福島

2018年4月14日 (土)

富岡町 夜ノ森駅

4月8日(日)

Cimg7915
とみおか TOWN MAP 2018年発行版より
マップの②はさくらモールとみおか
④夜の森の桜、富岡二中周辺の300mのみ立ち入れる。
夜ノ森駅は帰還困難区域なので入れないが、跨線橋を渡れば裏側からホームや駅舎を見ることができる。
 
Cimg7907
跨線橋から 富岡駅方面
 
Cimg7877
 
Cimg7876
跨線橋から 夜ノ森駅方面
線路、枕木、バラスト交換済。架線はまだない。
 
Cimg7880
夜ノ森駅西側にも桜並木がある。
開業当時に植えられたのでしょうか。かなりの古木です。
6000本のツツジがあったが、除染のため根元を残して伐採された。
 
Cimg7882
過去の画像を見るとホーム上に雑草が生い茂っていたが、かなり除草されてすっきりしている。
 
Cimg7883
駅名標 次の駅は「大野」
 
Cimg7904
 
Cimg7887
駅舎とホーム待合室
 
Cimg7888
駅前の酒屋(上田屋)が見える。
 
Cimg7890
跨線橋
 
Cimg7892
 
Cimg7893
夜ノ森駅に向かう道路、帰還困難区域のため通行止め。
 
Cimg7900
もう少し北へ。
 
Cimg7898
県道36号線手前まで行く。
 
Cimg7897
注意 自動二輪車 原動機付自転車 軽車両 歩行者は通行できません
注意 この先県道36号 帰還困難区域 (高線量区間を含む)
 
Cimg7899
大野駅方面
 
Cimg7916
夜の森の桜並木を通って、富岡駅に戻る。
 
Cimg7931
富岡川
 
Cimg7934
東日本大震災慰霊碑
震災遺産 津波被災パトロールカー(双葉31号車)
               ベース車両 トヨタ・クラウン
 
Cimg7938
 「この車両は、平成15年に双葉警察署に配備されたパトカーです。以来富岡町や双葉郡内で住民や地域の安全を守る多くの業務に携わり、走行距離は29万2千kmを超えました。
 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生後、双葉警察署から増子洋一警視(当時41歳)と佐藤雄太警部補(当時24歳)がこのパトカーで富岡町仏浜地内に急行し、町民をはじめ沿岸部の住民の避難誘導を行いました。避難した住民の中には、駆け付けたこのパトカーと冷静に避難誘導をしていた2人の警官の姿を鮮明に覚えている人が多くいました。
 その後パトカーは2人の警察官とともに津波に遭い、車両は子安橋のたもと付近にて多量の土砂が流入した状態で発見され、増子警視は地震から約1ヶ月後に陸地から30km離れた沖合で発見されました。また、佐藤警部補は行方不明となったままです。
 震災以後、このパトカーを訪れ、手を合わせる人や献花する人々が増え、自然と祭壇が設けられ、2人の警察官にメッセージが寄せられるようになりました。
 このパトカーは、震災直後の初動対応として津波が近づく緊迫した時間の中、使命感と勇気を胸に多くの住民を守るために職務を全うした人達がいたこと、そして平穏な町をおそった地震や津波の威力のすさまじさを示すものであり、東日本大震災を象徴する歴史的な資料として貴重なものです。
 この震災遺産を通じて震災を後世に伝えるために町民とご家族、そして福島県警察、富岡町とふくしま震災遺産保全プロジェクトが共働してこの場所に設置しました。
                        平成27年3月」
 
Cimg7943
さくらモールとみおかで少し休憩した後、富岡駅に戻った。
 
Cimg7946
駅前のコンビニ さくらステーション KINONE
あんこたっぷりの和菓子「じゃんがら」をお土産にし、Café Amazon(カフェ・アメィゾン)のコーヒーを店内で飲む。タイ最大のコーヒーチェーンで、タイ国内でおよそ1500店舗を展開していて、世界初出店となる日本の第1号店は川内村にある。
 
Cimg7947
富岡駅待合室のパンフレット台
福島県立テクノアカデミー浜建築科2年7名製作
富岡町の町の木である桜をモチーフにした温かみのあるデザイン。
 
Cimg7951
 
Cimg7953
海上で風力発電の風車が回っている。
 
富岡(17:04)→いわき(17:46)
いわき(17:55)→勝田(19:27)
勝田(19:33)→日暮里(21:40)

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

富岡町 夜の森の桜並木

4月8日(日)

Cimg7841
特急ひたち 上野(8:00)→いわき(10:23)指定席2500円
 
Cimg7843
常磐線 いわき(10:27)→富岡(11:09)
 
Cimg7844
 
Cimg7846
県道広野小高線と国道6号を結ぶ道路
常磐線をまたぐ橋梁工事中
 
Cimg7849
さくらモールとみおかフードコートに3店舗あるが、日曜日で休みだった。ヨークベニマルでナポリタンと惣菜(小じゃがいも肉味噌炒め)を買った。秘密のケンミンSHOWでやってた味噌かんぷら。夜の森の桜並木付近で座って食べられるところあるかな?
 
