福島

2017年11月19日 (日)

二本松の菊人形

11月11日(土)

この土日は、「福島のくらしと自然を味わい・楽しむPRイベント」が新宿御苑で行われました。新宿門付近で二本松の菊人形(二本松少年隊2体)が展示されたそうです。日曜日の早朝にテントがあったのを見ました。昨日、本物を見に行ったんだよねー、と思いながら。
 
Cimg6642
 
二本松少年隊群像
 
『戊辰戦争激戦地・大壇口戦場の少年隊の奮戦姿と、わが子の出陣服を仕立てる母の姿を、日本芸術院会員・名誉市民の彫刻家橋本堅太郎氏がブロンズ制作、平成8年建立。』
 
箕輪門
 
『光重公入府直後、御殿と共に最初に建造した櫓門。材料のカシの巨木は領内箕輪村山王寺山の御神木を用いたため、この名がある。』
 
Cimg6652
 
第63回 二本松の菊人形 700円
 
EDO TRIP ~菊花繚乱!徳川時代絵巻~
 
Cimg6644
 
大多輪の部 1568輪
 
Cimg6651
 
仕立てる前の三色千輪咲
 
Cimg6648
 
江戸の賑わい
    ~家康 江戸のまちをゆく~
 
 『さあ!はじまったよ江戸時代。戦ばかりの戦国時代を終わらせて、平和にしてくれたのがこの人、1603年に征夷大将軍になった徳川家康だ!以降265年も江戸時代が続いたってえんだから、てえしたもんだ。
 元禄13年(1700年)頃には大名・旗本・御家人の武家屋敷、商人の店、職人や町人の家、神社、寺院、たくさんの建物が立ち並び、この江戸に百万人がいたんだってよ。世界一の大都市だ!
 やっと来た平和で住みよい江戸のまちで子供たちも元気に遊んでらあ。その立役者、家康さんも嬉しそうだねえ。って、将軍がこんなところに来ちまうなんて、本当に平和だなあ。』
 
Cimg6655
 
大奥
    ~動乱に挑む女たち~
 
 『「大奥」っていやあ、女の園。華やかな衣装に身を包んだ女たちが将軍を巡って火花を散らす、恨みつらみやっかみでドロドロってイメージだよなあ。
 大奥の本来の目的は「将軍の世継ぎを産み、育てるところ」。三代将軍家光の時代は、大奥に勤める女中や使用人は最大で三千人もいたってよ。
 そんなわけだから大奥の広さは江戸城本丸御殿のほぼ半分!敷地面積で言うと六千坪…東京ドーム二つ分だとよ。
 それにしても将軍一人に三千人の女たあ、贅沢だねえ。』
 
Cimg6658
 
生類憐みの令
     ~お犬様と大名行列~
 
 『このお触れは五代将軍綱吉が出したもので、簡単に言やあ「動物をでえじにしろよ」ってことだ。なんでも綱吉は自分の干支の犬が大好きで、百匹の狆(ちん)を飼っていたらしい。そんで「犬公方」なんて呼ばれてたんだ。動物に優しい将軍様なら良かったが、そうじゃなかったみてえだ。
 犬だけじゃなく、猫や蚊の殺生が禁止され、破った者には厳しい処罰を下したんだ。
 あの水戸黄門でおなじみの副将軍・水戸光圀も綱吉をいさめるために犬の毛皮を送りつけたほど。
 それでも綱吉は約25年にわたって130もの法令を出したそうだ。もちろん、綱吉が死んだらすぐに廃止されたけどな。』
 
Cimg6661
 
松の廊下事件
    ~江戸城揺るがす刃傷事件~
 
 『時は元禄14年(1702)3月14日。この日は朝廷のお偉いさんが将軍に会いに来るってんでそりゃあ大事な日だったわけよ。それなのにその場、江戸城の松の廊下で赤穂藩主・浅野内匠頭が高家筆頭・吉良上野介を斬りつけた!
 「殿中でござる!」「お放し下され梶川殿!」
二人の間に何があったかは分からねえが、将軍は激怒して浅野内匠頭には即日切腹、赤穂藩五万三千石はお家断絶。翌日には赤穂城は明け渡しになっちまった。
 吉良上野介はおとがめなしだったが、次の年の瀬、赤穂義士による討ち入りで首を落とされ、しばらく悪者となってたわけだから、これもかわいそうな話だあな。』
 
Cimg6663
 
Cimg6665
 
浅野内匠頭が吉良上野介に向かって進み、刀を振り下ろす。
 
Cimg6669
 
吉宗と町火消いろは48組
     ~火事と喧嘩は江戸の華~
 
 『江戸の町には火事がものすごく多かった。なんせ人口は世界一で住まいも密集、木造なわけだから一軒から火が出たら町全部が焼けるくらい燃え広がっちまう。
 そこで、登場したのがみなさんご存知の時代劇ヒーロー、暴れん坊将軍・八代吉宗だ。吉宗は南町奉行・大岡越前守忠相に命じて本格的な消防組織「町火消いろは48組」を作らせた。
 江戸時代の消火っていえば水をかけて消すよりも、延焼を食い止めるために周りの家を壊す「破壊消防」だ。一般人だと難しいってえんで、町火消は大工やとび職の男が中心になって頑張ってた。
 家を壊すなんざもったいねえって?燃えちまったら同じだろうが!その分、町人たちはお互いに助け合って生きていたんだぜ。』
 
