会津

2017年10月13日 (金)

喜多方

10月9日(月・祝)

Cimg6379

719系 フルーティア+H15+H12

行きはH12、帰りはH15に乗った。

郡山(10:44)→

Cimg6385

磐梯山

猪苗代周辺では半分くらい稲刈りが終わっていた。

Cimg6391

→会津若松(11:50)

Cimg6397

AIZUマウントエクスプレス
会津若松(12:05)→喜多方(12:22)

Cimg6400

駅前、民芸あくた川で自転車(500円)を借りる。返却は午後5時まで。

Cimg6401

願成寺

前回、会津大仏を見に来て、本堂にあった仏像が会津大仏だと勘違いした。以外と小さいなと思ったが、奥行きがあるから小さく見えるんだと思ったら大間違い。会津大仏は別の建物にあると後から知った。本物の会津大仏を今度こそ見よう。

Cimg6403

山門

Cimg6404

本堂

本堂と庫裡の間を進むと、旧阿弥陀堂が見える。さらに右に曲がると大仏堂がある。

Cimg6409

旧阿弥陀堂

Cimg6406

会津大仏 大仏堂

Cimg6408

国指定重要文化財・木造阿弥陀如来及両脇侍坐像

勢至菩薩(1.3m) 阿弥陀如来(2.41m) 観音菩薩(1.285m)

三尊とも寄木造りで、鎌倉時代初期の作とされている。

Cimg6411

日中線、線路跡

Cimg6414

喜多方ラーメン来夢本店

Cimg6413

ごっつぉーセット(1360円)

会津でご馳走という意味

Cimg6415

安勝寺

全国的にも珍しい蔵造りの寺。明治中期に建立。

Cimg6417

北宮諏方神社

会津若松の諏方神社を南宮と呼ぶのに対し、喜多方は北方にあることから北宮と呼ばれている。

Cimg6419

喜多方駅近く、あべクリーニングのショーウィンドー

いつも凝った飾りつけで楽しませてくれる。

Cimg6421

農産物直売所 いいでの四季

りんご(緋のあづま)を買った。

緋のあづま(雄大な吾妻連峰を背景に、秋の澄み切った陽光を浴びて鮮やかな緋色に色づいた果実)

9月下旬から10月上旬に収穫できる中生種。甘酸のバランスが良く、果汁が多く濃厚な味ながら後味は爽快。千秋(♀)×ひめかみ(♂)

喜多方(15:52)→会津若松(16:16)
会津若松(17:10)→郡山(18:15)
郡山(18:23)→黒磯(19:25)4番線到着

14日からのダイヤ改正で「7」の付く交流電車は黒磯駅に来なくなる。ロングシートの701系かと思ったら、E721系だった。

Cimg6424

   5番線               4番線

Cimg6427

4番線

Cimg6429

ダイヤ改正後は黒磯乗換が楽になると思ったが、ほとんど変わらなさそう。1本だけ2番線発があるだけで、他は全部4番・5番線だ。

Cimg6430

14日からは、E531系とキハ110系が黒磯と新白河間を折り返し運転する。

Cimg6435

新白河での乗り換えが増えて不便になりそう。接続の関係で帰宅が20分以上遅くなりそうだ。早目の電車で帰るか、新白河→那須塩原を新幹線自由席860円(18きっぷなら+500円)課金ワープするかも。

黒磯(19:51)→那須塩原(19:56)

新幹線 那須塩原(20:32)→東京(21:40) 自由席2800円

| | コメント (2)

2017年10月 1日 (日)

西会津町

9月24日(日)

会津若松(8:14)→野沢(9:02)

Cimg6257

野沢(西会津町)に前回来たのは、2016年5月だから、かなり久しぶりです。

Cimg6258

道の駅にしあいづ

この前は、新館が工事中の時でした。

Cimg6259

駐車場の工事で左側の赤べこがおろされていた。

Cimg6260

ミネラル野菜の家

新鮮野菜と農産加工品販売コーナーとフードコートがある。フードコートは10時半から。

Cimg6262

本館と新館の間にトイレと情報コーナーができていた。

お昼まで時間があるので、さゆり公園と温泉に行こう。さゆり公園は雪まつりの会場だったので行ったことがあるが、雪のない季節は初めて。

Cimg6272

「にしあいづ花見山」の階段を上る。近道になりそう。

Cimg6263

展望台のようなものがあったから、上ってみた。なんていう山だか知らないがいい景色だ。

Cimg6266

1つだけじゃなく、6つもあった。子供の秘密基地ごっこによさそう。

Cimg6267

Cimg6268

ミルトン・ミニチュアゴルフ場

Cimg6269

温泉宿泊施設「ロータスイン」

日帰り温泉 400円

ナトリウム塩化物泉、毎分162リットル、源泉52℃

Cimg6270

フレンズワールド(フィールドアスレチック施設)

