福島

2018年1月10日 (水)

安達太良SA

1月8日(祝・月)

高速道路のサービスエリアで時間を気にせず過ごしてみたいと思ってた。東北自動車道の安達太良サービスエリアだと上下線とも一般道から入れる。本宮駅から片道2キロ。
遅めの出発だったので、新幹線で課金ワープした。ちょうど東北本線が出たばかりなので、磐越西線・磐梯熱海で温泉に入ってから行こう。
 
青春18きっぷ5回目
湘南新宿ライン 新宿(7:22)→大宮(7:52)
新幹線 大宮(8:10)→郡山(9:23)自由席+運賃5940円
磐越西線 郡山(9:38)→磐梯熱海(9:55)
 
Cimg7270
郡山ユラックス熱海
 
Cimg7272
入浴料 大人400円
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 53℃   pH値 9.15
 
電車の時間まで少し散歩した。
 
Cimg7274
東京電力丸守発電所
猪苗代湖より取水した安積疎水を利用して発電している。
 
磐梯熱海(11:57)→郡山(12:12)
郡山(12:42)→本宮(12:55)
 
Cimg7279
安達太良SA上り
 
Cimg7299
一般道からの出入口
 
Cimg7280
注意事項
 
Cimg7281
・安達太良スカイレストラン
・スナックコーナー
・テイクアウトコーナー「あだたら横丁」「あだたら茶屋」
・ベーカリー「あだたらのパン屋さん~Green Leaves~」
・ショッピングコーナー
 
Cimg7295
 
Cimg7282
ウルトラセブン音声機能付自動販売機
声が聞けたり、目や額のビームランプが点滅する。
 
Cimg7288
安達太良スカイレストラン
安達太良カレー 1280円
「福島県産黒毛和牛を使用したカツカレー。
薄くスライスされた福島牛肉をミルフィーユ状に
何層にも重ねたカツをトッピングしました。
ライスは、安達太良山をイメージしています。」
 
Cimg7290
ベーカリー「あだたらのパン屋さん~Green Leaves~」
吾妻小富士メロンパン、安達太良SAに行ったら絶対買わなきゃと思ってた。
他にアーモンド入りクリームボックスも買った。
 
Cimg7301
Cimg7297
低いように見えるけど、右側の山が安達太良山
 
Cimg7302
跨道橋を渡って、SA下りに向かう。
 
Cimg7304
安達太良SA下り
 
Cimg7305
サービスエリア入口
 
Cimg7311
・レストラン「食事処あだたら亭」
・スナックコーナー
・ベーカリー「SUN ADATARA」
・ショッピングコーナー
 
Cimg7307
Cimg7321
ウルトラマンティガ音声機能付自動販売機
声が聞けて、胸にあるカラータイマーが点滅する。
 
Cimg7310
ベーカリー「SUN ADATARA」
もものパン
りんごのパン
酪王カフェオレ味クリームボックス
 
Cimg7313
レストラン「食事処あだたら亭」
伊達鶏坦々うどん 930円
 
Cimg7316
Cimg7319
安達太良山が見える展望台
雨が降ってきたので、本宮駅に戻る。
今度来るときは、フードコートで食事しよう。
 
Cimg7327
本宮駅前イルミネーション
アッピー(埼玉県上尾市)とまゆみちゃん(本宮市)が結婚して、
あゆみちゃんが生まれた。
 
本宮(16:30)→新白河(17:38)
新白河(18:19)→黒磯→宇都宮→赤羽(21:06)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
上尾市にアッピーファミリーのマンホールがある。
上尾に行って、マンホールカードもらってきた。
(現在は配布終了、再開時期未定)
本宮市もアッピーファミリーのマンホールを設置したらいいと思う。
アッピー・あゆみ・まゆみちゃん
Cimg6053
上尾市役所
Cimg6088
上尾駅西口交番近く

| | コメント (2)

2018年1月 5日 (金)

あだたら清流センター・安達ヶ原

1月4日(木)

Cimg7148
福島県流域下水道マンホールカードをもらうため、あだたら清流センター(二本松駅より徒歩約25分)へ行く。土日祝日でも二本松市観光案内所へ行けばカードをもらえるが、カラーマンホール蓋は、あだたら清流センターの管理棟正面玄関内にあって、平日しか入れない。正月休み最終日の4日に行こうと計画していた。
前日の3日に中通りも雪が降った。4日朝の時点で、福島と白河で積雪12センチ(気象庁)だったから、トレッキングシューズを履いていった。
 
Cimg7139
新宿(7:22)→宇都宮(9:14)
宇都宮(9:31)→黒磯(10:21)
黒磯(10:25)→新白河(10:50)
 
1月1日から3日まで黒磯駅のデッドセクション移設工事していた。黒磯駅を出てから、橋のあたりで少し電気が消えた。帰りはディーゼルカーだったので消えなかった。
 
Cimg7141
新白河(10:53)→郡山(11:32)
新白河の関?辺りの屋根は仮設のままだった。
 
Cimg7143
郡山(11:40)→二本松(12:04)
 
Cimg7144
二本松神社にお参りした。
 
行こうと思ってた飲食店が休みだったから、ミニストップでポテトと酪王カフェオレパンケーキを買って食べた。歩道の大部分は除雪されていた。新雪をざくざく踏んで歩くのも楽しい。
 