Cimg6673
 
助六由縁江戸桜
     ~江戸一番の伊達男~
 
 『江戸時代といやあ、これも忘れちゃあならねえ。一般庶民の娯楽として流行った歌舞伎や人形浄瑠璃、芝居だな。
 なかでも歌舞伎演目の通称「助六」と呼ばれる「助六由縁江戸桜」は、天保年間(1831年~1845年)に七代目市川團十郎が市川宗家のお家芸として選定した十八番の一つで、現代に至るまで上演回数が多い人気演目だ。
 ちなみに「十八番」を「おはこ」と言うようになったのは、市川團十郎が得意とする十八演目の台本を箱に入れて保管していたことからそう呼ばれるようになったんだぜ。』
 
Cimg6674
 
着せ替え中
 
Cimg6677
 
園芸ブーム
    ~匠の技!植木屋の菊細工~
 
 『芝居が流行ったり、のんきな江戸時代。現在ほどじゃねえが娯楽がもっとも発展した時代でもあったんだ。ここでは園芸を紹介しよう。
 植木職人は品種改良をして、菊の種類も様々なものを生み出した。
 花壇への寄せ植えである「花壇菊」がつくられるようになると、大名から庶民まで菊づくりを楽しむようになって、品評会なんてのも開かれたそうだ。
 一本の台木に百種類の菊をついで同時に花を咲かせる「百種接分菊(ひゃくしゅつぎわけぎく)」や多数の菊を集めて富士山や象など、様々な形に似せて作る「形づくり」の技術が登場。
 こうなると派手好きな江戸っ子は黙っていられねえ。菊細工をひとめ見ようと植木屋に大勢が駆けつけたって話よ。』
 
Cimg6680
 
相撲
  ~強いぞ雷電!江戸の最強力士~
 
 『相撲の歴史は古くまでさかのぼる。平安時代の朝廷行事に相撲節会(すまいのせちえ)があり、鎌倉時代以降は武士階級で楽しみとして相撲がとられていたんだ。
 それが江戸時代になると大名たちはお抱え力士の相撲を楽しんでいたそうな。庶民向けに幕府が許可したのは、寺社の建立や修改築の資金集めのための勧進相撲(かんじんずもう)だった。
 江戸の大相撲は一場所、晴天の十日間興業されるようになって、1781年から1801年には雷電・谷風・小野川などの人気力士が登場したんだ!
 その中でもこの雷電ってのが特にすげえ。現役生活21年で勝率が9割6分2厘!負けがたったの10だってえんで大相撲至上未曾有の最強力士だな!
 ちなみに当時の力士の最高位は大関で、横綱の地位が定められたのは1909年以降だぜ。』
 
Cimg6681
 
2017年東北清酒鑑評会で、純米酒の部の最優秀賞に「奥の松」の東日本酒造協業組合(二本松市)が選ばれたそうだ。
 
Cimg6682
 
動物ふれあいコーナー
 
モルモットやヒヨコたちがかわいくて癒された。
 
菊人形会場を出て、二本松城本丸跡に行ってみよう。
 
Cimg6688
 
智恵子抄詩碑
 
『「樹下の二人」「あどけない話」の一節を、伝説が残る大小一対の「牛石」に高村光太郎直筆の銅版ではめ込んでいる。周辺の円形野外劇場のイメージは詩人草野心平の提案。』
 
Cimg6692
 
少年隊の丘
 
『明治100年の昭和43年命名。橋本堅太郎氏の父・彫刻家橋本高昇制作のブロンズレリーフ「二本松少年隊奮戦の図」や顕彰碑等が建つ。』
 
Cimg6705
 
本丸跡
 
 『室町時代は奥州探題職・畠山氏の居城。のち会津領時代に蒲生氏、加藤氏により石垣積みで築造。平成5年から約5億3千万円、2年かけ石垣の全面修築復元工事が行われた。』
 
Cimg6699
 
重陽の芸術祭 作品展示
 
ヤノベ ケンジ 《SHIP'S CAT (Black)》
 
Cimg6702
 
二本松(14:42)→郡山(15:07)
郡山(15:30)→新白河(16:09)
新白河(16:20)→黒磯(16:44)
黒磯(16:50)→宇都宮(17:41)
宇都宮(17:56)→新宿(19:45)

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

智恵子の生家

11月11日(土)

 
普段は非公開の「智恵子の生家」の2階特別公開を見に行きました。
 
新白河(9:19)→郡山(9:58)
郡山(10:08)→安達(10:34)
 
Cimg6619
 
ずいぶん立派な駅舎になってて驚いた。
 
Cimg2620 2014/11/2
 
以前の駅舎は、すでに取り壊されていた。
 
Cimg6621
 
旧安達町マンホール   
 
Cimg6634
 
智恵子の生家 入館料410円
 
Cimg6625
 
高村智恵子
 
 当時としては珍しい女流洋画家として、明治45年6月の読売新聞に「最も新しい女画家」として掲載され、美を追い求めて油絵制作に骨身を削り、世の慣習を無視してでも、たった一度しかない自分の生涯を自分で選びとろうとした。
 
Cimg6635
 
<生家解説(旧長沼家)>
 
 『智恵子さんが生まれ育った「生家」は、明治16年祖父長沼次助さんが酒造業を興し、建てられました。
 店先には、新酒の醸成を伝える杉玉の酒林(さかばやし)が下がります。
 屋号は「米屋(こめや)」。酒の銘は「花霞(はながすみ)」。当時は、玄関を入ると古酒、新酒の各種の酒樽と酒甕(さかがめ)が並べられ、桝計り売り場があり、清酒醸造販売の家として栄えていました。』
 
