« 2022年10月 | トップページ

2022年11月

2022年11月21日 (月)

白河小峰城 城下町めぐりツアー

10月上旬、白河市より小峰城一石城主プロジェクト「城下町めぐりツアー」の開催についてという案内が届いた。2020年12月にふるさと納税で寄附した。一石千円で、百石城主です。返礼品に「城下町めぐりツアー」があったが、コロナで延期になっていた。いくらか落ち着いてきたので、開催となったようだ。定員は各回20名で、参加希望者多数の場合は、城主証番号順に決定とのこと。開催日時は、6日(日)午前・午後、12日(土)午前・午後の4回で、12日午前希望ではがきを出した。10月下旬、参加決定の知らせが届いた。

Img1065

2022年11月12日(土)

東北新幹線 自由席(6260円) 東京(6:20)→

Img1042

栃木・福島県境
(黒川に架かる橋付近が県境、奥が栃木県、手前が福島県)

Img1045

→新白河(7:42)

Img1048

高原出口(西口) 気温10度

Img1055

SHIRAKAWA AREA STAIRS ART

魅力特盛り!しらかわ

『溢れんばかりの「景色」「文化財」など福島県南
9市町村の魅力を白河ラーメンの器に詰め込みました。
1度では味わえない“しらかわエリア”へ是非、
何度でもお越しください。』

Img1056

①矢吹町「大池公園」
②泉崎村「力士像はにわ」
③棚倉町「花園しだれ桜」
④鮫川村「鹿角平観光牧場キャンプ場」
⑤中島村「川田神社の狛犬」
⑥塙町「ダリア園」
⑦白河市「小峰城」
⑧矢祭町「水郡線」
⑨西郷村「雪割橋」

Img1049

正面出口(東口)

JRバス関東 新白河駅(8:16)→白河駅(8:28)180円

Img1061

駅の隣は工事中だった(しらかわ観光ステーション建設工事)

Img1063

城下町めぐり参加者

受付で検温とアルコール消毒をして、清水門跡で記念撮影した。

Img1067

小峰城一石城主プロジェクト
城下町めぐりツアーコース

①小峰城 清水門跡
②石垣の刻印
③旧小峰城太鼓櫓
④東側丘陵地の石垣
⑤四辻道標
⑥長寿院
⑦旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷
⑧大手門跡
⑨道場門跡
⑩白河駅
⑪太鼓門・三之丸門周辺

《小峰城一石城主プロジェクト寄附状況》
令和4年10月31日現在 石高 4万8639石
           寄附者 個人 1,319人

Img1068

① 小峰城 清水門跡

 「清水門は、二之丸と本丸を結ぶ重要な門で、高さは約11m、間口は約14m、小峰城の中では最も大きな櫓門でした。本丸に至る途中には、番所が設けられていましたが、清水門内にも番所が置かれ、厳重に警備がなされていたと考えられます。」

Img1069

Img1070

石垣の上部がデコボコしているのは、門の梁があったため。

Img1072

② 石垣の刻印

 「藤門から北側に伸びる石垣には、石材の一部に刻印が見られます。刻印は「⊥」形のものが多く、「コ」形のものも見られます。
 他城郭での研究成果によれば、石垣を築く際に、分担して作業を行うため、分担者間の境界が明確になるように、刻印を入れたと考えられています。」

Img1073

「⊥」「コ」刻印入りの石垣

Img1076

③ 旧小峰城太鼓櫓

 「小峰城の櫓と伝える建造物で、もと小峰城二之丸の南側入口にあたる、太鼓門西側に所在したとされ、一部の小峰城絵図に描かれています。
 平成27年(2015)個人より市に寄贈され、その後、老朽化や東日本大震災による影響により倒壊の恐れがあったことから建物を解体し、令和4年(2022)に同敷地(南側)へ移築修復工事を行いました。」

Img1079

建物の由来

Img1081

茶室として利用されてきた。

Img1088

④ 東側丘陵地の石垣

 「小峰城本丸の東側に伸びる丘陵の北面には、長さ約180mに及ぶ石垣があります。
 これまで、石垣前面は杉林となっていましたが、この石垣を顕在化するため、令和2・3年度に伐採を行いました。」