Cimg7147
福島県あだたら清流センター
お城のような石垣、蔵みたいなデザインの建物でかっこいい。
 
いわゆる下水処理場なんだけど、普通に敷地内へ入れることに驚いた。
新宿の落合水再生センターなんか、柵と監視カメラで厳重に警戒してて、予約しないと入れない。松平容保公の実家、美濃高須藩上屋敷にあった池の水を排水するための石組暗渠が敷地内に保管されている。柵の外からは遠すぎてよく見えなかった。
 
Cimg7149
スクリーンポンプ棟→水処理棟(最初沈殿池・反応タンク・最終沈殿池)→塩素混和池棟→六角川→阿武隈川
 
敷地の一角が、親水公園のようになっている。(冬だからか、池に水はなかった)
 
Cimg7157
沈殿池やタンクなどの説明板が建物の外にあった。社会科見学みたいな感じでおもしろい。
 
Cimg7156
【最初沈殿池】
 「ポンプ棟から送られてきた汚水をゆっくり流して、こまかい泥などを沈めます。また、水面に浮いたゴミや油を取り除きます。
 沈んだ泥は汚泥処理施設へ送ります。」
 
【反応タンク】
 「汚水に微生物を含んだ泥(活性汚泥)を加え、空気を吹きこんでかきまわします。
 これによって微生物がよくはたらき、よごれは沈みやすいかたまりになります。」
 
【最終沈殿池】
 「この池で、沈みやすくなった泥(活性汚泥)を底に沈めます。上の方のきれいな水を消毒池(塩素混和池)に流します。沈んだ泥は一部を反応タンクへ。残りは汚泥処理施設へ送られます。」
 
【塩素混和池棟】
 「きれいになった水の中の大腸菌などの細菌類を、この池で次亜塩素を注入し消毒、滅菌してから六角川に放流します。」
 
Cimg7171
【汚泥処理棟】
 「沈殿池に沈んだ泥(汚泥といいます)は、ここへ送られてきます。
 汚泥に薬液を加えて水分をぬいた泥(濃縮汚泥)を、さらに脱水機に入れて水分をぬいた泥(脱水ケーキ)にします。
 脱水ケーキは場外搬出し、埋立処分されたり、再利用の工程に送られます。」
 
Cimg7167
カラーマンホール蓋は管理棟玄関にあった。
 
《お願い》
 「土・日・祝日は、安全確保のため管理棟を含め建物内へは入れません。
 ご理解とご協力をお願い致します。」
 
Cimg7159
阿武隈川あだたら流域下水道 二本松処理区マンホール
 
Cimg7162
模型
 
Cimg7165
マンホールカードは2階事務室でもらえる。
アンケートはなく、「どちらから来ましたか」と聞かれたのみ。
 
【デザインの由来】
『福島県の鳥「キビタキ」、花「しゃくなげ」、二本松市の山「安達太良山」の3つをデザインしたマンホール蓋です。安達太良山は日本の百名山および花の百名山に選ばれた名峰で、春夏はしゃくなげなどの高山植物、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の装いを見せてくれます。明治から昭和にかけて活躍した詩人・高村光太郎は妻・智恵子への愛を記した「智恵子抄」の中で、彼女が生まれ育った福島県(油井村)への想いを「阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が、智恵子のほんとの空だといふ」と綴りました。本デザインには、当時と変わらぬ美しい自然を守りたいとの想いが込められています。』
 
Cimg7163
Cimg7164
いっしょに下敷きをもらった。
〈表〉 第4弾までのマンホールカード全170種分布図
〈裏〉 下水処理場で水がきれいになるしくみ
 
安達ヶ原まで歩いて行った。以前行けなかった安達ヶ原黒塚とふるさと村の昔の建物を見よう。
 
Cimg7177
安達ヶ原黒塚
 
Cimg7178
Cimg7176
 
Cimg7179
安達ヶ原ふるさと村のレストランで二本松の郷土料理「ざくざく」を食べた。250円
大根、にんじん、ごぼう、れんこん、しいたけ、こんにゃく、里芋、凍み豆腐、鶏肉
 
Cimg7186
Cimg7193
【絹の家】
 『この建物の屋根は、養蚕農家独特の「兜づくり」といいます。福島県北部地方に多くみられた建物です。
 二本松地方では、江戸時代から蚕づくりがとくに盛んで、お米とともに農家の生産の主流を占めていました。』
 
Cimg7187
Cimg7189
【農村生活館】
 『この農家は、明治初期のこの地方の農家です。建物の間口は12間、約22mもありますが、遠しの梁1本の木が4本、使われております。
 暮らしぶりはいたって質素で夜は縄をなったり草履をあんだりの夜なべ仕事が普通でした。』
 
Cimg7192
【武家屋敷】
 『10万7百石の二本松藩の中で、この建物は中級藩士の家を再現したものです。
 中級藩士とは下男、下女一人ずつ、それに馬一頭を持っていなければならず、そのため妻女は糸つむぎとか機織、あるいは家庭菜園を作ったりして家計の助けをしていました。』
 
福島交通路線バス
安達ヶ原(14:59)→二本松駅前(15:13) 340円
東北本線 二本松(15:16)→福島(15:40)
コラッセふくしま(西口より徒歩3分)、12階展望ラウンジへ
 
Cimg7196
郡山方面
 
Cimg7202
仙台方面
16時14分、福島着の山形新幹線
 
Cimg7203
1階、福島県観光物産館で買い物。
リニューアルオープンしていた。また今度、じっくり見たい。
 
福島(16:28)→新白河(18:09)
 
Cimg7207
本日のみ5番線からの発車
 
新白河(18:19)→黒磯→宇都宮(19:40)
宇都宮(19:59)→赤羽(21:33)

