福島

2022年11月21日 (月)

白河小峰城 城下町めぐりツアー

10月上旬、白河市より小峰城一石城主プロジェクト「城下町めぐりツアー」の開催についてという案内が届いた。2020年12月にふるさと納税で寄附した。一石千円で、百石城主です。返礼品に「城下町めぐりツアー」があったが、コロナで延期になっていた。いくらか落ち着いてきたので、開催となったようだ。定員は各回20名で、参加希望者多数の場合は、城主証番号順に決定とのこと。開催日時は、6日(日)午前・午後、12日(土)午前・午後の4回で、12日午前希望ではがきを出した。10月下旬、参加決定の知らせが届いた。

Img1065

2022年11月12日(土)

東北新幹線 自由席(6260円) 東京(6:20)→

Img1042

栃木・福島県境
(黒川に架かる橋付近が県境、奥が栃木県、手前が福島県)

Img1045

→新白河(7:42)

Img1048

高原出口(西口) 気温10度

Img1055

SHIRAKAWA AREA STAIRS ART

魅力特盛り!しらかわ

『溢れんばかりの「景色」「文化財」など福島県南
9市町村の魅力を白河ラーメンの器に詰め込みました。
1度では味わえない“しらかわエリア”へ是非、
何度でもお越しください。』

Img1056

①矢吹町「大池公園」
②泉崎村「力士像はにわ」
③棚倉町「花園しだれ桜」
④鮫川村「鹿角平観光牧場キャンプ場」
⑤中島村「川田神社の狛犬」
⑥塙町「ダリア園」
⑦白河市「小峰城」
⑧矢祭町「水郡線」
⑨西郷村「雪割橋」

Img1049

正面出口(東口)

JRバス関東 新白河駅(8:16)→白河駅(8:28)180円

Img1061

駅の隣は工事中だった(しらかわ観光ステーション建設工事)

Img1063

城下町めぐり参加者

受付で検温とアルコール消毒をして、清水門跡で記念撮影した。

Img1067

小峰城一石城主プロジェクト
城下町めぐりツアーコース

①小峰城 清水門跡
②石垣の刻印
③旧小峰城太鼓櫓
④東側丘陵地の石垣
⑤四辻道標
⑥長寿院
⑦旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷
⑧大手門跡
⑨道場門跡
⑩白河駅
⑪太鼓門・三之丸門周辺

《小峰城一石城主プロジェクト寄附状況》
令和4年10月31日現在 石高 4万8639石
           寄附者 個人 1,319人

Img1068

① 小峰城 清水門跡

 「清水門は、二之丸と本丸を結ぶ重要な門で、高さは約11m、間口は約14m、小峰城の中では最も大きな櫓門でした。本丸に至る途中には、番所が設けられていましたが、清水門内にも番所が置かれ、厳重に警備がなされていたと考えられます。」

Img1069

Img1070

石垣の上部がデコボコしているのは、門の梁があったため。

Img1072

② 石垣の刻印

 「藤門から北側に伸びる石垣には、石材の一部に刻印が見られます。刻印は「⊥」形のものが多く、「コ」形のものも見られます。
 他城郭での研究成果によれば、石垣を築く際に、分担して作業を行うため、分担者間の境界が明確になるように、刻印を入れたと考えられています。」

Img1073

「⊥」「コ」刻印入りの石垣

Img1076

③ 旧小峰城太鼓櫓

 「小峰城の櫓と伝える建造物で、もと小峰城二之丸の南側入口にあたる、太鼓門西側に所在したとされ、一部の小峰城絵図に描かれています。
 平成27年(2015)個人より市に寄贈され、その後、老朽化や東日本大震災による影響により倒壊の恐れがあったことから建物を解体し、令和4年(2022)に同敷地(南側)へ移築修復工事を行いました。」

Img1079

建物の由来

Img1081

茶室として利用されてきた。

Img1088

④ 東側丘陵地の石垣

 「小峰城本丸の東側に伸びる丘陵の北面には、長さ約180mに及ぶ石垣があります。
 これまで、石垣前面は杉林となっていましたが、この石垣を顕在化するため、令和2・3年度に伐採を行いました。」

Img1086

大正時代頃、氷室として利用されていたそうだ。

Img1091

旧奥州街道

Img1093

国道294号線拡幅工事

Img1095

民家の庭に四辻道標(本物)があった。

Img1096

陸羽街道架道橋

2019年9月に来たときは、レンガ橋脚があったが撤去された。

Img1101

国道294号白河バイパス 南湖トンネル

Img1104

⑤ 四辻道標(複製)

 「白河の城下、本町の東端は道が交わる交差点になっており、奥州街道は直角に折れて北に向かいました。この場所に行き先を示す道標が建っております。
 現在交差点に建つものは、元の道標から複製して平成27年に建てたものです。」

(西側) せんだい あい津 
      でハ(出羽) ゑちご(越後)

(北側)右 日光 江戸
    左 たなくら(棚倉) いハき(いわき) 水戸 

(南側)嘉永二年己酉四月 (1849)

Img1105

旧奥州街道を進む。

Img1106

白河役陣亡諸士碑

⑥ 長寿院

 「長寿院は、曹洞宗の寺院で、江戸時代中頃の白河藩主、松平(結城)家の墓所を管理するため、同家が転封する際に白河に残された寺院と伝わります。
 慶応4年(1868)戊辰戦争白河口の戦いでは、新政府軍の戦死者を弔う寺院となり、白河での戦いだけでなく、それ以降の戦いで亡くなり、白河に埋葬された各藩の兵士などの墓と、慰霊碑「白河役陣亡諸士碑」が残されています。」

Img1107

長寿院新政府軍戦死者墓所

岩倉具視・木戸孝允・大久保利通奉納石塔 慰忠魂

長州・土佐・大垣・館林・砂土原藩士の墓がある。

Img1108

⑦ 旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷

Img1113

 「この蔵座敷は旅籠町として栄えた本町の面影を今に伝える歴史的建造物です。
 本町には、本陣と脇本陣が向かい合って置かれており、北側にあったのがこの脇本陣でした。
 慶応4年(1868)の白河口の戦いの当初、閏4月末には隊長山口次郎率いる新選組が休息のためこの脇本陣柳屋に滞在しました。」

Img1111

 「明治14年(1881)には明治天皇の東北巡幸に際し、往路は休息所、復路には宿泊所となり、使用した部屋が残されています。」

Img1115

マイタウン白河で休憩

記念写真とはとむぎ茶をもらった。
(私は前列右より3人目)

Img1118

白河戊辰戦争 展示コーナー

フランス型四斤砲榴弾
 「四斤とは砲弾重量が4キログラムであることをさす。
 徳川幕府は、元治元年(1864)にフランスから前装式の施条(ライフル)砲である四斤砲(山砲・野砲)を輸入し、国産化を図った。
 四斤山砲は比較的軽量で分解して輸送できるため、戊辰戦争時の主力大砲として新政府・旧幕府両軍で使用された。」

会津藩使用の大砲弾丸
 「火縄式和製大砲の弾丸で、戊辰戦争において会津藩が使用した。」

Img1121

小銃弾丸
 「小銃に使用された各種弾丸。丸いものは火縄銃、先が尖っている弾丸は施条(ライフル)銃のもの。」

Img1124

⑧ 大手門跡

 「大手門跡は、旧奥州街道に面した城の正面玄関にあたる門で、清水門と並ぶ場内最大級の門でした。
 平成5年度に、白河駅前区画整理事業に伴う発掘調査により、礎石と石垣の存在を確認しました。礎石は、白河石(安山岩質溶結凝灰岩)を用い、1辺が約90cm方形で、上面には長辺20cm、短辺10cm程の長方形のほぞ穴が確認できました。」

