観光(福島以外)

2017年1月16日 (月)

安中・新島襄ヒストリート

1月9日(祝・月)

福島県の天気予報が雨だったので、群馬県安中市の新島襄ゆかりのスポットへ行ってきました。

青春18きっぷ
新宿(8:50)→高崎(10:47)
高崎(11:20)→安中(11:31)

Cimg3691

駅に観光パンフレットの設置はなかった。駅員に尋ねれば、街歩きマップをもらえるようだ。

以前、駅からハイキングでアプトの道(横川)を歩いたときにもらった、安中市観光ガイドブックを持ってきた。イラストの地図ではなく、縮尺が正確な地図なのでわかりやすい。

Cimg3692

安中駅

安中市の中心部まで約2キロ。

Cimg3699

旧碓氷郡役所

群馬県に残る唯一の郡役所。

安中まち歩きマップ
襄(新島襄)城(安中城址)ヒストリートをもらった。
(ヒストリートとは歴史と通りの造語)

Cimg3697

Cimg3696

新島襄・八重夫妻の展示

 『新島襄は現在の東京、江戸神田一ツ橋にある安中藩邸内にて生まれました。父は民治、母は登美です。この時正月の七五三縄(しめなわ)が飾られていたことと、5番目の子で(上の4人は姉で女ばかりであった)初めての男子であったので祖父弁治は「しめた!」と叫んだと言われています。このことより七五三太(しめた)との名がつけられました。アメリカでは保護者であるハーディー氏よりジョセフと名付けられました。むずかしい名前なので日本では襄としました。なお元服名は敬幹です。』

Cimg3731

新島襄ヒストリート

①安中教会
②旧安中藩郡奉行役宅
③旧安中藩武家長屋
④妙光院
⑤有田屋・便覧舎址
⑥龍昌寺
⑦新島襄旧宅

見学時間を含めたコース所要時間
往復(①~⑦→①)約2時間20分
片道(①→⑦)約1時間50分

Cimg3700

①安中教会

新島襄記念会堂(国登録有形文化財)
見学の場合は、3週間前までに予約が必要です。

新島襄召天30周年を記念して建てられた。大正8年(1919年)竣工。

Cimg3703

②旧安中藩郡奉行役宅

長屋門と曲り屋造りの珍しい武家屋敷。

Cimg3707

安中市カラーマンホール

Cimg3709

③旧安中藩武家長屋(屋根葺き替え中)

安中藩士の一般的な居宅である4軒長屋。

Cimg3710

④妙光院

新島襄の祖父弁治、弟雙六が眠る寺。

Cimg3711

⑤有田屋

新島襄夫妻が泊まった由緒ある醤油屋。

Cimg3713

ギャラリー有田屋

Cimg3715

新島襄・八重と有田屋

八重さんは安中に少なくとも4回訪れているそうだ。

Cimg3717

⑤便覧舎址

日本初の民間図書館「便覧舎」址。

新島襄より感化を受けた男16名、女14名の人々がキリスト教の洗礼を受け、安中教会設立の原動力となった。

Cimg3720

⑥龍昌寺

新島襄が帰国後初めて説教をした寺。参道に108の梵鐘が並んでいます。

Cimg3721

⑦新島襄旧宅

明治7年新島襄が帰国し、この家で家族と再会を果たしました。

Cimg3730

 『安中市指定史跡「新島襄旧宅」は、明治維新によって江戸から引き上げてきた新島襄の祖父弁治、父民治、母とみ、弟雙六らが明治2年(1869)から9年まで住んでいました。アメリカから帰国した襄は明治7年11月29日早朝、10年ぶりにこの家で両親と再会し、3週間ほど滞在しています。昭和37年(1962)に空き家になったのを機に保存運動が高まり、二軒長屋のうち新島家の住んでいた東半分を切り離して50mほど西の現在の地へ移築し、西半分は新築して展示室・管理人室とし、外観を元通りの二軒長屋として復元しました。
 新島襄は幕末から明治にかけて活躍した教育者・宗教家でした。襄は天保14年(1843)に安中藩の祐筆新島民治の長男として安中藩江戸上屋敷(現在の東京都千代田区神田錦町)で生まれ、幼少の頃から秀才の誉れ高く、13歳の時に安中藩主板倉勝明より蘭学修行を命じられています。学問的情熱から元治元年(1865)に国禁を犯し、函館出港から1年をかけてアメリカに渡り、10年間にわたって学問とキリスト教を修めました。帰国後は同志社英学校を設立して明治時代の教育に貢献し、また、キリスト教の伝道活動を行っていました。病を押して同志社大学設立のための募金活動に奔走し、ついに前橋で倒れ、明治23年に療養地の神奈川県大磯にて46歳で亡くなりました。』