Cimg7851
「4月13日オープン」 まさか、2011年じゃないかと思って、サントリー自販機を見る。特茶、クラフトBOSS、現在発売中の商品だから、今年(数日後)オープンに間違いない。今度、食べに行ってみよう。
 
ラーメン・定食・絶品餃子
まんまや ぼっけもん
 
Cimg7853
富岡町役場 復興の木 三春の滝桜
 
Cimg7855
 
Cimg7856
ふたば医療センター附属病院、前回来たときは工事中だった。4月23日開院だそうだ。
 
Cimg7857
だいぶ桜は散っているようだ。
 
Cimg7858
夜の森地区の桜並木2.2キロのうち、帰還困難区域を除く300メートルが歩行者天国となった。
 
Cimg7861
 
Cimg7916
 「夜の森の桜」の由来
 「夜の森の桜は、明治33年、半谷清寿氏が農村開拓の理想に燃え、荒れ野だったこの地を開拓・入植の記念にと300本の桜を植え、この一帯が桜の名所となる日を夢に見ました。これが桜並木の始まりです。
 この思いは次男の六郎や地域住民に受け継がれ、昔日の荒れ野は花のまちに生まれ変わりました。
 4月中旬の満開時には、夜の森公園横の桜通りや、富岡二中東側の桜並木が桜花爛漫の花のトンネルを現出し、夜間はライトアップされて、夜桜見物の人達を楽しませてくれます。」
 「2018年現在、夜の森公園・桜並木の一部は帰還困難区域になっています。」
 
Cimg7920
 
Cimg7911
 
Cimg7917
休憩所 自由にご使用下さい
椅子とテーブル、ウォーターサーバー、インスタントコーヒーもあった。ヨークベニマルで買った弁当を食べた。
一番ありがたかったのは、トイレ。夜ノ森駅(正面は行けないが、裏は行ける)も行くので、往復8キロは歩くから、水分を控えめにしてた。
 
Cimg7874
ギャラリー『空』
とみおかプラスブースで桜並木のフォトブック(1000円)を買った。
 
Cimg7875
夜の森の桜並木2014年
福島県双葉郡富岡町帰還困難区域に咲く春
 
Cimg7873
帰還困難区域の境界、歩道から先は入れない。
 
Cimg7872
「通行証確認中」
 
Cimg7912
「通行制限中
この先 帰還困難区域につき 通行止め」
 
Cimg7913
 
Cimg7868
 
Cimg7915
とみおか TOWN MAP 2018年発行版より
マップの②はさくらモールとみおか

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

三春滝桜、桑折桃源郷

4月7日(土)

土曜日に行きたい「村」があった。(食堂が日曜定休日なので) 福島県59市町村のうち57番目の訪問となるはずだった。天気予報が雨から曇りになったけど、傘をお持ちくださいと書いてある。前日の夜まで迷って、延期した。できれば晴れた日に行きたい。じゃ、明日はどこ行こう? 三春の滝桜が開花から3日で満開になったって。前回行ったのは2015年か。三春滝桜を見に行こう。
 
週末パス8730円
東北新幹線 東京(6:04)→郡山(7:24)自由席3680円
磐越東線 郡山(8:00)→三春(8:12)
 
Cimg7779
福島交通臨時バス停留所に並ぶ前に、フリー乗車券(1000円)を買う。滝桜まで片道520円、観桜料300円込みだからお得。町の中心部で途中下車してもいい。
 
臨時バス 三春駅前(8:30)→滝桜(8:47)
 
Cimg7781
滝桜場内まっぷ
ゆるい登り坂、徒歩7分
 
Cimg7782
その前に、売店で三春グルメンチ(300円)を食べた。外はカリカリ、中は肉汁がジュワー。地元特産のピーマンがたっぷり入ってる。帰るころには行列してたから、先に食べておいて正解だった。
 
Cimg7784
樹齢1000年以上(推定)
エドヒガン系ベニシダレザクラ
高さ13.5m、根回り11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0m
 
Cimg7786
 
Cimg7791
 
Cimg7799
三春ダム(さくら湖) 春田大橋
メンチカツ食べたから、腹ごなしにちょっと散歩した。
 
Cimg7795
広さ 東京ディズニーランドの約6倍(2.9k㎡)
高さ 郡山駅舎の約3倍(65m)
水の量 6コースの25mプールの約12万杯(4,280万㎥)
岸辺の長さ さくら湖の周長は約40km(猪苗代湖が約55km)
 
Cimg7801
 
Cimg7802
駐車場
 
Cimg7806
滝桜に戻った
 
Cimg7814
滝桜&菜の花
 
Cimg7809
おおはたや
 
Cimg7808
三春三角油揚げ(250円)
注文してから焼いてくれる。焦げ目の香ばしさと味噌でおいしさが増す。
 
Cimg7816
かんのや 家伝ゆべし桜あん 8個 950円
江戸末期の1860年、城下町三春において菅野文助が「菅野屋」を名乗り、ゆべしづくりが始まったそうだ。
 