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

小名浜

1月2日(火)

常磐線 上野(8:02)→水戸→泉(11:27)
新常磐交通 路線バス
泉駅前(11:40)→支所入口(11:51)270円
 
Cimg7090
イオンモールいわき小名浜
2018年夏オープン予定
 
Cimg7091
外観が出来上がりつつある。
 
Cimg7093
フタコブラクダ
那須どうぶつ王国、ふれあい動物園やってる。ららミュウで食事してから見に行こう。
 
Cimg7094
いわき・ら・ら・ミュウ
 
Cimg7098
寿司正
 
Cimg7095
ネギトロいくら丼 1780円
 
Cimg7100
ドアの高さぐらいまで津波が来たそうだ。
ららミュウ2階で「3.11 いわきの東日本大震災展」を見た。(入場無料)
 
Cimg7101
海上保安庁の船とイオンモール
 
Cimg7102
小名浜マリンブリッジ
 
Cimg7103
レシートを持って、ららミュウ1階インフォメーションに行くと「ふくしまの橋カード」をもらえる。
 
Cimg7105
カードは10種類。遠くて行けそうにない道の駅があるから、全部は無理だな。機会があればもらいに行こう。
 
Cimg7118
Cimg7117
ふくしまの橋カード 小名浜マリンブリッジ
 
Cimg7110
カモメにエサをあげてる人がいて、30~50羽が舞っていた。
 
Cimg7138
那須どうぶつ王国 ふれあい動物園 大人500円
 
Cimg7122
ケープペンギン
 
Cimg7124
ウサギ(アメリカンファジーロップ)
 
Cimg7135
アルパカ
おとなしいアルパカで、めっちゃもふもふだった。
 
路線バス 支所入口(15:16)→泉駅前(15:36)
常磐線 泉(16:00)→水戸→上野(19:40)

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

塙・棚倉・白河

12月30日(土)

北海道&東日本パス(普通列車限定)
7日連続乗り放題 10,850円
 
常磐線 日暮里(5:13)→水戸(6:58)
水郡線 水戸(7:28)→磐城塙(9:34)
 
Cimg6991
 
磐城塙駅に併設されている「はなわ漫画廊」
富永一朗氏の原画、第22回はなわハガキ漫画グランプリの作品を見た。
 
Cimg6992
 
向ヶ岡公園
「塙代官寺西封元により救民事業として作られた日本最初の庶民公園。園内の枝垂れ桜は県の天然記念物に指定されています。」
 
Cimg6993
 
道の駅はなわ「天領の郷」
「地元産品を購入したり、食事したりできます。ドライブの休憩に敷地内の芝生で四季折々の表情を見せる久慈川を眺めるのもオススメです。」
 
炊き込みご飯とみそかんぷら(小じゃがいもを皮付きのまま炒めて、味噌と砂糖で煮詰めたもの)を朝食兼昼食にした。
 
Cimg6997
 
塙代官 寺西封元
 
Cimg6998
 
塙代官所跡
『塙町は昔、天領地でした。天明の大飢饉後、当時の塙代官・寺西重次郎源封元は、荒廃した農村復興、農民救済に全精力を注ぎました。儒教の徳目を分かりやすく説いた「寺西八ヵ条」では、子育て・家庭教育・町づくり・人づくりなどの指針を掲げ、再建への基としました。』
 
磐城塙(11:14)→磐城棚倉(11:25)
 
Cimg7000
 
11:35発、白河駅行き 白棚線(ハクホウセン)SLラッピングバス
 
白棚鉄道として1916(大正5)年に開業。1944年、戦争激化のため休止。1957年、線路跡を専用道路に転用してバスの運行が始まった。
 
Cimg7002
 
廃止されたバス専用道路
 
Cimg7004
 
棚倉城跡
 「二代将軍徳川秀忠は、丹羽五郎左エ門長重に命じて、棚倉に平城を築かせた。
 長重は案を練り、この地にあった近津神社の神境を最適地とし、宮を現在の馬場都々古和気神社に移し、寛永2年、この地に築城をはじめた。
 寛永4年、長重は白河に移されたが、代わって滋賀県近江山城より内藤豊前守信照が城主となった。
 阿部美作守正静の代になり、戊辰戦争の兵火にかかり、慶応4年6月24日落城した。
 この間250年、城主の代わること16代であった。」
 