Img1147

小峰城歴史館裏門そばに移設展示されている。

Img1126

⑨ 道場門跡

 「道場門は、道場小路の武家屋敷街から場内へ通じる門で、小峰城に設置されていた18の門の1つです。枡型形式の門の両側は、場内への進入を容易に許さないよう高さ4mほどの石垣で囲まれ、番所も設置されていました。
 平成7年~11年の発掘調査では、道場門跡とともに外堀跡、道跡(道場小路跡)などが確認され、石垣は復元ではなく、残っている遺構ををそのままの姿で残し、露出展示をしています。」

Img1255

Img1130

復元礎石

Img1131

⑩ 白河駅

 「白河に鉄道が開通し、駅が設けられたのは明治20年(1887)ですが、現在の駅舎は白河駅付近の線路の変更にともない、大正10年(1921)6月に営業を開始した2代目で、昨年100年を迎えました。
 この線路の変更は土手の上に線路を引き、駅舎の地面より線路を高い場所にする現在の形にしたもので、まず路線を変更し、初代駅舎と新しいホームを使い、その間に2代目の駅舎を建築するという段階を追って工事が進められました。
 いまも残る、長いホームが、多くの乗客が乗り降りする長編成の列車が白河を行きかった時代を偲ばせています。」

Img1132

⑪ 太鼓門・三之丸門周辺

 「二之丸広場の南側に、太鼓門と太鼓門の南側に三之丸門がありました。
 三之丸門の発掘調査は、平成6年・7年に行われました。大量の瓦や炭、焼土が出土し、その下から、門跡の礎石を5基確認しました。礎石は、長辺80cm、短辺70cmの長方形の白河石が使われています。他にも、石組の水路や通路などが確認されました。」

水路跡を植栽で示している。

Img1134

城下町めぐりツアー終了。アンケートを書いて、お菓子・ジュース・白河だるまキーホルダーをもらった。

Img1138

二ノ丸茶屋

Img1137

きのこうどん(600円)を食べた。

Img1140

小峰城歴史館を見学した。

小峰城VRシアター
ナレーションは、城好きで知られる落語家の春風亭昇太師匠だ。
三面シアターの270°映像でタイムスリップした感覚になれる。

Img1141

現代

Img1143

江戸時代

Img1146

小峰城復元模型

Img1149

歴史館を出たら、午後の部が始まっていた。

Img1158

小峰城の北側も通れるようになった。

Img1162

本丸西面 石垣修復範囲

Img1166

修復後

Img1172

本丸北面石垣

Img1177

修復後

Img1181

三重櫓の北面石垣

Img1183

小峰城で最古と考えられる石垣

Img1182

現在

Img1189

矢之門(本丸を囲む帯曲輪の北東側の出入口)から外に出た。
お城をぐるっと一周するのに10年以上もかかった。感慨深い。

Img1206

Img1223

久しぶりに三重櫓の内部も見学した。

Img1238

Img1258

Img1259

城下町めぐりツアー午後の部の方たち 道場門跡見学中

Img1262

白河(15:26)→新白河(15:30)
新幹線 新白河(15:50)→東京(17:16)(6260円)

| | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

国見SA、阿津賀志山

2022年10月17日(月)有休

JR東日本パス3日目

Img0880

ちょうど乗った新幹線が、昔の東北新幹線の色だった。

東北新幹線 自由席 東京(7:12)→

Img0881

→福島(8:44)

Img0883

Img0885

Img0886

福島駅西口

Img0887

コラッセふくしまで国見町の周遊マップなどを手に入れた。

Img0890

福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館前に、
ニュートンのりんごの木、メンデルブドウの木、
天津水蜜桃、ナンジャモンジャの木があるが、
収穫が終わったのか、実がなっている木はなかった。

Img0891

福島駅東口 古関裕而モニュメント

Img0896

東北本線 福島(9:34)→貝田(9:57)

国見サービスエリアに徒歩10分足らずで行ける。
その前に、福島・宮城県境まで行く。(徒歩3分)

Img0902

県境 宮城県白石市

Img0898

縣界標

Img0900

県境 福島県国見町

Img0904

国見SAの非常階段

Img0906

線路のすぐ横にサービスエリアがある。

Img0907

りんごがたわわに実っている。

Img0908

柿の木脇の跨線橋を渡る

Img0909

国見サービスエリア上り入口

Img0910

展望台のような広場からの眺め

Img0911

Img0912

SA下りが見える

Img0913

Img0914

Img0926

Img0915

フードコート

Img0917

辛味噌牛たんラーメン、喜多方鬼わさびラーメン
大海老天鍋焼うどん、川俣シャモそば・うどん

Img0918

極上麗たん定食、牛たん定食、牛たん丼、川俣シャモ丼

Img0925

あつかし防塁カレーを食べたかったが、売り切れ(準備中)だった。
川俣シャモ丼も売り切れ。

Img0924

三元豚ソースカツ丼 1200円

Img0920

牛たん入りつくね、大きくて食べ応えがあった。

Img0916

ショッピングコーナー

Img0927

高速道路の下をくぐって、SA下りへ

Img0928

駐車場

Img0929

SA下り入口

Img0931

Img0932

Img0930

Img0935

フードコート

Img0933

はらくっちA丼・B丼(1980円) 爆盛り注意! 重量1kg越え
国見いか人参丼(1080円)福島郷土料理 
イカ人参に生いか投入! とろろと一緒に

Img0934

Img0944

福島桃ソフト(400円)を食べた。

Img0940

Img0939

「蛇口から桃ジュース」というのがあった。

Img0941

凍天を食べた。
サク・フワのドーナツ生地によもぎの香りがほのかに薫る
凍餅が絶妙の味わい。洋菓子と和菓子が融合した
福島発祥のお菓子。

Img0945

ショッピングコーナー

Img0948

旧奥州街道

Img0950

あつかし山展望台入口
これより2.6km

看板を見て、阿津賀志山に登ってみようと思った。(11:53)

Img0951

舗装道路が山頂に近いところまで続いている。

Img0953

熊出没注意の看板裏に罠があった。
イノシシ用で、近くに豚熱対策の経口ワクチン入り餌があった。

Img0954

山頂までもうすぐ。

Img0960

展望台へ(12:25)

Img0961

阿津賀志山展望台 標高289m

Img0962

国見町中心部

Img0963

Img0968

右の緑が阿津賀志山防塁かと思ったが、牛沢川の緑だった。

Img0967

中央の白い建物(県北浄化センター)の間に防塁がありそうだ。
浄化センターの後ろは、阿武隈川。
展望台からは、阿津賀志山防塁がどれかはわからなかった。

Img0980

帰りは、石母田の方から降りよう。

Img0981

国史跡 阿津賀志山防塁始点

Img0983

看板の奥を撮ったものの、始点はわからなかった。

Img0985

国見町指定史跡 阿津賀志山画像碑群

 「嘉永六年(1853年)の頃行者佛源が、四国八十八ヵ所、
秩父坂東百番観音を回国巡礼し、お受けした弘法大師像・
三十三観音画像を奉安するため、国見山経が岡の中腹に
大師堂を建立した
 この資金集めのため、信達両郡の村々をめぐり多くの
信徒に助成奉加をよびかけ、一人一分の積立ての法をとり、
報恩として一石一体の画像を石に刻み、草庵一帯に樹塔した
もので、関係資料は別に保存されている」

