« 鶴ヶ城(約2年ぶり) | トップページ | 国見SA、阿津賀志山 »

2022年11月 2日 (水)

只見線運転再開

只見線は、2011年7月の新潟・福島豪雨により
会津坂下~小出 間(113.6km)が不通となった。
2012年2月、会津川口から代行バスに乗り、只見で
雪まつりを見た。只見駅も不通で、雪に埋もれていた。
この年の10月に只見~大白川 間が復旧し、
不通区間は、会津川口~只見 間(27.6km)となった。
2022年10月1日から11年ぶりに全線で運転を再開した。

まれに、母が早朝に体調を崩すことがあり、
宿泊や早朝から外出することを控えている。
会津川口~只見は3往復しかない。
(会津若松 6:08発、13:05発、17:00発)
日帰りで只見線に乗る場合、13:05発で小出17:47着、
会津川口~只見は降りて観光できない。
でも、10月の土日祝日は、臨時列車10:15発がある。
これに乗れば、只見で観光もできる。
JRさん、土日祝日だけでいいから、
会津若松~只見の10時台を定番化してもらいたい。
鉄道開業150周年で、新幹線も乗り放題のJR東日本パスが
あることと、秋で気候がいいこともあり、
始発の新幹線で福島県へ向かうことにした。

2022年10月16日(日)

JR東日本パス 2日目
東北新幹線 指定席 東京(6:04)→郡山(7:23)

次の磐越西線は、8:29発だから、高速バスに乗った。
高速バス(1,200円) 郡山駅前(7:30)→

Img0644

新幹線で郡山に着いたときは、霧が濃かったが、
霧が晴れて、磐梯山山頂も見えた。

Img0648

→会津若松駅前(8:33頃)

只見線は、会津若松できっぷを買って乗った。
会津若松→只見 1,690円
只見→会津川口 510円
(会津川口から本名まで3.1km歩く)
本名→小出 1,340円

Img0650

会津若松駅周辺を散歩。扇形庫(裏側)

Img0651

キハE120形気動車

前回、只見線に乗ったのは、2020年2月2日。当時はキハ40だった。

Img0653

また、初めて見る車両がいた。
会津鉄道、らぶ駅長たちが描かれている。
らぶ駅長、天国へいっちゃったね。
子猫のときから知ってるから、すごく残念だ。
8歳、慢性腎臓病だそうだ。

Img0656

Img0658

Img0660

劇場版 にゃん旅鉄道 ラッピング AT-551

Img0659

福が満開福のしま ラッピング AT-502

見慣れた車両を見るとほっとする。
また、会津鉄道に乗りに来ないと。

Img0662

会津鉄道 お座トロ展望列車

Img0665

臨時列車 只見線満喫号 キハ110系3両
レトロラッピング車両(2両)+一般車(1両)

Img0667

一般車に乗った。窓ガラスがすごく汚れていた。
指定席は満席だろうと思い込んで、検索すらしなかった。

Img0669

駅員さんが「いってらっしゃい!」の横断幕で見送ってくれた。

快速 只見線満喫号 会津若松(10:15)→

Img0671

西若松(10:21)

Img0677

会津坂下(10:48)

Img0679

会津柳津(11:07)

Img0681

第一只見川橋梁から(11:19)

撮影スポットでは、速度を落として運転してくれた。

Img0691

第二只見川橋梁から(11:24)

Img0692

会津宮下駅(11:27)

Img0701

第三只見川橋梁から(11:33)

Img0705

第四只見川橋梁から(11:45)

Img0706

会津川口駅近くの橋(11:51)

Img0709

会津川口(11:52)

Img0714

ここから只見までは、初めて乗る区間だ。(11:53)

Img0719

只見川(11:56)

Img0724

第六只見川橋梁の上

東北電力 本名ダム(12:00)

Img0728

第七只見川橋梁から(12:15)

Img0731

叶津川橋梁から(12:32)

Img0735

只見(12:36着)(12:40)

Img0736

おかえり、只見線 かかしたちも歓迎してくれた。

Img0738

Img0739

只見駅でミネラルウォーターと只見町パンフレットなどをもらった。

Img0740

只見駅前にお土産屋とカフェができた。
帰りにじゅうねんゆべしなどを買った。

Img0741

蒸気機関車 C58 244
(只見振興センターの近く)

