« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月

2020年3月25日 (水)

常磐線全線運転再開 原ノ町~Jヴィレッジ

3月15日(日)

双葉(13:10)→原ノ町(13:36)

Cimg5158

原ノ町駅

Cimg5157

E657系 精巧な模型

Cimg5155

原ノ町駅 デジタルサイネージ

Cimg5163

大人の休日倶楽部 ポスター
涼ヶ岡八幡(すずみがおかはちまん)神社

「原ノ町駅からバスも1日3本運行!相馬駅から車で約10分!
桜の名所で満開の前後約10日間はライトアップも♪」

「満開の桜と朱色の橋のコントラストが美しい福島県相馬市、涼ヶ岡八幡神社。元禄8年建立、現存する7棟すべてが国の重要文化財に指定されています。全国的に人気の桜の名所もいいですが、人ごみや喧噪を離れ、ゆったりと春を楽しむなら、こんな隠れた名所こそおすすめ。桜がなければ知ることすらなかったかもしれない、そんな運命的な絶景を探して。春の旅に出ませんか。」

Cimg5164

原ノ町(14:00)→Jヴィレッジ(14:53)

Cimg5166

Cimg5167

今回のダイヤ改正から常設駅になったJヴィレッジ駅。

聖火リレーのゴール地点でしたが、リレー自体中止になってしまった。

Cimg5169

オリンピックのロゴ入り缶コーヒーを飲んで休憩。オリンピックはどうなるんだろうと思いながら。

Cimg5170

広野町二ツ沼総合公園

パークゴルフ場などの施設は閉鎖されていて、休業中のようだ。ここでバナナを栽培していると聞いて、見に来た。やっているだろうか。

Cimg5171

職員の方に聞いたら、自由に見学してください、とのことで安心した。

見学時間 9時から16時

Cimg5175

バナナ以外にパパイヤとコーヒーもあった。

Cimg5180

バナナの苗?

バナナの苗に氷河期を疑似体験(凍結解凍覚醒法)させることで、広野町でもバナナの栽培が可能になった。耐寒性と成長性の向上を図っている。

Cimg5177

木のようにみえるが、植物学的には「草」だそうだ。

Cimg5178

バナナが黄色くなくて残念だと思ったが、緑色が本来の色だそう。放っておけば黄色になるが、あまりおいしくはない。バナナは、室(ムロ)と呼ばれる追熟設備で熟成されたものだとか。

Cimg5173

350を超える一般公募の中から選ばれた名前
『朝陽に輝く水平線がとても綺麗なみかんの丘のある町のバナナ』
愛称『綺麗』

「綺麗」は、台湾バナナの系統である「グロスミッチェル種」をもとに作り出したオリジナルの品種。糖度が高めでクリーミーかつ濃厚な味わいが特徴とのこと。

Cimg5189

遊具は子供たちに開放されていた。(16時まで)

Cimg5190

安倍首相が植樹した桜の木があった。

Cimg5191

Cimg5192

Jヴィレッジスタジアム

Cimg5193

Cimg5195

メインスタンド

Cimg5196

バックスタンド

Cimg5200

岩沢川橋から海が見えた。

Cimg5208

広野町と楢葉町に架かる岩沢川橋。

Cimg5205

幅が広く、深い谷のわりに川が見えない。岩沢川という川が流れてるんだろう、どこだ?