Img0986

Img0988

阿津賀志山防塁跡

看板がなければ、通り過ぎるだろう。
写真だとわからないが、かすかにV字の谷があった。

Img0989

高速道路が見えるところまで降りてきた。(13:20)

Img0991

国史跡 石母田供養石塔

Img0994

 「徳治三年(1308)、地元の僧侶智瑄(ちせん)が親の
百ヶ日の追善供養に建立した石製の塔婆である。銘文は
元の帰化僧である一山一寧が書いたものである。一山は
書家として著名であり、鎌倉幕府や朝廷から帰依を受けた
高僧であった。
 石面の上部には梵字の阿閦(あしゅく)如来が、下部には
六行百五十四文字の供養文が刻まれ、塔婆を建立する功徳の
由来が述べられている。
 当該石碑は鎌倉時代における仏教思想、禅宗と密教の
関係を示す貴重な遺物である。地元では俗に「蒙古の碑」と
呼ばれ、周辺は満福寺の古刹跡といわれている」

Img0993

Img0996

阿津賀志山と稲穂

Img1001

Img1002

国見町役場

Img1004

農産物自動販売 国見フルーツ直売所
道の駅ができる前、ここのりんごがとてもおいしかった。

Img1003

ミニトマト、カボチャ、柿

Img1005

道の駅 国見あつかしの郷

りんご3個(600円)を買った。

Img1007

観月台文化センター

Img1008

藤田駅

東北本線 藤田(15:08)→福島(15:25)

Img1010

古関裕而の曲が流れる福島駅

Img1011

新幹線連結 福島駅スタンプ

東北新幹線自由席 福島(15:52)→東京(17:24)

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

道の駅なみえ・久之浜・薄磯

2ヵ月前から3月11日に有休を入れてました。浜通りで海を見ながら過ごす予定でしたが、緊急事態宣言が2週間延長になって、いろいろ考えてあきらめました。3月11日の新聞、福島民報と福島民友をお取り寄せしました。

Cimg5679

福島民報
別刷り(24P)、福島民報・河北新報・岩手日報の別刷り(8P)付き

ホームページから注文できる。
「バックナンバー(日付指定購入)」

1部140円+第三種郵便料
新聞代は後払い。新聞と一緒に請求書が同封されていて、代金分の切手を郵送する。

Cimg5683

福島民友
別刷り(26P)付き

「読者センター」に購入希望のメールを送った。
新聞代140円+手数料100円=240円
郵便振替で振り込む。入金の確認ができしだい郵送される。

---------------------------------------------

2021年3月25日(木)

3月中に有休をあと1日取らないといけないと言われて、仕事に支障がなさそうな日を選んだら、たまたま聖火リレー開始日だった。緊急事態宣言が解除されてから、感染者がじわじわ増えている。テレビ中継を見て過ごそうかなと思ったが、感染者がもっと増える前に、感染対策をしっかりして1年ぶりに浜通りへ行くと決めた。
デジカメ(カシオEX-ZS150VP)のバッテリーがおかしいようで、数枚撮っただけで赤ランプが点く。(ふるさと納税の返礼品を撮った。半年分くらいまとめてアップします)アマゾンでバッテリーを買えるが、中古品というのがどうも気に入らない。2012年9月からだから、8年以上か。そろそろ買い替えよう。2日前にヨドバシカメラへ買いに行った。キヤノンSX620HS(RE) 新宿駅の方へ行くのは今年初めて。

Img_0001

新宿マルイ アネックス付近から

2020年のオリンピックが決定した日(2013年9月8日早朝)は、都庁がオリンピックカラー(青・黄・緑・赤)にライトアップされていた。決選投票の結果が気になり、ラジオを聴きながら通った。開催決定は、赤羽駅で東北本線に乗るところだった。(5時20分頃)
聖火リレーが出発する日なのに、都庁のライトアップがまったくない。航空障害灯という赤い点滅だけが見える。真っ暗な都庁は初めて見た。本当にオリンピックやるのかな。

Img_0003

SUICAで改札を通る。平日の新宿駅、乗客は少なめ。

Cimg4919-2

ちなみに2020年3月14日はこんな感じだった。土曜日だから乗客が多めかな。

山手線 新宿(4:44)→日暮里(5:05)
常磐線 日暮里(5:14)→水戸(6:58)グリーン車(1000円)
常磐線 水戸(7:03)→いわき(8:35)

いわき駅NewDaysで新聞を買った。

Img_0004

東京2020オリンピック開催まで 120日
東京2020パラリンピック開催まで 152日

Img_0005

東北デスティネーションキャンペーン
「ようこそ、いわき駅へ。」

Img_0007

常磐線全線運転再開1周年

Img_0009

留置線に東北DCラッピング特急ひたちが停まっていた。
1号車後方の写真は福島県「相馬中村神社」 前方は山形県「羽黒山の五重塔」

いわき(9:22)→

Jヴィレッジ駅停車中に、聖火リレーのランナーが走行中なので、改札を出るのをお待ちくださいといったアナウンスがあった。Jヴィレッジ駅9:50発

Img_0011

竜田駅で上り電車を待つため、3分停車した。新駅舎を撮るのにちょうどよい。ヘリコプターが4機飛んでいた。楢葉町役場付近で聖火リレーが行われるところか。竜田駅9:59発 夜ノ森駅の桜が少し咲いていた。

Img_0014

→浪江(10:24) 新宿~浪江 4840円
浪江までが首都圏エリアなのでSUICAで乗れる。
ホームのかさ上げ工事が完了してた。

Cimg4940

去年の浪江駅。前日まで719系が停まっていたホームに柵がされていた。

Img_0015

浪江駅

Img_0017

建物がかなり取り壊されていた。

Img_0018

仮設商業施設 まち・なみ・まるしぇ

移転・閉店してる店が多かった。
海鮮和食処くろさか 浪江町内に移転
浪江焼麺太国アンテナショップ 双葉町に「せんだん亭」と店名を変更し、移転
コーヒーCOSMOS 閉店 
去年、ナポリタンを食べたお店。おはよう日本で、最終日(2/28)の様子を放送していた。移転先を探しているとのことだった。

Img_0024

3.20 道の駅なみえ グランドオープン

Img_0027

無印良品が道の駅に初出店。

Img_0026

本館 正面玄関

手指消毒の機械(手をかざすと自動で1回分出る)と検温サーモカメラがあった。消毒し検温して入店。

Img_0030

假屋崎省吾さんの生け花展示

Img_0051

まちのパン屋さん ほのか

なみえ焼きそばパン 278円+税
うけどんこしあんぱん 140円+税
チーズ!チーズ!チーズ 160円+税

Img_0037

フードコートメニュー フードテラスかなで

Img_0038

フードコートメニュー 麺処ひろ田製粉所

Img_0034

福島県地魚入りちらし寿司 上 (2000円)

Img_0035

混雑する前に早めの昼食(11時15分)

Img_0036

「消毒済です」の札を裏返すと、赤地で「未消毒です」
もちろん、パーテーションも設置してある。

Img_0052

なみえ焼そば2食 500円+税
みそまんじゅう 90円+税
えごまのごままんじゅう 100円+税
うけどんたまごボーロ 500円+税
なみえ焼そばソース煎餅6枚入 650円+税
えごまたっぷりうまくて生姜ねぇ!! 640円+税