三角油揚げ、家伝ゆべしは鶴が翼を広げたような形をしている。三春城は別名舞鶴城ともいう。かつて三春城下では、鶴の包丁(料理)をしないという決まりごとがあった。代わりに鶴の形を模した食が作られ、食べられたという。
 
臨時バス 滝桜(11:30)→三春駅前(11:47)
 
さて、次はどこに行こう。桜の次は桃を見たい。咲いているかわからないが桑折に行こう。
 
磐越東線 三春(11:58)→郡山(12:11)
東北本線 郡山(12:42)→福島(13:27)
東北本線 福島(13:45)→桑折(13:58)
 
Cimg7817
旧伊達郡役所 (桑折駅から徒歩15分)
こおり桃源郷まで、さらに徒歩10~15分
 
Cimg7826
よく咲いている木を探して撮った。多くの木は、まだ咲き始めみたい。見ごろは来週かな。
 
Cimg7827
少しだけ日が差した。
 
Cimg7832
 
Cimg7824
強風が吹いている割には、うまく撮れたかな。
 
Cimg7836
ハナモモ(国道4号沿い)
 
Cimg7838
桑折町キャラクター ホタピー
公共マスの蓋(マンホールより小さい)
 
Cimg7840
桑折駅と伊達駅の間、道路建設中
 
桑折→福島
16:09発が強風のため、20分以上遅れて到着した。福島駅の同じホームに郡山行きの電車が居たけど、寒すぎて新幹線で帰った。
 
新幹線 福島(17:01)→東京(18:36)自由席3680円

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

白河 関の森公園

3月25日(日)

Cimg7610
黒磯から那須町民バスで県境近くの終点「追分」で下車。
県境にある「追分の明神」から関の森公園まで約2.5キロ。
前回は2014年3月に来たから、4年ぶり。
 
Cimg7612
「手打中華やたべ」で白河ラーメン食べようと思っていたが、「本日終了しました」の札があった。関の森公園内に蕎麦屋があるが、3月末まで冬季休業中。春休みで家族連れが多いだろうから、食べられないかもと思って、黒磯のヨークベニマルでおにぎりを調達しておいてよかった。公園内に売店とアイスの自販機などもある。
 
Cimg7615
等身大の「しらかわん」モニュメント
 
Cimg7617
遊具がリニューアルしていた。
 
Cimg7618
 
Cimg7656
芭蕉・曽良像
 
Cimg7619
ふるさとの家
 
Cimg7625
国指定史跡 白河関跡 地図
 
Cimg7624
国指定史跡 白河関跡
 『白河関は、古くからみちのくの関門として歴史にその名を刻み、文学の世界においても歌枕(和歌の名所)として数多くの古歌に詠まれた場所である。
 関の位置については、江戸時代後期頃まで不明となっていたが、白河藩主松平定信の考証により、この地が白河関跡であると断定された。寛政十二年(1800)には考証の経緯を記した「古関蹟」の碑が建てられ、今日に至っている。
 関が置かれた年代については不明であるが、延暦十八年(799)、承和二年(835)の太政官符には「白河剗(せき)」の名が認められることや歴史的な背景からみて、大化の改新以後の七・八世紀頃には存在していたものと考えられる。
 昭和三十四年(1959)から三十八年まで実施された発掘調査では、竪穴住居跡や掘立柱建物跡、空堀、土塁、柵列などの遺構と、縄文土器、土師器、須恵器、灰釉陶器、鉄製品などの遺物が出土し、縄文時代から古代・中世にいたる複合遺跡であることが明らかとなった。
 出土した土師器の中には、「門」、「大室」、「□舟」などの墨書土器も見られる。
 白河関の全体像については未解明な点もあるが、現在も奥州三古関の一つとして多くの人々に親しまれ、歴史のひとこまに触れることができる場となっている。
 また春には藤やかたくりの花が咲き、訪れる人々の心を和ませている。
   白河市教育委員会』
 
Cimg7628
古関蹟(こかんせき)の碑
 「白河藩主松平定信(楽翁)が寛政十二年(1800)八月、ここが白河関跡であることを断定し、建立した碑である。」
 
Cimg7629
白河神社
 
Cimg7630
空堀跡
 「空堀は、敵の侵入を防ぐため、曲輪に沿って掘られた防御施設である。」
 
Cimg7632
従二位(じゅにい)の杉
 「鎌倉前期の歌人、従二位藤原宮内卿家隆が手植し、奉納したと伝えられる老木である。
推定樹齢約八百年、周囲約五メートル。」
 
Cimg7631
白河関跡のまわりに白い花が咲いていた。カタクリの花は、いくつか咲いているだけだった。
 
Cimg7644
白河関跡周辺は少なかったが、公園の一部にカタクリの花がまとまって咲いていた。
 
Cimg7645
展望台から
 
福島交通路線バス
関の森公園(15:15)→白河駅前(15:47)660円
東北本線 白河(16:08)→新白河(16:12)
 
Cimg7663
新白河の関
一段高い柵に、「高電圧電線↑注意」の看板があった。
 
Cimg7667
東北本線 新白河(16:20)→黒磯(16:44)
宇都宮線 黒磯(16:50)→宇都宮(17:41)
湘南新宿ライン 宇都宮(17:56)→新宿(19:45)

