。バーベキュー場付近などにもトイレはあったが、凍結防止で使えなかった。
 
Cimg1194
そろそろ戻ろう。行きの上りはきつかったが、帰りは下り坂なので楽ちん。
 
Cimg1200
旧長沼町 マンホール
 
Cimg1201
町の鳥 カッコウ
町の木 サクラ
町の花 ユリ
 
Cimg1202
史跡 長沼城址
 
Cimg1211
市指定史跡 長沼城址(千世城・牛臥城)
 
 「文応元年(一説に南北朝時代ともいう)長沼氏が、この地に築城したのが起源というが、明らかではない。
 その後戦国時代、ことに永禄三年(1560)頃上り、長沼をめぐる南奥の戦国大名伊達・二階堂・芦名氏の激突が続いた。 遂に永禄九年(1566)芦名領となり、芦名盛氏の家臣新国貞通の守城となった。以後、長沼城は、芦名氏の会津防衛および仙道攻略の拠点となった。
 天正十七年(1589)芦名氏滅亡後、新国氏も伊達氏に屈服。翌十八年奥羽仕置のため、白河口より入った豊臣秀吉が、八月七日長沼城に宿営している。このとき蒲生氏郷の家臣、蒲生郷安や蒲生主計が長沼城主となった。
 慶長三年(1598)上杉領となり、信州長沼城より島津忠直が移城し、同五年の関ヶ原の戦いには、長沼城が上杉軍の前線基地となっている。慶長六年再び蒲生領となり、蒲生郷治・玉井数馬介が城主として配備されたが、元和元年(1615)の一国一城令により、戦国の風雲に耐えた長沼城は、栄光の幕を閉じた。」
 
Cimg1205
狭い道を登る
 
Cimg1206
三の丸跡
 
Cimg1208
本丸跡にある神社
 
Cimg1210
土塁
 
Cimg1209
本丸跡の東屋から城下を眺める
 
福島交通路線バス
長沼車庫(16:02)→須賀川駅前(16:45)920円
須賀川(17:09)→新白河→黒磯→宇都宮→赤羽→新宿(21:23)

|

« 会津かねやま雪まつり | トップページ | 広野・Jヴィレッジ・久之浜 »

福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会津かねやま雪まつり | トップページ | 広野・Jヴィレッジ・久之浜 »