Cimg3724

和室10畳 和室7.5畳

Cimg3725

上段の間

Cimg3728

展示室

Cimg3735

安中(15:21)→高崎(15:33)
高崎(15:55)→赤羽(17:32)

| | コメント (2)

2014年7月22日 (火)

上山城(山形県)

今回は福島県とは関係ない記事です。

7月20日(日)は法事があって山形県上山市にいました。
駅は「かみのやま温泉駅」です。上山は江戸時代に奥羽諸大名の参勤交代の宿場町として栄え、東山温泉(会津若松市)、湯野浜温泉(鶴岡市)とともに奥羽三楽郷に数えられた温泉地です。
久しぶりに上山城に行きました。昭和57年に郷土資料館として建てられたもので、エレベーターもあります。子供のころによく行きました。夜はライトアップがきれいで、自慢のお城です。敷地内に足湯と売店・茶屋もあります。茶屋のおすすめは名物玉こんにゃくです。

Cimg0394

入館料 410円

現在の上山城は昭和57年に旧二の丸跡に城郭風の郷土資料館として建設されたもの。元禄五年(1692)土岐氏が転封直後、幕府の命により跡形もなく破壊された。以後、再築されることはなかった。

Cimg0401

幕末の上山藩は3万石。戊辰戦争に関する展示を探した。

江戸薩摩藩邸の焼討事件

慶応3年12月25日、幕府の命で庄内藩・鯖江藩などとともに江戸の薩摩藩邸を攻撃。上山藩中老、金子与三郎清邦も参戦したが、流れ弾に当たって重傷を負い、翌日に死亡した。金子与三郎は江戸の昌平黌で学び、一流の学者・名士たちと親しく交わった。また、藩政改革も断行した。

上山に伝えられた「鳥羽伏見の戦い」

鳥羽伏見の戦いの戦況を上山藩に伝えるため作成されたと思われる報告書が2点展示されていた。戦の結果自体(新政府軍勝利・旧幕府軍敗北)は一致しているが、結果に至る過程に少なくとも7か所の相違点がある。

そのうちのひとつ
通説-----会津藩は伏見の薩摩藩邸における戦闘では勝利したが、他は全て敗北した。
報A・B-----慶応4年1月3日の戦闘で勝利したのは会津藩(旧幕府軍)のみ。

発送後わずか4日で受取人に届いていることから、京都近辺から発送されたのではなさそうだ。戦場から遠隔地のために情報が錯そうして、誤報を報告書に記載してしまった可能性がある。

奥羽越列藩同盟に参加した。9月15日降伏(Wikipedia) 調べると12日とか17日という説も出てきた。上山城の戊辰戦争年表には9月降伏とあるだけで、日付はなかった。
戦後、3千石減封された。

Cimg0397

以前、石垣を見たことがある。ちょっと探してみたら、お城の裏にあった。いつの時代の石垣でしょうか。

Cimg0403

上山市のマンホール

案山子がデザインです。毎年9月に「全国かかし祭り」が行われます。

奥羽本線 かみのやま温泉(16:44)→米沢(17:17)
       米沢(17:44)→福島(18:30)

東横イン福島駅東口2に泊まりました。

| | コメント (0)

2014年4月30日 (水)

京都(3)