Cimg7005
 
棚倉城跡の大ケヤキ
樹齢約600年、根回り13m、2個のコブのある周囲は9.5m、樹高は32.3m。
 
Cimg7011
 
馬場都都古和氣神社
随神門
 
Cimg7013
 
拝殿
 
Cimg7010
 
宮司 西郷頼母
 
Cimg7015
 
本殿
 
Cimg7017
 
蓮家寺山門 棚倉町指定重要文化財
安永6年(1777)に冠木門・黒門・山門(楼門)の三門が建立されたが、明治2年(1869)の火災で山門(楼門)だけが残った。
 
Cimg7020
 
白棚線(ジェイアール関東路線バス)
バス専用道路
 
磐城棚倉駅(13:30)→白河駅(14:23)790円
 
Cimg7022
 
MDとみやま
メンチカツとコロッケを買った。
 
近くのドラッグストアでシャンプー詰め替えを買う。いつも使っているのが、郊外の大型店にしか売ってないから。
 
Cimg7026
 
白河駅周辺にはレンガの架道橋がいくつかある。
両側の盛り土部分を工事している。レンガの架道橋は残してもらいたい。
 
Cimg7031
 
旧小峰城太鼓櫓
 
Cimg7028
 
 「小峰城の櫓と伝えられる建造物です。もと小峰城二之丸の南側入口にあたる、太鼓門西側に所在した櫓と伝えられ、一部の小峰城絵図に描かれています。
 明治7年(1874)から行われた、旧小峰城内の土地・建物の民間への払い下げに際して個人が譲り受け、当初は三之丸の紅葉土手(現在は消失)に移築されましたが、昭和5年(1930)に現在地に移されました。
 2度の移築により建物そのものは原型と変わっていますが、大正年間の写真や柱の痕跡などから、建物の原型は重層で、四方に転び(柱などの材を傾ける作り方)をもつ2間四方の寄棟造りで、第一層には庇が付されていたと推定できます。
 小峰城に関わる建造物が消失・破却によって失われた中で、唯一当時の面影を今に伝える建造物です。」
 
Cimg7033
 
年末年始の休みで、小峰城の中に入れなかった。
 
Cimg7040
 
大規模に崩壊した石垣を復旧するのは大変な工事だっただろう。
 
Cimg7034
 
月見櫓台 石垣工事
 
Cimg7041
 
石垣の復旧工事がだいぶ進んでいるようだ。
 
白河(16:05)→新白河→黒磯(16:44)
黒磯(17:10)→宇都宮→新宿(20:14)

| | コメント (0)

2017年12月18日 (月)

新地・相馬・小高

12月17日(日)

12月9日からマンホールカード第6弾が配布開始になった。福島県のカードは、福島県流域下水道(あだたら清流センター)、相馬市(先客万来館)、南相馬市(小高区役所)の3枚。今回は相馬と南相馬のカードをもらいに行く。日帰りはキツイので、高速バスで福島へ。

高速バス 5000円
東京駅八重洲南口(12/16 23:59)→福島駅東口(6:00頃)
 
郡山で7割くらいの乗客が降りた。一般道を走行して福島駅に向かう。途中からシャリシャリという音がする。カーテンを少し開けてのぞいてみると、道路にうっすら雪が積もっていた。福島駅に着いたときは、降っていたが道路に積もるほどではなかった。
 
Cimg6864 
 
朝食を買いにセブンイレブンに行ったら、福島限定のお菓子があった。
ベビースターラーメン いかにんじん味
ポテトチップス クリームボックス味
 
Cimg6863
 
青春18きっぷ2回目
福島(6:16)→岩沼→新地(8:12)
 
Cimg6865
 
新地駅 西口駅前整備中(跨線橋から)
 
Cimg6867
 
東口(跨線橋から)
西口と東口の地下連絡通路が通れるようになったので、東口に行ってみた。
 
Cimg6869
 
以前、常磐線の線路だったところが県道になった。まだ、車は通れないようだが、歩行者は通れる状態だった。
 
Cimg6874
 
県道の端まで行った。川をまたぐ橋が工事中なので、車が通れないんだ。
平成30年3月、開通予定。
 
Cimg6876
 
仙台方面行きの電車が来た。
 
Cimg6878
 
砂子田川護岸工事、県道工事
 
新地(9:09)→相馬(9:18)
天気予報は晴れだったのに、雪・アラレが降ってる、風も強いし。
 
Cimg6889
 
相馬市先客万来館
 
Cimg6884
 
窓口で簡単なアンケートを書いて、マンホールカードをもらった。
 
Cimg6887
 
『国の重要無形民俗文化財に指定されている「相馬野馬追」は、一千有余年の歴史を誇る祭礼で、相馬中村藩主である相馬家の当主が中心となって開催されます。中村城跡で行われる出陣式では、総大将の訓示に続き、相馬の軍歌といわれる「相馬流れ山」を斉唱します。総大将を擁する宇多郷の騎馬武者は、陣螺と陣太鼓の音を合図に大手門から繰り出し、市内を一巡して戦国時代絵巻を繰りひろげます。本デザイン蓋は、東日本大震災の年に出陣した総大将お繰り出しをモデルとしました。「相馬野馬追」は神事であることから踏みつける行為を避けるため、路上には設置せず「先客万来館」に展示中です。』
 
Cimg6890
 
中村城跡 相馬神社
 
Cimg6892
 
相馬中村神社にいる元競争馬
 
Cimg6894
 
相馬中村神社
保存修理工事中のため、本殿での参拝はできなかった。
 
Cimg6895
 
相馬中村神社の手水屋、御神馬像
 
ヨークベニマルでいかにんじん味ベビースターやクリームボックス味ポテチなどをまた買う。
相馬(11:26)→原ノ町→小高(11:57)
 
Cimg6901
 
南相馬市小高区 カラーマンホール
 
Cimg6903
 
双葉食堂
ノートに名前を書いて待つ。10人待ちぐらい。車で来てる人は駐車場で待ってる。
メニューは「中華そば(600円)・もやしラーメン(700円)・肉うどん(600円)・かけうどん(450円)」の4種類。大盛100円プラス、大大盛り200円プラス。
 