Img_0041

フードコート近くにポケモンマンホールがあった。

Img_0043

壁の装飾には、大堀相馬焼の陶板が使われている。

Img_0044

なみえ技・なりわい館

Img_0029

假屋崎省吾さん生け花展示 サイン入り等身大パネル

Img_0045

聖火リレー ゴール地点

Img_0046

12時18分の上りに乗るため、駅に向かう。
道路は拡張されて、飲食店がいくつかオープンしていた。
聖火ランナーはこの道路を通る。
途中で、道の駅で買ったものの写真を撮った。

浪江(12:18)→久ノ浜(13:02)770円

Img_0067

津波や火災をまぬがれた秋葉神社

Img_0056

秋葉神社にお参りした。家と会社の往復、たまにスーパーに行く程度だったから、これが初詣ということになる。

Img_0066

東日本大震災追悼伝承の碑

大地震が起きたら大津波が来る。
直ぐ逃げろ、高台へ。 一度逃げたら絶対戻るな。

Img_0058

久之浜防災緑地

Img_0062

6キロ離れた四ツ倉駅まで歩くつもりだったが、マスクして歩くとしんどいから予定変更。しばらく海を見ていた。

Img_0068

高台にある津守神社へ。

Img_0071

津守神社の裏から久之浜を眺める。

常磐線 久ノ浜(14:29)→いわき(14:44)242円
新常磐交通 いわき駅前(15:20)→灯台入口(15:47)610円

Img_0095

薄磯防災緑地

Img_0097

Img_0103

旧豊間中学校があった所

Img_0080

旧豊間中学校の思い出

 『薄磯防災緑地は、東日本大震災以前に豊間中学校があった場所に整備しています。
 防災上、旧豊間中学校校舎は保存することが出来ませんでしたが、旧豊間中学校に自生していたハマナスや校内に設置されていた石碑を「旧豊間中学校の思い出」として、防災緑地に設置しました。』

Img_0104

Img_0102

Img_0099

道路工事してた。塩屋埼灯台は行けるけど、その先は通行止めになってるそうだ。塩屋埼灯台は4時までだって。時間までは調べてこなかった。

Img_0083

塩屋埼灯台と永遠のひばり像

Img_0085

道路工事ってこれか。もともとの道は右側。通行止めは翌日(26日)の午後5時に解除されると書いてあった。
近くの土産店は休みだった。

Img_0084

美空ひばり 「みだれ髪」歌碑 遺影碑

Img_0090

遺影碑の前に立つと、「みだれ髪」のメロディが流れる。

新常磐交通 灯台入口(17:07)→泉駅前(18:03)710円
特急ひたち 泉(18:28)→東京(20:43)3740円+指定席2550円

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

古関裕而まちなか青春館、エール展など

10月31日(土)

Cimg5407

信夫山第一展望台

第一展望台に「暁に祈る」の歌碑がある。
以前に来たとき、古関裕而の歌碑があることは知っていたが、「暁に祈る」という曲は知らなくて撮らなかった。栄冠は君に輝く・オリンピックマーチ・モスラの歌など、戦後に活躍した作曲家だと思っていた。戦時歌謡を作曲し、戦死した人への自責の念を持っていたと、エールを見て知った。

Cimg5411

古関裕而ゆかりの地 歌碑 暁に祈る

Cimg5413

『暁に祈るは昭和15年に発売されました。
作曲:古関裕而、作詞:野村俊夫、唄:伊藤久男と「福島トリオ」によるものです。
野村俊夫氏の功績を後世に残す目的で、友人、歌謡曲関係者等により、昭和48年10月に歌碑と古関氏の作曲譜面が建立されました。除幕式は、古関裕而氏指揮により「暁に祈る」「湯のまちエレジー」が歌われました。』

Cimg5418

古関裕而まちなか青春館に着いたが、団体さんが来てたのと、信夫山を登ってお腹がすいたので、ラーメン屋に入った。食券を購入して、店内で並ぶ。健康診断で血圧が引っかかって、ガッツリ系のラーメンは控えたいが、誘惑に負けた。

Cimg5417

小ラーメン(麺250g 豚2枚)750円

Cimg5420

古関裕而まちなか青春館

非接触型体温計で体温を測り、名前・都道府県・電話番号を記入。二郎系?ラーメンを食べた直後で、体温が上がったかもと思ったが大丈夫だった。

Cimg5424

古関裕而のスケッチブックに描かれた吾妻山の絵
1975年7月25日と日付がある

Cimg5425

古関裕而実家、「喜多三呉服店」看板

Cimg5426

古関裕而が8ミリで撮影した昭和13年の福島

奥さん(金子さん)と娘2人が映っている。子供の頃の映像が残っているなんて、娘さんたちがうらやましい。

Cimg5448

エール展 チェンバおおまち1F

Cimg5432

喜多一呉服店(店構え再現)

Cimg5441

Cimg5430

関内三姉妹

Cimg5442

母・まさの実家がある川俣に出掛けた裕一が、弟・浩二に買ったおみやげのスノードーム
裕一の幼なじみ・鉄男が書いた美しい詩に心を奪われた裕一が曲をつけた「浮世小路行進曲」の譜面
藤堂先生の勧めでハーモニカ部に入った裕一が吹いているハーモニカ
小学生の裕一が作曲した「ながめ」の譜面

Cimg5440

裕一が国際作曲コンクールで受賞したことを知らせる新聞記事

Cimg5431

音に届いた東京帝国音楽学校の合格通知
裕一が音に宛てた手紙

Cimg5445

ら・さんたランド チェンバおおまち店

Cimg5443

古関金子さんの黄金メロンパン 250円
(福島を代表する作曲家古関裕而さんの妻金子さんは当時珍しかったメロンパンが大好物でした。)
ずっしり!つぶあんぱん 250円

Cimg5447

福島商工会議所青年部×ら・さんたランドの共同企画で誕生した。

Cimg5450

古関裕而生誕の地記念碑

Cimg5451

古関裕而生誕の地(現在:SMBC日興証券福島支店)

Cimg5458

Cimg5456

「古関裕而のまち」デザインマンホールは、生誕記念碑向かい北側歩道にある。

Cimg5463

NHK福島放送局

Cimg5461

出演者の等身大パネル

Cimg5462

小山田耕三著 作曲入門

Cimg5464

福島県庁

Cimg5465

板倉神社 「阿武隈の歌」歌碑

Cimg5467

阿武隈川

Cimg5471

福島聖ステパノ教会(エールロケ地)

エールでは川俣の教会として登場する。1905(明治38)年築。

Cimg5473

阿武隈急行線 富野駅・丸森駅間再開通

昨年10月の台風19号で被災し運休していた区間の運行を再開した。

新幹線 福島(17:50)→東京(19:28)自由席3740円

| | コメント (2)

2020年11月 3日 (火)

古関裕而記念館

10月31日(土)

3月15日以来、久しぶりに福島県へ行った。福島市は去年11月以来。

東京がGoToから除外されている間は行くべきでないと思っていた。(GoToを利用するつもりはないが)
東京が追加になる10月になったら行こうと思っていたら、9月末に母が帯状疱疹になってしまった。最近、体調が戻って元気そうなので、古関裕而記念館に行ってもいいかと聞いたらOKが出た。翌日は、今年初めて鶴ヶ城へ行った。