4月20日(日)
京都シティホテルに泊まった。
金戒光明寺方面に行く前に京都御所を通って行く。
Cimg9638
蛤御門
Cimg9639
建春門
Cimg9641
凝華洞跡
Cimg9643
京都御所の八重桜が満開。
福島県の三春滝桜や花見山もきっと満開になっているだろう。今年は見頃の時期に行けなくて残念だと思った。でも、ゴールデンウィークは芝桜を見に行く計画をたててます。
Cimg9644
新島旧邸
Cimg9647
京都守護職屋敷門
平安神宮西側バス駐車場に面する京都市武道センターの南側の門(旧武徳館正門)は、京都守護職屋敷の門を移築したものといわれている。また、聖護院村にあった会津藩下屋敷の表門を移築したものという説もある。
Cimg9653
京都市武道センターにまわり、門の内側を撮った。
Cimg9654
屋根瓦に菊の御門
Cimg9655
金戒光明寺に向かう途中、白看板を見つけた。黒谷とは金戒光明寺のこと。
Cimg9659
京都守護職の本陣があった金戒光明寺の高麗門
Cimg9662
山門
Cimg9666
御影堂(大殿)
Cimg9680
会津墓地に行くには矢印どおりに行けばよい。
Cimg9669
会津藩殉職者墓地
Cimg9670
會津墓地の由来
 幕末の京都は暗殺や強奪が日常化し、徳川幕府
はついに新しい職制を作り京都の治安維持に当た
らせることになった。これが京都守護職である。
文久二年(一八六二)閏八月會津藩主松平容保公
は十四代将軍徳川家茂から京都守護職に任ぜられ
同十二月二十四日、家臣一千名を率いて京都に到
着、京都所司代・京都町奉行所の出迎えを受けて
本陣の黒谷金戒光明寺に威風堂々と入陣した。
 黒谷金戒光明寺は、自然の要塞になっており、
御所や粟田口にも近く軍事的要衝の地であった。
また、大きな寺域により一千名の軍隊も駐屯する
ことができた。
 当時の京都は尊攘激派による暗殺の坩堝と化し
ていたが、守護職となった會津藩の活動には目を
瞠るものがあり、翌年八月十八日には激派の公卿
を追放し、元治元年(一八六四)六月には守護職
配下の新選組による「池田屋騒動」、七月十八日
十九日の「禁門の変」の勝利などで治安は回復さ
れてきた。しかしながら會津藩の犠牲は大きく、
藩士や仲間小者などで戦死、戦病死する者が続出
した。そこで本陣の金戒光明寺の山上に三百坪の
墓地が整備され葬られた。その数は文久二年から
慶応三年までの六ヵ年に二百三十七霊をかぞえ、
後に慰霊碑を建立し鳥羽伏見の戦いの百十五霊を
合祀した。
 松平容保公は孝明天皇の御信任厚く禁裏洛中を
挙藩一致して大義を明らかにし、會津軍の忠誠は
歴史にその名を残した。この忠烈なる真義に徹し
た英魂の遺徳を顕彰せんが為にこの碑に由来を誌
す。
 松平 容保公 都の歌会にて御詠
〝窓前竹〟
 さす月よ うつるのみかは 友ずりの
 こゑさへ きよし 窓の呉竹
Cimg9673
慰霊碑のまわりに鶴ヶ城のパネルや起き上がり小法師が供えられていた。
Cimg9681
八重さんの弟、「山本三郎」の名を見つけた。
Cimg9683
新島襄先生墓地登り口の石碑
山道を約20分登る。
Cimg9684
同志社墓地案内板
Cimg9686
新島八重(碑銘 徳富蘇峰) 新島襄(碑銘 勝海舟)
Cimg9688
山本久栄 山本権八・佐久 山本覚馬 徳富蘇峰
地下鉄 蹴上→烏丸御池→京都
新幹線 京都→名古屋
ユーミンのコンサートを見た後、新幹線で東京に戻る。

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

京都(2)

4月19日(土)

Cimg9595

蛤御門

 江戸時代末期の1864(元治元)年、この門の周辺で長州藩と、御所の護衛に当たっていた会津・薩摩・桑名藩との間で激戦が行われました。この戦いが「禁門の変(蛤御門の変)」で、門の梁にはその時の鉄砲の弾傷らしき跡が残っています。この門は新在家門といわれていましたが、江戸時代の大火で、それまで閉ざされていた門が初めて開かれたため、「焼けて口開く蛤」にたとえて、蛤御門と呼ばれるようになったといわれています。