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

浅川町

3月18日(日)

浅川町には、2013年に1回行ったきり。それも、駅前を少しブラッとしただけ。浅川町がどんな町なのかじっくり見たい。
浅川町は、福島県中通り地方の南部に位置し、東西8km、南北12km、総面積37.43k㎡の小さな町。
 
常磐線 日暮里(5:13)→水戸(6:58)
水郡線 水戸(7:28)→磐城浅川(9:53)
 
Cimg7528
磐城浅川駅の駅舎が新しくなっていた。
 
Cimg7530
東邦銀行浅川支店に「吉田富三先生誕生の地」という石碑があった。
 
「浅川町名誉町民
  吉田肉腫発見の病理学者
    昭和34年文化勲章受賞
      1903年~1973年」
 
浅川町出身で、人工的にガンを作り出すことに成功し、現代のガン研究の基礎を築いたといわれている。私が生まれるよりも前に亡くなっていて、名前も聞いたことがなかったが、浅川町に記念館があるそうなので後で寄ろう。
 
Cimg7550
城山公園入口(青葉城跡)
 
Cimg7547
 
Cimg7537
浅川氏が居城した中世の山城で、現在は公園となっている。8月16日の「浅川の花火」名物の「大地雷火」は城山公園で打ち上げられ、花火の筒を使わず直接山頂で花火が炸裂する。城山が噴火したかのような大迫力だそうで、実際に見てみたい。
 
Cimg7570
マンホールのデザインも花火。
 
Cimg7538
本丸跡付近の図
 
イラストに石垣が描かれているが、石垣はなかった。
 
Cimg7539
八幡宮
三角点があった。標高407m
 
Cimg7540
八幡宮から本丸跡を見る
本丸跡はけっこう広い。
 
Cimg7543
本丸跡から八幡宮を見る
 
Cimg7536
町内が一望できる。
 
Cimg7545
 
Cimg7549
城跡みたいな感じのする所がいくつかあった。
 
Cimg7551
らーめん みそ善
 
Cimg7552
黒みそラーメン(熟成味噌とこがしにんにくの絶妙な味わい) 680円
見た目が真っ黒でインパクトがあるが、黒いのは表面だけ。縮れ麺にスープが絡んでよくあいます。
 
Cimg7555
吉田富三記念館
 
入館料 大人400円 高校生250円 小・中学生無料
休館日 月曜日、第2・4日曜日
開館時間 午前9時~午後4時半
 
Cimg7556
明治36年生まれ。酒造家の長男で成績優秀、東京帝国大学医学部に入学。佐々木研究所に入り、昭和7年、世界で初めてラットの肝臓に人工的にがんを作り出すことに成功。昭和18年、のちに「吉田肉腫」と呼ばれる「がん細胞」を発見。日本で初めて「抗がん剤」を開発した。2度の恩賜賞、昭和34年に文化勲章を受章。昭和48年4月27日70歳で逝去。昭和48年、勲一等旭日大綬章。
 
吉田肉腫の発見
ラットの腹水中に浮遊するがん細胞を発見した。腹水を顕微鏡で見ると、がん細胞がたくさん観察された。次のラットに腹部注射すると、同じように腹部が膨れ、がん細胞の移植に成功した。がん細胞だけを自由に取り出せるようになり、細胞レベルで研究できるようになった。
 
Cimg7559
 
Cimg7554
シロネズミの碑
 
Cimg7562
五智如来(七人坊主)
石仏は、正徳5年(1715)兼子六右衛門氏が出羽三山参拝記念に建立したもの。五智如来の前にある二体の下には、六右衛門夫婦が葬られているといわれている。
 
Cimg7565
信号機の工場前を通ると、踏切遮断機があった。後で、水郡線の踏切を見ると、このメーカーのものだった。
 
Cimg7567
八紘園
池を囲むように遊歩道と花壇が整備され、桜の時期は、お花見スポットとなる。
 
県道277号に出て、西に数キロ行くと、貫秀寺がある。この寺には、即身仏弘智法印宥貞がある。拝観には予約が必要。
天和3年(1683)、伝染病から人々を守ろうと、薬師如来の十二大願を説いたあと、決意し石棺に入定し即身仏になったと伝えられている。
 
Cimg7573
永昌寺 
吉田富三博士句碑
昔、打ち上げ花火に使用していた木管
 
Cimg7572
嘉暦4年8月(1329年)の年号が刻まれた町内最古の板碑。町指定文化財に指定、死者の冥福を願うために建てられた。
 
Cimg7576
磐城浅川駅 駅名板
 
Cimg7580
待合室の椅子は花火のデザインだった。駅舎は、出来たばかりで木の香りがする。
 
Cimg7579
以前の駅舎(昭和9年築)
 
Cimg7583
ホームもきれいに整備された。
 
水郡線(2両) 磐城浅川(14:42)→常陸大子(15:36)
水郡線(4両) 常陸大子(15:55)→水戸(17:14)
常磐線 水戸(17:34)→日暮里(19:36)

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

いわき市薄磯・塩屋埼・豊間・江名

3月11日(日)