Img1086

大正時代頃、氷室として利用されていたそうだ。

Img1091

旧奥州街道

Img1093

国道294号線拡幅工事

Img1095

民家の庭に四辻道標(本物)があった。

Img1096

陸羽街道架道橋

2019年9月に来たときは、レンガ橋脚があったが撤去された。

Img1101

国道294号白河バイパス 南湖トンネル

Img1104

⑤ 四辻道標(複製)

 「白河の城下、本町の東端は道が交わる交差点になっており、奥州街道は直角に折れて北に向かいました。この場所に行き先を示す道標が建っております。
 現在交差点に建つものは、元の道標から複製して平成27年に建てたものです。」

(西側) せんだい あい津 
      でハ(出羽) ゑちご(越後)

(北側)右 日光 江戸
    左 たなくら(棚倉) いハき(いわき) 水戸 

(南側)嘉永二年己酉四月 (1849)

Img1105

旧奥州街道を進む。

Img1106

白河役陣亡諸士碑

⑥ 長寿院

 「長寿院は、曹洞宗の寺院で、江戸時代中頃の白河藩主、松平(結城)家の墓所を管理するため、同家が転封する際に白河に残された寺院と伝わります。
 慶応4年(1868)戊辰戦争白河口の戦いでは、新政府軍の戦死者を弔う寺院となり、白河での戦いだけでなく、それ以降の戦いで亡くなり、白河に埋葬された各藩の兵士などの墓と、慰霊碑「白河役陣亡諸士碑」が残されています。」

Img1107

長寿院新政府軍戦死者墓所

岩倉具視・木戸孝允・大久保利通奉納石塔 慰忠魂

長州・土佐・大垣・館林・砂土原藩士の墓がある。

Img1108

⑦ 旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷

Img1113

 「この蔵座敷は旅籠町として栄えた本町の面影を今に伝える歴史的建造物です。
 本町には、本陣と脇本陣が向かい合って置かれており、北側にあったのがこの脇本陣でした。
 慶応4年(1868)の白河口の戦いの当初、閏4月末には隊長山口次郎率いる新選組が休息のためこの脇本陣柳屋に滞在しました。」

Img1111

 「明治14年(1881)には明治天皇の東北巡幸に際し、往路は休息所、復路には宿泊所となり、使用した部屋が残されています。」

Img1115

マイタウン白河で休憩

記念写真とはとむぎ茶をもらった。
(私は前列右より3人目)

Img1118

白河戊辰戦争 展示コーナー

フランス型四斤砲榴弾
 「四斤とは砲弾重量が4キログラムであることをさす。
 徳川幕府は、元治元年(1864)にフランスから前装式の施条(ライフル)砲である四斤砲(山砲・野砲)を輸入し、国産化を図った。
 四斤山砲は比較的軽量で分解して輸送できるため、戊辰戦争時の主力大砲として新政府・旧幕府両軍で使用された。」

会津藩使用の大砲弾丸
 「火縄式和製大砲の弾丸で、戊辰戦争において会津藩が使用した。」

Img1121

小銃弾丸
 「小銃に使用された各種弾丸。丸いものは火縄銃、先が尖っている弾丸は施条(ライフル)銃のもの。」

Img1124

⑧ 大手門跡

 「大手門跡は、旧奥州街道に面した城の正面玄関にあたる門で、清水門と並ぶ場内最大級の門でした。
 平成5年度に、白河駅前区画整理事業に伴う発掘調査により、礎石と石垣の存在を確認しました。礎石は、白河石(安山岩質溶結凝灰岩)を用い、1辺が約90cm方形で、上面には長辺20cm、短辺10cm程の長方形のほぞ穴が確認できました。」

Img1147

小峰城歴史館裏門そばに移設展示されている。

Img1126

⑨ 道場門跡

 「道場門は、道場小路の武家屋敷街から場内へ通じる門で、小峰城に設置されていた18の門の1つです。枡型形式の門の両側は、場内への進入を容易に許さないよう高さ4mほどの石垣で囲まれ、番所も設置されていました。
 平成7年~11年の発掘調査では、道場門跡とともに外堀跡、道跡(道場小路跡)などが確認され、石垣は復元ではなく、残っている遺構ををそのままの姿で残し、露出展示をしています。」