Cimg9600

Cimg9602

弾傷らしき跡を撮って、デジカメの電源を切ったが、レンズが引っこまず画面が真っ黒になった。仕方なく電池を1回抜いて電源を入れなおした。この誤作動が2回起こった。誤作動はこのときだけで、他で写真を撮ったときはなんともなかった。単なる偶然でしょうか。

Cimg9605

凝華洞跡

 江戸時代第111代後西天皇退位後の仙洞御所があったところといわれています。1864(元治元)年禁門の変の頃、京都守護職に任じられていた会津藩主松平容保は病を患い、朝廷の配慮もありここを仮宿舎にしました。丘の上の松の横には東本願寺が寄進した灯篭が建ち南には池がありました。その後、大正大礼前の改良で池は埋められ、灯篭は九条池畔に移され、戦時中の金属供出により今は台座だけが残っています。

Cimg9606

建春門

1863(文久3)年、この建春門前で天覧馬揃を行った。当日は雨で中止かと思われたが、急に催されることになった。それでも会津藩は準備を整え、孝明天皇に軍事調練を見事に披露した。

Cimg9609

京都迎賓館

明治初期、同志社英学校教員デイヴィス邸があった。八重さんが洗礼を受けた場所であり、襄さんとキリスト教式の結婚式を行った場所である。現在は京都迎賓館が建っている。当然、中には入れないので門だけ撮った。

Cimg9611

清浄華院

孝明天皇に御所の近くにいるよう命じられた松平容保が半年間過ごした。また、眼病を患った山本覚馬が清浄華院の松林院で療養していたといわれている。

Cimg9616

同志社女子大学

同志社女子大学の前身にあたる同志社女子塾があった。八重さんは教師として、母の佐久さんは舎監(寮母)になった。

この建物は栄光館で、八重さんの葬儀が行われた場所です。

Cimg9618

同志社大学 今出川キャンパスを見学。

良心碑

「良心之(の)全身ニ充満シタル丈夫(ますらお)ノ起リ来(きた)ラン事ヲ

新島 襄」

今出川キャンパスでは5棟のレンガ造りの建物が国の重要文化財に指定されている。5棟すべて撮りました。

Cimg9619

有終館

1887(明治20)年竣工

Cimg9623

クラーク記念館

1893(明治26)年竣工

Cimg9632

ハリス理化学館

1890(明治23)年竣工

Cimg9631

同志社礼拝堂(チャペル)

1886(明治19)年竣工

Cimg9624

彰栄館

1884(明治17)年竣工。同志社に残る最も古い建物であり、現存するレンガ造りの建物としても京都市内で最古。

Cimg9634

薩摩藩邸跡

 日本が未曾有の大混乱に陥った幕末。文久2年(1862)9月、薩摩(鹿児島)藩が相国寺から土地を借りうけ、京都に新たな藩邸を造営する。同志社大学今出川キャンパスの約3分の2を占める広大な敷地の藩邸が御所に近接して誕生した。そして、この場所は幕末京都において、薩摩藩の政治的な重要拠点となっていく。
 大政奉還の後、戊辰戦争が勃発。その直後に会津藩士山本覚馬(新島襄の妻・八重の兄)は捕えられ、ここの藩邸に幽閉された。その折にまとめた建白(通称『管見』)が、京都の近代化の指針として後に影響を与えた。
 明治時代になると、京の薩摩藩邸は京都府に接収、民間に売却された。そして人手を経て新島襄が購入した。
                同志社大学

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

京都(1)

4月19日~20日、京都へ行ってきました。

Cimg9697

「2013年NHK大河ドラマ 八重の桜 続完全読本(産経新聞出版)」に八重さんゆかりのスポットが地図付きで詳しく載ってます。 図書館で京都のガイドブックを探しましたが、幕末や八重さん関連は記述が少なくて、この本が一番役に立ちました。

122ページの洛中地図のなかで壬生寺以外全部行きました。壬生寺は他の史跡より離れていることと、ユーミンのコンサート(20日・名古屋)に間に合わないといけないのでやめておきました。伏見も今度行く機会があったら行きたい。

