« 古関裕而記念館 | トップページ | 駅からハイキング 会津若松 »

2020年11月 6日 (金)

古関裕而まちなか青春館、エール展など

10月31日(土)

Cimg5407

信夫山第一展望台

第一展望台に「暁に祈る」の歌碑がある。
以前に来たとき、古関裕而の歌碑があることは知っていたが、「暁に祈る」という曲は知らなくて撮らなかった。栄冠は君に輝く・オリンピックマーチ・モスラの歌など、戦後に活躍した作曲家だと思っていた。戦時歌謡を作曲し、戦死した人への自責の念を持っていたと、エールを見て知った。

Cimg5411

古関裕而ゆかりの地 歌碑 暁に祈る

Cimg5413

『暁に祈るは昭和15年に発売されました。
作曲:古関裕而、作詞:野村俊夫、唄:伊藤久男と「福島トリオ」によるものです。
野村俊夫氏の功績を後世に残す目的で、友人、歌謡曲関係者等により、昭和48年10月に歌碑と古関氏の作曲譜面が建立されました。除幕式は、古関裕而氏指揮により「暁に祈る」「湯のまちエレジー」が歌われました。』

Cimg5418

古関裕而まちなか青春館に着いたが、団体さんが来てたのと、信夫山を登ってお腹がすいたので、ラーメン屋に入った。食券を購入して、店内で並ぶ。健康診断で血圧が引っかかって、ガッツリ系のラーメンは控えたいが、誘惑に負けた。

Cimg5417

小ラーメン(麺250g 豚2枚)750円

Cimg5420

古関裕而まちなか青春館

非接触型体温計で体温を測り、名前・都道府県・電話番号を記入。二郎系?ラーメンを食べた直後で、体温が上がったかもと思ったが大丈夫だった。

Cimg5424

古関裕而のスケッチブックに描かれた吾妻山の絵
1975年7月25日と日付がある

Cimg5425

古関裕而実家、「喜多三呉服店」看板

Cimg5426

古関裕而が8ミリで撮影した昭和13年の福島

奥さん(金子さん)と娘2人が映っている。子供の頃の映像が残っているなんて、娘さんたちがうらやましい。

Cimg5448

エール展 チェンバおおまち1F

Cimg5432

喜多一呉服店(店構え再現)

Cimg5441

Cimg5430

関内三姉妹

Cimg5442

母・まさの実家がある川俣に出掛けた裕一が、弟・浩二に買ったおみやげのスノードーム
裕一の幼なじみ・鉄男が書いた美しい詩に心を奪われた裕一が曲をつけた「浮世小路行進曲」の譜面
藤堂先生の勧めでハーモニカ部に入った裕一が吹いているハーモニカ
小学生の裕一が作曲した「ながめ」の譜面

Cimg5440

裕一が国際作曲コンクールで受賞したことを知らせる新聞記事

Cimg5431

音に届いた東京帝国音楽学校の合格通知
裕一が音に宛てた手紙

Cimg5445

ら・さんたランド チェンバおおまち店

Cimg5443

古関金子さんの黄金メロンパン 250円
(福島を代表する作曲家古関裕而さんの妻金子さんは当時珍しかったメロンパンが大好物でした。)
ずっしり!つぶあんぱん 250円

Cimg5447

福島商工会議所青年部×ら・さんたランドの共同企画で誕生した。

Cimg5450

古関裕而生誕の地記念碑

Cimg5451

古関裕而生誕の地(現在:SMBC日興証券福島支店)

Cimg5458

Cimg5456

「古関裕而のまち」デザインマンホールは、生誕記念碑向かい北側歩道にある。

Cimg5463

NHK福島放送局

Cimg5461

出演者の等身大パネル

Cimg5462

小山田耕三著 作曲入門

Cimg5464

福島県庁

Cimg5465

板倉神社 「阿武隈の歌」歌碑

Cimg5467

阿武隈川

Cimg5471

福島聖ステパノ教会(エールロケ地)

エールでは川俣の教会として登場する。1905(明治38)年築。

Cimg5473

阿武隈急行線 富野駅・丸森駅間再開通

昨年10月の台風19号で被災し運休していた区間の運行を再開した。

新幹線 福島(17:50)→東京(19:28)自由席3740円

|

« 古関裕而記念館 | トップページ | 駅からハイキング 会津若松 »

福島」カテゴリの記事

コメント

おっ、東北訪問、再開されましたね。

ラーメン、野菜とチャーシューで埋め尽くされていますが、麺とスープもあるんですよね?

投稿: ジャン | 2020年11月 8日 (日) 16時59分

うちの店は量が多いのですが、大丈夫ですかと聞かれましたが、完食しました。さすがにスープは飲み干してません。

翌日は会津若松へ。興徳寺から甲賀町口門跡に行く途中、麦とろの前を通りましたよ。駅からハイキングのルートでしたので。

投稿: あかべぇ | 2020年11月 8日 (日) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古関裕而記念館 | トップページ | 駅からハイキング 会津若松 »