Cimg6626
 
 『1階では、智恵子が実際に愛用した「蓄音機」「機織機」「琴」を展示・紹介しています。
 2階には、智恵子が使った居室があります。結婚後の帰郷の折や光太郎さんが来訪した折もこの部屋で過ごしたといわれ、当時の状態で保存されています。』 
 
Cimg6627
 
智恵子の居室(9畳の間)
 
Cimg6628
 
2階、家人居室(9畳)から1階帳場兼接客室(15畳)を見る。
 
Cimg6629
 
1階 帳場兼接客室
 
Cimg6632
 
1階 「上壇」奥座敷(10畳)
 
Cimg6633
 
生家の裏庭に、当時の酒蔵をイメージした「智恵子記念館」がある。
入院中に作成した「紙絵」の実物などを見た。
 
二本松の菊人形を見に、霞ヶ城公園まで歩いて行った。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

新白河駅

11月11日(土)

10月14日のダイヤ改正から、黒磯駅のデッドセクション工事の影響で、新白河駅で乗り換えしなければならなくなった。
黒磯⇔新白河の本数が少し減った。始発の宇都宮線に乗ると黒磯7時54分発に乗れる。その次が8時54分発だった。ダイヤ改正で8時54分発が9時06分発になった。10分ちょっと後になっただけに見えるが、新白河で30分待ちなので、次の次に乗ったのと変わらない。18きっぷシーズンは混みそうだ。
 
週末パス利用
山手線 新宿(4:44)→池袋(4:52)
埼京線 池袋(5:02)→赤羽(5:10)
宇都宮線 赤羽(5:20)→宇都宮(6:51)
宇都宮線 宇都宮(6:59)→黒磯(7:49)
 
Cimg6595
 
ダイヤ改正後は、同じホームで乗り換えできるかもと思ったが、今までと変わらない。
 
Cimg6596
 
常磐線でおなじみのE531系、なんか違和感がある。
 
Cimg6597
 
東北本線 黒磯(7:54)→
以前は701系2両だったから、5両(後ろ3両セミクロス、前2両ロング)になって快適。
でも、乗っていられるのは20分ちょっと。
 
Cimg6599
 
→新白河(8:18)6番線着
郡山行き(7番線)は8時21分発。乗り換えは歩くだけなので楽だ。
今回は新白河駅観察のため、次の9時19分発に乗る。
 
Cimg6603
 
新白河の関?
コンクリートの車止めが線路を分断している。
 
Cimg6601
 
JR関係者が6番線と7番線の間に立っている。人数を数えているのかもしれない。
ホーム屋根の取り換え工事中。仮設の屋根が設置されている。
 
Cimg6602
 
7番線 郡山行き
 
Cimg6604
 
ホーム待合室移設工事中
 
Cimg6618
 
新しい待合室ができたら撤去されるだろう。
「列車がきます」の電光表示が反対側からも見えるようになる。
 
Cimg6608
 
8番線は最終の白河行きのみ。
 
Cimg6610
 
7番線 白河・郡山方面は「ブルー」
6番線 黒磯・宇都宮方面は「オレンジ」
色分けと矢印で間違わないようにしている。
 
Cimg6609
 
7番線の端、ホームを拡張した部分。
 
Cimg6613
 
Cimg6614
 
黒磯行きはほとんど6番線発だが、運用の関係で数本だけ5番線発。
 
Cimg6615
 
連絡通路から
 
Cimg6617
 
新白河駅構内のそば・ラーメン店
白河ラーメン 650円
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
Cimg6708
 
帰りの電車から(16:09着)
薄着で寒すぎて早めに帰ることにした。
寒さでデジカメのバッテリーの減りも早いし。
 
Cimg6710
 
キハ110系 新白河16:20発
 
Cimg6711
 
黒磯16:44着

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

富岡町(3)

10月21日(土)

Cimg6534

富岡町役場近くのJR線路(ガード上)

Cimg6536

Cimg6537

ガード下の壁画

Cimg6539

県立ふたば医療センター建設中

Cimg6541

富岡町役場

Cimg6547

富岡川

Cimg6516

さくらモールとみおかに戻った。

Cimg6549

ツルハドラッグ内健康チェックコーナー(無料)

脳年齢測定ではタッチパネルの画面に表示された数字を素早くタッチする。結果、脳年齢35歳。
血管年齢測定は人差し指を測定器に入れる。血管年齢53歳。毎日測っている体組成計の体年齢とほぼ同じ。
骨ウェーブ測定、A~Eの5段階で評価。結果A問題なし。
血圧測定、2つの上腕式血圧計がある。1つは130台で、もう1つは150超。150超はヤバいな。
体脂肪測定、家庭用の体組成計がある。毎日測ってるから測らなかった。