Img1255

Img1130

復元礎石

Img1131

⑩ 白河駅

 「白河に鉄道が開通し、駅が設けられたのは明治20年(1887)ですが、現在の駅舎は白河駅付近の線路の変更にともない、大正10年(1921)6月に営業を開始した2代目で、昨年100年を迎えました。
 この線路の変更は土手の上に線路を引き、駅舎の地面より線路を高い場所にする現在の形にしたもので、まず路線を変更し、初代駅舎と新しいホームを使い、その間に2代目の駅舎を建築するという段階を追って工事が進められました。
 いまも残る、長いホームが、多くの乗客が乗り降りする長編成の列車が白河を行きかった時代を偲ばせています。」

Img1132

⑪ 太鼓門・三之丸門周辺

 「二之丸広場の南側に、太鼓門と太鼓門の南側に三之丸門がありました。
 三之丸門の発掘調査は、平成6年・7年に行われました。大量の瓦や炭、焼土が出土し、その下から、門跡の礎石を5基確認しました。礎石は、長辺80cm、短辺70cmの長方形の白河石が使われています。他にも、石組の水路や通路などが確認されました。」

水路跡を植栽で示している。

Img1134

城下町めぐりツアー終了。アンケートを書いて、お菓子・ジュース・白河だるまキーホルダーをもらった。

Img1138

二ノ丸茶屋

Img1137

きのこうどん(600円)を食べた。

Img1140

小峰城歴史館を見学した。

小峰城VRシアター
ナレーションは、城好きで知られる落語家の春風亭昇太師匠だ。
三面シアターの270°映像でタイムスリップした感覚になれる。

Img1141

現代

Img1143

江戸時代

Img1146

小峰城復元模型

Img1149

歴史館を出たら、午後の部が始まっていた。

Img1158

小峰城の北側も通れるようになった。

Img1162

本丸西面 石垣修復範囲

Img1166

修復後

Img1172

本丸北面石垣

Img1177

修復後

Img1181

三重櫓の北面石垣

Img1183

小峰城で最古と考えられる石垣

Img1182

現在

Img1189

矢之門(本丸を囲む帯曲輪の北東側の出入口)から外に出た。
お城をぐるっと一周するのに10年以上もかかった。感慨深い。

Img1206

Img1223

久しぶりに三重櫓の内部も見学した。

Img1238

Img1258

Img1259

城下町めぐりツアー午後の部の方たち 道場門跡見学中

Img1262

白河(15:26)→新白河(15:30)
新幹線 新白河(15:50)→東京(17:16)(6260円)

| | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

国見SA、阿津賀志山

2022年10月17日(月)有休

JR東日本パス3日目

Img0880

ちょうど乗った新幹線が、昔の東北新幹線の色だった。

東北新幹線 自由席 東京(7:12)→

Img0881

→福島(8:44)

Img0883

Img0885

Img0886

福島駅西口

Img0887

コラッセふくしまで国見町の周遊マップなどを手に入れた。

Img0890

福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館前に、
ニュートンのりんごの木、メンデルブドウの木、
天津水蜜桃、ナンジャモンジャの木があるが、
収穫が終わったのか、実がなっている木はなかった。

Img0891

福島駅東口 古関裕而モニュメント

Img0896

東北本線 福島(9:34)→貝田(9:57)

国見サービスエリアに徒歩10分足らずで行ける。
その前に、福島・宮城県境まで行く。(徒歩3分)