Cimg6905
 
中華そば 600円
あっさりした醤油ラーメンで、麺は少し細め。
 
Cimg6915
 
相馬市マンホールカード  南相馬市マンホールカード
 
小高区役所でマンホールカードをもらった。アンケートはなく、どこから来たか(都道府県)を聞かれた。
『南相馬市小高区に伝わる「大悲山大蛇物語」をモチーフにしたデザイン蓋です。伝説では、玉都(たまいち)という琵琶法師がこの地で大蛇の化身に出会い、「これから地域一帯に大雨を降らせて沼にするが、琵琶を聴かせてくれた礼にお前だけは助けてやろう」と持ちかけられます。玉都はこのことを人々に伝えたために命を奪われますが、大蛇は退治され小高は救われます。そして伝説はこの地域に根付き、小高区には「大悲山の石仏」と呼ばれる国史跡や、物語に由来する地名などが遺されています。水没から小高を救った玉都の精神を継承し、下水道で暮らしを守る強い想いを込めたデザイン蓋です。』
 
Cimg6907
 
小高城跡 小高神社
 
Cimg6912
 
土塁
 
Cimg6917
 
建物の壁に描かれた旗指物
小高(13:53)→浪江(14:02)
 
Cimg6918
 
まち・なみ・マルシェ
日曜日休業の店が多く、営業していた飲食店も終了していた。
 
Cimg6919
 
請戸川
 
Cimg6921
 
まっすぐ行ったら海が見えるかなと思って進んだが、ここで引き返す。さっきラーメンのスープ全部飲んだから、トイレに行きたくなったら困るし。
 
常磐線代行バス 浪江(16:28)→富岡(16:58)
 
Cimg6925
 
富岡駅前 イルミネーション
 
Cimg6927
 
富岡(17:04)→いわき→勝田→日暮里(21:40)

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

スパリゾートハワイアンズ

12月10日(日)

青春18きっぷ1回目
常磐線 日暮里(5:13)→水戸→湯本(8:25)
 
スパリゾートハワイアンズ無料送迎バス
湯本駅前(8:30)→バスベイ(8:41)
 
Cimg6799
 
福島県に通算300日以上行ってるが、スパリゾートハワイアンズには行ったことがなかった。水着というのがネックで、やせてから行こうと思ってた。水着のエリアはパスして、温泉に入って、フラダンスショーを見よう。
 
Cimg6802
 
入場料通常3500円のところ、福利厚生(新宿区勤労者・仕事支援センター)で安くチケットを手に入れた。
 
Cimg6811
 
エントランス館3階で無料のビーチサンダルを借りる。
 
コインロッカーは100円・200円(一度開けると再度硬貨が必要)と300円・400円(開閉が自由で100円戻る)がある。
 
館内はnanacoやSuicaなどの電子マネーやクレジットカードが使える。多めにチャージしておけばよかった。
 
Cimg6803
 
オープンは9時なのに、すでにプールに入っている人がいた。ハワイアンズのホテルに宿泊してる人は10分早く入れるそうだ。
 
Cimg6804
 
Cimg6806
 
フラ・ミュージアム
 
常磐炭田の歴史、常磐ハワイアンセンター設立、映画「フラガール」衣装などの展示を見た。
 
ハダカで入る温泉施設は2か所
●温泉大浴場 パレス
 「多種多様な温泉 洗い場がございます」
●大露天風呂 江戸情話 与市
 「江戸情緒を堪能していただくため洗い場がございません」
 
かすかに硫黄のにおいがする温泉だった。与市のロッカーは無料で、銭湯にあるような金属製の四角いカギだった。
 
Cimg6809
 
BIG ALOHA
新ボディスライダー 全長283m、高低差40.5m
 
Cimg6814
 
ロコモコショップ カウカウ
ロコモコデミチーズ 1180円
 
Cimg6815
 
CoCoネェさんアイス ピスタチオ&アーモンドキャラメル 300円
 
Cimg6820
 
館内は夏のように暑い。上着や靴などの荷物はエントランス近くの100円ロッカーに置いたほうがよかったかも。
 
Cimg6825
 
ポリネシアン・サンライトカーニバル
「アロハ・ラパヌイ〈ようこそ、イースター島〉」
『常夏のMerry Christmas』
 
Cimg6827
 
ファイヤーナイフダンス
 
イベントとかでフラダンスのショーはよく見るが、ファイヤーナイフダンスはハワイアンズに行かなければ見られない。
 
Cimg6838
 
Cimg6845
 
Cimg6849
 
タヒチの踊り
 
Cimg6853
 
やっぱりハワイアンズで見るフラダンスは違う。また見に行きたい。
 
Cimg6858
 
駐車場から見たBIG ALOHA
 
無料送迎バス
バスベイ(15:33)→湯本駅前(15:48)
 
常磐線 湯本(15:54)→水戸→上野(19:40)

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

二本松の菊人形

11月11日(土)

この土日は、「福島のくらしと自然を味わい・楽しむPRイベント」が新宿御苑で行われました。新宿門付近で二本松の菊人形(二本松少年隊2体)が展示されたそうです。日曜日の早朝にテントがあったのを見ました。昨日、本物を見に行ったんだよねー、と思いながら。
 