Cimg5203

よく目を凝らすと、レンガっぽい半円が見えた。

Cimg5204

ズームするとレンガの橋梁が確認できた。広野町と楢葉町の境はこの川付近。

Cimg5210

Jヴィレッジ駅はなかなか面白い構造をしている。

Cimg5212

ももクロのライブが1年延期になった。上司と同僚が大ファンで楽しみにされていたが、しかたないと言っていた。

Cimg5213

Cimg5216

陸側(原ノ町方面)のホームから川は見えなかった。

Cimg5217

海側(いわき方面)のホームから川を確認できた。

Jヴィレッジ(17:19)→いわき(17:45)

Cimg5220

ひたち26号 いわき(18:17)→東京(20:43)指定席2550円

家に帰ったら新聞が二日分たまっていた。同居する母(80歳)になにかあったのかと思ったが、一歩も外に出なかったそうだ。あー、びっくりした。

常磐線全線再開で大熊町と双葉町に行けた。福島県59市町村に少なくとも1回は行った。コロナがひどくなる前に行けてよかった。これで一段落かな。コロナが落ち着くまで、福島県に行くのを控えます。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

常磐線全線運転再開 広野~双葉

3月15日(日)

Cimg5062

ハタゴイン福島広野

Cimg5060

朝食バイキング

Cimg5064

ひろの防災緑地

9時53分の常磐線に乗る前に、海沿いを散歩した。

Cimg5065

1年ほど前、腰ぐらいの高さだった松が、
高いものは自分の背丈ほどに生長していた。

Cimg5070

松ぼっくりもなっている。

Cimg5071

Cimg5073

姥嶽蛇王神社 奥州日之出の松

神社の由来となった悲しい物語を全文載せます。

Cimg5077

奥州日之出の松と竹女物語

 『永保3年(930年ほど昔・白河天皇の時代)のころ、浅見川村(現広野町)の豪農鈴木忠左衛門家に生まれた竹女(たけじょ)は15歳で大きな農家に嫁ぎ、女の子にも恵まれ幸せな日々を送っていました。
しかしこの愛娘が6歳の時天然痘で亡くなり、他人の保証をして失敗した夫は自害するなど、愛する二人を失った竹女は失意と落胆のあまり真剣に仏門へ帰依することを考えますが、義理ある人の世話を断りきれず岩城判官平正道(たいらのまさみち)に仕えたのは28歳のときでした。
この年に安寿が生まれ2年後に厨子王が生まれます。
竹女は心底真心込めて二人の養育に努めました。
 その後平穏な日々が続きますが、あるとき正道は逆臣のだまし討ちで殺害され妻や子どもたちまで命を狙われることになります。
妻(28歳)と安寿(12歳)厨子王(10歳)は竹女と共に追っ手を逃れながら朝廷に訴えるべく京都へ向け旅に出ます。
明治の文豪森鴎外の著書『山椒太夫』はここから始まっています。
 山本太夫という悪者にだまされ人買いに売られた4人は直江の浦(新潟県)で離れ離れにされてしまいます。
我が子の生まれ変わりのように慈しみ育ててきた安寿と厨子王を乗せた船が見る見る遠ざかって行くその時、竹女は船頭にしがみつき何度蹴倒されても船を戻すよう懇願しますが船頭は聞く耳を持ちません。
とうとう力尽きた竹女は「もはやこれまで奥方様ごめん下さりませ」と言うと自ら海へ身を投げてしまいました。
この時竹女の胸を去来したのは、奥方と二人の子どもを守ることのできなかった責任感と人の世の無情に対する絶望感、そして幼くして亡くなった愛娘の面影だったのではないでしょうか。

 一方そのような竹女の悲しいできごとを知る由も無い浅見川村では、五月のある日のことそれまで雲ひとつ無く晴れわたっていた空がにわかに掻き曇り、これまで経験したことも無い激しい雨と雷鳴にみな恐れおののきました。そして急に水かさが増え真っ黒に濁った浅見川の河口が異常に盛り上がったと思った瞬間、赤・青・黄・紫・金・銀といった多くの色が綯い交ぜになったような大きな蛇が水面を飛びはね、空を飛んで河口近くに在った鈴木忠左衛門家の松の大木に絡みつきました。
これを不吉なことと思った鈴木家また村人は、この松の大木を切り倒してしまいました。するとその切り口からは人間の血のようなものが流れ出ました。
村人たちが竹女の悲報を知ったのはその後でありました。
鈴木家と村人は竹女の死を悲しみ、その霊が大きな蛇となってふるさと生家の松に戻ったものと信じ「姥嶽権現堂(うばたけごんげんどう)」と「蛇王神社」を建立してその霊をねんごろに弔いました。
 その後この切り倒された木の根元に芽吹いた松が成長して立派な松の木となりますが、村人はこれを「血の出の松」と呼んだそうです。
白砂青松、陸前浜街道の浅見川河口に在る優美なこの曲松に、大海原から昇る朝日が懸かる風情はまさに一幅の絵を観るようだと賞賛され、やがて『奥州日之出の松』と呼ばれるとともに、『尾上の松』『高砂の松』とならび日本三名松の一つに数えられるようになりました。