4月から朝ドラ「エール」を予約録画して見ている。朝ドラを毎回見るのは、25年前の「春よ、来い」以来。
JR東日本 駅からハイキング『古関裕而のまち「まちなかさんぽ」』(受付9時30分から)に参加しようと思っていた。このコースの最後が、古関裕而記念館。平日午前9時の開館から約40分後に入場制限がかかり、週末は待ち時間が1時間を超える日もあるという、福島民報の記事を見たので、駅ハイには参加しなかった。

週末パス(8880円)
新幹線 東京(6:20)→福島(8:10)自由席3740円

福島駅の発車メロディーは「栄冠は君に輝く」

Cimg5306

Cimg5309

福島駅

Cimg5310

古関裕而生誕100年記念モニュメント

Cimg5311

古関裕而メロディーバス
(古関メロディーが車内外に流れる)

福島駅東口7番乗り場(8:25)→古関裕而記念館前・音楽堂(8:37)280円

福島駅から乗ったのは私一人。途中で3人乗ってきた。(おばあちゃん、娘、孫)
前日は、エール第100回で、久志が甲子園で「栄冠は君に輝く」を熱唱した。栄冠は君に輝くが流れるとなんか感動した。他に、とんがり帽子やオリンピックマーチが流れた。

Cimg5388

福島市 古関裕而記念館

Cimg5381

入館料 無料
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

Cimg5313

敷地内の無料休憩所(喫茶バンブーのセット展示がある)

Cimg5320

Cimg5321

外観などを撮って、2番目に並ぶ。先頭は名古屋から来た、おばあちゃん。孫が朝ドラ見て、行きたいって。昨日来て、泊まったそうだ。
入口で、名前・都道府県・電話番号を記入した。
最初に2階の展示室を見学。2階は写真撮影不可。「長崎の鐘」を放送で聞き感銘を受けた永井博士が、病床で編んだロザリオや手紙。直筆の楽譜、愛用の8ミリ撮影機など貴重な資料を見学した。

Cimg5343

1階は撮影OK。中央のモニターに、エール主題歌「星影のエール」福島県59市町村バージョンが繰り返し流れている。

Cimg5323

ラジオ放送で古関裕而が愛用したハモンド・オルガン

Cimg5327

Cimg5328

「古関裕而のまち」デザインマンホール

Cimg5333

古関裕而生誕100年記念モニュメント原型

「福島市名誉市民第一号、古関裕而先生が2009(平成21)年8月11日に生誕100年を迎えるのに合わせ、その功績と名誉を讃えるため、福島駅東口駅前広場にモニュメントを設置しました。台座はレコード盤をモチーフにした円形で、30歳後半、NHKラジオ・ドラマで活躍されていたころの古関先生が、笑顔で愛用のハモンド・オルガンを奏でている姿を造形化。30分おきに古関メロディ13曲が流れ、広く市民や来訪者に古関メロディへの親しみをもたらしています。
ここに置かれているのは、制作されたモニュメントの原型です。」

Cimg5377

無料休憩所 午前9時~午後4時

Cimg5383

喫茶バンブーのセット

Cimg5354

カウンターでの飲食不可

Cimg5356

蓄音機の前にレコードがある。船頭可愛いや と 福島行進曲。
青レーベルのレコード(船頭可愛いや)の後ろ、カウンターの上になぜか麻雀牌がある。
緑一色(リューイーソー)っていうらしい。竹ばっかりの絵柄?
美術スタッフのこだわりがすごい。

Cimg5358

ゆで卵入れはニワトリの形をしている

Cimg5357

出演者のサイン 仲 里依紗さん  野間口 徹さん

Cimg5363

ステンドグラスも竹デザイン
竹のランプシェード
壁面装飾にも竹材
竹材をあしらったカウンター

Cimg5364

りんご(王林)5個 380円
缶コーヒー 160円

ドリンクを買うと竹のような紙コップをもらえる。
もったいないので、使わないで持って帰った。

モニターには、喫茶バンブーを営む梶取夫婦役の野間口徹さん・仲里依紗さんのビデオメッセージを放映している。

Cimg5359

喫茶バンブーのイメージスケッチなど

Cimg5376

エール ポスター

Cimg5349

窪田正孝さんと二階堂ふみさんのメッセージ

Cimg5375

隣接する音楽堂で無料のミニコンサートをやっていた。

Cimg5372

古関メロディーのピアノ演奏を聴いた。

Cimg5390

記念館入口 東側歩道 マンホール

COCOAR2(無料アプリ)を立ち上げ、端末の位置情報サービスをオンにしてマンホールにかざすと動画音声ガイドが再生されるそうだ。

Cimg5393

まちなか周遊バス ふくしま「エール」号

Cimg5395

Cimg5396

Cimg5406

あかべぇは竹の紙コップが気に入ったようだ。

古関裕而記念館から500mのところに岩谷観音という磨崖仏がある。信夫山の「暁に祈る」歌碑を見る前に寄ってみよう。

Cimg5405

岩谷観音入口

急な階段で段が斜めになっていて、降りるの怖いなと思ったら、帰りは別ルートがあって安心した。

Cimg5403

磨崖仏群

「西国三十三観音本尊像をはじめ、60体に及ぶ供養仏がありますが、宝永2年(1705)の聖観音像・同7年の巳待供養弁財像が年紀のわかるものとしては古いものです。三十三観音像もおおかたこのころから彫られたと思われますが、西国の札所名と本尊のお姿が正確で仏像の儀軌に通じた修行僧が敬虔(けいけん)な鑿(のみ)をふるったものと思われます。」

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

常磐線全線運転再開 原ノ町~Jヴィレッジ

3月15日(日)

双葉(13:10)→原ノ町(13:36)

Cimg5158

原ノ町駅

Cimg5157

E657系 精巧な模型

Cimg5155

原ノ町駅 デジタルサイネージ

Cimg5163

大人の休日倶楽部 ポスター
涼ヶ岡八幡(すずみがおかはちまん)神社

「原ノ町駅からバスも1日3本運行!相馬駅から車で約10分!
桜の名所で満開の前後約10日間はライトアップも♪」

「満開の桜と朱色の橋のコントラストが美しい福島県相馬市、涼ヶ岡八幡神社。元禄8年建立、現存する7棟すべてが国の重要文化財に指定されています。全国的に人気の桜の名所もいいですが、人ごみや喧噪を離れ、ゆったりと春を楽しむなら、こんな隠れた名所こそおすすめ。桜がなければ知ることすらなかったかもしれない、そんな運命的な絶景を探して。春の旅に出ませんか。」

Cimg5164

原ノ町(14:00)→Jヴィレッジ(14:53)

Cimg5166

Cimg5167

今回のダイヤ改正から常設駅になったJヴィレッジ駅。

聖火リレーのゴール地点でしたが、リレー自体中止になってしまった。

Cimg5169

オリンピックのロゴ入り缶コーヒーを飲んで休憩。オリンピックはどうなるんだろうと思いながら。

Cimg5170

広野町二ツ沼総合公園

パークゴルフ場などの施設は閉鎖されていて、休業中のようだ。ここでバナナを栽培していると聞いて、見に来た。やっているだろうか。

Cimg5171

職員の方に聞いたら、自由に見学してください、とのことで安心した。

見学時間 9時から16時

Cimg5175

バナナ以外にパパイヤとコーヒーもあった。

Cimg5180

バナナの苗?