Cimg6642
 
二本松少年隊群像
 
『戊辰戦争激戦地・大壇口戦場の少年隊の奮戦姿と、わが子の出陣服を仕立てる母の姿を、日本芸術院会員・名誉市民の彫刻家橋本堅太郎氏がブロンズ制作、平成8年建立。』
 
箕輪門
 
『光重公入府直後、御殿と共に最初に建造した櫓門。材料のカシの巨木は領内箕輪村山王寺山の御神木を用いたため、この名がある。』
 
Cimg6652
 
第63回 二本松の菊人形 700円
 
EDO TRIP ~菊花繚乱!徳川時代絵巻~
 
Cimg6644
 
大多輪の部 1568輪
 
Cimg6651
 
仕立てる前の三色千輪咲
 
Cimg6648
 
江戸の賑わい
    ~家康 江戸のまちをゆく~
 
 『さあ!はじまったよ江戸時代。戦ばかりの戦国時代を終わらせて、平和にしてくれたのがこの人、1603年に征夷大将軍になった徳川家康だ!以降265年も江戸時代が続いたってえんだから、てえしたもんだ。
 元禄13年(1700年)頃には大名・旗本・御家人の武家屋敷、商人の店、職人や町人の家、神社、寺院、たくさんの建物が立ち並び、この江戸に百万人がいたんだってよ。世界一の大都市だ!
 やっと来た平和で住みよい江戸のまちで子供たちも元気に遊んでらあ。その立役者、家康さんも嬉しそうだねえ。って、将軍がこんなところに来ちまうなんて、本当に平和だなあ。』
 
Cimg6655
 
大奥
    ~動乱に挑む女たち~
 
 『「大奥」っていやあ、女の園。華やかな衣装に身を包んだ女たちが将軍を巡って火花を散らす、恨みつらみやっかみでドロドロってイメージだよなあ。
 大奥の本来の目的は「将軍の世継ぎを産み、育てるところ」。三代将軍家光の時代は、大奥に勤める女中や使用人は最大で三千人もいたってよ。
 そんなわけだから大奥の広さは江戸城本丸御殿のほぼ半分!敷地面積で言うと六千坪…東京ドーム二つ分だとよ。
 それにしても将軍一人に三千人の女たあ、贅沢だねえ。』
 
Cimg6658
 
生類憐みの令
     ~お犬様と大名行列~
 
 『このお触れは五代将軍綱吉が出したもので、簡単に言やあ「動物をでえじにしろよ」ってことだ。なんでも綱吉は自分の干支の犬が大好きで、百匹の狆(ちん)を飼っていたらしい。そんで「犬公方」なんて呼ばれてたんだ。動物に優しい将軍様なら良かったが、そうじゃなかったみてえだ。
 犬だけじゃなく、猫や蚊の殺生が禁止され、破った者には厳しい処罰を下したんだ。
 あの水戸黄門でおなじみの副将軍・水戸光圀も綱吉をいさめるために犬の毛皮を送りつけたほど。
 それでも綱吉は約25年にわたって130もの法令を出したそうだ。もちろん、綱吉が死んだらすぐに廃止されたけどな。』
 
Cimg6661
 
松の廊下事件
    ~江戸城揺るがす刃傷事件~
 
 『時は元禄14年(1702)3月14日。この日は朝廷のお偉いさんが将軍に会いに来るってんでそりゃあ大事な日だったわけよ。それなのにその場、江戸城の松の廊下で赤穂藩主・浅野内匠頭が高家筆頭・吉良上野介を斬りつけた!
 「殿中でござる!」「お放し下され梶川殿!」
二人の間に何があったかは分からねえが、将軍は激怒して浅野内匠頭には即日切腹、赤穂藩五万三千石はお家断絶。翌日には赤穂城は明け渡しになっちまった。
 吉良上野介はおとがめなしだったが、次の年の瀬、赤穂義士による討ち入りで首を落とされ、しばらく悪者となってたわけだから、これもかわいそうな話だあな。』
 
Cimg6663
 
Cimg6665
 
浅野内匠頭が吉良上野介に向かって進み、刀を振り下ろす。
 
Cimg6669
 
吉宗と町火消いろは48組
     ~火事と喧嘩は江戸の華~
 
 『江戸の町には火事がものすごく多かった。なんせ人口は世界一で住まいも密集、木造なわけだから一軒から火が出たら町全部が焼けるくらい燃え広がっちまう。
 そこで、登場したのがみなさんご存知の時代劇ヒーロー、暴れん坊将軍・八代吉宗だ。吉宗は南町奉行・大岡越前守忠相に命じて本格的な消防組織「町火消いろは48組」を作らせた。
 江戸時代の消火っていえば水をかけて消すよりも、延焼を食い止めるために周りの家を壊す「破壊消防」だ。一般人だと難しいってえんで、町火消は大工やとび職の男が中心になって頑張ってた。
 家を壊すなんざもったいねえって?燃えちまったら同じだろうが!その分、町人たちはお互いに助け合って生きていたんだぜ。』
 
Cimg6673
 
助六由縁江戸桜
     ~江戸一番の伊達男~
 
 『江戸時代といやあ、これも忘れちゃあならねえ。一般庶民の娯楽として流行った歌舞伎や人形浄瑠璃、芝居だな。
 なかでも歌舞伎演目の通称「助六」と呼ばれる「助六由縁江戸桜」は、天保年間(1831年~1845年)に七代目市川團十郎が市川宗家のお家芸として選定した十八番の一つで、現代に至るまで上演回数が多い人気演目だ。
 ちなみに「十八番」を「おはこ」と言うようになったのは、市川團十郎が得意とする十八演目の台本を箱に入れて保管していたことからそう呼ばれるようになったんだぜ。』
 
Cimg6674
 
着せ替え中
 
Cimg6677
 
園芸ブーム
    ~匠の技!植木屋の菊細工~
 
 『芝居が流行ったり、のんきな江戸時代。現在ほどじゃねえが娯楽がもっとも発展した時代でもあったんだ。ここでは園芸を紹介しよう。
 植木職人は品種改良をして、菊の種類も様々なものを生み出した。
 花壇への寄せ植えである「花壇菊」がつくられるようになると、大名から庶民まで菊づくりを楽しむようになって、品評会なんてのも開かれたそうだ。
 一本の台木に百種類の菊をついで同時に花を咲かせる「百種接分菊(ひゃくしゅつぎわけぎく)」や多数の菊を集めて富士山や象など、様々な形に似せて作る「形づくり」の技術が登場。
 こうなると派手好きな江戸っ子は黙っていられねえ。菊細工をひとめ見ようと植木屋に大勢が駆けつけたって話よ。』
 