4/19 近江屋跡→土佐藩邸跡→池田屋跡→山本覚馬邸宅跡→佐久間象山遭難碑→長州藩邸跡→女紅場跡→新島旧邸→九条邸跡→京都所司代跡→二条城→京都守護職屋敷正門→京都守護職屋敷跡→長徳寺→蛤御門→凝華洞跡→建春門→京都迎賓館→清浄華院→同志社女子大学→同志社大学→薩摩藩邸跡

4/20 京都守護職屋敷門→金戒光明寺→会津藩殉職者墓地→同志社墓地

ぷらっとこだま(グリーン車指定席プラン)を利用。11,600円
東京(7:56)→京都(11:44)

京都地下鉄烏丸線 京都→四条

河原町(阪急電鉄京都本線)まで1駅分歩く。

Cimg9532

近江屋跡(現在は回転寿司店)

この地は、慶応3年11月15日、維新の功労者である土佐藩海援隊長の坂本龍馬が盟友である陸援隊長の中岡慎太郎とともに刺客に暗殺された近江屋(醤油商)があったところである。

Cimg9538

土佐藩邸跡(元立誠小学校の辺り)

Cimg9535

土佐稲荷・岬神社 坂本龍馬像

Cimg9544

池田屋跡

旅篭・池田屋で密議中の長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士約20名を新撰組が襲撃した。

現在は居酒屋になっていて、大階段などを再現している。東映監修で映画のセットみたいな感じらしい。

Cimg9550

山本覚馬邸宅跡

覚馬邸跡を示すものはなにもないが、河原町御池交差点の南側付近に広さ約100坪の屋敷があったそうだ。

Cimg9553

佐久間象山遭難碑

馬に乗って通りかかった佐久間象山は、刺客に襲われて斬られ絶命した。

Cimg9557

長州藩邸跡

蛤御門の変で会津・薩摩連合軍に敗れた長州藩は屋敷に火を放ち、京都を逃れたが、火はたちまち市中に延焼し、数日間にわたって燃え続けた。現在は京都ホテルオークラが建っている。

Cimg9559

桂小五郎(木戸孝允)像

同じ京都ホテルオークラ敷地内に等身大の桂小五郎像が建てられている。

Cimg9560

女紅場跡

女紅場とは、読み書きそろばんや裁縫・手芸などを学ぶため、明治初期に各地に設置された女子教育機関。

Cimg9561

新島旧邸

明治11年に建てられた新島襄邸。襄さんが亡くなった後も、八重さんはこの家で暮らした。

しばらくの間、メンテナンスのため休館中。

Cimg9562

新島八重の桜

去年、大河ドラマ「八重の桜」の放送を記念して植樹された。新品種のヤエザクラでバラのような花が咲くらしいです。同じ敷地内に新島襄の桜がありましたが、日当たりがよくないのか、ちょっと元気がなさそう。こちらはコスモスのような桜が咲くそうです。

Cimg9577

境町御門

1863(文久3)年8月18日、朝廷内の孝明天皇、中川宮、公武合体派の公家、会津・薩摩藩らは、三条実美ら激派の公卿七人と尊王攘夷派の中心である長州藩を京都から追放する政変を起こしました。堺町御門警備担当の長州藩が御門に集結した時、門は会津・薩摩藩兵で固められ、門内に入ることは許されませんでした。政変の結果、長州藩兵は京都から追放され、激派の公卿七人も長州に逃げ落ち、京都では一時的に公武合体体制が成立しました。

Cimg9573

九条邸跡

禁門の変のとき、向かいの鷹司邸に立てこもる長州藩兵を攻撃するため、ここに会津藩兵が陣取った。山本覚馬が指揮する砲撃によって鷹司邸の塀が崩され、長州藩は劣勢になった。鷹司邸から火の手があがり、3日間京都の街が大火で燃えた。

Cimg9579

鷹司邸跡

Cimg9584

京都所司代跡(元待賢小学校敷地内)

京都の監視と治安維持のために設置された。幕末の京都所司代は松平容保の実弟・桑名藩主松平定敬が務めていた。幕末は京都所司代だけでは対応できず、上位機関として京都守護職が設けられた。