常磐線 上野(6:04)→水戸→湯本(9:40)
Cimg7475
湯本温泉 みゆきの湯 250円
今日は3月11日だから海を見たい。海を見る前に温泉に入って温まった。公衆浴場なので、ボディソープなどの備え付けがないから持参した。
 
湯本(10:40)→いわき(10:48)
 
Cimg7476
いわき駅前ラトブ3階 食楽なごみ家で早めの昼食にした。
昭和ラーメン 832円
 
新常磐交通路線バス いわき駅前(11:50)→灯台入口(12:18)600円
 
Cimg7477
薄磯防災緑地、まだ工事中で入れない。遊具が設置されている。
 
Cimg7479
塩屋埼灯台に行く途中、堤防から防災緑地を見る。
 
Cimg7481
カモメと海
少し海が荒れているかな。薄磯の海岸に数十人が集まっている。黒い服と白い服を来た人たち。近づくとお坊さんだとわかった。法要が終わって帰るところだった。
 
Cimg7495
防災緑地を通ってそれぞれ戻っていく。
 
Cimg7496
 
Cimg7497
塩屋埼灯台が見える。
まだ、防災緑地が完成していないが、法要がある間だけ通れたようだ。
 
Cimg7498
永遠のひばり像
あれ、音楽が流れない。像の前に立つと音楽が流れるはずだが。太陽光発電のため、悪天候だと作動しない。
 
Cimg7499
みだれ髪歌碑、美空ひばり遺影碑
山六観光でお土産を買った。
 
Cimg7512
塩屋埼灯台 200円
 
Cimg7500
 
Cimg7501
薄磯
 
Cimg7505
 
Cimg7510
豊間
 
Cimg7519
豊間も防災緑地ができつつある。薄磯と比べれば少し工事が遅れている感じがする。
 
Cimg7520
豊間防災緑地(北部)案内図
緑(植栽エリア クロマツ) 黄緑(植栽エリア 広葉樹)
 
『防災緑地とは…』
 『防災緑地は、①津波から人や家を守る、②地域の交流の場、③緑豊かな環境や景観をつくるという3つの大きな役割をもっています。
 また、川や海の堤防と道路がいっしょになって津波から地域を守る「多重防御」という働きによって、防災力が総合的に向上したまちづくりを目指しています。』
 
『豊間防災緑地について』
 『豊間防災緑地は、延長約2.4km、幅約50mで面積13.6haのいわき市内でもっとも広い防災緑地です。
 防災緑地の海側には潮風に強いクロマツ、住宅地側には豊間地区に自生している代表的な樹種(クヌギ等の広葉樹)を植えた緑地帯となっております。』
 
江名に向かう途中、合磯・二見ヶ浦もこんな感じの防災緑地ができつつあった。どこだったか、ブランコが2つあって、右だけが大きく揺れていた。まだ工事中で入れないのに。透明な誰かがブランコを漕いでいるのかも。
 
Cimg7522
江名の高台から
 
Cimg7523
午後2時46分から1分間、サイレンが大音量で鳴った。
あれから「もう7年」か、「まだ7年」か?
 
新常磐交通路線バス 江名(15:00)→泉駅前(15:36)540円
常磐線 泉(16:00)→水戸→上野(19:40)

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

楢葉町・広野町

2月12日(月・祝)

Cimg7375
ひたち3号 上野(8:00)→いわき(10:23) 指定席2500円
 
Cimg7376
いわき(10:27)→竜田(11:01)
 
Cimg7378
常磐線が富岡駅まで復旧したので、代行バスはなくなった。竜田駅で降りる人は少なく、さみしい感じがする。
 
Cimg7379
「東日本大震災津波浸水区間ここから」標識
天神岬温泉しおかぜ荘に行こうとして、道を間違えた。工事車両がよく通るし、この先、行けるかどうかわからないから引き返そう。
 
Cimg7382
天神岬温泉しおかぜ荘
 
大人 700円
 
ナトリウム―塩化物温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
源泉の温度38.1℃ pH値7.7 
太平洋を眺めながら露天風呂に入った。黄金色でぬるっとした肌触りの温泉。
 
Cimg7386
麺コーナー メニュー
 
Cimg7385
担々麺 700円
 
窓の外を見ると雪が舞っている。
 
Cimg7391
「くじらドーム」
天神岬スポーツ公園の遊具が新しくなっていた。
 
Cimg7393
「冒険船」
 
Cimg7395
展望台にのぼって見よう。
 
Cimg7397
遊具
 
Cimg7396
来月で7年になりますね。
展望台に洋上風力発電を見る望遠鏡が設置されている。
 
Cimg7398
前回来たときは、黒いフレコンバッグがたくさんあったが、ほとんどなくなった。堤防がかなり出来ているようだ。
 
Cimg7402
アイスショップ ウィンディーランド
 
風がビュービュー吹いて寒いから、ホットドリンクにしようと思ったけど、ジェラートを注文した。
 
Cimg7401
ジェラートダブル 350円
おすすめ「ゆず」、人気ナンバー1「バニラ」
楢葉町産のゆずを使ったジェラート。
ゆるキャラも「ゆず太郎」だし、ゆずが名産なんですね。
 