バナナの苗に氷河期を疑似体験(凍結解凍覚醒法)させることで、広野町でもバナナの栽培が可能になった。耐寒性と成長性の向上を図っている。

Cimg5177

木のようにみえるが、植物学的には「草」だそうだ。

Cimg5178

バナナが黄色くなくて残念だと思ったが、緑色が本来の色だそう。放っておけば黄色になるが、あまりおいしくはない。バナナは、室(ムロ)と呼ばれる追熟設備で熟成されたものだとか。

Cimg5173

350を超える一般公募の中から選ばれた名前
『朝陽に輝く水平線がとても綺麗なみかんの丘のある町のバナナ』
愛称『綺麗』

「綺麗」は、台湾バナナの系統である「グロスミッチェル種」をもとに作り出したオリジナルの品種。糖度が高めでクリーミーかつ濃厚な味わいが特徴とのこと。

Cimg5189

遊具は子供たちに開放されていた。(16時まで)

Cimg5190

安倍首相が植樹した桜の木があった。

Cimg5191

Cimg5192

Jヴィレッジスタジアム

Cimg5193

Cimg5195

メインスタンド

Cimg5196

バックスタンド

Cimg5200

岩沢川橋から海が見えた。

Cimg5208

広野町と楢葉町に架かる岩沢川橋。

Cimg5205

幅が広く、深い谷のわりに川が見えない。岩沢川という川が流れてるんだろう、どこだ?

Cimg5203

よく目を凝らすと、レンガっぽい半円が見えた。

Cimg5204

ズームするとレンガの橋梁が確認できた。広野町と楢葉町の境はこの川付近。

Cimg5210

Jヴィレッジ駅はなかなか面白い構造をしている。

Cimg5212

ももクロのライブが1年延期になった。上司と同僚が大ファンで楽しみにされていたが、しかたないと言っていた。

Cimg5213

Cimg5216

陸側(原ノ町方面)のホームから川は見えなかった。

Cimg5217

海側(いわき方面)のホームから川を確認できた。

Jヴィレッジ(17:19)→いわき(17:45)

Cimg5220

ひたち26号 いわき(18:17)→東京(20:43)指定席2550円

家に帰ったら新聞が二日分たまっていた。同居する母(80歳)になにかあったのかと思ったが、一歩も外に出なかったそうだ。あー、びっくりした。

常磐線全線再開で大熊町と双葉町に行けた。福島県59市町村に少なくとも1回は行った。コロナがひどくなる前に行けてよかった。これで一段落かな。コロナが落ち着くまで、福島県に行くのを控えます。

| | コメント (1)

2020年3月22日 (日)

常磐線全線運転再開 広野~双葉

3月15日(日)

Cimg5062

ハタゴイン福島広野

Cimg5060

朝食バイキング

Cimg5064

ひろの防災緑地

9時53分の常磐線に乗る前に、海沿いを散歩した。

Cimg5065

1年ほど前、腰ぐらいの高さだった松が、
高いものは自分の背丈ほどに生長していた。

Cimg5070

松ぼっくりもなっている。

Cimg5071

Cimg5073

姥嶽蛇王神社 奥州日之出の松

神社の由来となった悲しい物語を全文載せます。

Cimg5077

奥州日之出の松と竹女物語

 『永保3年(930年ほど昔・白河天皇の時代)のころ、浅見川村(現広野町)の豪農鈴木忠左衛門家に生まれた竹女(たけじょ)は15歳で大きな農家に嫁ぎ、女の子にも恵まれ幸せな日々を送っていました。
しかしこの愛娘が6歳の時天然痘で亡くなり、他人の保証をして失敗した夫は自害するなど、愛する二人を失った竹女は失意と落胆のあまり真剣に仏門へ帰依することを考えますが、義理ある人の世話を断りきれず岩城判官平正道(たいらのまさみち)に仕えたのは28歳のときでした。
この年に安寿が生まれ2年後に厨子王が生まれます。
竹女は心底真心込めて二人の養育に努めました。
 その後平穏な日々が続きますが、あるとき正道は逆臣のだまし討ちで殺害され妻や子どもたちまで命を狙われることになります。
妻(28歳)と安寿(12歳)厨子王(10歳)は竹女と共に追っ手を逃れながら朝廷に訴えるべく京都へ向け旅に出ます。
明治の文豪森鴎外の著書『山椒太夫』はここから始まっています。
 山本太夫という悪者にだまされ人買いに売られた4人は直江の浦(新潟県)で離れ離れにされてしまいます。
我が子の生まれ変わりのように慈しみ育ててきた安寿と厨子王を乗せた船が見る見る遠ざかって行くその時、竹女は船頭にしがみつき何度蹴倒されても船を戻すよう懇願しますが船頭は聞く耳を持ちません。
とうとう力尽きた竹女は「もはやこれまで奥方様ごめん下さりませ」と言うと自ら海へ身を投げてしまいました。
この時竹女の胸を去来したのは、奥方と二人の子どもを守ることのできなかった責任感と人の世の無情に対する絶望感、そして幼くして亡くなった愛娘の面影だったのではないでしょうか。

 一方そのような竹女の悲しいできごとを知る由も無い浅見川村では、五月のある日のことそれまで雲ひとつ無く晴れわたっていた空がにわかに掻き曇り、これまで経験したことも無い激しい雨と雷鳴にみな恐れおののきました。そして急に水かさが増え真っ黒に濁った浅見川の河口が異常に盛り上がったと思った瞬間、赤・青・黄・紫・金・銀といった多くの色が綯い交ぜになったような大きな蛇が水面を飛びはね、空を飛んで河口近くに在った鈴木忠左衛門家の松の大木に絡みつきました。
これを不吉なことと思った鈴木家また村人は、この松の大木を切り倒してしまいました。するとその切り口からは人間の血のようなものが流れ出ました。
村人たちが竹女の悲報を知ったのはその後でありました。
鈴木家と村人は竹女の死を悲しみ、その霊が大きな蛇となってふるさと生家の松に戻ったものと信じ「姥嶽権現堂(うばたけごんげんどう)」と「蛇王神社」を建立してその霊をねんごろに弔いました。
 その後この切り倒された木の根元に芽吹いた松が成長して立派な松の木となりますが、村人はこれを「血の出の松」と呼んだそうです。
白砂青松、陸前浜街道の浅見川河口に在る優美なこの曲松に、大海原から昇る朝日が懸かる風情はまさに一幅の絵を観るようだと賞賛され、やがて『奥州日之出の松』と呼ばれるとともに、『尾上の松』『高砂の松』とならび日本三名松の一つに数えられるようになりました。

 このように伝説と共に守り育ててきた日之出の松は打ち続く海岸の浸食と病害虫の被害により枯渇し、平成16年に伐採処分されました。
しかし関係者の努力によりその子孫の苗を育成し、平成28年7月に三代目の日之出の松として定植するとともに、東日本大震災により被災した竹女を祀る姥嶽蛇王神社の遷宮を行いました。

                  令和元年7月吉日

                  広野町観光協会
                  姥嶽蛇王神社  氏子一同』

Cimg5078

Cimg5081

Cimg5083

広野(9:53)→双葉(10:23)

Cimg5084

浪江方面

Cimg5085

大野方面

Cimg5090

双葉駅西口(双葉町)