Cimg9585

二条城 世界遺産

Cimg9586

二の丸御殿 国宝

徳川慶喜が大名たちに大政奉還を宣言した。
明治4年から18年まで二の丸御殿が京都府庁になった。

中学時代の修学旅行は京都・奈良だった。金閣寺や清水寺などあちこち行った。十円玉の建物とか、有名な寺は記憶にあるけど、他は覚えてない。二の丸御殿の中をぐるぐるまわって、たぶん前に来たことあると思った。

Cimg9589

京都守護職屋敷正門

京都守護職に松平容保が就任し、屋敷は現在の京都府庁の地に建てられた。 屋敷の正門は京都国際ホテルの裏、駐車場のところに移築されているが、解説板はない。 河原町今出川にあった梶井宮家の門を移築したという説もある。

Cimg9590

京都守護職屋敷跡(京都府庁)

休日で門が閉まっていて、中に入れなかった。京都府庁の正門を入って東側(右手)の植え込みに京都守護職屋敷の石柱がある。府庁旧本館中庭に容保桜がある。

Cimg9591

長徳寺(会津藩洋学所跡)

山本覚馬は、長徳寺内に会津藩洋学所を開設し、英語や蘭学を教えた。 この洋学所は、会津藩士だけでなく、他の藩士たちにも門戸を開いていた。

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

山寺

新宿駅新南口(代々木)→仙台駅東口 夜行バス、ドリーム政宗1号に乗る。
5月2日23時59分発、予定では3日5時40分着。

渋滞で午前2時半大谷PA、5時頃郡山付近、仙台に着いたのは8時だった。

小さな旅ホリデー・パス(南東北フリーエリア)を駅で買う。2600円
土・休日の1日間、フリーエリア内の普通列車・BRTが乗り降り自由

駅構内の立ちぐいそばで朝食。仙山線で山寺へ。

Cimg4699

山寺駅

Cimg4645

山形市のマンホール蓋

中央に市の花ベニバナ、市の木ナナカマド(花)、
外側はベニバナを横から見た絵

Cimg4649

国指定重要文化財
立石寺根本中堂 御本尊薬師如来

50年に1度の御開帳ということで行きました。
御開帳は5月31日までです。
料金は500円(通常拝観料含む)

Cimg4658

せみ塚

閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声 (松尾芭蕉)

句をしたためた短冊をこの地に埋めて
石の塚をたてたもので、せみ塚といわれている。

Cimg4660

仁王門

嘉永元年(1848)に再建されたけやき材の優美な門で、
左右に安置された仁王尊像は、運慶の弟子たちの作といわれ、
邪心をもつ人は登ってはいけないと、睨みつけている。
後方の閻魔王がこの門を通る人たちの過去のおこないを
記録するという。

Cimg4665

ぴんころ車

車の側面に地蔵菩薩のご真言が刻んであって、
数珠玉を回すことにより車が回り、ご真言をお称えしたと
同じ功徳がいただける。

Cimg4670

休み休み上ったので、1000余段の石段はたいしたことなかったと
思ったが、下山したら足がガクガクしてた。

Cimg4675

次は五大堂から下を眺めよう。

Cimg4685

さっき通った駅が小さく見えます。

Cimg4686

危険な岩場を通ってお釈迦様のみもとにいたる行場で
出世や欲望のための修行者が、岩場から転落死したことも
多かったと伝えられる。今では修行者以外の登山を禁止している。

下山して山寺のうまいもんを食べてきました。

Cimg4696

力こんにゃく さくらんぼソフトクリーム

芋煮・手打ちそばセット(まいどや食堂)

Cimg4701

山寺駅の展望台から山寺を見る。

Cimg4704

仙台駅に戻る。
伊達政宗Suicaペンギン

午前は山寺に行って、午後は福島市で観光するつもりでしたが、
少し気分が悪くなってホームで休んでました。
調子がよくなって、福島行きに乗ってしばらくうとうと。
そろそろかなと思ってると、なんかおかしい。
桑折駅の次は藤田駅だっけか???
ひょっとしたら福島駅で折り返したのかと思っていると、
福島行きが通り過ぎて、確信に変わった。
次の停車駅「越河(こすごう)」で降りた。
快速の停まらない駅なので、次の電車まで1時間以上ある。