Cimg7403
竜田駅跨線橋から
東側エリア整備中
 
竜田(14:12)→広野(14:21)
 
Cimg7406
広野町役場の隣にできた、公設商業施設「ひろのてらす」
イオン広野店で夕食用にパンなどを買った。
 
Cimg7407
フードコートはランチタイムを過ぎたので休憩中だった。
 
Cimg7408
みかんの丘
みかんの木にネットが被せられている。
 
Cimg7410
広野駅西側と東側を結ぶ「未来のかけ橋」の上から
 
常磐線 広野(15:12)→いわき(15:37)
磐越東線があと数分で発車する。ちょうど空席があったから、東北本線経由で帰ろう。郡山に近いところは、雪が積もっている。運転見合わせにならないかハラハラしたが、意外とすんなり郡山に着いた。
磐越東線 いわき(15:42)→郡山(17:19)
東北本線 郡山(17:30)→新白河(18:09)
新白河に着く直前に、新白河~黒磯運転見合わせのアナウンス。黒田原駅付近で倒木のため、運転再開見込みは19:30頃。那須塩原まで新幹線自由席のきっぷを買った。次の新幹線は何時だ? 19時17分、1時間以上もあるのかよ。
 
Cimg7413
新幹線「新白河駅」の柱に白河戊辰戦争150年のパネルが設置されていた。
 
戊辰戦争「白河口の戦い」慶応4年(1868年)
 「明治を迎える直前の慶応四年(1868年)閏四月下旬から七月中旬にかけて白河を戦場とする戦争が行われました。
 会津藩・仙台藩などを中心とする奥羽越列藩同盟軍の諸藩と新政府軍が、交通の要衝であり陸奥国の入口であるここ白河で激突したのです。
 約百日間にわたる戦いでは、両軍合わせて千名を超える戦死者があり、戊辰戦争の中でも激戦地の一つとなっています。
 戦後白河の人々は、両軍を問わず戦死者を弔い、墓や供養碑を建てました。市内には両軍合わせて六十ほどの墓や供養碑が残り、いまも香華が手向けられています。」
 
新幹線 新白河(19:17)→那須塩原(19:27) 自由席860円
前日に会津から戻るときに乗った新幹線だ。まさか、やまびこ218号に2日連続で乗るとは思わなかった。
 
東北本線 那須塩原(19:37)→宇都宮(20:22)
宇都宮線快速ラビット 宇都宮(20:36)→赤羽(21:57)

| | コメント (2)

2018年1月10日 (水)

安達太良SA

1月8日(祝・月)

高速道路のサービスエリアで時間を気にせず過ごしてみたいと思ってた。東北自動車道の安達太良サービスエリアだと上下線とも一般道から入れる。本宮駅から片道2キロ。
遅めの出発だったので、新幹線で課金ワープした。ちょうど東北本線が出たばかりなので、磐越西線・磐梯熱海で温泉に入ってから行こう。
 
青春18きっぷ5回目
湘南新宿ライン 新宿(7:22)→大宮(7:52)
新幹線 大宮(8:10)→郡山(9:23)自由席+運賃5940円
磐越西線 郡山(9:38)→磐梯熱海(9:55)
 
Cimg7270
郡山ユラックス熱海
 
Cimg7272
入浴料 大人400円
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 53℃   pH値 9.15
 
電車の時間まで少し散歩した。
 
Cimg7274
東京電力丸守発電所
猪苗代湖より取水した安積疎水を利用して発電している。
 
磐梯熱海(11:57)→郡山(12:12)
郡山(12:42)→本宮(12:55)
 
Cimg7279
安達太良SA上り
 
Cimg7299
一般道からの出入口
 
Cimg7280
注意事項
 
Cimg7281
・安達太良スカイレストラン
・スナックコーナー
・テイクアウトコーナー「あだたら横丁」「あだたら茶屋」
・ベーカリー「あだたらのパン屋さん~Green Leaves~」
・ショッピングコーナー
 
Cimg7295
 
Cimg7282
ウルトラセブン音声機能付自動販売機
声が聞けたり、目や額のビームランプが点滅する。
 
Cimg7288
安達太良スカイレストラン
安達太良カレー 1280円
「福島県産黒毛和牛を使用したカツカレー。
薄くスライスされた福島牛肉をミルフィーユ状に
何層にも重ねたカツをトッピングしました。
ライスは、安達太良山をイメージしています。」
 
Cimg7290
ベーカリー「あだたらのパン屋さん~Green Leaves~」
吾妻小富士メロンパン、安達太良SAに行ったら絶対買わなきゃと思ってた。
他にアーモンド入りクリームボックスも買った。
 