Cimg6680
 
相撲
  ~強いぞ雷電!江戸の最強力士~
 
 『相撲の歴史は古くまでさかのぼる。平安時代の朝廷行事に相撲節会(すまいのせちえ)があり、鎌倉時代以降は武士階級で楽しみとして相撲がとられていたんだ。
 それが江戸時代になると大名たちはお抱え力士の相撲を楽しんでいたそうな。庶民向けに幕府が許可したのは、寺社の建立や修改築の資金集めのための勧進相撲(かんじんずもう)だった。
 江戸の大相撲は一場所、晴天の十日間興業されるようになって、1781年から1801年には雷電・谷風・小野川などの人気力士が登場したんだ!
 その中でもこの雷電ってのが特にすげえ。現役生活21年で勝率が9割6分2厘!負けがたったの10だってえんで大相撲至上未曾有の最強力士だな!
 ちなみに当時の力士の最高位は大関で、横綱の地位が定められたのは1909年以降だぜ。』
 
Cimg6681
 
2017年東北清酒鑑評会で、純米酒の部の最優秀賞に「奥の松」の東日本酒造協業組合(二本松市)が選ばれたそうだ。
 
Cimg6682
 
動物ふれあいコーナー
 
モルモットやヒヨコたちがかわいくて癒された。
 
菊人形会場を出て、二本松城本丸跡に行ってみよう。
 
Cimg6688
 
智恵子抄詩碑
 
『「樹下の二人」「あどけない話」の一節を、伝説が残る大小一対の「牛石」に高村光太郎直筆の銅版ではめ込んでいる。周辺の円形野外劇場のイメージは詩人草野心平の提案。』
 
Cimg6692
 
少年隊の丘
 
『明治100年の昭和43年命名。橋本堅太郎氏の父・彫刻家橋本高昇制作のブロンズレリーフ「二本松少年隊奮戦の図」や顕彰碑等が建つ。』
 
Cimg6705
 
本丸跡
 
 『室町時代は奥州探題職・畠山氏の居城。のち会津領時代に蒲生氏、加藤氏により石垣積みで築造。平成5年から約5億3千万円、2年かけ石垣の全面修築復元工事が行われた。』
 
Cimg6699
 
重陽の芸術祭 作品展示
 
ヤノベ ケンジ 《SHIP'S CAT (Black)》
 
Cimg6702
 
二本松(14:42)→郡山(15:07)
郡山(15:30)→新白河(16:09)
新白河(16:20)→黒磯(16:44)
黒磯(16:50)→宇都宮(17:41)
宇都宮(17:56)→新宿(19:45)

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

智恵子の生家

11月11日(土)

 
普段は非公開の「智恵子の生家」の2階特別公開を見に行きました。
 
新白河(9:19)→郡山(9:58)
郡山(10:08)→安達(10:34)
 
Cimg6619
 
ずいぶん立派な駅舎になってて驚いた。
 
Cimg2620 2014/11/2
 
以前の駅舎は、すでに取り壊されていた。
 
Cimg6621
 
旧安達町マンホール   
 
Cimg6634
 
智恵子の生家 入館料410円
 
Cimg6625
 
高村智恵子
 
 当時としては珍しい女流洋画家として、明治45年6月の読売新聞に「最も新しい女画家」として掲載され、美を追い求めて油絵制作に骨身を削り、世の慣習を無視してでも、たった一度しかない自分の生涯を自分で選びとろうとした。
 
Cimg6635
 
<生家解説(旧長沼家)>
 
 『智恵子さんが生まれ育った「生家」は、明治16年祖父長沼次助さんが酒造業を興し、建てられました。
 店先には、新酒の醸成を伝える杉玉の酒林(さかばやし)が下がります。
 屋号は「米屋(こめや)」。酒の銘は「花霞(はながすみ)」。当時は、玄関を入ると古酒、新酒の各種の酒樽と酒甕(さかがめ)が並べられ、桝計り売り場があり、清酒醸造販売の家として栄えていました。』
 
Cimg6626
 
 『1階では、智恵子が実際に愛用した「蓄音機」「機織機」「琴」を展示・紹介しています。
 2階には、智恵子が使った居室があります。結婚後の帰郷の折や光太郎さんが来訪した折もこの部屋で過ごしたといわれ、当時の状態で保存されています。』 
 
Cimg6627
 
智恵子の居室(9畳の間)
 
Cimg6628
 
2階、家人居室(9畳)から1階帳場兼接客室(15畳)を見る。
 
Cimg6629
 
1階 帳場兼接客室
 
Cimg6632
 
1階 「上壇」奥座敷(10畳)
 
Cimg6633
 
生家の裏庭に、当時の酒蔵をイメージした「智恵子記念館」がある。
入院中に作成した「紙絵」の実物などを見た。
 
二本松の菊人形を見に、霞ヶ城公園まで歩いて行った。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

新白河駅

11月11日(土)