Cimg6550

せっかくなので、何か買って帰ろう。いろいろ迷ってお菓子にした。

Cimg6555

富岡駅に戻る途中、高台があった。

Cimg6552

海が見える。

Cimg6557

上の町B遺跡

縄文時代中・後期から後期にかけての集落跡が地中に存在している。

Cimg6558

踏切を渡って海を見に行こう。

Cimg6559

浪江方面の線路

Cimg6564

台風が近づいているせいか、波が高そうだ。

Cimg6567

海の近くまで行くと建設中の堤防があって、海はあまり見えない。

Cimg6569

踏切を渡って富岡駅に戻る。

Cimg6572

10時頃来たときは、常磐線再開反対デモで騒々しかった。同じ場所とは思えないくらい静か。

Cimg6574

JR富岡駅

Cimg6573

津波避難経路

Cimg6575

帰りの電車の時間まで少し散歩する。

海側に行ける橋が出来るんだろうな。

Cimg6576

オープンしたばかりの富岡ホテル

Cimg6577

駅併設のコンビニ「さくらステーションKINONE」で買い物。オープン記念でコーヒー無料券をもらった。

店舗名の由来:富岡町の木である「桜」と、木の根のようにしっかりと地に根を張り今後も復興を進めていくという想いを込めた名称です。

Cimg6578

カフェ・アメイゾンコーヒー

店の奥に飲食できるスペース(座席数20席)がある。ホットコーヒーを飲んで温まる。

Cimg6580

富岡駅

左の電光掲示板に「原ノ町」とか「仙台」が表示される日が待ち遠しい。

Cimg6583

富岡駅前ターミナル(跨線橋から)

Cimg6586

海(跨線橋から)

Cimg6587

富岡(16:03)→いわき(16:43)670円

高速バス 3180円(高速バスネットで決済)
いわき駅前(17:30)→東京駅日本橋口(21:03)

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

富岡町(2)

10月21日(土)

Cimg6514

富岡町マスコットキャラクター とみっぴー

富岡町の大倉山に住むセキレイの妖精。富岡町を世界中に発信し、元気にどこへでも飛んでいく。

Cimg6515

さくらモールとみおか(富岡駅から徒歩約12分)

昨年11月にダイユーエイトとフードコート3店舗が先行して開業し、今年3月にヨークベニマルとツルハドラッグが開業した。

Cimg6487

Cimg6486

Cimg6485

Cimg6489

ダイユーエイト 9:30~19:00
ツルハドラッグ 10:00~19:00
ヨークベニマル 11:00~19:00

フードコート
おふくろフード 11:00~14:00 定休日:日曜日(土曜定休の場合あり)
浜鶏(はまど~り) 11:00~15:00 定休日:日曜日
いろは家 11:00~15:00 定休日:日曜日

Cimg6494

ツルハドラッグ研修中のPepperくん
名前は「とみっぴー」

人見知りなので、ロボットといえども苦手です。
「無視しないでくださいよー」と言ってます。ごめんねー。

Cimg6496

ツルハドラッグ

Cimg6497

ヨークベニマル

Cimg6498

ダイユーエイト

Cimg6499

いろは家

Cimg6501

豚生姜焼定食 850円

2回目の昼食の前に、ちょっと散歩してこよう。

Cimg6504

東邦銀行 富岡支店・大熊支店

Cimg6505

ダイドードリンコの自販機、2011年のまま

ウルトラコーラとか仮面サイダーなつかしい。復刻堂あったね。以前はポイントカードのポイント貯めてたから、2日に1回くらいはダイドーの自販機利用してた。

Cimg6506

コカ・コーラ自販機 ジョージアのキャンペーン広告

応募受付期間 2011年1月17日~3月20日

Cimg6507

富岡町マンホール 緑色

Cimg6509

浜鶏(はまど~り)

Cimg6511

親子丼(大) 850円

Cimg6513

おふくろフードは休みだった。

Cimg6517

富岡川

Cimg6520

JR常磐線線路

富岡~浪江の不通区間(20.8キロ)、2019年度末までの開通を目指している。

Cimg6522

反対側から

Cimg6523

のり面の工事途中

Cimg6525

前日の天気予報ではくもりで降水確率20%だったのに、ずっと雨が降ってる。霧雨か小雨程度なんだけど、服が濡れて重たい。ここで引き返して、町役場に行ってみよう。

Cimg6533

JR線路の横に階段があった。グーグルマップを見ると住宅街につながっているようだ。傘を楯にして進むが、大きな蜘蛛の巣があって、これ以上は断念した。

Cimg6529

線路のバラストがきれいに敷かれている。

| | コメント (2)

2017年10月22日 (日)

富岡町(1)

10月21日(土)

21日に常磐線の竜田から富岡まで運転再開する。でも、天気が悪そうだから今度にしようと思ってた。前日の夕方の天気予報はくもり、日中の降水確率20%だったからやっぱり行くことにした。行きの特急ひたちと、帰りの高速バスを予約。コンビニで高速バスチケット印刷、駅で富岡までのきっぷを買った。万が一帰れなくなると困るから、不在者投票も済ませた。

Cimg6437

えきねっと トクだ値10 5550円
ひたち1号 東京(6:53)→いわき(9:18)

Cimg6439

3番線「竜田方面」が「原ノ町・仙台方面」になってる。

常磐線 いわき→富岡 670円

Cimg6440

富岡行き

いわき(9:22)→

広野や竜田などからたくさんの人が乗って来た。楢葉町の町長さんとかスーツを着た人が隣の車両から入って来た。警察官もいて、なんだかピリピリした雰囲気。

竜田から先は長いトンネルがあるんだ。晴れてたら海が見えていい景色だと思うよ。くもりで降水確率20%だったのに、雨降ってる。朝の天気予報では、9時~10時台に雨マークあったから、大きい傘を持ってきてよかった。

Cimg6442

→富岡(10:00)