Cimg6271

広大な「さゆり公園」の一部でした。他にも野球場・陸上競技場・体育館・プールなどもあります。

道の駅にしあいづのフードコートに戻って昼食にしよう。途中に気になるお店発見。

Cimg6273

清水屋製菓舗 

野澤宿(しゅく)リーム 130円

ネーミングがおもしろい。クッキーシュークリームで濃厚なクリームでした。

Cimg6275

みそ家 うのすけ

ミネラル野菜たっぷり味噌らーめん 850円

シャキシャキの野菜サラダが味噌らーめんの上にのってます。

他に、カレー屋、蕎麦屋、サンドイッチ店があります。

本館で車麩ラスクを買った。バターシュガーとほうじ茶風味の2種類。一般的なラスクより堅めの食感。

Cimg6281

野沢中央通り商店街でフォルクスワーゲンが集まるイベントをやっていた。

Cimg6279

Cimg6280

自分より少し年上の車たち。

広場でエンジンについての説明会をやっていたが、免許も持たない私にはチンプンカンプン。

味噌ラーメンで有名な店の下見と、縄文時代の遺跡跡を見るため、旧越後街道を新潟方面へ。

Cimg6287

芝草・小屋田遺跡 敷石住居跡

Cimg6286

Cimg6283

 『芝草・小屋田遺跡は縄文時代中期(約5000年前)から後期(約4000年前)にかけての遺跡で、総面積7万㎡の広大な集落跡になります。この遺跡からは火炎型土器や王冠型土器など、「会津タイプ」と呼ばれ、ほかの地域にはみられない特徴を持った歴史的・芸術的にも価値が高い縄文土器が多く出土しています。
 ここにある敷石住居が作られた年代は縄文時代後期になります。敷石住居跡は床面に扁平な川原石を敷きつめた住居跡で一般住居とする説や祭祀が行われていたとする説があります。この敷石住居跡はそのほかに、砥石のように使用した石や凹石があるため、何らかの作業場であった可能性も考えられます。  西会津町教育委員会』

高速バス
野沢駅前(14:30)→若松駅前(15:09) 620円

JRより料金が安いので高速バスにしたが、乗客は私一人だった。確実に赤字だろう、補助金出てるのかな。

Cimg6289

新宿行きの高速バスの時間までだいぶあるので散歩した。扇町跨線橋付近、郡山方面と喜多方方面が分かれるところ。上が郡山方面、下が喜多方方面。磐梯山がよく見えた。

Cimg6292

農産物直売所まんまーじゃで買い物。

りんごと菓子を買った。高速バスで新宿まで1本だから、少し重くてもへっちゃら。

高速バス
会津若松駅前BT(18:00)→新宿バスタ(22:45頃)
事故渋滞の影響で少し遅れた。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

会津まつり(2)

9月23日(祝・土)

Cimg6155

会津藩公行列、出陣し始めた。

観光案内所近くのトイレは混んでるだろうから、三の丸にしよう。

Cimg6159

廊下橋手前の石垣に「みつばち注意」の看板

小さいミツバチがたくさんいた。鉄腕DASHの新宿DASHでニホンミツバチやってたね。(これがニホンミツバチかどうかはわからない)新宿DASHの土は、容保公・定敬公(桑名藩主・弟)が生まれ育った、美濃高須藩敷地だった策の池(むちのいけ)から採取したもの。

Cimg6193

旧若松庶民銀行(昭和2年建築の洋館造りの建物)

博労町(ばくろうまち)通りに先回りして行列を待つ。

『博労町通りは牛や馬の良し悪しを鑑定したり、売買の仲介をする「博労」が多く住んでいた町で、江戸時代後期まで馬市も開かれていました。また、会津五街道のうち白河街道と二本松街道の道筋にあたり、会津の殿様が参勤交代や領内巡検する際に往来した重要な通りでした。』

Cimg6171

蒲生氏郷公

Cimg6174

保科正之公に扮した会津若松市長が実家前(室井商店)を通った。

Cimg6178

新選組

Cimg6183

西郷頼母

Cimg6189

中野竹子

Cimg6190

会津新選組

大町中央公園に屋台がたくさん出てて、広島焼がちょうど焼きたてだったんで昼食にした。午後は郵便局の近くで行列を見た。

Cimg6205

会津藩奴隊

Cimg6212

保科正之公

Cimg6213

輿車(菊姫、中臈、腰元)

Cimg6216

庄内藩 二番大隊長 酒井玄蕃

Cimg6217

松平容保公

Cimg6218

白虎士中一番隊・二番隊

帰陣式に間に合うよう、ここで鶴ヶ城に戻る。

Cimg6224

会津藩公行列 帰陣

Cimg6232

帰陣式 感謝状贈呈

Cimg6233

市長挨拶

Cimg6236

帰陣式が終わった。順番に退場した参加者が戻ってきて、これから記念撮影タイム。

ホテルのチェックインまで時間があるから、少し遠回りする。

Cimg6238

Cimg6240

山本覚馬・新島八重 兄妹の生誕地

Cimg6243

会津藩校日新館天文台跡

Cimg6244

白虎隊士飯沼貞吉生家跡

センチュリーホテルにチェックイン。荷物を軽くして出かける。会津磐梯山踊りの前に夕食にしよう。

元祖煮込みソースカツ丼の店 なかじま

Cimg6246

元祖煮込みソースカツ丼(1050円)

初めて会津に来たときに食べたソースカツ丼がこの店だった。たまに煮込みソースカツ丼が食べたくなる。

Cimg6249

会津磐梯山踊り

Cimg6250

神明通りはアーケードがあったほうがいいね。工事用のLEDライトはあるけど、ちょうちんが少なくて寂しい。広いからなおさら。来年の2月にアーケードが完成する予定だから、来年はもっと盛り上がると思う。

Cimg0343 2012/9/22

5年前の会津磐梯山踊り

| | コメント (2)

2017年9月26日 (火)

会津まつり(1)

9月23日(祝・土)

前日、東京国際フォーラムでユーミンのコンサートを見た後、東京駅の夜行バス乗り場に向かった。雨だったので、地下道を通った。東京駅と地下でつながっていたなんて知らなかった。会津に着くころには、雨やんでるはず。

高速バス往復ネット割7180円
9/22 東京駅八重洲南口(22:20)→
9/23 会津若松駅前BT(5時前)