Cimg4705_2

宮城県白石市 農集排マンホール 白石城

Cimg4706

そういえばライトマップル福島県道路地図持ってるのを思い出した。
国道4号線をまっすぐ行けば貝田駅(福島県国見町) に行けそう。
途中まで歩いたけどやめた。もし間に合わなかったらさらに遅れるから。
ホテルに遅れると連絡しようと公衆電話を見つけたが故障中だった。
こういうときに携帯電話を持ってないのは不便だと感じる。

越河(17:55)→福島(18:22)

東横インにチェックインして、夕食に出かける。

Cimg4707

福島駅 S-PAL 1階 粋家

みそラーメン

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

NHKスタジオパーク

2月17日(日)

Cimg2834 路線バス

NHK大河ドラマ「八重の桜」特別企画展(17日まで)を見に、渋谷のNHKスタジオパークに行った。

スーパーハイビジョンで八重の桜メイキング映像を見た。

Cimg2835 どーもくん

CT-106スタジオは大河ドラマ「八重の桜」に使用されているようだが、カーテンが下ろされ撮影している様子はない。カーテンの隙間から覗くと雪が積もっているように見えた。何のシーンを撮るのかな。

CT-450スタジオでは山田邦子さんと演歌歌手の方が出演されていた。何か地味なセットだと思ったらラジオ第一日曜バラエティーの生放送だった。

| | コメント (0)

2012年9月30日 (日)

東京スカイツリー

9月29日(土)

「ふくしま新発売。」のイベント情報にスカイツリーで
下郷町観光PRをすると知って行ってみたが、
スカイツリーが広すぎてどこでやってるかわからない。

70分並べば入場券が購入できる。予定を変更して
東京スカイツリーに上ってみよう。
並んでるときに放送で会津のイベントやってるって言ってたが、
肝心の場所は聞き取れなかった。
展望デッキの入場券(2000円)買って、少し待ってエレベーターに乗れた。
20分待って、さらの上の展望回廊(1000円)へ。

Cimg0409

約110m続くスロープ状の回廊を歩いた。
ここ(フロア450)からプロのカメラマンが撮影してくれる。
受付は下の階のフロア445。

Cimg0414

最高到達点 451.2m/634m ソラカラポイント

Cimg0434

ガラスに絵や文字がうつる仕掛けになっている。
真ん中(Sの真下)に東京タワーが写ってる。

Cimg0439

Cimg0445

Cimg0451

ガラス床

耐熱強化仕上げのガラス床の上に乗り、
真下の迫力ある眺めと鉄骨を見る。

Cimg0456

Cimg0458

この日のライティングは「雅」でした。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

スカイツリー

Cimg0989

撮影スポット、東武橋から

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

仙台 2日目

スーパーホテル 仙台・広瀬通り 無料朝食バイキング。笹かまとカキフライが出るっていうところが仙台っぽい。

Cimg0931

朝食の後、天然温泉「弦月の湯」(男女入れ替え)に入った。前日はユーミンのコンサート見に行ったから、入れなかった。フロントにお風呂場のキーを借りるしくみ。天然温泉とはいっても、源泉はなぜか栃木県だった。カランは3つで、他の利用者はいなかった。泉質はアルカリ性低張性高温泉。

Cimg0932

仙台市 マンホール 市の花、萩をデザイン。

Cimg0938瑞鳳殿 涅槃門

るーぷる仙台の1日乗車券(600円)を仙台駅市営バス案内所で購入。磁気カードで裏に日付「11.11.11」が入る。買ったときにパンフレットをもらった。各停留所の店や名所がのってる。磁気カードを見せると観光地で割引や絵葉書プレゼントがある。東日本大震災の影響で運行時間は、平日30分、土日祝日20分間隔で運行。

最初の途中下車は瑞鳳殿前。けっこう急な坂道を登る。観覧料550円→450円。

涅槃門 「涅槃」とは「煩悩を取り払った悟りの境地となる状態」を意味し、広くは「来世」といういみにもなる。瑞鳳殿の涅槃門は、樹齢数百年の青森檜葉を用いて、焼失前と同様の豪華な飾り彫刻が施されている。