先頭車両付近に報道陣や関係者がたくさんいる。折り返しの10時05分発を見送るためだろう。

Cimg6446

最後部

Cimg6449

跨線橋から 左 フレコンバッグ置場

Cimg6447

中 海が見える

Cimg6448

右 処理施設

Cimg6452

10時05分発が発車した。

Cimg6455

ん? 外がなんだか騒がしい。選挙演説ではなさそうだ。拡声器で怒鳴っている。

Cimg6456

1番線ホームで運転再開のセレモニーをするみたい。

Cimg6457

じゃまだろうから、外に出よう。

Cimg6459

運賃表

東日本大震災から6年7カ月、残るはあと3駅だ。(夜ノ森、大野、双葉)

Cimg6460

富岡駅

Cimg6464

ふたば未来学園高校生によるお菓子のお振る舞い

富岡町老舗菓子店梅月堂さんから生徒たちが指導を受けてつくったマドレーヌをもらった。

Cimg6462

西芳照シェフの桜すいとんのお振る舞い

富岡町の夜ノ森桜にちなんだ桜すいとん

Cimg6466

常磐線再開反対のデモをしてる方たち

Cimg6468

Cimg6469

Cimg6470

駅舎の左側にコンビニ「さくらステーションKINONE」がオープンする。式典の準備をしているところ。

Cimg6471

反対デモがうるさすぎて待ってられない。さくらモールとみおかに行こう。

Cimg6475

マンション

Cimg6474

住宅

Cimg6476

東京電力旧エネルギー館

Cimg6477

さくらモールとみおか

また後で来よう。

Cimg6478

「富岡は負けん!」と書かれた横断幕が掲げられていた国道6号の歩道橋。NTT東日本福島支店「ふくしまの窓から」のライブカメラに映ってた。

Cimg6479

信号のあたりにこんな横断幕があった。

Cimg6480

歩道橋、反対側から

Cimg6481

ローソン富岡小浜店

2キロちょっと先にセブンイレブン福島富岡上郡山店もある。

Cimg6484

富岡町マンホール 桜

さくらモールとみおかに戻ろう。

福島県59市町村のうち56番目の訪問となりました。
残りは3町村(葛尾村・大熊町・双葉町)
葛尾村は来年の春ごろに行こうかな。
大熊町・双葉町は未定。

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

飯舘村

10月8日(日)

10月から福島交通の路線バス(福島駅東口⇔原町駅前)が6往復になり、各停留所に停まるようになった。9月までは村内2か所のバス停のみで4往復だった。

新幹線で福島まで行けば9:50発のバスに乗って11時頃飯舘村に行けるが、今回は特急ひたちでいわき→651系普通列車で竜田→代行バスで原ノ町→路線バスで飯舘村に行く。福島県59市町村のうち、55市町村に行ったことになる。

週末パス8730円
特急ひたち 東京(6:53)→いわき(9:18)指定席2500円

Cimg6293

いわき(9:22)→

Cimg6295

→竜田(9:57)

Cimg6297

21日から富岡駅まで運転再開する。線路上にあった連絡橋は撤去されている。

Cimg6299

竜田駅から代行バスに乗るのはこれで最後だ。

21日以降は、代行バスも上下4便から上下11便に増発する。

竜田(10:05)→

Cimg6301

富岡駅

工事はかなり終わっているようだが、レンガタイル舗装の端っこが終わっていないのと、「富岡駅」の看板はまだ設置されてないみたい。

Cimg6304

→原ノ町(11:35)

駅前、まるや(そば店)で天ぷら玉子そばを食べた。490円

福島交通路線バス
原町駅前(12:30)→いいたて村までい館(13:11)1100円

Cimg6310

いいたて村の道の駅 までい館

「までい」とは、「大切に」「丁寧に」「じっくりと」「心を込めて」「手間暇惜しまず」という意味。

休館日:毎週水曜日、年末年始12/31~1/3
9月~3月の営業時間:10時~18時
4月~8月の営業時間:10時~19時
公衆トイレ:24時間

Cimg6313

までいホール、物販・情報スペース

Cimg6315

軽食コーナー

Cimg6316

メニュー

Cimg6312

白いコーヒーソフト 450円

白いのにコーヒー味、不思議なソフトクリーム

Cimg6317

セブンイレブン

年中無休 6時~20時

Cimg6320

花卉栽培施設

Cimg6318

ここで育てた花卉は直売ホールで販売している。

Cimg6370

大型宿根性ハイビスカス タイタンビカス

アメリカフヨウとモミジアオイとの新しい交配種。北海道から沖縄まで露地植えで毎年咲く。

Cimg6321

飯舘村交流センターに寄ってから、飯舘村役場に行こう。

Cimg6324

飯舘村マンホール

村の鳥・・・うぐいす
村の花・・・やまゆり

Cimg6327

村の特産、白御影石

Cimg6331

飯舘村交流センター「ふれ愛館」

Cimg6328

Cimg6330

300人収容のホールや視聴覚室、キッチンスタジオ、研修室など。村民や村内外の人々が交流できる。

Cimg6337

2キロ先の飯舘村役場へ。フレコンバッグが山積みになった所がたくさんある。

Cimg6340

置場周辺の数値は0.45。

道の駅までい館の外は0.1、室内は0.08だった。

Cimg6341

動物たちの宿 福光の家

Cimg6362

たくさんの犬がいっせいに吠えたからびっくりした。

Cimg6344

Cimg6346

飯舘村役場

御影石のオブジェがたくさんある。

Cimg6347

心和ませ地蔵

お地蔵さまの頭をなでると「村民歌」が流れます。

Cimg6350

村民歌 夢大らかに

Cimg6352

お地蔵さまの左に線量計がある。0.26

村民歌を聴いて、涙が出てきた。

Cimg6345

いいたてスポーツ公園 工事中

Cimg6359

42.195キロの日本陸連公認マラソンコース起点

Cimg6357

排泥弁(カバ)、仕切弁(ウサギ)、アニマルな標識はじめて見た。

道の駅に戻って、豆菓子を買った。
買ったばかりの靴で歩き疲れて座ってたら、福島交通と競合する東北アクセス(原ノ町⇔福島駅西口)のバスが来た。単なるトイレ休憩で、までい館で乗り降りできないと思ってたが違った。