Cimg6091

5時発の東京行きが出発するところ。手塚治虫キャラクターラッピングバス初めて見た。

Cimg6095

着いてからずっと雨が降っていたが、5時半ごろにやんでよかった。朝食を買いに駅裏のセブンへ。719系あかべぇ、10月のダイヤ改正後も走ってくれるよね。

Cimg6100

東北電力の配電盤に会津若松市内の観光スポットを紹介する案内看板が10か所に設置された。

Cimg6101

神明通りアーケードの工事が始まった。高さや全体の構造は撤去前と同じで、LED照明になるようだ。来年2月完成予定。

Cimg6102

八重の桜ラッピングバスを見かけた。仙台行き

Cimg6108

自刃白虎隊士生家案内図が西郷頼母邸跡向かいに建立された。

Cimg6110

当時の町割りと現在の道路や施設がわかりやすく載ってる。飯盛山に墓がある19人と生き残った飯沼貞吉、あわせて20人の生家跡が表示されている。生家跡の一部に石碑や説明板が設置されたそうだ。

Cimg6112

鶴ヶ城北出丸、馬 朝食中

Cimg6113

北出丸トイレ脇の自販機、横は赤瓦だけど、正面が黒瓦。なんで間違いに気づかなかったのかな。飲料の取り出し口と色が近いから、あえて黒瓦の画像にしたのか?

Cimg6116

新種の桜「はるか」

ひょろひょろで心配したけど、いくらか太くなってきた。

Cimg6120

今回はステージ右側の場所にした。

Cimg6118

~音楽~

MC 「相模の国、三浦一族の血を引く佐原義連公が、源頼朝による奥州征伐の恩賞として、この地に所領を与えられたことから、会津歴代領主たちの歴史は始まる。会津中世の時代は、この義連公を祖とする葦名氏の400年にも及ぶ支配により、その黎明期とされ、戦国時代に入ると、中央から入れ替わりに派遣された、名だたる戦国大名たちにより、領地の開発、城下町の整備が行われた結果、現在にも受け継がれている商工業の基礎が確立、その繁栄期を迎える。やがて天下を制した徳川家康は、江戸に幕府を開き、200有余年の長きにわたる国家運営が始まると、会津23万石は、藩主に保科正之公を迎え、その独特の藩風を確立するに至る。徳川三代将軍家光とは、異母兄弟であるがゆえ、21歳のとき、信州高遠城主保科正光の養子となった正之公は、兄の遺言により四代将軍家綱の後見となると、幕閣においては文治政治への転換をはかり、幕藩体制の初期に大きな貢献をなしていく一方、藩内では家訓十五ヶ条を制定。その冒頭に、徳川幕府に対し、一心に忠勤に励み、仮に二心を抱く藩主があらわれたとき、家臣はこれに従ってはならないと、厳しく定めた。その後、保科家三代正容公のおり、幕府より葵の紋の使用と松平姓を許された会津藩は、名実ともに幕府の親藩として、その盛衰存亡の道を、徳川将軍家と共に歩んでゆくのである。幾度となく繰り返された動乱を経て、築き上げられた現在の平和と繁栄を、偉大なる先人たちの遺徳を偲ぶとともに、顕彰の想いを込めて、これより会津の一大歴史絵巻を展開してまいります。」

Cimg6122

軍奉行 「これより、会津藩公行列、出陣式を通りおこう。まずは、諸侯の入場に先立ち、出陣の御神矢! おのおの方、ご用意あれ!」

MC 「これより行われます出陣の御神矢は、行列参加者の安全と本年の祭りの成功への願いを込めて、天守閣からステージ前広場の輪の中をねらって、鏑矢を放つものでございます。」

Cimg6123

軍奉行 「旗を振れ! 陣を清めよ!」

MC 「出陣の御神矢、本年の射手を務めますのは、会津若松弓道会、野邊良太五段でございます。第一介添は倉本沙紀三段、第二介添は星香織三段が務めます。それでは皆様、天守閣にご注目ください。」

軍奉行 「本日の会津藩公行列、無事成功を祈り、出陣の御神矢、いざ!」

      「放てー!!」

観客 「おー」(歓声)  (矢が地面に刺さる音)  (拍手)

軍奉行 「本日の出陣、これにて吉と相成り申し候。ご一同、祝着なり。即刻、出陣の準備にかかれ!」

MC 「ただいまの見事な演武に、どうぞ今一度、皆様方には、大きな拍手を天守閣に届くようにお願い申し上げます。」

観客 (拍手)

~音楽~

軍奉行 「これより、会津藩公行列、布陣開始致す! 先導! 会津藩奴隊ご入陣! 奴隊一同は、所定の位置に布陣されたし。」

MC 「本日の会津藩公行列の先導役を務めます、赤い顔でおなじみの会津藩奴隊の入場でございます。」

  蒲生氏郷公(現在の会津若松市の基礎を築き上げた知勇兼備の名将)
  蒲生秀行公(氏郷公の嫡男)
  保科正之公(会津松平藩藩祖、会津藩225年の基礎を築いた名君)
  保科正経公(二代藩主)
  田中正玄(名家老)
  菊姫(正之公正室)
  松平定敬公(京都所司代・桑名藩主)
  戸田伊豆守氏栄(浦賀奉公)
  土方歳三(新選組副長)
  松平容大公(斗南藩主)

軍奉行 「庄内藩二番大隊、大隊長、酒井玄蕃殿、ご入陣! 大隊長殿は、破軍星旗を従え、ご登壇の上、ご着座召されませ。」

MC 「鬼玄蕃の異名を取る、負け知らずの庄内藩二番大隊を率いた酒井玄蕃に扮しますのは、ご子孫でもあります、庄内藩甲冑武者隊の酒井潤さんでございます。来年の戊辰150周年に先立ち、後の奥羽越列藩同盟設立構想の兆しともいえる会庄同盟ゆかりの山形県鶴岡市の皆様が初めてご参加くださいました。」