 このように伝説と共に守り育ててきた日之出の松は打ち続く海岸の浸食と病害虫の被害により枯渇し、平成16年に伐採処分されました。
しかし関係者の努力によりその子孫の苗を育成し、平成28年7月に三代目の日之出の松として定植するとともに、東日本大震災により被災した竹女を祀る姥嶽蛇王神社の遷宮を行いました。

                  令和元年7月吉日

                  広野町観光協会
                  姥嶽蛇王神社  氏子一同』

Cimg5078

Cimg5081

Cimg5083

広野(9:53)→双葉(10:23)

Cimg5084

浪江方面

Cimg5085

大野方面

Cimg5090

双葉駅西口(双葉町)

Cimg5089

双葉駅西側第一地区 一団地の復興再生拠点市街地形成施設整備事業

Cimg5087

土地利用計画図

 『福島復興再生特別措置法の改正(平成29年5月)により、将来にわたって居住を制限するとされてきた帰還困難区域内に、避難指示を解除し、居住を可能とする「特定復興再生拠点区域」を定めることができることとなりました。
 双葉町では、特定復興再生拠点区域を定め、「双葉町特定復興再生拠点区域復興再生計画」を策定し、平成29年9月に内閣総理大臣による認定を受けています。これに基づき、道路・上下水道等のインフラ復旧や除染・家屋解体等を一体的に進め、令和4年春頃までに避難指示解除による居住開始を目指しています。
 早期帰還を目指し、JR双葉駅西側に「住む拠点」として、帰還住民のための住宅団地を整備していくとともに、公共公益機能・商業機能を確保する予定です。』

Cimg5092

双葉駅東口

Cimg5095

トイレは、駅構内になく、改札外のコミュニティセンター内にある。

Cimg5096

Cimg5097

夜ノ森駅や大野駅と違って、バリケードはないものの、
9年前そのままの建物と立派な駅とのギャップに違和感を感じた。

Cimg5103

海の方へ行けるところまで行ってみる。
この辺は線量が高そうだ(1.431)

Cimg5104

フレコンバックが山積みになっている。

Cimg5105

Cimg5106

Cimg5108

双葉中央アスコン

Cimg5116

アーカイブ拠点施設・産業交流センター

Cimg5113

産業交流センター

Cimg5114

東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設

この先に巨大な水たまり(道路の幅くらい)があって、
これ以上進めない。ここで引き返す。

Cimg5121

震災3年後の写真

Cimg5123

Cimg5124

初發神社

Cimg5125

Cimg5126

マンホール

町の木 せんだん

Cimg5127

Cimg5137

Cimg5128

Cimg5134

秋葉神社

Cimg5133

Cimg5132

神社裏の石段を上ると公園があった。線量は0.215。
大きな碑が崩れたまま。しっかりした土塁がある。

Cimg5130

新山城跡(標葉城跡)