Cimg6374

去ってからバス停を見ると、片道650円、2回券1100円だって。こっちのほうがかなり安い。(東北アクセスの公式サイトには載っていない。10月11日現在)

福島交通路線バス いいたて村までい館(16:41)→福島駅東口(17:52)1100円
新幹線 福島(18:16)→郡山(18:29)自由席860円

α-1郡山東口に泊まる。リラクゼーションルーム(マッサージチェア付)6500円

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

矢吹町

9月10日(日)

Cimg6004

白河(12:00)→矢吹(12:15)

Cimg6005

やぶき観光案内所

矢吹駅西口1階に観光案内所ができた。レンタサイクルも貸出してるそうだ。電動自転車200円、普通自転車100円。さっき白河で自転車乗ったから、今日はいいや。今度借りるときは、旧奥州街道をサイクリングしたい。常夜灯や松並木が残ってるそうだ。

案内所内で「怪獣絵師開田裕治とウルトラセブンの世界展」を開催中。カラー原画を見た。

Cimg6038

やぶきフロンティア祭りというイベントがあった。文化センターまで歩いて行く。矢吹駅東口から1.4キロほど。

中畑清さんは矢吹町出身で、名誉町民第1号。

Cimg6008

矢吹町役場

【矢吹の由来】
 平安時代の康平年間(1058年~64年)源義家が前九年の役に勝利し帰陣の折、滝八幡に八幡の社を建立し、矢柄(矢の幹)で屋根を葺いたことが「矢葺・矢吹」の地名の由来として伝えられている。三十三観音史跡公園の中に石祠がのこる。

Cimg6010

【矢吹ヶ原】
 その昔、この地は行方野(ゆきかたの)と呼ばれた原野であった。近世になって八幡原・南沢・三城目原などと呼ばれ、入会地として落葉、薪、採草地となっていた。明治になり一帯は、御料地となり、やがて宮内省直営の雉子の「御猟場」が開設され矢吹ヶ原と呼ばれた。昭和12年(1937年)、矢吹町役場周辺約66haが陸軍飛行場となり、後に熊谷飛行学校矢吹教育隊となった。

Cimg6012

思ったよりも多くの人が来場していた。

Cimg6013

お食事処 さゝ川

きじせいろそば 600円

Cimg6018

矢吹飛行場跡

『矢吹町文化センターと町役場、そこにはかつて福島県初の飛行場が存在したのだ。
昭和三年に新聞社の企画によって、矢吹ヶ原に飛行機が飛来。当時は飛行場といっても住民有志が、荒地の草を刈り整地した程度だったという。その後には仮飛行場が設けられ、昭和七年には県民の寄付によって陸軍に献納された「愛国福島号」、また昭和九年には同じく県民が海軍に献納した「報国福島号」が披露のため飛来した。
昭和十二年にはその平坦な立地から、陸軍の飛行場として矢吹飛行場が開場する。戦況が活発になると陸軍飛行学校の出張所が置かれ、東西1500m、南北600mの滑走路、格納庫、兵舎が建設された。戦況が悪化の一途をたどる中、学徒動員令で召集された隊員の操縦訓練基地となり、訓練を終えた若者たちの中には、特攻隊に編成され沖縄の海に散った隊員もいる。
本土空襲は激しさを増し、終戦を迎える一週間を切った昭和二十年八月九~十日の空襲により矢吹飛行場は破壊され、飛行場としての機能を失った。希望のシンボルとして出来た飛行場は、悲しい歴史を背負いながら、静かにその役割を終えることになる。』

Cimg6017

愛国福島号(陸軍機)

報国福島号(海軍機)

Cimg6023

Cimg6026

建設機械試乗体験

Cimg6027

自衛隊車両展示

Cimg6028

Cimg6029

アクアマリンふくしま移動水族館

Cimg6032

矢吹町産トマト早食い選手権

Cimg6036

やぶきじくん焼き(あんこ・クリーム)各150円

やぶきじくんは居なかった。ご当地キャラのイベント(須崎)に出張してたみたい。

矢吹(15:40)→郡山(16:04)

Cimg6041

Cimg6043

黒磯行きの701系

10月のダイヤ改正で「7」のつく電車は黒磯駅に入れなくなる。もしかしたら見納めかもしれない。

Cimg6047

郡山(16:27)→黒磯(17:29)

Cimg6048

黒磯駅2・3番線ホーム

停止位置目標のようなものが設置されて、黒いカバーがかけられている。1番線にもあった。同じホームで乗り換えができるようになるかな。

黒磯(17:47)→宇都宮→小金井→新宿(20:45)

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

白河

9月10日(日)

上野(5:46)→宇都宮→黒磯(8:31)

10月14日のダイヤ改正で黒磯駅に「7」で始まる電車(701系とか)が入れなくなる。東北本線で黒磯から福島県に入るときは、701系ロングシートが多かった。なんだ、ロングかよと思うことが多いが、黒磯で見られなくなるのは寂しいような気がする。