  河井継之助(長岡藩軍事総督)
  山本帯刀(長岡藩大隊長)
  海老名衛門(会津藩軍事奉行)
  一ノ瀬要人(越後口隊総督)
  山川大蔵(日光口隊総督)
  西郷頼母(会津藩主席家老)
  田中土佐(城代家老)
  松平容保公(九代藩主)
  松平喜徳公(若殿)
  神保内蔵助(城代家老)
  萱野権兵衛(本陣家老)
  白虎士中一番隊・二番隊
  小原信之介(敢死隊長)
  上田新八郎(奇勝隊長)
  小池繁次郎(遊軍寄合組隊長)
  照姫(容保公義姉)
  山本八重(幕末のジャンヌダルク)
  山川艶(家老山川大蔵の母)
  山川登勢(大蔵の妻)
  山川二葉(家老梶原平馬の妻)
  ヘンリー・スネル(会津藩軍事顧問)
  おけい(日本人女性アメリカ移民第1号)
  内藤介右衛門(留守備家老)
  中野竹子(娘子隊長)
  齋藤一(会津新選組隊長)

軍奉行 「会津藩公行列、全軍団、ここに集結、完了! ご一同、ご着座召され。」

MC 「総勢500名で編成された会津まつり最大のイベントであります、会津藩公行列が、ただいま鶴ヶ城本丸に全団集結を完了いたしました。」

Cimg6130

開会宣言(会津若松市長)

 「(略)そして、なによりもうれしいのは、特別ゲストであります。今年で4年連続の参加となります。後ほど登場していただきますが、綾瀬はるかさんであります。福島の復興がなるまで応援をします、お約束をしていただきました。今年も大変お忙しい中、ご参加をいただきました。本当にうれしく思います。皆さんと一緒にお礼を申し上げたいと思います。それでは、これより先人への慰霊、感謝の念を胸に、そして一日も早い福島県、東北の完全なる復興を目指し、藩祖保科正之公の名のもと、ここに会津藩公行列の開催を宣言いたします。」

来賓紹介

Cimg6135

殺陣演武

Cimg6140

白虎隊剣舞

Cimg6141

娘子隊演舞

Cimg6143

軍奉行 「されば ご一同、これより本年の会津藩公行列の特別参加者をお迎えすると致そう。 いざ! お出ましあれ!」

~八重の桜オープニングテーマ~

MC 「特別ゲストの綾瀬はるかさんの登場です。ご来場の皆様、盛大な拍手でお迎えください。

綾瀬さん 「皆さん、ご無沙汰しています。綾瀬はるかです。今年も呼んでくださって本当にありがとなし。雨が降らなくて、晴天ではないですけれども、涼しい季節?気候?になってよかったですね。今日は素敵な一日になるように、一緒に盛り上げていきましょう。皆さん、準備は、さすけねえか?」

観客 「オッケー さすけねえ (拍手) OKでーす (拍手)」

綾瀬さん 「じゃあ、今日一日よろしくお願いします。」

MC 「ありがとうございました。皆さんからも綾瀬さんからもさすけねえかという声をかけていただきまして、このように会津をはじめ福島県の復興にあたたかい心を寄せてくださっております。綾瀬はるかさん、今年も会津藩公行列のために、こうしてかけつけてくださいました。この後ですね、本日の一日ゲストといたしまして特別ゲストとして、今日一日よろしくお願いいたします。」

軍奉行 「出陣宣言。御殿、松平容保公より御下知を賜わる。」

MC 「会津藩公行列出陣を宣言いたしますのは、会津松平藩九代藩主容保公に扮しております、松平家十四代当主松平保久さんでございます。」

容保公 「出陣宣言。我が城に参集せし軍勢総勢500騎。我らが先人の遺徳を偲び、会津の明るい未来と民の融和を念じつつ、これより出陣するものなり。平成29年9月23日、会津藩主松平容保こと松平保久。」

軍奉行 「御殿、容保公より出陣の下知を賜わった。出陣の号砲、朱雀隊、青龍隊、配置に着け。出陣の号砲、1番砲、撃てー! (ドーン) 2番砲、撃てー! (ドーン) 全軍団、お立ち召され!」

Cimg6155

~音楽~

軍奉行 「これより出陣にあたり、鬨の声をあげる。綾瀬はるか殿、威勢よく音頭をお願いつかまつる。」

MC 「ご来場の皆様も特別ゲストの綾瀬はるかさんに続きまして、どうぞ大きな声でご唱和ください。」

綾瀬さん 「では、参る。エイエイオー!」 (エイエイオー!)
       「エイエイオー!」 (エイエイオー!)
       「エイエイオー!」 (エイエイオー!)
       「ありがとなし。」

軍奉行 「ご一同、これより出陣でござる。」

      「会津藩公行列、先導、会津藩奴隊、いざ、進発!」

会津藩公行列、出陣

Cimg6156

先人感謝祭会場

Cimg6158

りんご(緋の衣)

旧会津藩士が北海道余市町で栽培に成功したりんご

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

道の駅猪苗代

9月2日(土)

朝4時に起きたら土砂降りだったから、地下鉄でJRの駅へ。
四ツ谷(5:09)→神田→上野→宇都宮→黒磯→郡山(9:58)

中通りで行きたい所があったけど、まだ雨が降ってるんで変更。719系あかべぇに乗ろう。行きはH-12、帰りはH-15に乗った。

Cimg5775

H15+H12+フルーティア

郡山(10:44)→

719系が少なくなってからは、いつも会津若松まで乗ってる。たまには途中下車してみよう。猪苗代で降りて、道の駅猪苗代へ行こう。前回行ったとき、所持金が少なくてラーメン食べただけだったし。