Cimg5089

双葉駅西側第一地区 一団地の復興再生拠点市街地形成施設整備事業

Cimg5087

土地利用計画図

 『福島復興再生特別措置法の改正(平成29年5月)により、将来にわたって居住を制限するとされてきた帰還困難区域内に、避難指示を解除し、居住を可能とする「特定復興再生拠点区域」を定めることができることとなりました。
 双葉町では、特定復興再生拠点区域を定め、「双葉町特定復興再生拠点区域復興再生計画」を策定し、平成29年9月に内閣総理大臣による認定を受けています。これに基づき、道路・上下水道等のインフラ復旧や除染・家屋解体等を一体的に進め、令和4年春頃までに避難指示解除による居住開始を目指しています。
 早期帰還を目指し、JR双葉駅西側に「住む拠点」として、帰還住民のための住宅団地を整備していくとともに、公共公益機能・商業機能を確保する予定です。』

Cimg5092

双葉駅東口

Cimg5095

トイレは、駅構内になく、改札外のコミュニティセンター内にある。

Cimg5096

Cimg5097

夜ノ森駅や大野駅と違って、バリケードはないものの、
9年前そのままの建物と立派な駅とのギャップに違和感を感じた。

Cimg5103

海の方へ行けるところまで行ってみる。
この辺は線量が高そうだ(1.431)

Cimg5104

フレコンバックが山積みになっている。

Cimg5105

Cimg5106

Cimg5108

双葉中央アスコン

Cimg5116

アーカイブ拠点施設・産業交流センター

Cimg5113

産業交流センター

Cimg5114

東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設

この先に巨大な水たまり(道路の幅くらい)があって、
これ以上進めない。ここで引き返す。

Cimg5121

震災3年後の写真

Cimg5123

Cimg5124

初發神社

Cimg5125

Cimg5126

マンホール

町の木 せんだん

Cimg5127

Cimg5137

Cimg5128

Cimg5134

秋葉神社

Cimg5133

Cimg5132

神社裏の石段を上ると公園があった。線量は0.215。
大きな碑が崩れたまま。しっかりした土塁がある。

Cimg5130

新山城跡(標葉城跡)

Cimg5098

9年前の自販機ラインナップ

アサヒ&カルピス

Cimg5136

コカ・コーラ

Cimg5138

ダイドー

Cimg5139

ダイドーポイントカード懐かしい。

Cimg5142

双葉駅の北側、道路ができるようだ。

Cimg5144

踏切をわたる。

Cimg5145

踏切から

駅のさらに奥、こんもりした山がある所、
福島県道路地図には「標葉城跡」と記されている。

Cimg5147

跨線橋から、双葉駅方面

Cimg5148

地図に「標葉城跡」とあった辺り。行ってみたが、
案内板などなく、民家の敷地のようで引き返した。

Cimg5153

双葉駅改札

Cimg5152

双葉(13:10)→原ノ町(13:36)

震災後、初めて福島県(会津)へ行ったのは、2011年4月29日だった。風評被害で観光客が減って困っているというので、行ってみようかなと。お土産のあかべぇサブレーがきっかけで、あかべぇグッズを買いに再び会津へ。しだいに会津だけでなく、中通り・浜通りにも行くようになった。約8年10ヶ月かかって、福島県59市町村、全て行った。まだ1回しか行っていない町村にも、再び行きたい。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

常磐線全線運転再開 大野(大熊町)

3月14日(土)

Cimg4993

夜ノ森(13:00)→大野(13:04)

Cimg4994

Cimg4995

Cimg4996

Cimg5038

大野駅西口

駅の出口に避難経路マップがあった。

Cimg5041

大野町役場がある大川原地区まで歩いて行く。
距離 約5キロ  徒歩 約70分

Cimg5052

Cimg4999

Cimg5037

Cimg5000

Cimg5036

Cimg5001

Cimg5002

大野病院

Cimg5003

一部、歩道のない箇所がある。車に注意。

Cimg5007

常磐自動車道の近くを通る。

路面の状態がよくない所があり、大きな水たまりがあった。
車の往来が多く、水はねに注意して通った。

Cimg5008

熊川

Cimg5009

大熊エネルギー・メガソーラー発電所展望台

Cimg5010

先行復興ゾーン(大川原地区)で、2017年10月より発電を開始している。

Cimg5013

事業面積 約16万㎡ 太陽光パネル37,044枚
想定年間発電量 12,700MWh(一般家庭消費電力約3,500世帯分)

Cimg5014

「はばたけ新大熊町開幕」看板

Cimg5015

デイリーヤマザキ プレハブ店舗
営業時間 平日8~18時 土曜9~15時

お菓子と缶コーヒーを買った。
キャッシュレスの端末はなさそうだ。

Cimg5017

大熊町役場

平日は、大野駅⇔大川原(大熊町役場)のバスが6往復ある。
富岡駅⇔大川原(大熊町役場)のバスも平日9往復、土曜日4往復ある。
雨が降ってるので、15:32のバスに乗ろうかと思ったが、
大野駅東口をまだ撮ってないから、歩いて戻ろう。

Cimg5018

土曜日なので閉まっていた。
裏に日直室があり、トイレをお借りした。

Cimg5019

大熊町マスコット
おおちゃん くうちゃん

Cimg5020

3月26日、聖火リレーが行われる予定

Cimg5021

交流施設・商業施設・宿泊温浴施設(予定地)

Cimg5022

公営住宅

Cimg5023

ダイニング大川原
営業時間 平日午後5時~11時

Cimg5024

マンホール

町の鳥 トビ
町の花 ナシ
町の木 モミ

Cimg5025

大山祇神社

Cimg5034

大きな送電線が参道を横切る。
原発の町なんだな。
駅の避難経路マップだけで6本の送電線が記されていた。

Cimg5033

Cimg5028

Cimg5030

大きな杉の木が6本あり、そのうち2本の木の幹の
太さは5m86cmもあるそうだ。

Cimg5031

軒下で雨宿りをする。ヤマザキで買った菓子を食べた。

Cimg5042

大野駅に戻った。
大野駅空間線量率 0.311μ㏜/h

リュックもシューズもびしょ濡れ。
リュックの中身はビニール袋で濡れないようにしてる。

Cimg5049

東口方面

Cimg5043

Cimg5047

大野駅東口

Cimg5045

Cimg5048

Cimg5051

Cimg5053

Cimg5056

大野(16:56)→広野(17:22)

Cimg5058

デイリーヤマザキで夕食を買い、ハタゴイン福島広野に
チェックイン。気温は2℃台。
手がかじかんで、名前や住所などをうまく書けなかった。
大浴場・朝食バイキング付(6600円・楽天トラベル)

| | コメント (2)

2020年3月17日 (火)

常磐線全線運転再開 浪江~夜ノ森

3月14日(土)

Cimg4960

9年ぶりに常磐線が全線運転再開する。週末パスで日帰り×2の予定だったが、母の体調もよさそうだし、コロナ感染のリスクを考えて宿泊にした。前日の金曜日に広野町のホテルを予約し、週末パス(8880円)を買った。

Cimg4919

始発の山手線、混雑は以前とあまり変わらない。

山手線 新宿(4:43)→日暮里(5:05)
常磐線 日暮里(5:13)→水戸(6:58)グリーン車800円
常磐線 水戸(7:03)→いわき(8:35)