Cimg5923

Cimg5927

Cimg5931

  4番線                5番線

Cimg5935

  5番線                4番線

黒磯(8:54)→白河(9:21)

マンホールカードの左下に設置位置を表す座標が載っている。グーグルで座標を検索するとマンホールがある場所の地図が表示される。白河のマンホールカードを手に入れたけど、まだ実物を見ていない。駅前の白河観光物産協会でレンタサイクルを借りて、南湖公園のマンホールを撮りに行こう。その前に、稲荷山公園(戊辰戦争古戦場)に寄ろう。

Cimg5936

白河観光物産協会

レンタサイクル(無料)を借りる。マンホールカードもここでもらえる。

Cimg5938

長州大垣藩戦死六名墓

Cimg5944_2

戦死墓と銷魂碑(しょうこんひ)

 この地の背後にある稲荷山は、慶応4年(1868)5月1日、白河における戊辰戦争(白河口の戦い)で激しい戦闘があった場所である。この日一日で会津藩や仙台藩など、奥羽越列藩同盟の諸藩では約700名が戦死したとされる。この碑は、会津藩戦死者を弔うため、戊辰戦争後まもなく地元の人々が建立した。

 戊辰戦争の際、白河で戦死した会津藩士を供養する碑で、白河口副総督横山主税ら304名の名が刻まれている。明治17年建立。「銷魂碑」の三文字は旧会津藩主松平容保の筆で、碑の文は旧会津藩士で当時東京大学教授だった南摩綱紀によるものである。

Cimg5965

以前(2014年)来たときにはなかった碑が建立されたようだ。

白坂で「風とロック芋煮会2017」という音楽イベントが開かれている。遠くでバンドの音が聞こえる。149年前に戦争があったなんて思えない。

Cimg5953

稲荷山公園 西郷頼母歌碑

 稲荷山公園山頂には、東軍白河口総督として戦った会津藩家老西郷頼母の戦後の心情や境遇が偲ばれる歌碑が建っている。

Cimg5959

戊辰戦争白河口の戦い 近代の礎

 「戊辰戦争は、明治という新しい近代国家を築くために日本人同士が戦い、多大な犠牲をもたらした。鳥羽伏見の戦いから箱館戦争の終結までの約一年半の中で、白河口の戦い(慶応四年閏四月二十日~七月二十八日)は東北における最初の戦いであり、この戦いの結果が、その後の東北全体へ及んでいく戦いの帰趨を決した。
 白河口の戦いは、およそ三ヵ月の間に千名もの戦死者を出した激戦であった。白河の住民は、奥羽越列藩同盟軍(東軍)と新政府軍(西軍)双方の戦死者を分け隔てなく埋葬し、数多くの墓や慰霊碑を建てるとともに、今もなお手厚く供養し続けている。
 明治維新以後、東北諸藩や東北人が名誉回復と復興のために、多大な苦難と長い時間を要したことは周知のことである。
 平成二十三年三月十一日、東北は未曾有の東日本大震災に見舞われ、復興への道のりは今なお険しく遠い。国を挙げて復興へ取り組んでいる今こそ、近代の礎となった白河口の戦いが、その後の日本の歴史にどのような影響をもたらしたかを問い直すことには、大きな意義があるものと信ずる。
 戊辰戦争百五十年の節目を前に、白河口の戦いで犠牲となった東西両軍の戦死者を慰霊し、この歴史的意義を後世に永く伝えるとともに、日本の復興および地域振興を願い、激戦地、ここ稲荷山に記念碑を建設する。

    平成二十七年八月二十九日
       戊辰戦争白河口の戦い記念碑建設委員会」
 

Cimg5960

戊辰戦争白河口の戦い戦死者

会津藩、仙台藩
棚倉藩、福島藩、飯野藩、その他
二本松藩、越後高田藩、相馬藩、白河殉難者、結城藩

薩摩藩、大垣藩、日州佐土原藩
長州藩、土佐藩、黒羽藩、舘林藩、宇都宮藩、芸藩、忍藩

Cimg5968

白河口の戦い近代の礎    西郷頼母歌碑

Cimg5970

294号から棚倉街道へ。道がほとんど平坦で楽だ。

南湖神社  楽翁公(白河藩主・松平定信)の像

Cimg5977

マンホールカードのマンホールは歩道にあるから、車の心配をしなくていい。

Cimg5972

白河市 カラーマンホール

Cimg5987

南湖公園(国史跡・名勝)

 南湖公園は、享和元年(1801)、12代白河藩主・松平定信によって築造された日本最古の公園といわれています。

Cimg5986

元祖南湖だんご 花月

安政4年(1857)から南湖の湖畔で茶屋を営む。

Cimg5984

南湖だんご 1皿400円(みたらし・ずんだ)

こしあん・みたらし・ごま・ずんだの4種類から2種類選べる。

Cimg5990

田んぼアート ダルライザー

Cimg5991

転んでも起き上がるダルマがモチーフ。ダルマ+起き上がる(ライズ)でダルライザー。敵である6人組ダイス。

県道232号線(南湖公園線)を白河方面へ。下り坂で楽ちん。川を越えたら緩やかな上り坂。自転車を返却。次の電車は12時ちょうどだから、あと20分ある。小峰城をちょっと見に行こう。

Cimg5994

小峰城

Cimg5997

月見櫓跡

崩落部周辺の変形した石垣について、解体・調査を行っている。

Cimg5995

二ノ丸茶屋、改修工事で休業中。平成30年3月、リニューアルオープン予定。

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

小名浜

9月3日(日)