Cimg5776

→猪苗代(11:19)

猪苗代駅から道の駅猪苗代まで約1.6キロ。

Cimg5779

今年の米はちゃんとそだってるのかな。

Cimg5781

稲の手前1列に違う穀物を植えているみたい。

民家の家庭菜園を見ながらのんびり道の駅に向かう。茄子、ピーマン、ミニトマト、ししとう、大葉、ゴーヤ、葡萄など。

Cimg5784

道の駅近くで、ヘリポートを建設していた。

Cimg5786

道の駅猪苗代

さて、1回目の昼食にしよう。

Cimg5787

Dining I (レストラン)

蕎麦、ソースカツ丼、会津牛ステーキ、会津地鶏唐揚げなど。

Cimg5790

晴れてればテラス席から磐梯山が見える。

Cimg5791

1日20食限定 ざく煮蕎麦 1080円

【猪苗代産の蕎麦『天の香』を会津の伝統料理『こづゆ』で合わせた“dining I”の新しい蕎麦です。

会津の伝統料理『こづゆ』はホタテの貝柱を水戻しした出汁を素材とした汁物です。
元々は会津藩の武家料理であったが、現在では正月や冠婚葬祭などには欠かせない郷土料理です。
なお、似たようなレシピで「ざく煮・ざくざく」という家庭料理があり、こちらは出汁に煮干しなどが使われます。】

Cimg5795

腹ごなしに猪苗代湖を見に行く。一面の蕎麦畑、こんなに広い蕎麦畑見たことない。

Cimg5798

磐梯山は雲に隠れている。

Cimg5800

白鳥浜

Cimg5805

Cimg5804

蕎麦の花

Cimg5806

三島神社

磐梯山が見えればよかったのに。

Cimg5807

みるみる雲が取れてきた。帰る頃には山頂も見えているかな。

2回目の昼食は肉を食べたい。

Cimg5809

フードコート 猪屋

Cimg5808

「こちらの券売機は、野口英世専用です。硬貨は使えます。諭吉等など高額紙幣は、隣の券売機を利用ください。」

Cimg5811

会津山塩チャーシューメン 1200円

Cimg5812

物産コーナーでいろいろ買う。支払いは紙幣と硬貨を入れると、レシートとおつりが出て来る。クレジットカードだけでなく、Suicaやnanaco、waonなどの電子マネーも使える。

Cimg5816

あかべぇサブレーが通常より大きいサイズで、平箱に入っている。
磐梯黄金納豆パン、会津バターあんパン、そばかりんとう、猪どら、凍みもち

Cimg5817

結局、山頂は見えなかった。

Cimg5821

猪苗代駅ホーム、風鈴

猪苗代(14:42)→

Cimg5822

→郡山(15:19)

| | コメント (2)

2017年8月21日 (月)

8/15会津若松

8月15日(火)

中通りといわきは雨で、会津は曇りの予報。

上野(5:46)→宇都宮→黒磯→郡山(9:58)

Cimg5624 H-12+H-15

郡山(10:44)→

行きはH-15に乗り、帰りはH-12に乗った。

Cimg5630

→会津若松(11:50)

お盆の繁忙期ダイヤなので、帰りの719系は15時05分発。

Cimg5634

3時間ほどしかないから、日帰り温泉富士の湯でのんびりした。

Cimg5637

普段、この時間にいない719系がいたから、繁忙期ダイヤで合ってると確信した。

Cimg5641

まだ、タチアオイが少し咲いてた。

Cimg5642

駅の土産店で桃を買った。

本日、朝摘みの「まどか」2玉入り 1袋800円

Cimg5643

会津若松(15:05)→郡山(16:19)

郡山(16:27)→黒磯→宇都宮(18:28)

宇都宮(18:50)→新宿(20:42)

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

8/13会津若松

8月13日(日)

中央総武線に乗り秋葉原で乗り換え、山手線か京浜東北線で上野へ。5:46発の宇都宮線に乗ろうと思ったら、始発5:10に間に合った。

中央総武線 新宿(4:36)→秋葉原(4:55)
京浜東北線 秋葉原(5:05)→上野(5:09)
宇都宮線 上野(5:10)→宇都宮(6:51)
宇都宮線 宇都宮(6:59)→黒磯(7:50)
東北本線 黒磯(7:54)→郡山(9:01)

1時間以上も時間が余った。どこかで途中下車すればよかったな。

Cimg5540 H-12

10:11、719系あかべぇ郡山到着

お盆なので、フルーティア無し。

Cimg5541 H-15

行きはH-15に乗って、帰りはH-12に乗る。

郡山(10:44)→

Cimg5543

→会津若松(11:50)

あれ? 珍しく「TRAIN SUITE 四季島」が2番線に居た。お客さんが列車に乗るところだったみたい。5号車ラウンジに山型の窓があって、2番線ホームが少し見えた。乗務員が並んでお辞儀してるのが一瞬見えた。

Cimg5553

11時22分頃に会津若松駅を出る。通常なら719系と並ぶことはない。磐梯町駅で四季島が通過するのを待つだろう。

Cimg5555

遅れた事情を知らなかったんで、10枚以上撮った。

Cimg5560

なんで遅れてたのかを帰宅後に知った。そうだったのか・・・。

Cimg5561

駅前のあかべこ。「ボタンはやさしく押してね」

ボタンにビニールのカバーが取り付けられた。

Cimg5563

四季島専用バス(福島ナンバー)2台

Cimg5583

まちなか周遊バスあかべぇに乗って鶴ヶ城へ。

若松駅前(12:15)→鶴ヶ城三の丸口(12:44)210円

Cimg5575

Cimg5579

会津戊辰150周年×会津短大デザイン「鶴ヶ城本丸芝アート」

日本発!? お城から見える芝生アート

『会津若松城(鶴ヶ城)において、会津戊辰150周年をアピールする巨大な芝生アートが完成しました。国の史跡に指定されている敷地の長期使用は通常難しいのですが、会津大学短期大学部の学生達が独自の方法で(おそらく城跡では初めての方法で)成功しました。