Cimg5098

9年前の自販機ラインナップ

アサヒ&カルピス

Cimg5136

コカ・コーラ

Cimg5138

ダイドー

Cimg5139

ダイドーポイントカード懐かしい。

Cimg5142

双葉駅の北側、道路ができるようだ。

Cimg5144

踏切をわたる。

Cimg5145

踏切から

駅のさらに奥、こんもりした山がある所、
福島県道路地図には「標葉城跡」と記されている。

Cimg5147

跨線橋から、双葉駅方面

Cimg5148

地図に「標葉城跡」とあった辺り。行ってみたが、
案内板などなく、民家の敷地のようで引き返した。

Cimg5153

双葉駅改札

Cimg5152

双葉(13:10)→原ノ町(13:36)

震災後、初めて福島県(会津)へ行ったのは、2011年4月29日だった。風評被害で観光客が減って困っているというので、行ってみようかなと。お土産のあかべぇサブレーがきっかけで、あかべぇグッズを買いに再び会津へ。しだいに会津だけでなく、中通り・浜通りにも行くようになった。約8年10ヶ月かかって、福島県59市町村、全て行った。まだ1回しか行っていない町村にも、再び行きたい。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

常磐線全線運転再開 大野(大熊町)

3月14日(土)

Cimg4993

夜ノ森(13:00)→大野(13:04)

Cimg4994

Cimg4995

Cimg4996

Cimg5038

大野駅西口

駅の出口に避難経路マップがあった。

Cimg5041

大野町役場がある大川原地区まで歩いて行く。
距離 約5キロ  徒歩 約70分

Cimg5052

Cimg4999

Cimg5037

Cimg5000

Cimg5036

Cimg5001

Cimg5002

大野病院

Cimg5003

一部、歩道のない箇所がある。車に注意。

Cimg5007

常磐自動車道の近くを通る。

路面の状態がよくない所があり、大きな水たまりがあった。
車の往来が多く、水はねに注意して通った。

Cimg5008

熊川

Cimg5009

大熊エネルギー・メガソーラー発電所展望台

Cimg5010

先行復興ゾーン(大川原地区)で、2017年10月より発電を開始している。

Cimg5013

事業面積 約16万㎡ 太陽光パネル37,044枚
想定年間発電量 12,700MWh(一般家庭消費電力約3,500世帯分)

Cimg5014

「はばたけ新大熊町開幕」看板

Cimg5015

デイリーヤマザキ プレハブ店舗
営業時間 平日8~18時 土曜9~15時

お菓子と缶コーヒーを買った。
キャッシュレスの端末はなさそうだ。

Cimg5017

大熊町役場

平日は、大野駅⇔大川原(大熊町役場)のバスが6往復ある。
富岡駅⇔大川原(大熊町役場)のバスも平日9往復、土曜日4往復ある。
雨が降ってるので、15:32のバスに乗ろうかと思ったが、
大野駅東口をまだ撮ってないから、歩いて戻ろう。

Cimg5018

土曜日なので閉まっていた。
裏に日直室があり、トイレをお借りした。

Cimg5019

大熊町マスコット
おおちゃん くうちゃん

Cimg5020

3月26日、聖火リレーが行われる予定

Cimg5021

交流施設・商業施設・宿泊温浴施設(予定地)

Cimg5022

公営住宅

Cimg5023

ダイニング大川原
営業時間 平日午後5時~11時

Cimg5024

マンホール

町の鳥 トビ
町の花 ナシ
町の木 モミ

Cimg5025

大山祇神社

Cimg5034

大きな送電線が参道を横切る。
原発の町なんだな。
駅の避難経路マップだけで6本の送電線が記されていた。

Cimg5033

Cimg5028

Cimg5030

大きな杉の木が6本あり、そのうち2本の木の幹の
太さは5m86cmもあるそうだ。

Cimg5031

軒下で雨宿りをする。ヤマザキで買った菓子を食べた。

Cimg5042

大野駅に戻った。
大野駅空間線量率 0.311μ㏜/h

リュックもシューズもびしょ濡れ。
リュックの中身はビニール袋で濡れないようにしてる。

Cimg5049

東口方面

Cimg5043

Cimg5047

大野駅東口

Cimg5045

Cimg5048

Cimg5051

Cimg5053

Cimg5056

大野(16:56)→広野(17:22)