Img0902

県境 宮城県白石市

Img0898

縣界標

Img0900

県境 福島県国見町

Img0904

国見SAの非常階段

Img0906

線路のすぐ横にサービスエリアがある。

Img0907

りんごがたわわに実っている。

Img0908

柿の木脇の跨線橋を渡る

Img0909

国見サービスエリア上り入口

Img0910

展望台のような広場からの眺め

Img0911

Img0912

SA下りが見える

Img0913

Img0914

Img0926

Img0915

フードコート

Img0917

辛味噌牛たんラーメン、喜多方鬼わさびラーメン
大海老天鍋焼うどん、川俣シャモそば・うどん

Img0918

極上麗たん定食、牛たん定食、牛たん丼、川俣シャモ丼

Img0925

あつかし防塁カレーを食べたかったが、売り切れ(準備中)だった。
川俣シャモ丼も売り切れ。

Img0924

三元豚ソースカツ丼 1200円

Img0920

牛たん入りつくね、大きくて食べ応えがあった。

Img0916

ショッピングコーナー

Img0927

高速道路の下をくぐって、SA下りへ

Img0928

駐車場

Img0929

SA下り入口

Img0931

Img0932

Img0930

Img0935

フードコート

Img0933

はらくっちA丼・B丼(1980円) 爆盛り注意! 重量1kg越え
国見いか人参丼(1080円)福島郷土料理 
イカ人参に生いか投入! とろろと一緒に

Img0934

Img0944

福島桃ソフト(400円)を食べた。

Img0940

Img0939

「蛇口から桃ジュース」というのがあった。

Img0941

凍天を食べた。
サク・フワのドーナツ生地によもぎの香りがほのかに薫る
凍餅が絶妙の味わい。洋菓子と和菓子が融合した
福島発祥のお菓子。

Img0945

ショッピングコーナー

Img0948

旧奥州街道

Img0950

あつかし山展望台入口
これより2.6km

看板を見て、阿津賀志山に登ってみようと思った。(11:53)

Img0951

舗装道路が山頂に近いところまで続いている。

Img0953

熊出没注意の看板裏に罠があった。
イノシシ用で、近くに豚熱対策の経口ワクチン入り餌があった。

Img0954

山頂までもうすぐ。

Img0960

展望台へ(12:25)

Img0961

阿津賀志山展望台 標高289m

Img0962

国見町中心部

Img0963

Img0968

右の緑が阿津賀志山防塁かと思ったが、牛沢川の緑だった。

Img0967

中央の白い建物(県北浄化センター)の間に防塁がありそうだ。
浄化センターの後ろは、阿武隈川。
展望台からは、阿津賀志山防塁がどれかはわからなかった。

Img0980

帰りは、石母田の方から降りよう。

Img0981

国史跡 阿津賀志山防塁始点

Img0983

看板の奥を撮ったものの、始点はわからなかった。

Img0985

国見町指定史跡 阿津賀志山画像碑群

 「嘉永六年(1853年)の頃行者佛源が、四国八十八ヵ所、
秩父坂東百番観音を回国巡礼し、お受けした弘法大師像・
三十三観音画像を奉安するため、国見山経が岡の中腹に
大師堂を建立した
 この資金集めのため、信達両郡の村々をめぐり多くの
信徒に助成奉加をよびかけ、一人一分の積立ての法をとり、
報恩として一石一体の画像を石に刻み、草庵一帯に樹塔した
もので、関係資料は別に保存されている」

Img0986

Img0988

阿津賀志山防塁跡

看板がなければ、通り過ぎるだろう。
写真だとわからないが、かすかにV字の谷があった。

Img0989

高速道路が見えるところまで降りてきた。(13:20)

Img0991

国史跡 石母田供養石塔

Img0994

 「徳治三年(1308)、地元の僧侶智瑄(ちせん)が親の
百ヶ日の追善供養に建立した石製の塔婆である。銘文は
元の帰化僧である一山一寧が書いたものである。一山は
書家として著名であり、鎌倉幕府や朝廷から帰依を受けた
高僧であった。
 石面の上部には梵字の阿閦(あしゅく)如来が、下部には
六行百五十四文字の供養文が刻まれ、塔婆を建立する功徳の
由来が述べられている。
 当該石碑は鎌倉時代における仏教思想、禅宗と密教の
関係を示す貴重な遺物である。地元では俗に「蒙古の碑」と
呼ばれ、周辺は満福寺の古刹跡といわれている」