経緯:毎年2月に会津絵ろうそくまつりの地上絵(蝋燭を灯した巨大地上絵)をデザインしている会津大学短期大学部の高橋ゼミに対して、会津若松観光ビューロー様から「会津戊辰150周年」をアピールできる地上絵デザインについて、新たに依頼がありました。国の史跡に指定されている敷地であるなど制限がありましたが、実験の結果、防虫シートやシートピンを活用した(おそらく城跡では初めての)方法を発見し、表現に成功しました。

依頼・協力:一般財団法人会津若松観光ビューロー 施設管理部 天守閣管理課

デザイン:会津大学短期大学部 デザイン情報コース グラフィック分野 (高橋ゼミ)2年生』

Cimg5566

VR幕末の会津若松

新選組副長・土方歳三と連れ(観客)を白虎隊士・篠田儀三郎が会津若松を案内する。ストーリーは3つ(城内・城下・空へ)の中から観客の挙手により決まる。「城下」と「空へ」は見たが、「城内」は見たことがなかった。

Cimg5580

多数決で「城内」となった。

Cimg5587

鶴ヶ城三の丸口(14:07)→若松駅前(14:27頃)210円

Cimg5590 H-15

お盆の繁忙期のため、719系が元あいづライナーだった時間帯ではなく、15時05分発の各駅停車郡山行きとなっていた。事前に知っていたため、この列車に乗れる時間に戻って来た。

Cimg5591 H-12

会津若松(15:05)→郡山(16:19)

Cimg5592 H-12

折り返し、郡山(16:37)→会津若松(17:54)となる。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

檜枝岐村2

8月6日(日)

Cimg5435

尾瀬入山口の宿七入山荘に泊まった。檜枝岐村の中心部から6キロほど尾瀬寄りの宿。満天の星空を見ることができたらいいなと思ってたんだけど、宿に着いたら雨が降り出した。夕食から戻ってきても曇り空で星が見えない。夏祭りで花火を打ち上げているらしく、空が少し染まるのと音が聞こえた。電気を消して網戸越しに星が見えないかじっと見る。テレビを見て、星を探すの繰り返しで、やっと星が見えた。たぶん0時過ぎていたと思う。虫が活動してなさそうだったので、網戸を少し開けて見たが、思っていたよりも星が少なかった。3等星がやっとだった。視力が下がったせいだろう。最近、字幕が見えにくくなった。

Cimg5434

朝食(6時から)

食堂に行くとお膳の数が半分くらいだった。お弁当を持って尾瀬へ向かったんでしょう。チェックインのときに翌日の弁当がいるかどうか聞かれた。希望すれば昼の弁当も別料金でつくってくれる。

Cimg5437

チェックアウト

9:04のバスが来るまで、モーカケノ滝というのを見に行こうとした。どうやら道を間違えたらしい。沼山峠に行く道(沼田街道)だった。途中まで行って引き返せばいいや。

Cimg5439

硫黄沢橋 標高1100m

Cimg5440

硫黄沢

Cimg5445

会津と上州を結ぶ交易路でした。

Cimg5446

Cimg5451

赤法華沢橋 標高1150m

この辺で引き返す。

Cimg5455

江戸時代の人も歩いたんだろうな。

Cimg5459

バスが来るまで時間があるから、もう少し歩く。バス停まで間に合わなくても、手を挙げれば止まってくれる。キリンテバス停から乗る。

キリンテ(9:07)→駒ヶ岳登山口(9:12)290円

竜ノ門ノ滝展望台へ行ってみようか。マップに駐車場から徒歩20分とある。駐車場まで行くのも大変そうだが、まあいいか。

Cimg5464 9:43

 「雪害の影響により歩きにくい箇所がございます。
 また、沢を登る橋がありますが、雨天時は沢の水が増水しますので十分気を付けてご通行ください。」

Cimg5465

沢を登る橋ってこれか。橋が細いから途中で沢を撮るのはやめといた。

Cimg5467

展望台までもうすぐ。

Cimg5468 9:58

竜ノ門ノ滝

Cimg5469

黒い雲が見えたので、もう降りることにした。展望台にいたのはたったの4分。雪解け水でぬかるんでいた所があった。普通に降りたら転んで泥だらけになりそうだったので、逆向きで登ったときと同じようにして慎重に降りた。トレッキングシューズが泥だらけ。服が泥だらけになるよりはマシ。

Cimg5472 10:17

上りも下りも15分だった。国道まで25分。

トイレ脇にあった水道で泥を落としたけど、全部は落とせなかった。

Cimg5476

さらに10分ほど歩く。

Cimg5484

「真夏の雪まつり」をやっていた。

雪に特殊なシートをかぶせて保存したそうだ。

Cimg5483

雪を踏む感触、懐かしい。半年ぶりかな。

Cimg5477

ばんでい餅 150円

「ばんでい餅は檜枝岐村の郷土料理である山人料理(やもーどりょうり)の一つです。
“いよっこばんでい”といい、焼いた岩魚の身を味噌と一緒に炒ったものをばんでい餅にからめていただきます。是非、一度食べてくーられ」

Cimg5482

山人(やもーど)山菜スパゲッティー 600円
(檜枝岐蕎麦のやくみ山人漬けが入ってますので、チョイと辛いです)
山人漬け(青シソ・ミョウガ・らっきょ・唐辛子)

山人山菜パスタの作り方

①オリーブオイルでニンニクを少し炒める。
②山菜か、山菜の水煮を入れる。
③パスタ投入!
④山人漬け(桧枝岐蕎麦の薬味)投入!
⑤バター、醤油をチョロッと入れ完成!