Cimg5058

デイリーヤマザキで夕食を買い、ハタゴイン福島広野に
チェックイン。気温は2℃台。
手がかじかんで、名前や住所などをうまく書けなかった。
大浴場・朝食バイキング付(6600円・楽天トラベル)

| | コメント (2)

2020年3月17日 (火)

常磐線全線運転再開 浪江~夜ノ森

3月14日(土)

Cimg4960

9年ぶりに常磐線が全線運転再開する。週末パスで日帰り×2の予定だったが、母の体調もよさそうだし、コロナ感染のリスクを考えて宿泊にした。前日の金曜日に広野町のホテルを予約し、週末パス(8880円)を買った。

Cimg4919

始発の山手線、混雑は以前とあまり変わらない。

山手線 新宿(4:43)→日暮里(5:05)
常磐線 日暮里(5:13)→水戸(6:58)グリーン車800円
常磐線 水戸(7:03)→いわき(8:35)

いわき駅ニューデイズで福島民友と福島民報を買った。

Cimg4921

いわき駅 デジタルサイネージ

Cimg4923

いわき駅 料金表

Cimg4927

発車案内板

Cimg4930

常磐線 先頭車両

Cimg4932

行先表示 原ノ町

Cimg4933

ホーム発車案内板

Cimg4934

いわき(9:30発)

一番すいていた最後尾の車両に乗った。
席は全部うまり、立っている人が20~30人いた。
特急で来た人は、たぶん座れなかったと思う。
予報通り雨が降ってきた。

富岡駅を過ぎて、再開した区間を通る。
立っている人がいるので、ちらっとしか見えなかった。
ヘリコプターの音が聞こえる。テレビカメラもいた。
乗降客や出迎える人が多かったためか、数分遅れた。

浪江駅(10:28+数分遅れ)

Cimg4939

前日まで719系が発着していたホームは柵が設置されていた。

Cimg4957

祝!JR常磐線全線開通 浪江駅

Cimg4942

イオン

Cimg4944

Cimg4945

道の駅なみえ工事現場

国道6号と国道114号沿いに福島県34番目となる道の駅ができる。
今夏に一部施設が先行オープンする予定。

Cimg4949

浪江町仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」

真ん前にイオンができたからか、ひっそりしていた。

Cimg4954

コーヒーCOSMOS

Cimg4955

メニュー

Cimg4952

Cimg4953

炙りチーズナポリタン ドリンクSet(980円)

Cimg4959

Cimg4966

Cimg4967

浪江(12:09)→夜ノ森(12:23)
実際にはそれぞれ数分~10分程度遅れた。

Cimg4968

つつじも復活しつつある。

Cimg4972

6週間前はこの辺にクレーンが設置されていた。

Cimg4970

Cimg4971

Cimg4990

Cimg4987

夜ノ森駅東口

Cimg4975

Cimg4976

解除されたのは、道路と歩道だけ。

Cimg4978

Cimg4979

夜の森の桜並木

Cimg4980

開花基準木

Cimg4981

除染したといっても、0.56μ㏜/hある。

Cimg4982

Cimg4986

柵の隙間から撮ってます。

Cimg4985

Cimg4983

先日までバリケードがあったのはこの辺りか?

Cimg4988

夜ノ森駅西口

Cimg4992

夜ノ森(13:00)→大野(13:04)

福島県59市町村のうち、58番目となる大熊町へ。

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

渋谷川暗渠、福島物産展

2月29日(土)、3月1日(日)

渋谷の東急東横店が3月31日で営業を終了する。
毎年恒例の福島物産展も今年で最後だ。
2月2日に会津へ行ってから電車やバスなどに乗っていない。
渋谷まで歩いて行こう。グーグルの最短ルートだと4キロちょっと
だが、少し遠回りして旧渋谷川の暗渠沿いを歩こう。