Img0745

只見川に架かる常磐橋から

Img0746

三石屋

ソボロパン、玄米パン、カレーコロッケパンを買う。
(昼食&夕食用)

Img0749

Img0753

Img0756

祝 2022年10月1日 JR只見線全線運転再開!
只見町役場前の横断幕

Img0759

只見(13:40発)

Img0763

叶津川橋梁のカーブが美しい(13:44)

Img0767

叶津川橋梁から(13:45)

Img0768

第八只見川橋梁と国道252号線に架かる橋(13:51)

Img0771

第八只見川橋梁(13:54)

Img0774

会津塩沢駅(13:55)

Img0775

四季彩橋(14:03)

Img0778

第七只見川橋梁(14:03)

Img0781

四季彩橋と第七只見川橋梁(14:04)

Img0788

第六只見川橋梁から(14:18)

Img0789

第六只見川橋梁(14:18)

Img0794

第五只見川橋梁から(14:22)

Img0796

第五只見川橋梁(14:22)

Img0799

第五只見川橋梁の復旧した部分(14:22)

Img0801

会津川口(14:24着)

Img0803

会津川口駅(14:28)

本名駅まで歩く。

Img0806

第五只見川橋梁(14:43)

Img0808

2011年7月の新潟・福島豪雨で川口方プレートガーター
1連が流出したが、トラス桁部分は流出を免れた。

Img0811

Img0818

(14:45)

Img0820

第六只見川橋梁(14:59)

新潟・福島豪雨でトラス桁と前後のプレートガーター桁
2連が流出した。

Img0821

川口方のプレートガーター桁は当時のまま。

Img0822

只見線本名架道橋

2015年9月、ここに来たときは、
国道252号のトンネル(右)がなかった。
今年の1月に開通したそうだ。

Img0824

左のスノーシェッド(旧国道)を行く。

Img0825

本名トンネルとの結合部

Img0829

Img0830

本名ダム

ダムの反対側に行って、橋梁を撮るつもりだったが、
通行禁止の看板があったので、引き返した。

Img0831

以前の橋脚

Img0832

スノーシェッド手前にある稲荷神社

Img0835

稲荷神社近くから

Img0836

(15:14)

近くの自販機で水分補給してたら、只見線が通り過ぎた。
15:35の小出行きに乗り遅れないようにということしか
考えてなくて、会津若松行きが先に来るということを忘れていた。

Img0838

(15:19)

Img0841

(15:24)

Img0843

本名駅

Img0844

7年前に比べて、駅名標(枠)のサビが増えた。あたりまえか。

Img0845

会津越川方面

Img0846

会津川口方面

Img0849

本名(15:35発)

Img0850

「まってたよ只見線」(15:44)

Img0853

会津越川(15:45)

Img0855

会津横田(15:52)

Img0858

祝 おかえり 黄色いハンカチで歓迎(15:52)

Img0859

会津大塩(15:55)

サビがひどくなってきた。
駅名標の辺りは、あえてペンキを塗ってないところがよい。

Img0860

会津塩沢(16:04)

枠はそのままだが、駅名標が新調されている。
かなりサビがひどかったのかな。

Img0862

只見(16:23)

Img0864

数分停車

Img0865

只見(16:31発)

Img0872

大白川(17:00)

Img0874

小出(17:47)

Img0878

18:06発の上越線長岡行き

上越線 小出(18:33)→浦佐(18:42)
上越新幹線自由席 浦佐(18:49)→東京(20:12)
自由席も満席で自動ドア付近で大宮まで立っていた。

|

« 鶴ヶ城(約2年ぶり) | トップページ | 国見SA、阿津賀志山 »

会津」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
全線乗車されたんですね。
凄いです。会津愛ですね。

投稿: ジャン(いいトシして感情派) | 2022年11月 3日 (木) 10時10分

ジャン様、お久しぶりです。
やっと会津へ行ってきました。
3年半ぶりに、城跡へ行く予定があります。
体調管理を万全にして、登城します。

投稿: あかべぇ | 2022年11月 3日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴ヶ城(約2年ぶり) | トップページ | 国見SA、阿津賀志山 »