10月14日のダイヤ改正から、黒磯駅のデッドセクション工事の影響で、新白河駅で乗り換えしなければならなくなった。
黒磯⇔新白河の本数が少し減った。始発の宇都宮線に乗ると黒磯7時54分発に乗れる。その次が8時54分発だった。ダイヤ改正で8時54分発が9時06分発になった。10分ちょっと後になっただけに見えるが、新白河で30分待ちなので、次の次に乗ったのと変わらない。18きっぷシーズンは混みそうだ。
 
週末パス利用
山手線 新宿(4:44)→池袋(4:52)
埼京線 池袋(5:02)→赤羽(5:10)
宇都宮線 赤羽(5:20)→宇都宮(6:51)
宇都宮線 宇都宮(6:59)→黒磯(7:49)
 
Cimg6595
 
ダイヤ改正後は、同じホームで乗り換えできるかもと思ったが、今までと変わらない。
 
Cimg6596
 
常磐線でおなじみのE531系、なんか違和感がある。
 
Cimg6597
 
東北本線 黒磯(7:54)→
以前は701系2両だったから、5両(後ろ3両セミクロス、前2両ロング)になって快適。
でも、乗っていられるのは20分ちょっと。
 
Cimg6599
 
→新白河(8:18)6番線着
郡山行き(7番線)は8時21分発。乗り換えは歩くだけなので楽だ。
今回は新白河駅観察のため、次の9時19分発に乗る。
 
Cimg6603
 
新白河の関?
コンクリートの車止めが線路を分断している。
 
Cimg6601
 
JR関係者が6番線と7番線の間に立っている。人数を数えているのかもしれない。
ホーム屋根の取り換え工事中。仮設の屋根が設置されている。
 
Cimg6602
 
7番線 郡山行き
 
Cimg6604
 
ホーム待合室移設工事中
 
Cimg6618
 
新しい待合室ができたら撤去されるだろう。
「列車がきます」の電光表示が反対側からも見えるようになる。
 
Cimg6608
 
8番線は最終の白河行きのみ。
 
Cimg6610
 
7番線 白河・郡山方面は「ブルー」
6番線 黒磯・宇都宮方面は「オレンジ」
色分けと矢印で間違わないようにしている。
 
Cimg6609
 
7番線の端、ホームを拡張した部分。
 
Cimg6613
 
Cimg6614
 
黒磯行きはほとんど6番線発だが、運用の関係で数本だけ5番線発。
 
Cimg6615
 
連絡通路から
 
Cimg6617
 
新白河駅構内のそば・ラーメン店
白河ラーメン 650円
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
Cimg6708
 
帰りの電車から(16:09着)
薄着で寒すぎて早めに帰ることにした。
寒さでデジカメのバッテリーの減りも早いし。
 
Cimg6710
 
キハ110系 新白河16:20発
 
Cimg6711
 
黒磯16:44着

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

富岡町(3)

10月21日(土)

Cimg6534

富岡町役場近くのJR線路(ガード上)

Cimg6536

Cimg6537

ガード下の壁画

Cimg6539

県立ふたば医療センター建設中

Cimg6541

富岡町役場

Cimg6547

富岡川

Cimg6516

さくらモールとみおかに戻った。

Cimg6549

ツルハドラッグ内健康チェックコーナー(無料)

脳年齢測定ではタッチパネルの画面に表示された数字を素早くタッチする。結果、脳年齢35歳。
血管年齢測定は人差し指を測定器に入れる。血管年齢53歳。毎日測っている体組成計の体年齢とほぼ同じ。
骨ウェーブ測定、A~Eの5段階で評価。結果A問題なし。
血圧測定、2つの上腕式血圧計がある。1つは130台で、もう1つは150超。150超はヤバいな。
体脂肪測定、家庭用の体組成計がある。毎日測ってるから測らなかった。

Cimg6550

せっかくなので、何か買って帰ろう。いろいろ迷ってお菓子にした。

Cimg6555

富岡駅に戻る途中、高台があった。

Cimg6552

海が見える。

Cimg6557

上の町B遺跡

縄文時代中・後期から後期にかけての集落跡が地中に存在している。

Cimg6558

踏切を渡って海を見に行こう。

Cimg6559

浪江方面の線路

Cimg6564

台風が近づいているせいか、波が高そうだ。

Cimg6567

海の近くまで行くと建設中の堤防があって、海はあまり見えない。

Cimg6569

踏切を渡って富岡駅に戻る。

Cimg6572

10時頃来たときは、常磐線再開反対デモで騒々しかった。同じ場所とは思えないくらい静か。

Cimg6574

JR富岡駅

Cimg6573

津波避難経路

Cimg6575

帰りの電車の時間まで少し散歩する。

海側に行ける橋が出来るんだろうな。

Cimg6576

オープンしたばかりの富岡ホテル

Cimg6577

駅併設のコンビニ「さくらステーションKINONE」で買い物。オープン記念でコーヒー無料券をもらった。

店舗名の由来:富岡町の木である「桜」と、木の根のようにしっかりと地に根を張り今後も復興を進めていくという想いを込めた名称です。

Cimg6578

カフェ・アメイゾンコーヒー

店の奥に飲食できるスペース(座席数20席)がある。ホットコーヒーを飲んで温まる。

Cimg6580

富岡駅

左の電光掲示板に「原ノ町」とか「仙台」が表示される日が待ち遠しい。

Cimg6583

富岡駅前ターミナル(跨線橋から)

Cimg6586

海(跨線橋から)

Cimg6587

富岡(16:03)→いわき(16:43)670円

高速バス 3180円(高速バスネットで決済)
いわき駅前(17:30)→東京駅日本橋口(21:03)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