いわき・ら・ら・ミュウにマンホールカードをもらいに行く。小名浜には1年以上行ってない気がする。この前、行ったのいつだっけ。2015年5月か。2年以上前だった。臨海鉄道跡地にイオンモールができる。工事はどのくらい進んだかな。

常磐線 上野(6:04)→水戸→泉(9:35)
路線バス 泉駅前(9:40)→支所入口(9:51)270円

Cimg5845

(仮称)イオンモールいわき小名浜

2018年夏オープン予定ということは、来年の今頃だな。

Cimg5846

近くにアクアマリンふくしまといわき・ら・ら・ミュウがある。福島県最大の商業施設になるというだけあって、すごくデカイ。一周しようと思ったけど、半周でやめた。ら・ら・ミュウでマンホールカードもらってこよう。

Cimg5847

いわき・ら・ら・ミュウ

Cimg5848

1階中央インフォメーションで配布中。簡単なアンケートに記入。都道府県や年齢など、シンプルな内容。

Cimg5922

福島県のマンホールカード7市町8種類、コンプリート。

会津若松市・郡山市(郡山・湖南)・福島市
白河市・いわき市・二本松市・桑折町

左下の座標「n36 56 46.8 e140 54 14.3」をグーグルで検索するとマンホールがある場所の地図が表示される。

Cimg5856

イオンモール沿いの歩道にあった。正面から撮ろうとすると自分の影が入る。反対側に立って、カメラを回転し、左手の親指でシャッターを押せば影が入らない。

Cimg5852

『いわき市は、福島県の東南端に位置する広大な面積を持つまちで、太平洋に接する海岸線は約60キロメートルにわたって続いています。本マンホール蓋には、その風光明媚な海岸のシンボル的存在である塩屋岬の「塩屋埼灯台」と「海」、市の木「くろまつ」、市の鳥「かもめ」をデザインしました。塩屋岬は故美空ひばりさんの名曲「みだれ髪」に唄われたことで知られ、その岬に立つ塩屋埼灯台は全国でも珍しい参観灯台のひとつとして「日本の灯台50選」に選ばれました。同灯台は2011年、東日本大震災によって破損等の被害を受けましたが、現在は修復され、再び海の安全を守るために働いています。』

Cimg5857

歩道橋は渡れるようになっている。津波被害を最小限に抑えるため、1階部分は駐車場、テナントは2~5階に入る。

Cimg5861

いわき・ら・ら・ミュウ2階、「ふぇにっくす」で昼食

Cimg5858

景色がとてもいい。2年前は建設中だった橋がかなりできている様子。

Cimg5859

小名浜丼 1944円

Cimg5865

観光遊覧船乗り場付近から

Cimg5866

アクアマリンふくしま 1800円

以前はなかった入口ゲートができて、展示施設が増えていた。以前は駐車場だったところが、「わくわく里山・縄文の里」になった。縄文人が活用していた自然環境を再現し、シンボルとしてユーラシアカワウソを展示している。臨海鉄道跡地の一部が駐車場になったようだ。

Cimg5867

Cimg5874

イワシの群れ

Cimg5880

潮目の海

Cimg5881

ナメダンゴ稚魚

・アクアマリンで日本初水槽内繁殖成功!
・水槽で生まれたナメダンゴです。
・大きな吸盤を持ち、岩や海藻に付着。
・北海道では冬0℃の頃、産卵します。

Cimg5885

ナメダンゴの稚魚、1センチくらい。なんとなくあかべぇに似てる気がする。ミニあかべぇ(マスコットストラップ)、正面から見るとこんな感じ。

Cimg5898

レストランおいしい水族館「アクアクロス」

Cimg5891

さんまポーポー焼きセット 900円

さんまポーポー焼き、くじら汁、ごはん、サラダ、ドリンクバー

『さんまポーポー焼きとは小名浜が発祥とされ、さんまの脂が炭火に落ちて「ポーポー」と炎が出たことに由来します。』

Cimg5894

展望室から

Cimg5895

橋に人がいる。完成して渡れるようになったんだろう。後で行ってみよう。

Cimg5900

アクアマリンふくしま前の道路

2011年9月に来たときは、信号が消えたままだった。今のように道路がまっすぐ伸びてなくて、少し左側にカーブしていた。倉庫のような建物が2棟ある辺り。フェンスが曲がってたり、マンホールが少し隆起していた。道路のブロックレンガが一部なかった。

Cimg5903

小名浜マリンブリッジ

11月までの毎週日曜日に歩道の一部を無料で一般開放している。自転車、車は立ち入り禁止。

9:00~16:00(最終入場は15:30)

歩道のみ(橋の中間部までで、東港までは渡れません)
※安全確保のため監視員を配置します。

Cimg5906

現在埋め立て工事中の東港から、石炭などの物資を陸上輸送するために造られた。

Cimg5908

橋の歩道中腹部には、いわき応援大使である書家の金澤翔子さんが揮毫した橋名板が設置されている。

Cimg5909

一般公開はここまで

Cimg5914

アクアマリン・イオンモール・ららミュウ

Cimg5919

アクアマリンふくしま前の道路標識、右下が欠けている。以前は、何かがぶつかってぐにゃりと曲がった感じだった。画像検索すると、やはり曲がった部分を切り取ったようだ。

路線バス 支所入口(14:51)→泉駅前(15:06)270円
常磐線 泉(15:21)→勝田→上野(19:11)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