Cimg5492

風船の国のアリスさん バルーンショー

福島県内を中心に活動されています。昭和村の雪まつりでも観ました。

Cimg5500

「龍」完成!

Cimg5485

尾瀬檜枝岐山旅案内所

Cimg5486

村政独立百周年特別企画展示「檜枝岐村百年の歩み」を見た。

Cimg5502

アルザ尾瀬の郷

温泉(露天風呂) 500円

アブに注意してくださいといった張り紙があったが、前日に行った温泉のほうがアブ多かった。アブを気にせず入れた。

隣の売店で蕎麦などを買った。

会津バス 森の温泉館アルザ前(13:24)→会津高原尾瀬口駅(14:55)

Cimg5503

会津高原尾瀬口駅 転車台

会津鉄道 会津高原尾瀬口(15:45)→会津田島(16:04)

Cimg5504

会津田島駅周辺をぶらぶら。中途半端な時間にやってる飲食店はないと思って、ヨークベニマルで恵方巻と唐揚げを買う。夏なのに恵方巻売ってるんだ。500円のが300円になってた。特急の中で食べるのにちょうどいい。

会津田島駅の待合室でテレビを見る。帰れまサンデーという番組で会津鉄道が出てて、後半を見た。無人駅で飲食店を見つけるまで帰れない旅。どうせ録画したのを流してるんでしょと思ったら、スーパーのCMが8月11日とあって、ひょっとしてリアルタイム? なんとか終電でゴールできて、スーパーJチャンネル(ニュース)。やっぱりリアルタイムだったんだ。

Cimg5507

リバティ会津148号

会津田島(17:48)→浅草(21:15) 指定席2110円

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

檜枝岐村1

8月5日(土)

尾瀬沼山峠(14:20)→上の原(15:00)

檜枝岐村には3つの日帰り温泉がある。
燧の湯(単純硫黄泉源泉かけ流し)
駒の湯・アルザ尾瀬の郷(アルカリ性単純泉)

バス停から数分、燧(ひうち)の湯に向かう。

Cimg5375

燧の湯 500円

内湯と露天風呂がある。少し硫黄の香りがする。露天風呂につかったが、アブの羽音がやかましくて落ち着いて入ってられない。観光パンフレットに載ってた、女湯の露天風呂の底石にあるハート形の石を探して内湯に戻る。

Cimg5376

ロビーから撮った(風呂からの眺めはこんな感じ)

Cimg5380

タチアオイとコスモス

Cimg5390

檜枝岐の舞台はこの奥にある

Cimg5381

橋場のばんば

縁結びと縁切りの神様。縁結びを願う場合は切れないハサミ(針金でぐるぐる巻きでも可)、縁切りを願う場合は切れるハサミを奉納する。

Cimg5382

檜枝岐の舞台

Cimg5398

5月12日と8月18日の祭礼には、伝統の檜枝岐歌舞伎が奉納される。

Cimg5383

木造兜造りの屋根に黄色い花が咲いてた。

Cimg5385

石段席

Cimg5387

檜枝岐歌舞伎伝承館「千葉之家」

檜枝岐歌舞伎の歴史や11題ある演目の紹介、貴重な品々を展示。

Cimg5391

井籠(セイロウ)造り板倉

村に現存している最も古い形の板倉で、奈良の正倉院と同じ建築様式で建てられている。

Cimg5400

六地蔵

凶作の年などに間引きされた赤ん坊たちと母の嘆きを慰めるために建立された。

Cimg5397

道沿いに並ぶ墓

檜枝岐村の名字は、「星」・「平野」・「橘」が多い。

3姓のご先祖様の墓について説明板があった。

Cimg5401

星家先祖の墓(虫歯様)

 『星家第4代星越後守吉邦(1633没)の墓であるが、村人からは「虫歯様」と呼ばれている。この墓の下手にある桂の木に「奥州仙台安保原地蔵、口中一切ノ病」と紙の表に書き、裏には願主の年齢と性別を書いた札を下げると、口中の一切の病気にならず、虫歯の痛みも治るという信仰があった。今でもお盆になると多くの線香があげられ、頭を垂れている村人の姿が見られる。』

Cimg5403

平野家先祖 平右衛門の墓

 『江戸時代、檜枝岐村駒ケ岳山系には「ハイタカ」と呼ばれる小型の鷹が生息しており、村では毎年、鷹の児を殿様に献上することとなっていた。当時、平右衛門は肝煎(名主)であったが、ある年どうしても鷹の児を取ることができなかった。すると二人の村人が「名主はわざと鷹の児を取らなかった」と代官様へ訴えたため、平右衛門は村民の代表として若松の牢獄に入れられ万治3年(1660)に牢死したという。正面には「南無阿弥陀仏」と刻まれ法号はない。左側面には「平野平衛門」の刻名があるが年号等は判読不明である。』

Cimg5395

橘家先祖 橘助兵衛好政の墓

 『橘姓は永禄12年(1569)伊勢国治田より橘助兵衛好政が、当村滝沢地区(ここより下流1キロ)に移り住んだのが始まりとされている。正面に「○(木に睪)西室淨因信士」の法号があり、その上に御前橘の家紋が刻まれている。橘一族は寛政7年(1795)まで滝沢の地に居住していたが、雪崩の被害により本村に移ったと伝えられている。滝沢地区には今でも橘家の墓碑が現存する。』