Img0993

Img0996

阿津賀志山と稲穂

Img1001

Img1002

国見町役場

Img1004

農産物自動販売 国見フルーツ直売所
道の駅ができる前、ここのりんごがとてもおいしかった。

Img1003

ミニトマト、カボチャ、柿

Img1005

道の駅 国見あつかしの郷

りんご3個(600円)を買った。

Img1007

観月台文化センター

Img1008

藤田駅

東北本線 藤田(15:08)→福島(15:25)

Img1010

古関裕而の曲が流れる福島駅

Img1011

新幹線連結 福島駅スタンプ

東北新幹線自由席 福島(15:52)→東京(17:24)

| | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

只見線運転再開

只見線は、2011年7月の新潟・福島豪雨により
会津坂下~小出 間(113.6km)が不通となった。
2012年2月、会津川口から代行バスに乗り、只見で
雪まつりを見た。只見駅も不通で、雪に埋もれていた。
この年の10月に只見~大白川 間が復旧し、
不通区間は、会津川口~只見 間(27.6km)となった。
2022年10月1日から11年ぶりに全線で運転を再開した。

まれに、母が早朝に体調を崩すことがあり、
宿泊や早朝から外出することを控えている。
会津川口~只見は3往復しかない。
(会津若松 6:08発、13:05発、17:00発)
日帰りで只見線に乗る場合、13:05発で小出17:47着、
会津川口~只見は降りて観光できない。
でも、10月の土日祝日は、臨時列車10:15発がある。
これに乗れば、只見で観光もできる。
JRさん、土日祝日だけでいいから、
会津若松~只見の10時台を定番化してもらいたい。
鉄道開業150周年で、新幹線も乗り放題のJR東日本パスが
あることと、秋で気候がいいこともあり、
始発の新幹線で福島県へ向かうことにした。

2022年10月16日(日)

JR東日本パス 2日目
東北新幹線 指定席 東京(6:04)→郡山(7:23)

次の磐越西線は、8:29発だから、高速バスに乗った。
高速バス(1,200円) 郡山駅前(7:30)→

Img0644

新幹線で郡山に着いたときは、霧が濃かったが、
霧が晴れて、磐梯山山頂も見えた。

Img0648

→会津若松駅前(8:33頃)

只見線は、会津若松できっぷを買って乗った。
会津若松→只見 1,690円
只見→会津川口 510円
(会津川口から本名まで3.1km歩く)
本名→小出 1,340円

Img0650

会津若松駅周辺を散歩。扇形庫(裏側)

Img0651

キハE120形気動車

前回、只見線に乗ったのは、2020年2月2日。当時はキハ40だった。

Img0653

また、初めて見る車両がいた。
会津鉄道、らぶ駅長たちが描かれている。
らぶ駅長、天国へいっちゃったね。
子猫のときから知ってるから、すごく残念だ。
8歳、慢性腎臓病だそうだ。

Img0656

Img0658

Img0660

劇場版 にゃん旅鉄道 ラッピング AT-551

Img0659

福が満開福のしま ラッピング AT-502

見慣れた車両を見るとほっとする。
また、会津鉄道に乗りに来ないと。

Img0662

会津鉄道 お座トロ展望列車

Img0665

臨時列車 只見線満喫号 キハ110系3両
レトロラッピング車両(2両)+一般車(1両)

Img0667

一般車に乗った。窓ガラスがすごく汚れていた。
指定席は満席だろうと思い込んで、検索すらしなかった。

Img0669

駅員さんが「いってらっしゃい!」の横断幕で見送ってくれた。

快速 只見線満喫号 会津若松(10:15)→

Img0671

西若松(10:21)

Img0677

会津坂下(10:48)

Img0679

会津柳津(11:07)

Img0681

第一只見川橋梁から(11:19)

撮影スポットでは、速度を落として運転してくれた。

Img0691

第二只見川橋梁から(11:24)

Img0692

会津宮下駅(11:27)

Img0701

第三只見川橋梁から(11:33)

Img0705

第四只見川橋梁から(11:45)

Img0706

会津川口駅近くの橋(11:51)

Img0709

会津川口(11:52)

Img0714

ここから只見までは、初めて乗る区間だ。(11:53)

Img0719

只見川(11:56)

Img0724

第六只見川橋梁の上

東北電力 本名ダム(12:00)