Cimg7301
Cimg7297
低いように見えるけど、右側の山が安達太良山
 
Cimg7302
跨道橋を渡って、SA下りに向かう。
 
Cimg7304
安達太良SA下り
 
Cimg7305
サービスエリア入口
 
Cimg7311
・レストラン「食事処あだたら亭」
・スナックコーナー
・ベーカリー「SUN ADATARA」
・ショッピングコーナー
 
Cimg7307
Cimg7321
ウルトラマンティガ音声機能付自動販売機
声が聞けて、胸にあるカラータイマーが点滅する。
 
Cimg7310
ベーカリー「SUN ADATARA」
もものパン
りんごのパン
酪王カフェオレ味クリームボックス
 
Cimg7313
レストラン「食事処あだたら亭」
伊達鶏坦々うどん 930円
 
Cimg7316
Cimg7319
安達太良山が見える展望台
雨が降ってきたので、本宮駅に戻る。
今度来るときは、フードコートで食事しよう。
 
Cimg7327
本宮駅前イルミネーション
アッピー(埼玉県上尾市)とまゆみちゃん(本宮市)が結婚して、
あゆみちゃんが生まれた。
 
本宮(16:30)→新白河(17:38)
新白河(18:19)→黒磯→宇都宮→赤羽(21:06)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
上尾市にアッピーファミリーのマンホールがある。
上尾に行って、マンホールカードもらってきた。
(現在は配布終了、再開時期未定)
本宮市もアッピーファミリーのマンホールを設置したらいいと思う。
アッピー・あゆみ・まゆみちゃん
Cimg6053
上尾市役所
Cimg6088
上尾駅西口交番近く

| | コメント (4)

2018年1月 5日 (金)

あだたら清流センター・安達ヶ原

1月4日(木)

Cimg7148
福島県流域下水道マンホールカードをもらうため、あだたら清流センター(二本松駅より徒歩約25分)へ行く。土日祝日でも二本松市観光案内所へ行けばカードをもらえるが、カラーマンホール蓋は、あだたら清流センターの管理棟正面玄関内にあって、平日しか入れない。正月休み最終日の4日に行こうと計画していた。
前日の3日に中通りも雪が降った。4日朝の時点で、福島と白河で積雪12センチ(気象庁)だったから、トレッキングシューズを履いていった。
 
Cimg7139
新宿(7:22)→宇都宮(9:14)
宇都宮(9:31)→黒磯(10:21)
黒磯(10:25)→新白河(10:50)
 
1月1日から3日まで黒磯駅のデッドセクション移設工事していた。黒磯駅を出てから、橋のあたりで少し電気が消えた。帰りはディーゼルカーだったので消えなかった。
 
Cimg7141
新白河(10:53)→郡山(11:32)
新白河の関?辺りの屋根は仮設のままだった。
 
Cimg7143
郡山(11:40)→二本松(12:04)
 
Cimg7144
二本松神社にお参りした。
 
行こうと思ってた飲食店が休みだったから、ミニストップでポテトと酪王カフェオレパンケーキを買って食べた。歩道の大部分は除雪されていた。新雪をざくざく踏んで歩くのも楽しい。
 
Cimg7147
福島県あだたら清流センター
お城のような石垣、蔵みたいなデザインの建物でかっこいい。
 
いわゆる下水処理場なんだけど、普通に敷地内へ入れることに驚いた。
新宿の落合水再生センターなんか、柵と監視カメラで厳重に警戒してて、予約しないと入れない。松平容保公の実家、美濃高須藩上屋敷にあった池の水を排水するための石組暗渠が敷地内に保管されている。柵の外からは遠すぎてよく見えなかった。
 
Cimg7149
スクリーンポンプ棟→水処理棟(最初沈殿池・反応タンク・最終沈殿池)→塩素混和池棟→六角川→阿武隈川
 
敷地の一角が、親水公園のようになっている。(冬だからか、池に水はなかった)
 
Cimg7157
沈殿池やタンクなどの説明板が建物の外にあった。社会科見学みたいな感じでおもしろい。
 
Cimg7156
【最初沈殿池】
 「ポンプ棟から送られてきた汚水をゆっくり流して、こまかい泥などを沈めます。また、水面に浮いたゴミや油を取り除きます。
 沈んだ泥は汚泥処理施設へ送ります。」
 
【反応タンク】
 「汚水に微生物を含んだ泥(活性汚泥)を加え、空気を吹きこんでかきまわします。
 これによって微生物がよくはたらき、よごれは沈みやすいかたまりになります。」
 
【最終沈殿池】
 「この池で、沈みやすくなった泥(活性汚泥)を底に沈めます。上の方のきれいな水を消毒池(塩素混和池)に流します。沈んだ泥は一部を反応タンクへ。残りは汚泥処理施設へ送られます。」
 
【塩素混和池棟】
 「きれいになった水の中の大腸菌などの細菌類を、この池で次亜塩素を注入し消毒、滅菌してから六角川に放流します。」
 
Cimg7171
【汚泥処理棟】
 「沈殿池に沈んだ泥(汚泥といいます)は、ここへ送られてきます。
 汚泥に薬液を加えて水分をぬいた泥(濃縮汚泥)を、さらに脱水機に入れて水分をぬいた泥(脱水ケーキ)にします。
 脱水ケーキは場外搬出し、埋立処分されたり、再利用の工程に送られます。」
 