Cimg0937

瑞鳳殿は伊達政宗公の霊屋で樹齢370年の杉木立に囲まれている。寛永13年(1636)70歳の生涯を閉じた翌年、公の遺命により、2代忠宗公によって建立された桃山建築で豪華絢爛だった。国宝になったが、戦災で焼失してしまった。今の建物は昭和54年に再建されたもの。

ほかに資料館、感仙殿(二代藩主伊達忠宗公霊屋)、善応殿(三代藩主伊達綱宗公霊屋)などを見た。

Cimg0942

仙台城跡(青葉城跡)で下車。仙台にきたら一度はこの伊達政宗公騎馬像を見ないと。震災の影響でがけ崩れの危険があって立ち入り禁止になっているところがあった。金鵄鋳像という鳥(トビ)の像が根元からぽっきり折れて無残な姿になってた。

Cimg0945

宮城県護国神社におまいり。

Cimg0943 大菊花展

青葉城資料展示館 入館料700円→500円

300インチのハイビジョンシアターでCG映像を見た。ナレーションは若本規夫さん(サザエさんの穴子さん、花沢さんのお父さん)。「まめぼーず」という枝豆のお坊さん役。若本さんの声に気を取られて、具体的な内容は覚えていない。ほかにスズメの父「との」(陶山章央さん、ちびまる子ちゃんの山根くん)娘「いろは」(高本めぐみさん?)が出てくる。なんでスズメが出てくるのかというと、伊達家の家紋が竹に雀紋だから。家紋から2匹のスズメが飛んで「との」と「いろは」が登場する。あと「まめぶしょー」がCGの中で行き来する。出口付近のお土産屋でまめぶしょーストラップ売ってた。

刀や器を見て、青葉城の模型を見てると、横から波平さんの声がする。50型のテレビ画面から聞こえる。もう1人も聞いたことのある声優さんの声だ。最後に名前が出てきてメモった。伊達政宗公が永井一郎さん、小十郎が青野武さん(ちびまる子ちゃんの前のおじいちゃん役)。CGで再現した青葉城を二人が懐かしみながら解説する。

雨が降ってきたので青葉城資料展示館の写真を撮るのを忘れてしまった。12時過ぎていたので近くで食事することにした。

Cimg0946

青葉城本丸会館
牛たん網焼き定食 るーぷる仙台1日乗車券提示で100円引き 1500円→1400円
牛たん 牛たんシチュー 漬物 小鉢 ご飯 味噌汁

Cimg0947

東北大学理学部自然史標本館 入館料150円

化石・恐竜骨格模型・岩石・鉱物・隕石・旧陸軍の外国の地形図・縄文土器・チベット仏教資料など約1000点が展示されている。

Cimg0948

大崎八幡宮 るーぷる仙台1日乗車券提示で絵葉書プレゼント 

伊達政宗公が、慶長6年(1601)仙台開府にあたり、当時一流の工匠を呼び寄せ造らせた社殿は安土桃山時代の遺構を残す権現造の典型として国宝建造物に指定されている。

Cimg0949

仙台駅の中にある「カフェ 杜の香り」

ザッハトルテセット(750円) 19世紀のオーストリア王室ハプルバルク家に愛用されたケーキ。最古のチョコレートケーキと称されている。

ブレンドコーヒーは3種類、定禅寺(ビター)、広瀬(アメリカン)、青葉(サワー)

Cimg0950

むすび丸

仕事は宮城県の観光をPRすること。趣味は昼寝と温泉めぐりで、好きな食べ物は三陸沖で取れた魚(特にサンマ)。甲冑バージョン、祭りバージョン、スポーツバージョンの3種類がある。コンセプトは豊かな食と文化に恵まれた宮城を「おにぎり」で表現し、「伊達」を象徴する伊達政宗公の兜の飾りをつけて擬人化した。

Cimg0951

仙台四郎

実在した福の神。立ち寄る店は大入り満員、商売繁盛。

Cimg0960 パルコ クリスマスイルミネーション

11:50発の夜行バス「ドリーム政宗号」で帰った。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