Img0728

第七只見川橋梁から(12:15)

Img0731

叶津川橋梁から(12:32)

Img0735

只見(12:36着)(12:40)

Img0736

おかえり、只見線 かかしたちも歓迎してくれた。

Img0738

Img0739

只見駅でミネラルウォーターと只見町パンフレットなどをもらった。

Img0740

只見駅前にお土産屋とカフェができた。
帰りにじゅうねんゆべしなどを買った。

Img0741

蒸気機関車 C58 244
(只見振興センターの近く)

Img0745

只見川に架かる常磐橋から

Img0746

三石屋

ソボロパン、玄米パン、カレーコロッケパンを買う。
(昼食&夕食用)

Img0749

Img0753

Img0756

祝 2022年10月1日 JR只見線全線運転再開!
只見町役場前の横断幕

Img0759

只見(13:40発)

Img0763

叶津川橋梁のカーブが美しい(13:44)

Img0767

叶津川橋梁から(13:45)

Img0768

第八只見川橋梁と国道252号線に架かる橋(13:51)

Img0771

第八只見川橋梁(13:54)

Img0774

会津塩沢駅(13:55)

Img0775

四季彩橋(14:03)

Img0778

第七只見川橋梁(14:03)

Img0781

四季彩橋と第七只見川橋梁(14:04)

Img0788

第六只見川橋梁から(14:18)

Img0789

第六只見川橋梁(14:18)

Img0794

第五只見川橋梁から(14:22)

Img0796

第五只見川橋梁(14:22)

Img0799

第五只見川橋梁の復旧した部分(14:22)

Img0801

会津川口(14:24着)

Img0803

会津川口駅(14:28)

本名駅まで歩く。

Img0806

第五只見川橋梁(14:43)

Img0808

2011年7月の新潟・福島豪雨で川口方プレートガーター
1連が流出したが、トラス桁部分は流出を免れた。

Img0811

Img0818

(14:45)

Img0820

第六只見川橋梁(14:59)

新潟・福島豪雨でトラス桁と前後のプレートガーター桁
2連が流出した。

Img0821

川口方のプレートガーター桁は当時のまま。

Img0822

只見線本名架道橋

2015年9月、ここに来たときは、
国道252号のトンネル(右)がなかった。
今年の1月に開通したそうだ。

Img0824

左のスノーシェッド(旧国道)を行く。

Img0825

本名トンネルとの結合部

Img0829

Img0830

本名ダム

ダムの反対側に行って、橋梁を撮るつもりだったが、
通行禁止の看板があったので、引き返した。

Img0831

以前の橋脚

Img0832

スノーシェッド手前にある稲荷神社

Img0835

稲荷神社近くから

Img0836

(15:14)

近くの自販機で水分補給してたら、只見線が通り過ぎた。
15:35の小出行きに乗り遅れないようにということしか
考えてなくて、会津若松行きが先に来るということを忘れていた。

Img0838

(15:19)

Img0841

(15:24)

Img0843

本名駅

Img0844

7年前に比べて、駅名標(枠)のサビが増えた。あたりまえか。

Img0845

会津越川方面

Img0846

会津川口方面

Img0849

本名(15:35発)

Img0850

「まってたよ只見線」(15:44)

Img0853

会津越川(15:45)

Img0855

会津横田(15:52)

Img0858

祝 おかえり 黄色いハンカチで歓迎(15:52)

Img0859

会津大塩(15:55)

サビがひどくなってきた。
駅名標の辺りは、あえてペンキを塗ってないところがよい。

Img0860

会津塩沢(16:04)

枠はそのままだが、駅名標が新調されている。
かなりサビがひどかったのかな。

Img0862

只見(16:23)

Img0864

数分停車

Img0865

只見(16:31発)

Img0872

大白川(17:00)

Img0874

小出(17:47)

Img0878

18:06発の上越線長岡行き

上越線 小出(18:33)→浦佐(18:42)
上越新幹線自由席 浦佐(18:49)→東京(20:12)
自由席も満席で自動ドア付近で大宮まで立っていた。

| | コメント (2)

« 2022年10月 | トップページ