いわき駅ニューデイズで福島民友と福島民報を買った。

Cimg4921

いわき駅 デジタルサイネージ

Cimg4923

いわき駅 料金表

Cimg4927

発車案内板

Cimg4930

常磐線 先頭車両

Cimg4932

行先表示 原ノ町

Cimg4933

ホーム発車案内板

Cimg4934

いわき(9:30発)

一番すいていた最後尾の車両に乗った。
席は全部うまり、立っている人が20~30人いた。
特急で来た人は、たぶん座れなかったと思う。
予報通り雨が降ってきた。

富岡駅を過ぎて、再開した区間を通る。
立っている人がいるので、ちらっとしか見えなかった。
ヘリコプターの音が聞こえる。テレビカメラもいた。
乗降客や出迎える人が多かったためか、数分遅れた。

浪江駅(10:28+数分遅れ)

Cimg4939

前日まで719系が発着していたホームは柵が設置されていた。

Cimg4957

祝!JR常磐線全線開通 浪江駅

Cimg4942

イオン

Cimg4944

Cimg4945

道の駅なみえ工事現場

国道6号と国道114号沿いに福島県34番目となる道の駅ができる。
今夏に一部施設が先行オープンする予定。

Cimg4949

浪江町仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」

真ん前にイオンができたからか、ひっそりしていた。

Cimg4954

コーヒーCOSMOS

Cimg4955

メニュー

Cimg4952

Cimg4953

炙りチーズナポリタン ドリンクSet(980円)

Cimg4959

Cimg4966

Cimg4967

浪江(12:09)→夜ノ森(12:23)
実際にはそれぞれ数分~10分程度遅れた。

Cimg4968

つつじも復活しつつある。

Cimg4972

6週間前はこの辺にクレーンが設置されていた。

Cimg4970

Cimg4971

Cimg4990

Cimg4987

夜ノ森駅東口

Cimg4975

Cimg4976

解除されたのは、道路と歩道だけ。

Cimg4978

Cimg4979

夜の森の桜並木

Cimg4980

開花基準木

Cimg4981

除染したといっても、0.56μ㏜/hある。

Cimg4982

Cimg4986

柵の隙間から撮ってます。

Cimg4985

Cimg4983

先日までバリケードがあったのはこの辺りか?

Cimg4988

夜ノ森駅西口

Cimg4992

夜ノ森(13:00)→大野(13:04)

福島県59市町村のうち、58番目となる大熊町へ。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

富岡町 夜ノ森駅

2月1日(土)

6週間後の3月14日に常磐線が全線再開する。夜ノ森駅東西自由通路及び橋上駅舎新設工事の進捗状況を見に行こう。夜ノ森駅の東側は帰還困難区域だが、西側から駅舎やホームを見られる。

Cimg4682

3月14日から特急ひたち3号は仙台行きになる。

週末パス8880円
特急ひたち 上野(8:00)→いわき(10:23)指定席2550円

Cimg4688

常磐線 いわき(10:27)→富岡(11:09)

Cimg4686

海沿いの県道広野小高線と陸側の道路を結ぶ工事が再開した。
富岡駅をまたぐ橋の部分はすでにできている。

Cimg4690

富岡駅跨線橋から(海側)

Cimg4691

富岡駅跨線橋から(陸側)

Cimg4692

ダイヤ改正後、651系4両は引退かな?

Cimg4705

さくらモールとみおか フードコート (日曜定休日)

Cimg4696

浜鶏(はまどーり)

浜鶏つけ麺 1.5玉(920円)

Cimg4697

さくら屋 さくらスイーツ(焼きドーナツ)各150円
いちご・バニラ・アーモンド
チーズ・玉ネギ・オレンジ

玉ネギ味は富岡町産の玉ねぎを粉末状にして練り込まれている。

ふたばいんふぉ(双葉郡の総合インフォーメーションセンター)に寄る。

Cimg4700

ふたばいんふぉ
双葉郡8町村の現状を共有し、広く伝えるために開設された民営の情報発信と交流の拠点。

Cimg4704

事故当時の住民避難の様子など、パネル展示を見て、大熊町大川原マップなどの資料をもらってきた。

Cimg4703

8町村の立体地図から(イチエフ周辺)

Cimg4707

国道6号と常磐線が交差する辺り。線路沿いの階段。

Cimg6533

2017年10月21日に来たときは、草ぼうぼう&蜘蛛の巣で途中までしか行けなかった。階段の幅、こんなに広かったんだ。

Cimg4709

さらに階段を上ると高台の住宅街があった。

Cimg4711

まんまやぼっけもん

2018年4月に来たときは、オープン5日前だった。今度、食べに行こうと思っていた。つけ麺の幟が複数あった。

Cimg4713

濃厚つけめん 920円

本日2杯目のつけめん。ラーメンだとトイレが近くなると思ってつけめんにしたが、けっこう濃厚だったので、自販機で炭酸水を買った。

Cimg4724

学びの森(文化交流センター)

滝川製鉄遺跡の遺構(地下構造原寸大模型)

Cimg4721

『富岡町の上手岡地区に所在する滝川製鉄遺跡は、江戸時代の末にそれまで砂鉄原料で発展してきた日本独特の製鉄技術である「たたら」の手法を用いながら原料を鉄鉱石に変えて行ったことが知られた遺跡です。こうした遺跡は日本の製鉄技術の近代化の転換期にあって、次代の製鉄原料である鉄鉱石を使用した試みとしてその製鉄を行った工人たちの試行錯誤の跡を知る貴重な手掛りとなるものです。
 近世の「たたら製鉄」では製鉄炉の保温・防湿を目的として地下に巨大な仕掛け「地下構造」を築いています。また、周囲には鉄鉱石を破砕したと思われる遺跡や製鉄操業の副産物「鉄滓(てっさい)」などを捨てた排滓場(はいさいば)などの遺構も良好に残っていました。なおこの遺跡は「滝川ダム」の湖底に現在も存在しています。』

Cimg4723

 『中央の大きな地下構造を囲むように4本の大きな柱跡(押立柱)跡が検出されました。更にその外側にはたたら製鉄の工場建屋「高殿」側柱が9間(16.2m)の規格を持って見つかり、更に外側に軒柱の跡が見つかりました。
また、建物のなかには鍛冶炉も併設されていたようです。』

Cimg4725

帰還困難区域沿いを歩き、夜ノ森駅へ向かう。

Cimg4728

夜の森の桜並木、帰還困難区域のゲート付近

Cimg4729

ゲート手前からズームした。

3月10日午前6時、避難指示が一部解除されて通れるようになる。

Cimg4731

ガソリンスタンド近くの跨線橋から(富岡駅方面)

Cimg4730

跨線橋から(夜ノ森駅方面)

Cimg4733

夜ノ森駅ホーム 駅名標はまだ設置されていない。

Cimg4744

Cimg4743

新駅舎の屋根は緑色。

Cimg4737

Cimg4738

普通列車の長さ分のホームしか整備されていない。今後の復旧次第で特急が停まれるようになるかも。

Cimg4741

夜ノ森駅西側、約34ヘクタールの敷地にソーラーパネル11万枚が並ぶ。

Cimg4739

夜ノ森駅北側の跨線橋から

バリケードの位置が変わっていた。交差点手前にあったが、跨線橋付け根付近に移動していた。

Cimg4740

大野駅方面

Cimg4749

夜の森の桜並木

Cimg4752

651系に乗って発車を待っていたら、E531系5両がいわき方面へ走って行った。

富岡(17:04)→いわき→勝田→日暮里(21:40)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