Cimg4893

川は中央線の下を流れていた。神宮スケート場近く。

Cimg4896

新国立競技場

Cimg4890

神宮前2-8付近、この下には約3m角の下水管が通っている。
東京都下水道局の下水道台帳を見るといろいろ載っている。
さすがに、都庁周辺や赤坂御用地付近などはネットで見られない。

Cimg4854

原宿橋の親柱が残されていた。昭和九年と刻まれている。

Cimg4859

川の痕跡を探しながら歩くと楽しい。

Cimg4863

ちょっと珍しい蓋がある。

Cimg4861

「消火用吸水孔」の文字の向きが逆。
東京府章が制定されたのは、昭和6年。
東京府は昭和18年までだから、その間だろう。

Cimg4915

ついでに、もっと古いマンホール蓋を紹介しよう。
名古屋市型のデザインに筆文字の「東」
これは渋谷川暗渠ではなく、明治通り千駄ヶ谷3丁目イトキン付近。
明治通りの神宮前交差点から新宿に至る部分が完成したのは昭和5年。
明治通りが開通した頃のものだろう。

Cimg4864

明治通り、宮下公園付近
渋谷川の暗渠を歩くのはここまで。

Cimg4868

東急百貨店東横店

Cimg4871

2/29

Cimg4900

3/1 広告が新しくなっていた。

Cimg4875

青ガエル(旧東急線車両)
ハチ公の縁で、秋田へ移設されるとニュースで見た。

Cimg4879

銀座線の改札があったところ。

Cimg4882

ホームだったところが、通路になっていた。

Cimg4884

「福島物産展」広告 銀座線渋谷駅旧改札前

東横店最後の開催
第32回 福島物産展
これまでの感謝をかたちに、思いあふれる6日間。
2月27日(木)~3月3日(火)[最終日は18時閉場]
渋谷駅・東急東横店 西館8階 催物場

Cimg4878

「福島物産展」広告 東口246号線沿い

Cimg4909

イートイン 人気店の自慢の味

Cimg4910

福島のお弁当

Cimg4911

福島のお菓子 福島のお酒

Cimg4913

福島の工芸品

Cimg4887

2/29
会津・喜多方ら~めん 坂新 味たまワンタンメン 900円

おんせんたまごの森山 たまご美人とろり12個入り 1080円
村上農園 あんぽ柿4個入り 600円
小名浜さんま郷土料理再生プロジェクト
 さんまポーポー焼き3個入り 500円×2
会津二丸屋 ニシン山椒漬け200g 1242円

3/1
会津中央乳業 会津のべこの乳ソフトクリーム 360円
かんのや 家伝ゆべし6個入り 712円
三万石 ままどおる5個入り 540円 エキソンパイ5個入り 810円
自然栽培の薄井農園 りんご5個 1242円
福島りょうぜん漬本舗 いかにんじん250g 648円×2
ももがある ももふる120g(シャーベット)5種 2000円
上菓子司 會津葵 かすてあん会津葵5個入り 1100円

お楽しみ抽選会「赤べこくじ」
福島物産展3000円以上のレシートでくじを引ける
3回くじを引いて、3回とも赤べこ賞(喜多方ラーメン1食)だった。

Cimg4902

3/1 あかべぇジャンケン大会(13時から)

あかべぇもマスクしてる。鼻と口はそこなのか?

Cimg4903

ジャンケンに勝ったら、あかべこキーホルダーをもらえる。

Cimg4906

あかべぇは「グー」しか出せません。
なにを出せば、勝てるかわかりますね。

Cimg4907

ピンク色のあかべこキーホルダーをもらいました。

新型コロナのため、しばらく福島県へ行くのを控えようと思うが、
3月14日、常磐線が再開したら、大熊町と双葉町に行くことを検討している。
8年半(通算390日余り)で、59市町村のうち、57市町村に行った。
あと2町で福島県59市町村完全踏破となる。
実際に行くかどうかは、状況を見て決めよう。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »