« 常磐線全線運転再開 広野~双葉 | トップページ | おとめ山公園(相馬家庭園) »

2020年3月25日 (水)

常磐線全線運転再開 原ノ町~Jヴィレッジ

3月15日(日)

双葉(13:10)→原ノ町(13:36)

Cimg5158

原ノ町駅

Cimg5157

E657系 精巧な模型

Cimg5155

原ノ町駅 デジタルサイネージ

Cimg5163

大人の休日倶楽部 ポスター
涼ヶ岡八幡(すずみがおかはちまん)神社

「原ノ町駅からバスも1日3本運行!相馬駅から車で約10分!
桜の名所で満開の前後約10日間はライトアップも♪」

「満開の桜と朱色の橋のコントラストが美しい福島県相馬市、涼ヶ岡八幡神社。元禄8年建立、現存する7棟すべてが国の重要文化財に指定されています。全国的に人気の桜の名所もいいですが、人ごみや喧噪を離れ、ゆったりと春を楽しむなら、こんな隠れた名所こそおすすめ。桜がなければ知ることすらなかったかもしれない、そんな運命的な絶景を探して。春の旅に出ませんか。」

Cimg5164

原ノ町(14:00)→Jヴィレッジ(14:53)

Cimg5166

Cimg5167

今回のダイヤ改正から常設駅になったJヴィレッジ駅。

聖火リレーのゴール地点でしたが、リレー自体中止になってしまった。

Cimg5169

オリンピックのロゴ入り缶コーヒーを飲んで休憩。オリンピックはどうなるんだろうと思いながら。

Cimg5170

広野町二ツ沼総合公園

パークゴルフ場などの施設は閉鎖されていて、休業中のようだ。ここでバナナを栽培していると聞いて、見に来た。やっているだろうか。

Cimg5171

職員の方に聞いたら、自由に見学してください、とのことで安心した。

見学時間 9時から16時

Cimg5175

バナナ以外にパパイヤとコーヒーもあった。

Cimg5180

バナナの苗?

バナナの苗に氷河期を疑似体験(凍結解凍覚醒法)させることで、広野町でもバナナの栽培が可能になった。耐寒性と成長性の向上を図っている。

Cimg5177

木のようにみえるが、植物学的には「草」だそうだ。

Cimg5178

バナナが黄色くなくて残念だと思ったが、緑色が本来の色だそう。放っておけば黄色になるが、あまりおいしくはない。バナナは、室(ムロ)と呼ばれる追熟設備で熟成されたものだとか。

Cimg5173

350を超える一般公募の中から選ばれた名前
『朝陽に輝く水平線がとても綺麗なみかんの丘のある町のバナナ』
愛称『綺麗』

「綺麗」は、台湾バナナの系統である「グロスミッチェル種」をもとに作り出したオリジナルの品種。糖度が高めでクリーミーかつ濃厚な味わいが特徴とのこと。

Cimg5189

遊具は子供たちに開放されていた。(16時まで)

Cimg5190

安倍首相が植樹した桜の木があった。

Cimg5191

Cimg5192

Jヴィレッジスタジアム

Cimg5193

Cimg5195

メインスタンド

Cimg5196

バックスタンド

Cimg5200

岩沢川橋から海が見えた。

Cimg5208

広野町と楢葉町に架かる岩沢川橋。

Cimg5205

幅が広く、深い谷のわりに川が見えない。岩沢川という川が流れてるんだろう、どこだ?

Cimg5203

よく目を凝らすと、レンガっぽい半円が見えた。

Cimg5204

ズームするとレンガの橋梁が確認できた。広野町と楢葉町の境はこの川付近。

Cimg5210

Jヴィレッジ駅はなかなか面白い構造をしている。

Cimg5212

ももクロのライブが1年延期になった。上司と同僚が大ファンで楽しみにされていたが、しかたないと言っていた。

Cimg5213

Cimg5216

陸側(原ノ町方面)のホームから川は見えなかった。

Cimg5217

海側(いわき方面)のホームから川を確認できた。

Jヴィレッジ(17:19)→いわき(17:45)

Cimg5220

ひたち26号 いわき(18:17)→東京(20:43)指定席2550円

家に帰ったら新聞が二日分たまっていた。同居する母(80歳)になにかあったのかと思ったが、一歩も外に出なかったそうだ。あー、びっくりした。

常磐線全線再開で大熊町と双葉町に行けた。福島県59市町村に少なくとも1回は行った。コロナがひどくなる前に行けてよかった。これで一段落かな。コロナが落ち着くまで、福島県に行くのを控えます。

|

« 常磐線全線運転再開 広野~双葉 | トップページ | おとめ山公園(相馬家庭園) »

福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常磐線全線運転再開 広野~双葉 | トップページ | おとめ山公園(相馬家庭園) »