Cimg7167
カラーマンホール蓋は管理棟玄関にあった。
 
《お願い》
 「土・日・祝日は、安全確保のため管理棟を含め建物内へは入れません。
 ご理解とご協力をお願い致します。」
 
Cimg7159
阿武隈川あだたら流域下水道 二本松処理区マンホール
 
Cimg7162
模型
 
Cimg7165
マンホールカードは2階事務室でもらえる。
アンケートはなく、「どちらから来ましたか」と聞かれたのみ。
 
【デザインの由来】
『福島県の鳥「キビタキ」、花「しゃくなげ」、二本松市の山「安達太良山」の3つをデザインしたマンホール蓋です。安達太良山は日本の百名山および花の百名山に選ばれた名峰で、春夏はしゃくなげなどの高山植物、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の装いを見せてくれます。明治から昭和にかけて活躍した詩人・高村光太郎は妻・智恵子への愛を記した「智恵子抄」の中で、彼女が生まれ育った福島県(油井村)への想いを「阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が、智恵子のほんとの空だといふ」と綴りました。本デザインには、当時と変わらぬ美しい自然を守りたいとの想いが込められています。』
 
Cimg7163
Cimg7164
いっしょに下敷きをもらった。
〈表〉 第4弾までのマンホールカード全170種分布図
〈裏〉 下水処理場で水がきれいになるしくみ
 
安達ヶ原まで歩いて行った。以前行けなかった安達ヶ原黒塚とふるさと村の昔の建物を見よう。
 
Cimg7177
安達ヶ原黒塚
 
Cimg7178
Cimg7176
 
Cimg7179
安達ヶ原ふるさと村のレストランで二本松の郷土料理「ざくざく」を食べた。250円
大根、にんじん、ごぼう、れんこん、しいたけ、こんにゃく、里芋、凍み豆腐、鶏肉
 
Cimg7186
Cimg7193
【絹の家】
 『この建物の屋根は、養蚕農家独特の「兜づくり」といいます。福島県北部地方に多くみられた建物です。
 二本松地方では、江戸時代から蚕づくりがとくに盛んで、お米とともに農家の生産の主流を占めていました。』
 
Cimg7187
Cimg7189
【農村生活館】
 『この農家は、明治初期のこの地方の農家です。建物の間口は12間、約22mもありますが、遠しの梁1本の木が4本、使われております。
 暮らしぶりはいたって質素で夜は縄をなったり草履をあんだりの夜なべ仕事が普通でした。』
 
Cimg7192
【武家屋敷】
 『10万7百石の二本松藩の中で、この建物は中級藩士の家を再現したものです。
 中級藩士とは下男、下女一人ずつ、それに馬一頭を持っていなければならず、そのため妻女は糸つむぎとか機織、あるいは家庭菜園を作ったりして家計の助けをしていました。』
 
福島交通路線バス
安達ヶ原(14:59)→二本松駅前(15:13) 340円
東北本線 二本松(15:16)→福島(15:40)
コラッセふくしま(西口より徒歩3分)、12階展望ラウンジへ
 
Cimg7196
郡山方面
 
Cimg7202
仙台方面
16時14分、福島着の山形新幹線
 
Cimg7203
1階、福島県観光物産館で買い物。
リニューアルオープンしていた。また今度、じっくり見たい。
 
福島(16:28)→新白河(18:09)
 
Cimg7207
本日のみ5番線からの発車
 
新白河(18:19)→黒磯→宇都宮(19:40)
宇都宮(19:59)→赤羽(21:33)

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

小名浜

1月2日(火)

常磐線 上野(8:02)→水戸→泉(11:27)
新常磐交通 路線バス
泉駅前(11:40)→支所入口(11:51)270円
 
Cimg7090
イオンモールいわき小名浜
2018年夏オープン予定
 
Cimg7091
外観が出来上がりつつある。
 
Cimg7093
フタコブラクダ
那須どうぶつ王国、ふれあい動物園やってる。ららミュウで食事してから見に行こう。
 
Cimg7094
いわき・ら・ら・ミュウ
 
Cimg7098
寿司正
 
Cimg7095
ネギトロいくら丼 1780円
 
Cimg7100
ドアの高さぐらいまで津波が来たそうだ。
ららミュウ2階で「3.11 いわきの東日本大震災展」を見た。(入場無料)
 
Cimg7101
海上保安庁の船とイオンモール
 
Cimg7102
小名浜マリンブリッジ
 
Cimg7103
レシートを持って、ららミュウ1階インフォメーションに行くと「ふくしまの橋カード」をもらえる。
 
Cimg7105
カードは10種類。遠くて行けそうにない道の駅があるから、全部は無理だな。機会があればもらいに行こう。
 
Cimg7118
Cimg7117
ふくしまの橋カード 小名浜マリンブリッジ
 
Cimg7110
カモメにエサをあげてる人がいて、30~50羽が舞っていた。
 
Cimg7138
那須どうぶつ王国 ふれあい動物園 大人500円
 
Cimg7122
ケープペンギン
 
Cimg7124
ウサギ(アメリカンファジーロップ)
 
Cimg7135
アルパカ
おとなしいアルパカで、めっちゃもふもふだった。
 
路線バス 支所入口(15:16)→泉駅前(15:36)
常磐線 泉(16:00)→水戸→上野(19:40)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