Cimg5407

安宮清水(あんきゅうしみず)

 『会津地方のさまざまな地域に高倉宮以仁王(たかくらのみやもちひとおう)(後白河天皇第二皇子)の伝説が残されている。
 安宮清水もその一つで、高倉宮以仁王が中仙道を下り、尾瀬を経て檜枝岐に落ち延びて来たといわれている。
 その時に供の一人が、冷たい清水を見つけ宮の渇きをいやす為に差上げたということで、この清水を安宮清水と呼ぶようになり、今でも当時と変らぬ清らかな水が湧き出している。』

桧枝岐ますや前バス停(17:15)からバスに乗る予定だったが、時間が余ったので尾瀬方面に歩く。(手を挙げればバス停ではなくても止まってくれる)

Cimg5410

ミニ尾瀬公園(17:21)→七入(17:25)220円

Cimg5413

尾瀬入山口の宿 七入山荘

Cimg5414

1泊2食付きで12500円

畳の部屋に一人で泊まるのと、夕食付は初めて。(ツアーで相部屋だったことはある)

テレビは、山間部ゆえ地上デジタル波は受信できないので、BS・CS放送のみ
WOWOW、BS2NHK衛星第二放送、SKYAスカイエー、BS-I

Cimg5417

1階 囲炉裏談話室

Cimg5422

6時から夕食

ある日の「お品書き」

小鉢・・・山菜類三品
     ワラビの酢の物
     鱒タケ(サルノコシカケ科)とブナシメジの炒め物
     自家製豆腐の行者ニンニクと岩魚の卵
天婦羅・・・五品
       山ウド・山葡萄・姫竹・春椎茸・ヨモギ
鍋物・・・牛肉陶板焼(マイタケ・玉葱・キヌサヤ)
刺身・・・岩魚(イワナ半身)
焼き魚・・・岩魚の塩焼き
水菓子・・・季節の果物
汁物・・・檜枝岐名物 裁ち蕎麦(伝承の手打ち)
ご飯・・・地元農家からの厳選米を自家精米。

(季節により変更有り)

| | コメント (2)

2017年8月 7日 (月)

尾瀬

8月5日(土)

今年こそ尾瀬に行こうと決めていた。天気が大丈夫そうなら、8月第1週の土日で。尾瀬夜行23:55という夜行列車とバスのツアーで行って、2日目は会津鉄道と青春18きっぷで帰ろうかなと思っていた。台風5号が東北には来なさそうだったので、ネットで申し込もうとしたら締め切りを過ぎていた。いろいろ考えた結果、青春18きっぷは使わずに東武フリーパスで往復、特急リバティ会津と檜枝岐村の宿を予約した。

ゆったり会津 東武フリーパス(会津田島)5840円
リバティ会津101号 指定席1810円
浅草(6:30)→

Cimg5287

リバティ会津は後ろの3両 ↑は途中で切り離す

Cimg5289

リバティ会津 車内

Cimg5291

→会津高原尾瀬口(9:22)

会津高原尾瀬口駅「憩の家」で檜枝岐温泉入浴チケット付バス乗車券(4400円)を買おうとしたら、時間が足りなくて温泉に入れなかったという人が多くて発売中止しているそうだ。確かに時間がタイトだとは思っていた。急行バスに乗って11時30分に沼山峠に着いたとして、14時20分のバスに乗らないと温泉に入れない。尾瀬沼まで行きは70分、帰りは80分。20分しか余らない。会津バスホームページのトップに出て来るのに。替わりに4000円の往復割引乗車券を買った。往復とも1回のみ途中下車ができる。

Cimg5293 11:30

急行バス 土日祝のみ運行
会津高原尾瀬口駅(9:40)→尾瀬沼山峠(11:30)別途300円

Cimg5296 11:31

沼山峠休憩所

朝、コンビニで買ったおにぎりを食べる。

Cimg5294

尾瀬沼までの3.3キロを往復する。

Cimg5301 11:43

出発

しばらく上り坂が続く。

Cimg5302 11:56

やったー、下り坂だ。でも、帰りが大変そう。

Cimg5305 11:59

Cimg5306 12:00

沼山峠展望台

Cimg5311 12:19

Cimg5315 12:22

Cimg5322 12:30

Cimg5323 12:32

ニッコウキスゲ、少しだけ咲いていた。

Cimg5331 12:43

尾瀬沼ビジターセンター

Cimg5332 12:46

尾瀬で見られる動植物の展示を見た。

Cimg5335 12:56

尾瀬沼

Cimg5340 13:03

湧き水を飲んだ。

Cimg5341 13:06

尾瀬沼ヒュッテ(檜枝岐村営尾瀬沼畔の宿)

この辺りが福島県と群馬県の県境

Cimg5346 13:12

コオニユリ

Cimg5347 13:13

尾瀬沼は今度来たときに1周してみたい。

Cimg5352 13:16

オトギリソウ

Cimg5355 13:18

クジャクチョウ

Cimg5361 13:22

ニッコウキスゲがまとまって咲いているところを見つけた。

Cimg5367 13:31

ワタスゲ

Cimg5368 13:37

少し急ぎすぎたかも。

Cimg5369 13:42

ジョウシュウオニアザミ

Cimg5370 13:50

沼山峠展望台付近

Cimg5372 13:53

上り坂終り、後は下るだけだ。

Cimg5374 14:06

尾瀬沼山峠(14:20)→上の原(15:00)で途中下車。
復路のきっぷは翌日使う。

温泉チケット付の乗車券は買ってないけど、温泉に入る計画を立ててきた。温泉に入って観光して、村の中心部から6キロ尾瀬寄りの宿にバスで戻る。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